• 親が子を殺す時代、人のために自分が死ぬ時代


    「日本に誇りを持っていますか」と聞くと、
    学校の先生ですら
    「持ってどうするんですか?」と真顔で聞き返す。

    よく「日本は平和ボケ」などと言われますが、
    毎日のように親と子が殺し合う、
    この日本のどこが平和ですか?

    20180815 戦艦大和
    画像出所=http://jap-empire1947.blog.jp/archives/1016764661.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

     *

    9月10日、福井で女子高生の孫を祖父(86)が刺殺するという痛ましい事件が起こりました。
    同居していたとのこととですが、孫娘というのは、祖父からすれば、それこそ目に入れても痛くないほど可愛いものです。
    それを手に掛けるなど、まったく考えもつかないことです。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a820803b1884d7340762014166a6662d2cee90d2

    もともと我が国では、人のために自らの命を犠牲にすることはあっても、人の命を、それも自分の愛する者を手に掛けるなどということは、ありえない社会を築いてきました。
    それが戦後、やたらにこの手の親が子を殺すとか、孫を殺すとか、ありえない事件が続くようになりました。
    これは本当に悲しいことであるというだけでなく、そのようなことが現実に起きる社会というのは、その社会に大きな歪みがある、ということです。
    そしてその歪みとは、愛すること、そして人としての誇りを教えようとしない戦後教育にすべての原因があると思います。

    誇りというのは、アイデンティティのことです。
    アイデンティティとは、邦訳すれば、国民精神のことです。
    国民精神がしっかりと教育されると、人はより高い人生を生きた先人に学び、自らをそうした偉大な存在に近づけようとするようになります。
    また、人間ですから悪意を持つこともありますけれど、そのときにブレーキになるのもまた国民精神であり、厳しく、そして優しく生きた先人の精神です。

    以下の記事は、2012年の初掲載以降、毎年この時期に掲載させていただいている記事です。
    国民精神とはいかなるものか、故・八杉さんのお言葉から、何かを感じ取っていたけたら幸いに思います。
    本文とともに、最後に八杉さんの本件に関する動画をご紹介しますので、是非、そちらもご覧ください。

    =====
    【沈みゆく戦艦大和、1​7歳のあの日】
    http://1minute.raindrop.jp/?p=8807

    八杉康夫さん(戦艦大和語り部)
    致知2006年7月号特集「人学ばざれば道を知らず」より

    ****
    大和の後部が白煙を上げているのが私にも分かりました。
    なおも攻撃が続けられ、魚雷が的中した時は震度5にも感じられるほど激しく揺れました。
    次第に船は傾いていきます。

    砲術学校では、戦艦は15度傾いたら限界と習ってきましたが、25度、30度とどんどん傾いていきます。

    それでも、戦闘中は命令がない限り持ち場を離れることはできません。
    その時
    「総員、最上甲板へ」
    との命令が出ました。
    軍には「逃げる」という言葉はありませんが、これが事実上「逃げろ」という意味です。

    すでに大和は50度ほど傾いていましたが、この時初めて、「大和は沈没するのか」と思いました。
    それまでは本当に「不沈戦艦」だと思っていたのです。

    もう海に飛び込むしかない。

    そう思った時、衝撃的な光景を目の当たりにしました。



    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/8/15(土)靖国神社昇殿参拝
     https://www.facebook.com/events/2667848776866935/
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 真実はシンプル


    真実というのは、常にシンプルなものです。
    なぜなら集団が動くときには、極限までその理由がシンプルになっていなければ、集団を動かすことができないからです。
    このことは、あるひとつのことを私達に教えてくれます。
    それは、シンプルな目的を、ひたすら追求していけば、必ず目的は遂げられる、ということです。

    20200826 シンプルな花
    画像出所=https://illustimage.com/?dl=5530
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    設問に、長い長い方程式が書いてあって、「その解を求めなさい」という問題。
    中学や高校時代に、よくもまあ、こんな長い式を考えたものだと思えるほど、長い式が書いてある。
    ところがそれを解いていくと、なんのことはない、答えは

    x=2

    でしかなかった!!
    なんていう経験をお持ちの方は多いと思います。

    もっとも途中ですこし間違えると、x=2.9374619・・・なんていうような割り切れない解になったりする(笑)
    自分で「これって絶対どっか間違えたよな」と思って、解答欄に仕方がないからエイヤッで「2」と書いたら、それがたまたま正解だった!(笑)
    あるいは鉛筆を転がして、2.5って書いたらペケだった!!(爆)

    要は、言いたいことは、
    「真実は常にシンプルである」
    ということです。

    難解に見える方程式も、解いてみれば「x=2、y=1」でしかなかったりする。
    5000ピースもありそうなジグソーパズルは、ただ商業的な楽しみのためのものでしかなくて、出来上がってしまえば、それはよく知られた有名な絵画であったりします。

    世の中には、そういう難解パズルが大好きな人もいますが、大切なことは、繰り返しになりますけれども、真実は常にシンプルなものであるということです。
    シンプルであるということは、論理的整合性がとれていて、再現可能性がMAXである、ということです。
    過去に起きた出来事というのは、まるでジグソーパズルの切片のようであり、日本の人口が1億なら、それは1億ピースのジグソーパズルです。
    さらに歴史となると、その歴史に登場する人々の数は数十億に達するかもしれない。

    それらピースが、どのように組み合わさって、日本の歴史が織りなされてきたのか。
    事実をつなぎ合わせて、これこれこういうことがあれば、必ず結果はこうなる、というところまで煮詰めたものが、「歴史」です。


    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • これからの時代をひらく個人レベルの新しい歴史価値観の創造とは


    「国が」というのは責任転嫁です。
    「こんな日本に誰がした」と愚痴ったところで何も変わりません。
    まずは自分から日本の文化性を取り戻すためにできることをする。
    ほんのわずかでもいい。日々、率先してそれを行う。それが日本という国に生まれ、平和な時代を生かさせていただいたことへの報(むく)いです。そこに「日本の未来への答え」があります。
    これは、過去を学びながらの、「個人レベルの新しい歴史価値観の創造の戦い」です。


    20121102 flickr-3037881706


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    今日から9月です。
    コロナ騒動に明け暮れた令和2年度も、いよいよ今日から後半戦です。
    コロナは、インフルエンザの一種とみることができますが、そうであれば夏場より、これからやってくる秋冬に、これまで以上の猛威が起こる可能性は大であろうかと思います。

    コロナは、世界の仕組みを大きく変えようとしていますが、どんなに世界が変わろうと、私達は生き残り、そこで生活していかなければなりません。
    そしてそのために必要なことは、
    「個人レベルの新しい歴史価値観の創造」
    にあろうかと思います。

    この時期に、いつも再考してみる言葉があります。
    それは、12年前の2008年に帝塚山大学名誉教授・伊原吉之助先生が、雑誌『正論』に書かれた論考です。
    たいへんに力強い言葉で書かれた論考です。
    まずは転載してみます。

    *********
    【正論】「日本の再生」こそ世界を救ふ帝塚山大学名誉教授・伊原吉之助

    ────────
    ■蔓延(はびこ)る賤民資本主義
    ────────
    強欲資本主義が世界を横行してゐる。
    悪(あく)の野蠻國(やばんこく)が三つある。
    米國、ロシア、チャイナ。

    三者に共通する野蠻は、他者を際限なく貪(むさぼ)る者を野放しにしてゐる點(てん)にある。
    これでは世界は修羅(しゅら)の巷(ちまた)になるほかない。

    「金儲(もう)けは悪いことですか?」と問ふた人が居た。
    悪事に決つてゐるではないか。
    それが目的なら。
    それがけじめを辨(わきま)へぬなら。

    給食費を拂(はら)つてゐるから、
    「戴(いただ)きます」
    「御馳走(ごちそう)様」
    と言ふ必要はないと言つた母親が居(ゐ)た。
    植物にせよ動物にせよ、生ある物の生命を戴いて生きることへの感謝の念が根本にあり、育てた人、調理した人への謝意も含むことを忘れた罰當(あた)りな發言(はつげん)である。



    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 実るほど頭を垂れる稲穂かなの精神


    「シラス」を日本的価値観の強制とか、日本人による世界征服などと誤解されたら、最悪です。とりわけ西洋の人たちは、多民族の持つ価値観について、自ら学んで受け入れることにはなんの躊躇もしませんが、他所からこれを強制されると、それこそ武器を手にして戦おうとするからです。
    こうした意味でも、我々日本人は、日本文化の根幹を学びながら、かつ、それを強要することなく、物静かに、むしろ「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の精神で謙虚に進んでいかなければならないものと思います。

    20200823 コスモス
    画像出所=https://snap-snap-flowers.com/flower-camera
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    チャイナ文化の典型的一面をご紹介したいと思います。
    それは「巨頭会談」です。

    昭和20年のことです。
    重慶で蒋介石と毛沢東の会談が行われました。
    これが「重慶会談」、別名を「巨頭会談」と呼ばれいます。

    この年の8月15日、日本が自主的に戦闘行為を終結させ、マッカーサーが降伏文書調印に先立って神奈川県の厚木海軍飛行場に降り立ったのが8月30日です。
    そして同じ日に、重慶で、蒋介石率いる国民党と、毛沢東率いる共産党が、たがいに争いを止め平和的に戦後処理を行なおうではないかと、巨頭会談が行われたのです。

    ここまで聞くと、たいていの日本人は「良いことだね」と思うとおもいます。

    この対談は、なんと43日間にも及び、10月10日、両者は合意を成立させて協定を結びました。
    その協定が「双十協定」です。
    日付に10が2つ重なっている日だから「双十」です。

    その内容はというと、
    (1) 国民党と共産党は互いに平和を希求して一切の紛争を対話によって解決する。
    (2) 互いに協力しあって内戦を避け、自由で富強な新しい中国を建設する。
    (3) 中国共産党は、蒋介石の南京政府を合法的指導者であると承認する。
    というものでした。

    見事な平和的解決です。
    国共内戦(国民党と共産党による内戦)は、1927年にはじまり、なんとこの年まで悲惨な殺し合いが18年も続いていたのです。
    それがたったの「43日間」で事態の解決に至った。
    ですから当時の世界も、この協定を「ようやくチャイナに平和がもたらされた」と大歓迎しています。


    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 永田佐吉の精神を学ぶ


    戦後、反日国家として特定アジア三国が誕生しました。
    それら国々では、史実を捻じ曲げた反日教育が行われています。馬鹿なことだと、多くの人が言います。私もそう思います。
    しかし、では日本は、しっかりとした教育が行われているのでしょうか。そう、言い切ることができるのでしょうか。
    もしできないのなら、戦前戦中の教育制度から学べるものはしっかりと学び、新たな教育を起こしていくのが、現代を生きる我々のつとめなのではないでしょうか。

    尋常小学校三年生修身教科書
    20180830 永田佐吉


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    江戸時代に活躍した人に、永田佐吉(ながたさきち)という人がいます。
    赤穂浪士の討ち入りがあった元禄14年(1701)に生まれた人で、岐阜県羽島市の豪商だった人です。
    たいへんな人徳者と言われ、人を大切にし、手広く商いをして儲けた富は、道路の整備、道標の設置、石橋の設置、神社仏閣への寄進など、社会奉仕活動に遣ったことでも有名です。

    ただし、永田佐吉が人徳者と言われた理由は、彼が大金持ちであったことでも、社会奉仕活動をしたことでもありません。
    寄進や寄付、寄贈に際して、いっさい自分の名前を使わず、常にそれらの貢献を、村人たち全員の意思として行ったことにあります。

    みんなのおかげで儲けさせていただいたのです。
    だからそのお金は自分のためではなく、みんなのために、みんなの名前で使う。
    なかなかできることではありませんが、だから永田佐吉は偉人としていまなお称えられています。
    それが日本人らしい生き方だと思います。

    永田佐吉は、昔の修身の教科書では小学三年生で教えていました。
    漢字等を現代語に起き直してご紹介してみます。

    *****
    尋常小學修身書 巻三
    十 恩を忘れるな

    永田佐吉は、十一のとき、田舎から出てきて、名古屋のある紙屋に奉公しました。
    佐吉は正直者でよく働く上に、ひまがあると手習いをしたり、本を読んだりして楽しんでいましたから、たいそう主人に可愛がられました。
    しかし仲間のものどもは、佐吉をねたんで、店から出してしまうように、いくども主人に願い出ました。
    主人は仕方なく、佐吉にひまをやりました。

    佐吉は家に帰ってから、綿の仲買いなどをして暮らしていましたが、主人を恨むようなことは少しもなく、いつも世話になった恩を忘れませんでした。
    そうして買い出しに出た道のついでなどには、きっと紙屋へ行って主人のご機嫌を伺いました。

    その後紙屋は、たいそう衰えて、見るのも気の毒なありさまになり、長い間世話になっていた奉公人も、誰一人出入りをしなくなりました。
    しかし佐吉だけは、時々見舞いに行き、いろいろの物を贈って主人をなぐさめ、その暮らしをたすけました。
    ******



    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 南の島に雪が降る


    どんなにつらくても、どんなに苦しくても、泣きたくなるようなことでも、明るく笑ってそれに耐え、明日を信じて前を向いて進む。
    その底抜けの明るさが、かつての日本人の一般に共通した心です。
    では、かつての日本人は、どうしてそのような心を持つことができたのでしょうか。

    20190910 加東大介
    画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E4%BB%8B
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    上の写真は、映画俳優の故・加東大介(かとうだいすけ)さんです。
    加東大介さんは60年代の邦画界を代表する名俳優で、なかでも黒澤明監督の名作「七人の侍」での七郎次役では、侍たちの中で唯一、槍(やり)を振るって村の西の入り口をひとりで守り抜いた凄腕の役を見事に演じています。
    加東大介さんは、明治44(1911)年生まれの「戦中派」で、兄は沢村国太郎、姉は沢村貞子です。ともに大俳優、大女優。
    甥が長門裕之さん、津川雅彦さんです。

    その加東大介さんが出演した映画の中で唯一、加東大介さんご自身の自叙伝を映画化した作品が、昭和36(1961)年公開の『南の島に雪が降る』です。

    監督は久松静児さんで、出演者が加東大介、伴淳三郎、有島一郎、西村晃、渥美清、桂小金治、志村喬、三橋達也、森繁久彌、小林桂樹、三木のり平、フランキー堺など。
    まさに豪華そのものの顔ぶれです。

    実はこの映画、リメイク版も作られています。
    それが平成7(1995)年の「南の島に雪が降る」で、こちらは監督がチャンネル桜の水島総さんです。
    こちらも出演者は、高橋和也、根津甚八、菅原文太、西村和彦、烏丸せつこ、風間杜夫、佐野史郎さんたちで、やはり豪華な顔ぶれです。

    さて、その昭和36年に公開された方の『南の島に雪が降る』です。
    この映画、実は役者陣が当時の人気「喜劇俳優」が勢揃いしています。
    物語自体は、漫画家の小林よしのりさんも『戦争論』の中で紹介していますので、ご存知の方も多いかと思います。

    かいつまんであらすじを申し上げると、以下のようなものです。


    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 沖縄戦で散華したバックナー大将と石原正一郎大尉


    日本の歴史は恥ずべき歴史だと言う人がいます。
    逆です。
    日本の歴史は、調べれば調べるほど、真実を知れば知るほど、誇りが持てる歴史です。
    私達の祖先や先輩たちは、そういう生き方をしてきたからです。

    20200815 バックナー大将
    20200815 バックナー大将
    画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%BBB%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%A2
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    昨日、沖縄戦での高級参謀であった八原博通大佐のことをご紹介しましたが、その中で沖縄戦の米陸軍司令官のサイモン・ボリバー・バックナー・ジュニア(Simon Bolivar Buckner, Jr.)大将について触れさせていただきました。
    そこで今回は、米沖縄戦の司令官であったバックナー大将と、そのバックナー大将を射止めた石原大尉のことをお話したいと思います。

    大東亜戦争における沖縄戦は、米軍側では「アイスバーグ(氷山)作戦」と呼ばれるものです。
    もともとは、日本の大本営が読んだ通り、米軍は台湾攻略計画の「コーズウェイ(堤防)作戦」を策定していたのです。
    ところがフィリピン進攻の成功によって、日米の戦力格差が格段に開いたと確信した米軍は、台湾攻略作戦を棚上して、沖縄作戦の展開を決めた。
    これが、昭和19(1944)年10月3日の出来事です。

    この日、米統合参謀本部は、沖縄作戦の立案を太平洋地域総司令部に指示します。
    太平洋地域総司令官は、米海軍のニミッツ元帥です。

    ニミッツ元帥は、10月25日には、沖縄攻略のための「アイスバーグ作戦計画」を策定し、さらに翌昭和20(1945)年1月6日には、作戦概要を各部隊に通達しました。
    この計画は、実際に沖縄戦が始まる3月下旬までに何度も微調整され、おかげで作戦計画の細部に至るまで精巧なものとなります。

    そして米陸海空軍統合作戦計画として完成した「アイスバーグ作戦」で、ニミッツ元帥の総指揮官のもと、参加兵力、54万8000人、軍艦318隻、特務艦船1139隻という大部隊による沖縄上陸作戦が展開されたのです。

    欧州戦線を含めて、これだけ大規模な作戦は、世界史上まれな大作戦です。
    沖縄の日本軍守備隊は、充分な装備もないまま、これだけの兵力を迎え討つことになったのです。

    米軍の最前線に立つ沖縄本島の上陸部隊は、米国第10軍の18万2000人です。
    指揮官は、サイモン・B・バックナー・ジュニア(Simon Bolivar Buckner, Jr)陸軍中将です。

    バックナー大将は、南北戦争で、南軍の将軍であったサイモン・B・バックナーの息子です。
    米国陸軍士官学校を優秀な成績で卒業し、アラスカ軍司令官としてアリューシャン戦線に従軍。その後、士官学校教官を経て、沖縄戦で上陸作戦の指揮官を委ねられています。


    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク