アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


インドのジャンヌ・ダルク「ラクシュミー・バーイー」に学ぶ

20191123 万葉集表紙1200
◆ニュース◆
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

「ねずラジ」シーズン2が始まりました。
ねずブロの音声版です。単にブログを読むのではなく、ブログに書ききれなかったことや、その記事についての思いをお話させていただいています。ご登録はコチラから。


中途半端に和睦の道を探っていた城の指導者たちは、英国軍にとらえられ、みせしめとして大砲の先にくくりつけられたあげく砲弾を発射され、五体をバラバラにして全員殺されてしまう。
戦うべきときに戦えない腰ぬけや、卑怯なゴマ摺りは、結局のところ、敵からも信用されないのです。


20200114 Lakshmibai
画像出所=https://www.gyanchowk.com/adopted-son-damodar-rao-jhansi-queen-lakshmibai/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


絵の女性は、インドのジャンヌ・ダルクと呼ばれているラクシュミー・バーイー (Lakshmibai)です。
インドが英国の植民地におかれていたことは、みなさまご存知の通りです。
そのインドが、1857年に起こした大規模な英国への反乱が「セポイの乱」です。
「セポイ」というのは、英国の東インド会社に雇われていたインド人傭兵のことで、「自由を我らに!、インドに独立を!」というセポイたちの叫びは、圧政に苦しむ全インドの民衆運動へと広がりました。

セポイの乱は、2年後の1859年は、英国軍によって鎮圧されるのですが、このとき民衆とともに最後の最後まで勇敢に戦い、幾度も英国軍を破った勇気ある女性が、インドの英雄、インドのジャンヌ・ダルクと称される、王妃ラクシュミー・バーイーです。

ラクシュミーは、英国軍の銃の狙撃によって、わずか23歳の若い命を散らせました。
しかし、ラクシュミーの勇気ある行動と心は、インドの民衆の中に赤々と受け継がれ、89年の時を経て、インドを独立へと導きました。

インドの初代首相のネルーは、ラクシュミーを、
「群を抜いた名声を持ち、
 いまもって
 人々の敬愛を集めている人物」
と最大級の賛辞を彼女に与えています。



20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


災害対策から生まれた日本人の責任性と対等観

20191123 万葉集表紙1200
◆ニュース◆
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

「ねずラジ」シーズン2が始まりました。
ねずブロの音声版です。単にブログを読むのではなく、ブログに書ききれなかったことや、その記事についての思いをお話させていただいています。ご登録はコチラから。


日本人の責任性と対等観は、頻発する天然の災害の中で、いかに生き残り、次世代によりよい日本をつないでいくかという共通意識から生まれています。
日本は常に天然の災害対策を念頭に置かなければならない国家だからこそ、日本人には共同体意識や責任感、人と人との対等意識などが育ったのです。
「元元本本」と書いて「もともとを、もととす」と読みます。
古い言葉ですが、日本を取り戻すということは、そうした日本の建国の原点に立ち返って、日本社会を、そして未来の日本を考え行動するということであろうと思います。


20200112 遣隋使
画像出所=http://kousin242.sakura.ne.jp/wordpress019/%E6%AD%B4%E5%8F%B2/%E6%9D%B1%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%8F%B2/%E6%9D%B1%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A26-7%E4%B8%96%E7%B4%80/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


おかげさまで本日64歳になりました。
我が家は長男は代々70歳(±1年)が寿命の国なので、人生、あますところあと6年です。
これまでの人生で、人様に散々迷惑をかけて生きてきましたが、残りの人生ですこしでもその恩返しができればと思っています。

さて、いまから1400年の昔のことです。
日本は、推古(すいこ)15年(607)の第二回遣隋使(けんずいし)において、隋の皇帝煬帝(ようだい)に国書を送りました。
そこには、
「日出処の天子、書を没する処の天子に致す。 つつがなきや」
と書かれていました。

これに隋(ずい)の煬帝(ようだい)は激怒したとされてます。
激怒したということは、チャイナの史書にそう書かれていますから、おそらく本当のことであったのでしょう。
では、質問です。

「煬帝は、なぜ、この言葉に怒ったのでしょうか?」

これについて、日は東から昇って西に沈むから、日本が上でChinaが下であるという意味だから怒った、などと解説している学者がいましたが、馬鹿な話です。
なんでもかんでも上下関係の階級闘争で捉えようとするから、目が曇り、解釈を間違えるのです。

そもそも東も西も単なる方位です。
東西に上下はありません。

では「天子(てんし)」という言葉に怒ったのでしょうか。



20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


関西、関東、愛知での講演のお知らせ

20191123 万葉集表紙1200
◆ニュース◆
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

「ねずラジ」シーズン2が始まりました。
ねずブロの音声版です。単にブログを読むのではなく、ブログに書ききれなかったことや、その記事についての思いをお話させていただいています。ご登録はコチラから。


関西、愛知の講演は、あまり機会がありませんので、お時間の許される方は、一度、ご来場されてみてはいかがでしょう。
 1月26日 第44回百人一首塾
 2月 8日 吹田市講演(IK歴史勉強会)
 2月 9日 知立市、豊田市講演(2箇所)
 2月11日 新潟・燕市講演
 2月22日 第69回倭塾


20200111 天皇陛下
画像出所=https://www.nikkeyshimbun.jp/2020/200101-11especial.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


──────────
1月26日 第44回百人一首塾
──────────
今回は、日本建国までの成り立ちと、百人一首の56番〜60番歌の解説を行います。
特にこの回は、和泉式部やその娘の小式部内侍、あるいは紫式部など、平安中期を彩る女流歌人の歌5首です。
和歌は、その歌の詠まれた背景を知ると、もっと深く知ることができます。
たぶん、この回は、超参加得の内容になると思います。
いずれの歌も、マニアックな歌の解釈だけで話を終わらせることはありません。
そこから何を学ぶか、どう現在に活かすかがテーマです。
百人一首塾は、ほとんど夜の部の開催が多いのですが、今回は特別に、午後の時間枠で2時間たっぷりの講義になります。
ほんとに特別なお話になると思います。

 56 番 和泉式部
 あらざらむこの世のほかの思ひ出に いまひとたびの逢ふこともがな
 57 番 紫式部
 めぐり逢ひて見しやそれとも分かぬ間に 雲隠れにし夜半の月影
 58 番 大弐三位
 有馬山猪名の篠原風吹けば いでそよ人を忘れやはする
 59 番 赤染衛門
 やすらはで寝なましものをさ夜更けて かたぶくまでの月を見しかな
 60 番 小式部内侍
 大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立

1 日時  令和元年1月26日(日)13:30~16:30
2 場所  江東区文化センター 第三研修室
  〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
3 講義  百人一首56〜60番歌
4 講師  小名木善行
5 タイムスケジュール
   開場 13:30
   開始 14:00
   終了 16:30
6 参加費 お一人様2000円
ご夫婦でお越しの場合はお二人で2000円
未成年者無料です。
・参加方法
 会場に直接お越しください。
 お飲み物などをご用意してお待ちします。
 できるだけこのページから参加ボタンをクリックください。
 https://www.facebook.com/events/801123523660268/


──────────
2月 8 日 吹田市講演(IK歴史勉強会)
──────────

12月に発売された『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』の内容を中心に、令和の時代に万葉集から日本の形を学んでいきたいと思います。
漢字はどこからきたのか?
日本の女性は虐げられてきたのか?
天皇陛下はどんなお仕事をされてきたのか?
こんな内容に興味のある方は関西ではなかなかないライブ講義ですので是非足を運んでください。

1 日時  令和2年2月8日(土)
      13:30~15:30
      (13:10 開場)
2 場所  サムティフェイム新大阪 9階 ホール3
  大阪府大阪市淀川区5 西中島6丁目5−3
  アクセス:http://fame.hey.ne.jp/
  最寄り駅:地下鉄御堂筋線「西中島南方駅」より徒歩4分
       JR「新大阪駅」より徒歩9分
3 参加資格  どなたでもご参加いただけます
4 参加費
  事前  4,000円(本代込み)
  当日  500円アップいたします。
  ※ 参加者全員に「ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集」をプレゼントします。
5 講師  小名木 善行
6 主催  IK関西歴史勉強会
7 テーマ 万葉集に学ぶ日本の形

8 お申込み先(ネットからお申込みいただけます)
  https://shop.xn--eckaubhp5c.com/products/detail/264

9 お問い合わせ先
  IK歴史勉強会 事務局
  メール kymrkm.1230@gmail.com
  電話  080-5352-4959(担当:村上)


──────────
2月 9 日 知立市講演「建国記念の日を祝う市民の集いin知立」
──────────
1 日時  2月9日(日)10:00〜12:00
2 場所  知立市立 中央公民館
      〒472-0044 愛知県知立市広見3丁目1
3 テーマ 令和の元号と国の成り立ち
4 講師  小名木善行
5 参加費 1000円

──────────
2月 9 日 豊田市講演「建国記念の日を祝う市民の集いin豊田」
──────────

20200209 建国記念
画像はクリックすると大きくなります。


1 日時 2月9日(日)13時~16時30分
     開場 12時
2 場所 豊田市福祉センター(大ホール)
  愛知県豊田市錦町一丁目1-1
  TEL:0565-34-1131
3 参加費(資料代含む)1,000円
4 プログラム
  第一部 13:00~13:20
   あたたかい心コンサート Duo ゴジュウ~
    村岡 千佳
     こころ健康アドバイザー/詩うたい
    村主真裕美
     作詞/作曲・編曲/ピアニスト/日本ミュージック・ケア協会会員
  第二部 記念式典 13:30~14:00
    司会 村岡千佳(あたたかい会代表)
    国歌斉唱
    紀元節の歌
    主催者挨拶 杉浦弘高豊田市議会議長
  第三部 記念講演会 14:00~16:15
    小名木善行国史啓蒙家講演
  閉会の挨拶 杉田謙一(愛知の教育を考える会)
        賛助会員制国旗づくりについて
  閉会の言葉 猪股隆秀 昭和聖徳記念財団(三河)代表
5 交流会
  17:00~18:30(自由解散) 36-37会議室(参加費200円)
6 お申込みお問合せ
  電話  080-5114-0068(村岡)
  メール sugumayu@softbank.ne.jp
7 主催 建国記念の日奉祝祭実行委員会
  実行委員長、豊田市議会議員 杉山弘高
  共催 (財)昭和聖徳記念財団(三河)
     愛知の教育を考える会(杉田)
     あたたかい会


──────────
2月10日、11日 新潟・燕市講演
──────────

新潟での講演は、とても数が少ないので、ご参加できる方は是非お越しください。

2月10日
1 題名  倫理法人会ナイトセミナー
2 日時  2月10日(月)18:30〜
3 場所  割烹の宿 櫻家
       〒959-0323 新潟県西蒲原郡弥彦村大字弥彦1043−41
4 テーマ 日本人であることの誇り促す15の言葉
5 会費  3000円
6 主催  燕・弥彦・燕中央倫理法人会
20200210 燕講演


1 題名  燕西蒲建国記念の日奉祝の会
2 日時  2月11日(火)13:15〜
3 場所  燕市吉田公民館
      〒959-0242 新潟県燕市吉田大保町22−1
4 テーマ 日本の建国と令和のお話
5 主催  燕西蒲建国記念の日奉祝の会
20200211 燕講演


──────────
2月22日 第69回倭塾
──────────

今回の倭塾のテーマは、ずばり天皇!
開催場所は東京江東区の富岡八幡宮・婚儀殿二階大広間です。

今回はゲストに小平市市議会議員で「メガホン侍」の伊藤央(いとう まさる)先生をお招きし、天皇、とくに男系天皇の大切さとその意義について、語っていただきます。
前半が伊藤先生のお話、
後半は、私から古代から現在までの天皇のご功績について、これは日本の成り立ちそのものの歴史になりますので、お話をさせていただこうと思います。

倭塾(公開講座)は、大人から子供までどなたでもご参加いただける、ねずさんの私塾です。
女性のご参加が多いのも、倭塾の特徴です。
塾生としての登録が必要なわけでもなく、当日お越しいただければ、どなたでもご参加いただくことができます。
万障お繰り合わせの上、是非、ご参加いただければと思います。

【摘要】
1 題 名 第69回 倭塾公開講座
2 テーマ 天皇のありがたさ

3 日 時 令和2年2月22日(土)13:30〜16:30
  開 場 13:00
  開 始 13:30
  終 了 16:30

4 場 所
  富岡八幡宮・婚儀殿・二階大広間
  〒135-0047 東京都江東区富岡1丁目20−3

5 タイムスケジュール
  13:30〜15:00 伊藤央先生講義
  (休憩)
  15:10〜16:30 小名木善行講義

6 定 員 60名

7 参加費
 (1) ご新規        2500円
 (2) 倭塾参加経験者    2000円
 (3) ご夫婦で参加 お二人で2000円
 ※事前振込は必要ありません。当日会場でお支払いください。
 (4) 未成年者          無料
  (5) ご家族お友達招待特典
   これまでに一度でも倭塾にご参加されたことの
   ある方が、倭塾初参加となるご家族・ご友人などを
   お連れになった場合、
   そのお連れの方を人数に関わりなく
   初回参加のみ無料とします。

8 参加方法
  直接会場にご来場ください。

9 懇親会(参加自由)3500円程度

10 Facebook参加ページ
  お手数ですが下のURLのページで
  「参加」ボタンをクリックしてください。
  https://www.facebook.com/events/2179999205630540/


──────────
追記
──────────
黒田福美さん
20200111 黒田福美さん

上にはまだ掲載していませんが、3月の倭塾(3月20日:場所:江東区文化センター)はでは、倭塾第70回を記念して、特別ゲストに
女優の黒田福美さんをお迎えし、戦時中の特攻兵となられた方などについて熱く語っていただきます。
前半が黒田さん講義、後半が小名木講義です。



お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク