敗れて濡れ衣



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

大東亜戦争開戦時、日本は12月8日のマレー半島上陸から、わずか55日間でマレー半島のイギリス軍を降伏させました。

マレー半島はイギリス軍が支配していましたが、彼らは橋を爆破しながら撤退。

マレー半島内の橋梁を破壊するイギリス軍工兵
マレー半島内の橋梁を破壊するイギリス軍工兵


橋がない中で、日本軍が戦車や武器弾薬、食糧をどうやって運んだのかというと、実は、工兵隊が、川につかり、木材をみんなで担いで、その上を兵士や自転車、戦車などが通った。

ご存知の方も多いとおもうけれど、マレーの川は日本の川のような澄んだ川面じゃないです。

泥水で濁っている。

そこに工兵だったひとたちが、板を担いで飛び込んだ。

イギリス軍が破壊した橋、250本。
橋の修理をしていたら、進撃に間に合わなかったのです。

マレー戦での戦いは、戦闘95回。

日本軍の移動距離、1,100キロ。

日本軍の損害は戦死1,793、戦傷2,772。

その間、イギリス軍が遺棄したイギリス兵士の遺体約5,000の埋葬も、日本軍は行っています。

この作戦の指揮をとったのが山下奉文大将です。

山下隊は、2月8日、日本軍はジョホール海峡を渡河しシンガポール島へ上陸した。

主要陣地を次々奪取し、11日にブキッ・ティマ高地に突入。

ところが、イギリス軍の集中砲火がものすごくて動けない。

山下隊は、ありったけの火力で応戦するのだけど、15日、日本軍の砲弾がついに底をついた。

「司令、弾がありません」

「うーん、とりあえず、まて」

そして弾のなくなった日本軍が、どうしようかと算段しているときに、イギリス軍から、白旗があがり、降伏の使者が到着した。

水源が破壊され給水が停止したことが抗戦を断念した理由だったといいます。

限界ギリギリの戦いだったのですね。

降伏交渉を行う山下奉文大将と
シンガポール駐留イギリス軍のアーサー中将
降伏交渉を行う山下奉文大将と


この戦いのあと、キッティマ高地にあるフォード自動車工場で、山下大将が目をむいてイギリス軍司令官に「イエスかノーか」と迫ったというのは有名な話なのだけれど、実は、これは当時のマスコミの創作。

実際には、この言葉の相手は、イギリス司令官に対してではなく、台湾人の通訳に対してはなった言葉だったそうです。

山下大将は、通訳に、
「まず降伏する意思があるかどうかを聞いてほしい」と述べますが、通訳の日本語が怪しい。いらだった大将が、「降伏する意思があるかどうか、イエスか、ノーか、聞いてほしい」と、言ったシーンが、上手に脚色されて、あのシーンになった。(下動画参照)

話が一人歩きしていることに対し山下大将は気にしていたようで、「敗戦の将を恫喝するようなことができるか」と否定したといいます。
実際、その場に居合わせた全員が、この出来事を否定している。

ついでにいうと、このときの交渉の模様の映像は、交渉の迫力を増させるために早送り再生されています。

マレー作戦の成功で、山下大将はメディアによって国民的英雄にされますが、山下大将自身は、こうした戦いに勝ったことよりも、戦いで亡くした多くの部下の死を悼む思いが強かったといいます。

大東亜戦争終結時、かつてシンガポール攻防戦で降伏調印させたイギリス軍のパーシバル中将のもとで、こんどは逆に山下大将が降伏文書に調印した。

敗戦を知って自刃しようとした山下大将を思いとどまらせたのは、玉砕突撃を敢行しようとする部下たちを無益な死から守るためだったといいます。

山下大将は、戦後、戦犯としてフィリピンのマニラにて軍事裁判にかけられ、死刑になります。

山下大将への求刑は、彼の部隊がフィリピンのマニラで、現地のフィリピン人10万人を虐殺したというものです。

1945年1月にフィリピン、ルソン島のマニラに、米英連合軍が上陸しました。

2月3日、米軍第1騎兵師団と第37師団がマニラへ突入した。

山下大将はマニラの市街戦を避ける方針だったけれど、米軍との間で3週間以上の激しい市街戦を行った。

当時、マニラ市内には約70万人の市民が残っていたといいます。

そして米軍の軍の砲撃は、市街地が灰燼に化するほど激しかった。
市民が巻き添えになった可能性は十分あります。

そして亡くなられたとされるフィリピン人10万人は、マニラの戦いを通じてのフィリピン人犠牲者の数とほぼ同数でもある。

つまりこの裁判は、米軍が行ったマニラ市街の完全破壊による一般市民の犠牲者への責任を、まるごと日本軍に転嫁した裁判だった。

それでも山下大将は、マニラ軍事裁判の席上、「私に責任がないとは言わない」と、従容として死刑を受け入れます。

この判決には、米陸軍の法務将校らが猛然と反発もありました。
彼らはフィリピン最高裁、アメリカ連邦最高裁判所にまで死刑の差止めと人身保護令の発出を求める請願までした。

しかし米最高裁6対2の投票で請願を却下。

山下大将は、マニラで、軍服の着用も許されず囚人服のままで絞首刑に処せられました。

「敗ける」ということは、こうしたあまりにも理不尽な振る舞いさえも、受け入れなければならないということなのでしょうか。

いま、日本の政界は、「日本を貶めることを是とする勢力」と、「日本の自立再生を図ろうとする勢力」とが次期衆院選で争おうとしています。

すでに、地方知事選では、前者が勝利。

いよいよ国政レベルでの対決が迫っています。

戦う以上、勝たなければならない。

日本を売るような政党、日本を貶めるような候補者を、絶対に勝たせてはならない。

そう、思います。

日本を守れ!と思う方
↓クリックを↓
人気ブログランキング

マレー戦記
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

愛信

【自民党「ここまで落ちたか」=東国原氏への出馬要請-亀井静氏】
「ここまで落ちたか、もの悲しい」-。国民新党の亀井静香代表代行
は24日の記者会見で、自民党の古賀誠選対委員長が東国原英夫宮崎
県知事に次期衆院選への出馬を要請したことについて、自民党が落ち
ぶれたと嘆いてみせた。

【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr_ind.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。


【置きビラの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi
【置きビラ・タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

【愛信情報市場逆アクセス・ランキング】
http://aixin.jp/garnk.cgi


かぐやひめ

戦後の戦争
大東亜戦争の終結のあとも、何度か戦争はあったと、感じます。
最初に感じたのは1970年でした。
「初めてアメリカにノーを言った」繊維交渉・・・戦後の経済復興で、ついにアメリカに対して対等の口を聞いたのでしょうね。

そしてその結果、1973年第1次オイルショック・・・トイレットペーパーがなくなる。
1975年第二次オイルショック・・・石油の値段は気付かなかったけど、マンションの値段があっというまに倍になり、手が届かなくなりました。つづいての円高不況・・・
当時は、まるで自然現象みたいに思っていました。
戦災から立ち直って肩を並べようとした日本に、アメリカが仕掛けた仕返しだったのですね。
この時の、ざわざわと心が落ち着かないありさまは、まさに戦場でした。

ところが、ねずきちさんのブログのサブタイトルにあるように「日本に手を出したばっかりに」アメリカはUSスチール(ピッツバーグ)が倒産。次々と日本スタイルの経営に負けて行ったのです。

日本はオイルショック、円高不況の嵐を必死で乗り越えかいくぐるうちに、相手の方が沈んで行った・・・ほっとしたのもつかの間、
次に仕掛けられた戦争は、「金融戦争です」

「日本初の世界恐慌が起こる」「日本経済はメルトダウンする」おどろおどろしい言葉が新聞紙面に躍り、迫られていたのは金融の自由化でした。銀行は次々と罠にかけられ、長銀、山一証券などが、次々食い破られました。

こうして、イギリスほどではないにしても、日本の金融、保険、ホテル業、などなどがほぼ外資に奪い取られたようです。

それでも、日本人は、サブプライムローンの罠を大きく逃れていたらしい、あんなに日本を締め付け、締め上げた「金融」で、アメリカや欧州の方が、はるかに大きくこけました。

こうして、戦後の二番目の戦争も、結局向こうが大きな痛手を受けました。

今回の嵐は三番目の戦争だと私は思うのです。
生産業で日本を締め付け、結局負けたアメリカ・・・アメリカには、まっとうな生産業は残っているのでしょうか?
金融業で日本を踏み荒らした後、結局にっちもさっちも首が回らなくなった・・・
それでも、懲りずに、今度は特亜をけしかけ、日本を日本人だけの国でなくそうとしている。なし崩しに日本のアイデンティティを崩壊させようとしている。これが三番目の戦争です。今仕掛けられています。

私達は、大東亜戦争の時も、「一生懸命やるだけ」でした。
オイルショックでも「一生懸命やるだけ」でした。
「金融戦争」でも「一生懸命貯金するだけ」でした。
今回も「一生懸命やるだけです」

かぐやひめ

選挙のこと
「小沢民主なんかには、ぜったい入れたくないし。だからといって、自民党もどうかと思うし、どうしたらいいの」
「だから、私は共産党に入れてる」
と会話している人があったそうです。

あのマスコミの大キャンペーンでも「小沢民主は絶対いや!」と、感じる人が、そこらへんにけっこういるのがわかり、少し嬉しくなりました。

no more NHK

No title
【皇室解体?】幸福実現党の「新・日本国憲法」[H21/6/24]

ttp://www.youtube.com/watch?
v=PcR19z7gjBI&feature=channel

分かりやすい解説と例え。
この動画を見てkさい

あひる

選挙への不安
ねずきちさん、こんばんは。

今回の選挙、ネットでは自民かなと思いますが、世間では民主有利っぽいですね。
実際自分の周囲でも、民主にやらせてみれば・・・という意見の多いこと。
ここで、よくある民主批判と、在日の話しを持ち出せば、

オマエは何と戦っているんだwww

と、妄言か洗脳されてる扱いです。
だんだんと不安になります。

このままだと日本が終わるんだよ!?
という自分に、友人はバカにしたように終わらないよwと言う始末。
もちろんそこで日本が消えて無くなるなんて思ってない。

ただ、ちょっと嬉しい話もあります。
中学生の息子に、在日やキリシタン弾圧の話しをした時に、在日は無理やり連れてこられたんじゃないんだよと言ったら、なんと学校の先生も同じ事言っていたそうです。
帰れと言ったのに、帰らなかったんだと教えてくれたそうです。
あと、キリシタンも悪い人と(植民地化への尖兵?)も言っていたと聞いて、まだ若い先生ですが、こういう先生が増えてくれば、これからに期待ができると思ったしだいであります。

bb

ねずきちさん、こんにちは。
そうですね、負ける戦いはしたくありません。目前にせまった総選挙は民主有利とかまびすしいですが、自分に出来ることは何でもしようと思っています。高校生のとき父が選挙参謀で、区議会選の候補者が負けたことがあります。私には選挙権はありませんでしたが、お手伝いしました。後にも先にも父の涙を見たのはあの時だけです。よほど悔しかったのでしょう、男は生まれたときと、親の死に目にしか泣くなといっていた父です。

負けないために何をすればいいのか、一票では足りないし。とにかく周りにいる人だけでも投票に誘います。

かぐやひめさん、選挙区は白票にされたら?比例に大きな字で自民党。

昨日からの動きも微妙ですね。とにかく、民主党の実態を大きな声で言いまわります。この際嫌われてもいい!!!

tamago

No title
創価公明議員の不正追求をしていた”まきやすとも”さんが名誉毀損で本日24日東京地裁に呼び出しを受けたので地裁に抗議している画像と動画が早速送られて来ましたので紹介します。

削除されないうちにご覧下さい。


YouTube版
警視庁はカルト教団の犬に成り下がるな!(1/3)6.24
ttp://www.youtube.com/watch?v=c1a4LAAlBFo


PeeVee.TV版
警視庁はカルト教団の犬に成り下がるな!(1/3)
ttp://peevee.tv/v?5m604f

椿

勝てば官軍、負ければ賊軍

まあ、『勝てば官軍、負ければ賊軍』という言葉がありますが、日本人には、必要悪としての悪辣さに欠けるのではないでしょうか?まあ、それが良い悪いは別として、世界を相手にしていく上では、かなりの損害を被っていることは事実だと思います。

まず日本には「籠絡する外交」というのが無いように思います。南京事件も慰安婦問題も、結局黙っているから「あった!」という事になってしまっていますし、

本来なら、相手の反日組織にまで潜入していって、金をばらまくだの、美人局をするなどして、籠絡しなければならないのに…。それが話し合いと戦争の間にある「外交なのに、日本人には、いつもその中間の「外交」がないように思います。

結局のところ、今の日本人はどう生きたいのでしょうか?

自存自衛も侵略行為として弾劾するし、人間として凶悪犯罪の恐ろしさを警戒することさえ、相手が外国人特に特アであれば、「人種差別」にすり替えて、日本人を糾弾する、日本の為、植民地解放の為に、命を捧げた尊い英霊方も、侵略者として、靖国に祀ることさえ糾弾する

ですが、世界はもっと悪辣では?自存自衛どころか、己の贅沢の為に、「奪・強姦・捏造・歪曲・侵略・殺戮は屁の河童!」という国々が跋扈する中、日本人が日本だけを糾弾するのなら、結局どういう風に生きたいのですか?と、私は問いたい。



愛信

「献金してない」証言次々 民主・鳩山氏の献金記載問題

千葉県内に住む会社役員の男性は、03~07年の5年間で計23万円の記載があった。
この男性もやはり献金の事実はないという。
 
民主党の鳩山由紀夫代表の政治資金管理団体「友愛政経懇話会」は中国共産党の活
動資金を取り込んで社会党と合作を行っている。
近日中に財政破綻を迎える米州カルホルニアでの出来事、現国務長官クリントの嫁と
同一ケースと断定できる。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

【置きビラの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi

【愛信情報市場逆アクセス・ランキング】
http://aixin.jp/garnk.cgi

-

No title
☆☆☆ご協力のお願い☆☆☆
6月25日のTBS「みのもんたの朝ズバッ!」で補正予算の効果について偏向報道があったので、

『偏向報道にはスポンサー問合せ』にてスポンサー情報を更新いたしました。

TBS系朝400~昼1200
http://www23.atwiki.jp/inquiry_003/pages/24.html

スポンサー問合せにご協力ください。

tamago

No title
ねずきち 様
とても素晴らしいブログです

日本を守れ!.....私もそう、思います。

NB

最近こちらを知りました。
私も初めて書き込ませていただきます。
違った事実として教わってきた内容を
さらっと覆す見方。そして一方に流れることを
何度も自戒しながら、しっかり伝える強さ。
実に練られた筆致にただ驚くばかりです。

かぐやひめ

負けたくないけど、選挙のこと
私の選挙区には自民党の候補者がいません。
公明党だけです。
もしも、選挙で民主党が勝ったら、公明は政権党にすりよりますよね。
だからといって、今回自民公明連合が負けることも、とりあえずまずい。
どうしたら、いいのですか?(--〆)

安右衛門

No title
いつも拝読させて頂いています。
日本の正しい歴史を知ることは、日本をより良い将来に導くことに繋がる大変重要なこと。ブログ主殿に心底賛同します。

歴史を知れば知るほど、祖父母が頑までに貫き通した武士道精神が見えてくる。
いつの日にか、山下将軍他、汚名を着せられた英霊諸氏への真の名誉回復が為されんことを祈る。同時に、戦勝国と言われている欧米列強シナ諸国が為したる非道の歴史が正しく理解されんことも祈りたい。

現世を生きる我々は今、先祖が命がけで戦い残してくれた日本を存亡の危機にまで追いつめてしまっていると言えよう。
これは在日という違法入国者に厳しく対処せず、日米同盟という名のアメリカ支配を糾しはね退けようとせず、憲法改正すらしようとして来なかった結果であろう。
もし民主党が政権を奪取するなら、先祖の方々に顔向けできない事態となるやも知れぬ。
現自公政権にも少なからぬ問題はあるが、何とか国体は守れている。但し公明党は政権運営に不要だろう。

現状を改善するには、次の衆議院選挙、更には来年の参議院選挙が極めて重要。自民党内の売国議員の落選、及び民主党に多数巣食っている朝鮮系売国議員の落選、池田大作邪教政党公明党議員の落選を目指さねばならない。
更には、政教分離原則を無視し、「幸福の化学」なるカルト教団が「幸福実現党」を結党して選挙に打って出るという。同等のマニフェストは一見立派に見えるが、騙されてはいけない。同教教祖大川某がどのような考えをもつかは下記ブログサイトに記されている。甚だ承け入れ難し。
「太陽の帝国」
http://empire.cocolog-nifty.com/sun/

売国議員にカルト政党では日本が潰されてしまう。より多くのネットユーザーがこのことを理解し、広められんことを。


とりすたん

No title
初めて書き込ませていただきます、素晴らしいブログですね、自分が疑問に思っている戦前のこととかがわかりやすく説明されてて、なおかつ先人たちに対する心がこもっていてとても居心地がいい場所です、前はたまにしか覗かなかったんですが今は毎日来ます、感想がありすぎて書ききれないけど戦前の日本とユダヤの関係、満州問題、リットン調査団の虚構、これらが実に密接に絡み合ってることがわかったのが自分にとって収穫が大きいです、なぜ戦前の日本が自衛のために大陸で戦わなければならなかったか、侵略とは言い難かったかが上手くまとめられていて、とても面白いです、あとキリシタン関連も驚きの話満載ですね、キリシタン大名に腹が立ちますw信長の野望でももう使ってやんねえwあと最後に、選挙憂鬱ですよね・・・奇跡でも起きない限り民主が政権党で公明がすり寄り今年中に外国人参政権ですか・・・それでは、またノシ

Lay

「神風」
ねずきち 様

>「敗ける」ということは、こうしたあまりにも理不尽な振る舞いさえも、受け入れなければならないということなのでしょうか。<
直後ならば当然そうでしょう。 そしてほとぼりが冷めるまでは我慢ですよね。 問題はその後です。 戦後30年もすれば日本政府として正当な主張を開始しなければいけませんし、研究もされなければいけません。 
それは国を護る為に戦い、英霊となられた先人の根拠のない「汚名」を雪ぐための行為でもあります。 しかし歴代の自民党首脳は誰一人しなかった。  私はこう思っています。それは、次期総選挙で自民が下野するとしても、それは「自業自得」なのだ、と言うことです。

「まったくどうしようもない自民党」か?「国がなくなるかもしれないほど危険な民主党」か? を選ぶ次期選挙ですから普通の国民にはたまったものじゃありませんよ。 
何せ報道の偏向がこうも酷くては圧倒的少数派のネット人口はTV人口には敵いませんし、いろんな意味で形勢不利でしょう。
置きビラを撒いたり、友人知人にブログを教えたりやれる事は厭いませんが、不安ではあります。 でも最近はこうも考えます。
それは、「たとえ民主党が政権を取っても、マニフェストを実行に移そうとしたり、ついに本性を出して皇室典範に手を出そうとした時、必ず神風が吹く」と。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク