“善”をもって毒を制する



あさま山荘

人気ブログランキング

昨日もたいへん多くの方々から、ほんとうに貴重なコメントをいただき、心から感謝します。

さて今日のお題は、「“善”をもって毒を制する」です。

ふつうは、「“毒”をもって毒を制する」といいます。

ところがこのやり方は、かえって生き残った毒を、より一層進化させ、より大きな毒を撒き散らせる原因になる(笑)

そこで、「“善”をもって毒を制する」というお話です。

時は1972年2月、軽井沢で「あさま山荘事件」が起こりました。。

この事件は、連合赤軍のメンバー5人(坂口弘、坂東國男、吉野雅邦、加藤倫教、加藤元久)が、浅間山荘の管理人の妻(当時31歳)を人質にとって、10日間、つごう219時間にわたって山荘内に立てこもった事件です。

犯人たち一味は、連合赤軍の前身である“京浜安保共闘”時代に、栃木県真岡市で銃砲店を襲い、猟銃10丁、空気銃1丁、銃弾約2300発を強奪して逃走。

このあと“京浜安保共闘”と“赤軍派”が合流して、連合赤軍と名乗り、榛名山や妙義山の周辺に、廃屋などを利用したアジトを複数設営。

アジトに集まったメンバーは合計29人(内女性10人)だったといいます。

ところが彼らは、アジトで軍事教練を行うだけでなく、「総括」と称して内部でメンバーに対する批判や自己批判を強要。さらにエスカレートして粛清と称して仲間を散々殴り、吊るし、アイスピックやナイフで刺し、絞殺し、氷点下の屋外にさらして凍死させた。
さらに遺体をすべて全裸で土中に埋めたうえ、アジトに放火して証拠隠滅を図った。

アジトで死亡したメンバーは12人。うち女性は4人で、なかには中には妊娠8ヶ月の女性メンバーもいた。

彼らに言わせると、「総括」は相手を「革命戦士として自ら更正させる」ことを目的としており、周囲のものが暴力をふるうことは「総括援助」と称して正当化された。その際のリンチは非常に凄惨で、激しい殴打を伴った。女性は逃亡を防ぐためとして髪を切られた。

主犯格の森恒夫と永田洋子の2人は「殴ることこそ指導」と考えていたのだそうです。
殴って気絶させ、目覚めたときには別の人格に生まれ変わり、完全な共産主義を受け入れ真の革命戦士になれるという論理を展開し、絶対的上下関係の中で「お前のためなんだぞ」といいながら殴り倒し、内臓を破裂させ、殺害した。

連合赤軍は、アジト下山後、一部のメンバーが発見・逮捕され、残ったメンバーのうち、5名が立て篭もったのが、あさま山荘だった。

連合赤軍の5人は、包囲する警官隊に発砲。
この発砲で、警視庁の高見繁光警部と内田尚孝警視の2人、そして不用意に山荘に近づいた民間人1人が死亡した。

また、機動隊員と信越放送のカメラマン計16人が重軽傷を負った。
重傷者の中には、失明など後遺症が残った者もいるし、いまだに頭骨に散弾が埋まったままの人もいる。

この事件の、全体の指揮を執ったのが、後藤田正晴警察庁長官(当時)。

銃で乱射し、警官を狙撃する犯人たちに対し、現場の警察官、機動隊からは、発砲、射殺の許可を求める悲痛な叫びが報告された。
「長官は、俺たちの命より犯人の命が大切なのか!」という声もあったといいます。

現場は、命を的にし、寒さに凍え、犯人一味から絶えず銃弾を撃ち込まれ、そして仲間が目のまで射殺され、重傷を負っている。
現場の思いとしては、機動部隊を一気に山荘に突入させ、犯人グループ全員を一網打尽にしたうえで、一刻も早く人質を助け出したい。まして仲間が目の前で射殺されているのです。
銃を乱射して突撃したいとの思いにかられるのは、現場の思いとしてはむしろ当然です。そのための訓練も積んできている。

そういえば映画「踊る大捜査線」で、主人公の青島君が、
「事件は会議室で起ってるんじゃないんだ!」と憤慨するシーンがありました。
実際に銃弾の脅威を前にしてあさま山荘を取り囲んでいる警察官の心情、そのご家族の心情やいかばかりか。想像するにあまりがあります。

しかし、警察行政は違う。

二度と同様な惨劇が起こらないようにしなければならない。

仮に犯人を射殺した場合「殉教者」として、彼らが英雄扱いされる。
警察が銃撃戦に応ずれば、彼らはより一層、武装を強化し、結果、社会はいっそうの混乱を生じる。

実際、1960年の安保闘争における樺美智子死亡事件や、1970年の上赤塚交番襲撃事件で射殺された柴野春彦、1970年の瀬戸内シージャック犯人は、左翼活動「殉教者」とされ、以後の左翼活動の武装化を一層促進している。

後藤田長官は、心を鬼にして、警察側からの発砲を禁じた。
だから許可されたのは、水鉄砲と鉄球だった。

そして10日間の攻防の末、籠城していた犯人5人は逮捕。人質は無事救出された。

翌3月になって、逮捕された連合赤軍メンバーが供述で、事件の全貌が明らかになる。

警官隊の山狩りによって、山岳のアジトから大量の証拠品が発見されるとともに、糞尿にまみれ、さらに切断された衣服なども発見された。

人間は、窒息などの死亡時、糞尿を垂れ流す。そして死後硬直した死体から衣服を脱がすにはナイフなどで切断するしかない。つまり、この衣服がここで「殺人」が起こった事実を裏付けた。

あさま山荘事件終結後も、日本社会党の議員やマスメディアは、犯人を擁護する論調があったそうですね。

しかし、あさま山荘事件直後に明らかとなった事実によって、これら赤軍を擁護した者の面目は丸つぶれとなった。

結果左派ですら手の平を返し、赤軍を批判する側へと回った。

また、それまで左翼運動を否定的に見ていた人はもちろん、左翼運動を好意的に見ていた人々も、この事件の異常性から左派を嫌悪するようになっていった。
結果、連合赤軍に同調する世論は、一気に縮小した。

銃にモノをいわせ、仲間の命すらなんとも思わない左翼主義者。

殉教者を出してまで、犯人や人質の生命の安全を図った警察。

この事件以降、中核派や、赤軍、革マル派など、60年安保から一世を風靡した左翼活動、学生運動は、いっきに沈静化していきます。

もしこの事件のとき、警察が、実力行使を図っていたらその後の日本はどうなっていたでしょう。

連合赤軍の永田洋子や森恒夫は、後世に語り継がれる殉教者となり、左翼活動はいっそう過激になっていったのではないか。

一昨日ボクは「日本に手を出した国は必ず滅びる」という記事を書きました。

その前の日には、「大東亜戦争は日本の勝利だった」と書いた。

なぜ、これだけバカにされ続ける日本が、いく多の犠牲を出しつつも最後には勝つのか。

それは日本が、毒に対して毒を用いず、哀しいまでに純朴に正義を貫いてきたからなのではないかと思うのです。

「“毒”をもって毒を制する」のではなく、

「“善”をもって毒を制する」という姿勢が大事なんだなって思いました。

人気ブログランキング ←ココをクリック
あさま山荘事件 part1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

nanashi

No title
浅間山荘、中国系企業の手に
http://www.asahi.com/national/update/0226/TKY201102260162.html

風嶋ゆかり

聴いた事はあるけれど
こんなおぞましい事件だったとは知りませんでした。
貴重な情報ありがとうございます。

ミヤビ

同感です!
今回と前回の記事に感激しました。
最近、事件が多すぎて不安になるので政治ブログには立ち寄りませんでした。
久しぶりに見ると、ねずきちさんの大変素晴らしい記事だったので嬉しかったです。
私が怖いのは、一つの思想、指導者しか認めない集団がそれを認めない人たちを攻撃することです。
日本の良さは、たくさんの神様を見出し信仰することのできる度量の広さにあると思うのです。
今回と前回のねずきちさんの記事はとても品格の高さを感じます。ニュースを見ても、政治ブログを見ても非難や中傷ばかりではげんなりです。
これからも素敵な記事をよろしくお願いします☆

愛信

【「幸福の科学」が政党結成 衆院選300選挙区・比例に候補擁立へ】
【「幸福の科学」が政党結成 衆院選300選挙区・比例に候補擁立へ】

宗教法人「幸福の科学」(大川隆法総裁)は25日、都内のホテルで
記者会見し、東京都選管を通じ総務省に政治団体「幸福実現党」の設
立を届け出たと発表した。次期衆院選で全300選挙区と全11比例
代表ブロックに候補者を擁立するとしている。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

とある群馬県民

No title
なるほど、かの事件にはそういう事情があったのですか。
読み終えて感嘆の溜息が止まりません・・・。

善い記事を有難う御座いました。

椿

『強い日本』になって欲しい!
色:000000]私は『強い日本』になって欲しいです。

例えば、この連合赤軍を“覇権国家のシナ・朝鮮”だったとして、亡くなられた自衛官・警察官が“日本”だったとしたら、私は、この後藤田正晴警視庁感を決して許さないでしょう。

昨日のサイパンでの記事や捕虜の話もそうですが、
私はもう一人も死んで欲しくはないのです。


申し訳ないけど、もしも、もしも、警察官や自衛官が発砲し、殺傷できる能力があると分かったら、彼ら連合赤軍は、あれほど攻撃できたでしょうか?自分が必ず殺される可能性が90%以上であれば、残虐な行為が出来たでしょうか? 

確かに余計に逆上して、残虐な行為に走る可能性も無きにしも非ずですが、このような“卑怯極まりない輩”に限り、非常に憶病で、己の保身しか考えていないと、思います。?

「何回か攻撃されたら、日本は打ち返しても良い」と、言った政治家がいましたが、今は核の時代、一発でも東京に落とされたら、もう日本は機能しないのではないでしょうか?

何百、何千万という犠牲者の後で、いくら『日本は偉かった』と、
世界中から賞賛されても、私は少しもうれしくはないです。

私はむしろ、世界中の批判を浴びても、
国家を守れる“核武装”をキチンと準備し、
四核武装国家=米中朝露にキチンと対峙し、
彼らのように、核恫喝や覇権に利用したりせず、


むしろ、その覇権国家らから、他の弱い国々をも守ってやれる、“強くて優しい国”になって欲しいと、心から願ってやみません

[下線何故なら、]強い国に喧嘩を売れる国は、そうそうないからです。

まして、金や物の欲だけで、
強国に命をかけて、喧嘩を挑む人は、まずいないと思います。むしろ、弱いからこそ、標的になり狙われます。

それに、自衛隊のように“戦闘のプロ”というのは、
一朝一夕で、育て上げれることはできません。
その方達が育つのに、大変な時間を要します。

そして日本を最後まで守ってくれるのは、
やはり、自衛隊員しかいないのですから、
もう、あの大東亜戦争のように、
優秀な隊員の方達を失くしたくないのです。

なんだかうまく説明できなくってすみません。[/色]

おれんじ

追伸
かぐやひめさんもおっしゃっていますが、どうぞお体にお気をつけて、ご自身が良いと思うペースで更新をお続けになってくださいね。お仕事もストレスが貯まると思いますので。

更新があるのは私もとてもうれしいのですが…!

応援クリック。

おれんじ

この件については複雑な気持ちです
ねずきちさん、みなさん、こんばんわ。

私はこの事件をリアルタイムで見ました。

テレビを一日中つけっぱなしにして家族全員で生中継を見ていました。多分一日10時間以上は見ていたと思います。

果物を差し入れした一般人が後頭部を過激派に銃撃されて亡くなる瞬間を見ました。あの衝撃は今でも忘れられません。

「総括」と称するリンチでは、一人一人の首に針金を巻いて殺すだけでなく、妊婦の腹から胎児を引きずり出して殺すなど、その残虐さは想像を絶するものでした。

三菱重工爆破事件では、父の勤務先が隣のビルであったため、父が座る窓際のガラスが爆風で粉々に飛び散り、あやうく命を失うところでした(たまたま離席していたので難を逃れました)。

その時私は母と外出先で貼られた号外を見て事件を知りました。そばにいた大学生が笑いながら「ざまあみろ」と言っていた顔が今でも忘れられません。子供心に人が殺されるのを笑いながら見ている若者に激しい恐怖感と嫌悪感を抱きました。

あの学生も今は定年でしょう。あの頃をどう思っているのか問いただしたい気持ちが胸を突き上げます。

土田邸・日石ピース缶爆弾事件、ダッカ日航機ハイジャック事件、70年代は子供時代を過していた私にとって恐怖の時代でした。

あさま山荘事件の犯人坂東國男はクアラルンプール事件の「超法規的措置」で釈放、ダッカ日航機ハイジャック事件でも同様の措置によって6名の赤軍派が釈放されています。
このとき、三菱重工事件で亡くなられた方々のご遺族や大怪我を負われた方々が歯噛みして悔しがっていたことを今でも覚えています。

テロリストに毅然とした態度で臨み、警察側に死亡者を出しながらもテロを根絶した西ドイツ。かたや「命は地球より重い」と言ってテロリストを釈放してしまった日本。

ねずきちさんの主張はよく理解できるけれど、私はやはり厳しい対応をして欲しかったと思うのです。

あの頃の警察関係者は「彼らが捕まるまであさま山荘事件は終わらない」と言っています。

目を銃撃されて殉職なさった警官を号泣しながら運び出す機動隊の方々の事が忘れられません。

取りとめもなく書いてしまいましたが、長文失礼いたしました。

(こうした記憶がありますので、先日、田母神さんがこの件について講演などで述べていらっしゃる意見に大いに同意した次第です)。

bb

ねずきちさん、こんにちは。
先日、真夜中にwowwoで浅間山荘に到るまでの映画を見ました。いつもなら、映画が子守唄になるのですが、あまりの凄惨さに眠れなくなってしまいました。高校の同級生の数人が京浜安保共闘のアジトに出入りしていて、卒業が数ヶ月遅れました。都会の片隅の女子校にまで魔の手は伸びてきていました。生徒会長をしていた私は、最初は左巻きに取り込まれていきましたが、最後は、革命革命とかまびすしく、結局は、教師を含めた彼らとの戦いに終始しました。そういう時代でした。その夏高校の教師をしていた伯父のところで夏休み2週間を過ごし、生徒指導のために読んでいた本の感想「これは、皿を勢い良く割って、その後のことは何も無いな」という一言が私の浅はかな考えを覆しました。若さは時に道をはずす危うさがありますね。

連合赤軍にせよ、オウムにせよ不潔で自分の命と待遇のためなら他人の命など眼中に無い。映画の中で永田は、美人の隊員に嫉妬して粛清します。高潔のかけらもありません。理想だけは高いけど、行動は最低。

長男がとても優しい子で、幼い時「優しさは心が強くなければ、ただのお人よしになるよ、だから強さも必要だよ」といいました。分かったかどうかは疑問ですが、ねずきちさんがおっしゃる「善を持って毒を制す」も同じ事が言えそうですね。最も難しい行いのひとつですね。でもそれを我が先人は成し遂げたのですね。見習いたいです。

日本人

大阪のおっさんうるさい
ねずきちさん、ご苦労さまです。
”大阪のおっさん”いや”八丈島のキョン”間違えた”大阪のチョン”くどいなー!チョンばればれですやん。
チョンがこってり生息する、大阪、兵庫をうん十年と転々として、えづくほどチョンを見てきましたが、まさに典型的!思わず投稿してしまいました。はじめは、紳士的に正義感気取りを装い近づいてきますが、少しでも上手くいかなくなったり、反抗されたりすると、ファビョーン着火、変身、チョンまる出し。彼らのアホなところは、普通の日本人から見れば、ファビョーン状態の異常さは尋常ではなく、チョンであることがまる判りなのに、ばれてないとおもっていること。
酒鬼薔薇事件の時は、もろ須磨に住んでいましたが、当時地元では酒鬼薔薇がチョンだという噂はかなりありました。
事実、自称遠い親戚と称する方からも、その噂は聞きました。警察ではないので確認のしようがありませんが。
関西人は、人がいいというか、面倒がりなので、ややこい事になるのを嫌い、チョンを適当にあしらいますが、皆内心はどう思っていることやら。大阪・兵庫での新型インフルエンザの流行も、チョンが自由に行き来してるのが感染源だと知ってますが、いわないだけ。実際、うん十年関西で暮らしていますが、チョンが差別を受けている現場を見たことがありません。関西にいじめ自体が無いかといえば、子供の頃、チリ毛に「被爆者手帳見せろ、ゲンバク」などともっと酷いいじめする輩もおり、仕事上でもいじめに近い我儘いう輩はいます。むしろチョンを恐れているので、あたらずさわらずというところでしょうか。なので何年か前のセキスイハウスの事件など、起こる訳がありません。あれはチョン社員に因縁つけられただけですよ。チョンに差別発言する勇者なんていません。逆に、交通事故の相手がチョンでややこい事になったなどの話はよく耳にしますが。
ねずきちさんは、どこにお住まいか存じませんが、大阪の鶴橋にある徳山物産というチョン会社のCMなのですが、「いい事ばかりじゃなかったけど・・・・・」とナレーションが流れます。いかにも差別を受けてきました言いたげで、見るだび胸糞悪くなります。大阪で儲けさせてもらっているくせに、しかもCMでそんな事いうか?ちょん精神にはただただ呆れるばかりです。
ねずきちさんも、事実はどうであれ、いかにもチョン精神由来の犯罪だといいたいわけですよね、日本人ならすぐに理解できますよ。分かってないのは”大阪のおっさん”いや”大阪のチョン”だけ。あれだけ”大阪のチョン”が騒いでいるということは、ねずきちさんが列挙した犯罪、すべてチョンの仕業で確定してよろしいんじゃないでしょうか。
チョンなんか相手にせずに頑張って下され。

スポンサー問合せ

No title
☆☆☆ご協力のお願い☆☆☆
偏向報道を発見したので、『偏向報道にはスポンサー問合せ』にて

5月25日の「ワイド!スクランブル」のスポンサー情報を更新いたしました。

テレ朝系昼1200~夕方1700
http://www23.atwiki.jp/inquiry_003/pages/33.html

スポンサー問合せにご協力ください。

ka

No title
ねずきちさん、その後お怪我の様子はいかがですか?
しっかり美味しい物を食べて早く良くなってくださいね^^
そして私の様なまだまだ未熟な者にも分かり易く政治の事を教えていただき感謝に耐えません

決して順風満帆な人生ではない私ですが、先日からの怒涛の如くすばらしいエントリーに、本当に日本人として生まれた事に幸せを改めて気づかせていただいています。
人としての価値観や尊厳、後ろ指を指されない生き方をこれからの人生も精一杯歩んでいきたいと思います。
「御天等様はみどうし」と、人が見ていない所だからと思っていい加減な事はするなと、小さい頃から良く祖父母や両親に言われたものです
ねずきちさんの言葉は、いつも私の心を温かくしてくれます

そしていつも応援をしています

通常の相手に対してはそうなのですが・・・
特定アジア、ロシアといったウイルスのような相手に対してだけは 「徹底した『疎遠・離縁・隔絶』 をもって毒を制する」 の方が適切なような気がします。「友愛」なんてもってのほか。

愛信

有害な大気が中国から南下 県内初の注意報も/県、警戒求める
光化学オキシダントは、工場や事業所、自動車などから発生する窒素酸化物や揮発性
有機化合物が、太陽光(紫外線)を受けて化学反応を起こし、生成されるオゾンなどを
いう。
高濃度になると目やのどの痛みなどの健康被害が生じる。

【天気の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/tnk/tnk_ind.cgi
【天気タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

かぐやひめ

いかがでしょう、ときには更新をゆっくりと
ねずきちさん、ここんとこ、ものすごい力作、本当にありがとうございます。

提案ですが、あまり更新を急がないで、ゆっくりにしたらどうでしょう?

風のように、通り過ぎるには惜しいパラオの話、日本の魔法のような力・・・ようやく、ねずきちさんのブログにたどりつく人もたくさんいるかもしれないのに、あんまり速く行ってしまうと、目に触れないままになるのが惜しいです。

更新されているのはうれしい・・・新しいものが読める。めずきちさん相変わらずお元気そう!
でも、昨日の内容を、もう少しおいておいてほしかった・・・というのがあります。

実は、私はねずきちさんのよりランキングの上のブログを見て、どうしたら、ねずきちさんのが上がるかを研究中。

文章が、あまり長すぎない。
別に、毎日更新しなくてもよさそう。
という結論になりました。

ねずきちさんの内容は一人でも多くの人に読んでもらいたいものです。当然、文章は長くなるのはいいのです。
でも、風のように去ると・・・惜しい。

かぐやひめ

あの日のことは忘れません
一番印象に残ったことは、マスコミの報道姿勢が一変したことです。それまでは、「学生に同情的だった」
にもかかわらず「朝日新聞」だけは、「総括された遺体」が発見されるまで、左翼賛美を続け、
むごたらしい「殺し合い」がわかると、ようやく手のひらを返しました。

以後、私はアサヒ新聞を取りません。
なりふりかまわぬ左翼礼賛に対する一点の反省も、弁明もなく、あくる朝から態度を変えた・・・朝日。

人は間違えることもある。思想をもつのも自由だ。「翻心も、自由」
しかし、まるで「前からこうでした。」と言わんばかりの書きっぷりには不買をもって答えるしかないでしょう。

その朝日がついに減収に!
罰が当たるのは、遅かったなあ

次はNHKだと、私は本気で思います。

この次「日本」に負けるのはNHKです。

小泉郵政選挙の時から、ここに外国からの「宣伝費」が、入っていることに私は気付いていました。
すべてのマスコミが「郵政民営化」を喧伝し賛美したが、NHKが一番ひどかった。一番公平でなければならない局だからです。
しかし「もっとも売国的」です。

9・11選挙の前の晩、かなり遅い時間に「改革を止めるな!」と叫ぶ小泉総理(候補者でしょう?)を大写しにしたことを、私は、忘れない。

愛信

【動画ニュース掲示板】
NHK「JAPANデヴュー」抗議国民大行動(大阪)5月23日 5月25日_00時03分48秒
【日本終了法案】女性差別撤廃条約選択議定書【離婚・堕胎・推進法】 5月24日_23時34分09秒
日本とある国のお話。 5月24日_10時03分20秒
拡散希望!日本が中国に飲み込まれる過程 1/2 5月24日_09時10分40秒
拡散希望!日本が中国に飲み込まれる過程 2/2 5月24日_09時12分20秒
天皇陛下、中国国家主席に対して堂々たる御振舞い 5月23日_15時29分06秒
【とんでもニュース】オウム真理教の再来か!? 5月23日_00時33分34秒
テレビ業界の終焉 5月22日_21時33分23秒
報道されない滅茶苦茶な中国人 民度低すぎ・モラルなさすぎ 5月22日_08時54分13秒
【告知】NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動・第2弾[桜 H21/5/21] 5月22日_08時11分54秒
NHK 終りの始まり!? 5月19日_11時44分44秒

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

あら座

よく理解出来ました。
浅間山荘事件のとき私は中学生でした。(そのことでいろいろ書きたい事は
山ほどありますが、まとめられないのでやめます…)。
あれだけの凶悪団体なのに、日本警察がアメリカなどのようにさっさと銃殺しないのはなぜだろうと時々思ったりしましたが、こういう事情があったのか、と。
まさしく「国・国民」を思う「司政者」としての「政治家」を見た思いです。
そういう未来までの国政を見据えていないと、身内に巣食う敵を始末出来ないのだと強く思い知らされました。
新聞・TVからだけでは、事の真相は伝わらないものですね。ま、マスコミが始めから伝えようとしていないからむべもない事ですが。
本当によく理解出来る記事です。
ありがとうございます。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク