• 難波潟短き蘆のふしの間も


    天皇は国民の安寧を日々祈られる祈りの御存在です。
    そして天皇によるシラス統治は、その祈りのもとに、すべての民衆が「おほみたから」とされる国の形です。
    こうすることで我が国の民衆は、なんと千年以上もの昔に、世界初となる究極の民主主義国家を手に入れていたのです。
    伊勢の和歌は、そのひとつの象徴です。
    また伊勢という女性は、平安前中期にあって、女性の疾風に勁草を知るような女性の勁(つよ)さを象徴した歌でもあるのです。

    20190330 東京書籍・図説国語_伊勢
    東京書籍・図説国語より
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    女流歌人の伊勢のお話をしてみたいと思います。
    伊勢の和歌といえば、百人一首の19番にある次の和歌が有名です。

     難波潟 短き蘆の ふしの間も
     逢はでこの世を過ぐしてよとや
    (なにはかたみしかきあしのふしのまもあはてこのよをすくしてよとや)

    現代語に訳すと、次のようになります。
    「大阪湾の干潟にある蘆(あし)の茎の節と節の間くらいの短い時間さえ、逢わないでこの世を過ごすことなんてできないとおっしゃったのは、あなたですよ」

    なにやらちょっと攻撃的ですが、一般にこの歌の解釈は、主語が転倒していて、
    「難波潟に生える蘆の節と節の間のように短い時間でさえも、あなたにお逢いできずにこの世を過ごせというのでしょうか」(東京書籍・図説国語、冒頭の図)と訳されて紹介されています。

    これですと、まるで女性である伊勢の側がもっとあなたとすごしていたいと詠んでいるようで、このことから伊勢のこの歌は、「女性が上目遣いで男性に媚びているいやらしい歌である」などとまことしやかに書いているものもあります。
    ところがこの歌の背景をよくよく調べていくと、全然そうではないことがわかります。

    そもそも伊勢は平安前期の女流歌人で、その後の平安中期を代表する和泉式部や紫式部、清少納言などの女流歌人たちにたいへん大きな影響を与えた女性です。
    伊勢がいたからその後の平安女流歌人たちの興隆があったといってもよいくらいなのです。
    その意味で、平安中期の「女性が輝く時代」をもたらした、強い女性の典型でもあるのです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 蝿は金冠を選ばず


    木村重成が討死(うちじに)したとき、敵将の徳川家康は、「大切な国の宝を失った」と涙をこぼしたと伝えられています。蠅にわからなかった金冠の値打ちも、敵将の家康にはちゃんと伝わった。ちゃんとわかった。
    世の中、そんなものだと思います。
    わかる人にはわかる。わからない人には、永遠にわからない。わからなくても、きっと明日は晴れるし、きっとお天道様がまたのぼってくださる。それを信じて生きるのが、日本人なのだろうなと思います。

    木村長門守重成
    木村重成



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    男の嫉妬と、女の恨みほど恐ろしいものはないと、これは昔から言われることです。
    今日のお話は、そんな嫉妬を見事に跳ね返したという歴史話です。

    木村重成(きむらしげなり)と山添良寛(やまぞえりょうかん)のお話です。
    木村重成は、宮崎県宮崎市のあたりにかつてあった佐土原藩の出身で、豊臣秀頼の重臣だった人です。
    イメージ的には、戦国武将のキムタクといった感じかもしれません。

    色白でもの静か、誰からも好かれる好青年で、たいへんに品格のある武将だったといいます。
    だから大坂城内でも、たいへんに人気がありました。
    ただ豊臣秀頼の時代の若い武将ですから、戦場での実践経験がない。

    人柄が立派で、美男子、だけれども実戦経験がないということで、中には妬(ねた)む者もいました。
    要するに、男の嫉妬です。

    大坂城にいた、山添良寛(やまぞえりょうかん)という茶坊主もそのひとりでした。
    茶坊主といっても、良寛は腕っ節が強く五人力の力自慢です。
    常々から
    「まだ初陣の経験もない
     優男(やさおとこ)の
     木村重成なんぞ、
     ワシの手にかかれば、
     一発でのしてやる」
    と、はばかることなく公言していました。

    ある日、たまたま大坂城内の廊下で木村重成に出会った良寛は、わざと手にしたお茶を木村重成のハカマにひっかけました。
    「気をつけろい!」
    良寛が重成をにらみつけます。
    良寛にしてみれば、それで喧嘩になればしめたもの。
    人気者の木村重成を殴り倒せば、自分にハクがつくとでも考えたのでしょう。
    この手の身勝手な自己顕示欲を持つ者は、いつの時代にもいるものです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 万葉集と日本書紀とその時代


    全国におよぶ統一国家を形成するためには、そもそもの歴史から「我が国は最初から統一国家だったのだ」という神話が必要になるし、それを理解できるだけの知性と教養が、民間の側に育っていなければなりません。
    こうした大事業を成し遂げられたのが、まさに持統天皇であり、だからこそ持統天皇は歴代天皇で唯一「高天原廣野姫天皇(たかまのはらひろのひめのすめらみこと)」と、諡(おくりな)に天上界を示す「高天原」の文字が入った天皇となられたのであろうと思います。

    20201114 日の出
    画像出所=https://www.mag2.com/p/news/232496
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    国内に、敵対し国を破壊し治安を脅かす不届きかつ不逞な勢力があったとき、これを政治が駆逐するのは世界の常識です。
    政治そのものが、国民に背を向けたものであれば、なおさらです。
    国は平気で警察や軍を動員して、平和や安全や豊かさを望む国民を粛清していきます。
    なかには、若い女性を警察が逮捕して繰り返し強姦するといったことも、世界では起こります。
    残念なことですが、世界は恐ろしいところでもあるのです。

    では日本ではどうでしょう。
    いま多くの日本人が、日本に巣食う悪魔のような人たちに、大きな怒(いか)りを覚えています。
    書店で、そうした人や国を特集した書籍が売上の上位となるのも、おそらくはそのためであろうと思います。

    けれど、だからといって非合法にそうした人たちを日本国内で虐殺したり、それこそ口蹄疫(こうていえき)事件などのときの牛や豚のように殺処分したり、酷い拷問を科したり、それこそ警察によって強制強姦をしたりすることを望むような日本人は、すくなくとも生粋の日本人のなかには、誰一人いないと思います。

    「罪を憎んで人を憎まず」は、孔子の『孔叢子・刑論』にある言葉ですが、まさしく日本人は、その言葉を額面通りに理解しています。
    どこかの国では、「罪を憎んで人を憎まないから殺してしまう」ということがなかば公然と行われていることを考えれば、日本人がいかに正しい道を得ようと生きる国民であるかがわかろうというものです。

    では、日本が大きな敗戦を経由して、政体がひっくり返りそうなくらいの大きな事態が起きたときはどうでしょうか。
    私達は、先の大戦のときに、これを経験しています。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 10円玉に学ぶ武士道精神とは


    10円玉に描かれた鳳凰堂。
    いまではそれが世界遺産にまでなっていますが、その鳳凰堂から学ぶものは、贅沢三昧な暮らしではなく、実は、質素倹約を重んじ、魂をみがくことを第一とした武士道そのものにある。あるいはもっというなら、平時においては贅沢を慎み、いざというときのために常に備えを怠らないという日本精神そのものの象徴ともいえようかと思います。

    20200820 平等院鳳凰堂
    画像出所=https://in.pinterest.com/pin/344173596516490331/?nic_v2=1a668yKoA
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    コロナで家にいることが多くなり、断捨離をすることが広く行われるようになりました。
    かくいう筆者も、ほんのすこしずつではありますが、室内の断捨離を進めています。

    そういえば、小銭入れに入っている10円玉。

    この10円玉は、昭和26年から用いられているものですが、昔は10円玉の周囲の縁にはギザギザがありました。
    そのギザギザがなくなったのが昭和34年のことで、小学校時代、ギザギザのある10円玉を集めて喜んでいたことがあります。
    そのギザギザのある10円玉の時代から、現在に至るまで、10円玉の表裏のデザイン(表面:平等院鳳凰堂、裏面:常盤木(ときわぎ))は、昭和26年の発行年から、ずっと変わっていません。かれこれ69年間もの間、同じデザインが用いられているわけです。

    常盤木とは、常緑広葉樹のことで、普通は広葉樹は寒くなると落葉するのですが、その葉が散らない木のことを言いいます。
    日本では常盤木といえば、その代表格がクスノキ(楠)で、楠(くすのき)といえば、我が国の歴史上登場する数多(あまた)の武官武将のなかで、唯一、皇居に銅像が飾られている楠正成(くすのきまさしげ)が想起されます。

    一方、平等院鳳凰堂は、「この世をばわが世とぞ思ふ望月の かけたることもなしと思へば」の歌で有名な藤原道長の子である関白太政大臣・藤原頼通によって創建された建物です。
    往時には他に、本堂や多数の宝塔が立ち並ぶ寺院だったそうですが、度重なる京の都の火災で消失し、現在往時のっまの姿で残っているのが、この鳳凰堂だけです。

    建造されたのは天喜元年(1053年)、いまから967年もの昔。
    もともとは阿弥陀堂とよばれていたのそうですが、建物を正面から見た姿が、まるで鳳凰が翼を広げた姿のようだということで、江戸時代の初め頃から鳳凰堂と呼ばれるようになりました。

    そしてこの場所は、かつて河原左大臣と呼ばれた源融(みなもとのとおる)が別荘を建てた地です。
    河原左大臣といえば百人一首に有名な

     みちのくの しのぶもぢずり たれゆえに
     乱れそめにし われならなくに

    の歌があります。
    そしてこの源融こそ、源氏物語の光源氏のモデルになった人物です。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • アフターコロナの新しい世界


    古事記に、イザナギとイザナミの別れのお話があります。妻であるイザナミは、火によって大切なところを焼かれ、黄泉の国へと旅立つのですが、これを文明として読むと、なかなかおもしろい。
    我々の文明は、縄文時代の土器やその後の鉄器、現代の自動車や兵器など、あらゆるものが火によって築かれた、いわば火の文明と呼べるものです。けれどその火によって我々は大切なものを失う。
    その失ったあとに、イザナギによる禊(みそぎ)が行われて、天照大御神がお生まれになる、つまり火の文明のあと、禊があり、その後に我々は新たな慈愛の文明を築くことになる、というわけです。
    それが「シラス文明」です。

    20200824 アフターコロナ
    画像出所=https://www.unifast.co.jp/with-corona/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    コロナがたいへんな騒動になっています。
    現時点で行われていることは、自衛策としての消毒などの徹底、人との接触の僅少化、手洗い、うがいの推進などです。
    これらはいずれも、コロナウイルスがいるかもしれない、という前提で行う受動的な対策といえます。
    けれどこれからは、さらに能動的な対策として、コロナに打ち勝つ強い体や、コロナに打ち勝つ栄養、コロナを入れない衛生環境の充実などが、おそらく盛んになってくるのであろうと思います。

    コロナという用語は、もともとは太陽の外層大気の最も外側にある耀(かがや)くガス層のことを言います。
    つまりコロナは、陽(ひ)であり、陽=霊(ひ)であり、霊(ひ)=火でもあるわけです。

    そうしたなかにあって、古事記におもしろい記述があります。
    イザナミは、火之迦具土神(火のかぐつちの神)を生むことで、大事な美蕃登(みほと)に火傷を負って病に伏し、お亡くなりになってしまったというお話です。

    ここでいう火之迦具土(ひのかぐつち)の迦具土は、単なる当て字であると古事記は注釈しているのですが、そうは言いながら、用いている「迦」という字が、実に興味深いのです。
    というのは、この「迦」という字は、梵字の「カ」を訳したものとして造られた漢字だからです。

    梵字の「カ」は、サンスクリット語の「クシティ・ガルバ」のことで、
     クシティが大地
     ガルバが子宮
    を意味します。
    つまり「大地の子宮」であり、大地の母ともいえるものです。

    このことを仏教用語で「地蔵」といいます。
    よく道端にあるお地蔵さんのことですが、
    「大地の子宮」=「大地のお蔵」というわけです。
    つまりお地蔵さんは、慈愛の象徴であるわけです。


    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • やすらはで  寝なましものを  さ夜更けて  かたぶくまでの  月を見しかな


    ◎関西講演(場所:羽曳野市)2020/8/1(土)13;00〜15:30 
      詳細はコチラ→https://www.facebook.com/events/2662876587147043/

    和歌に興味がないという方も、是非、この記事をご一読いただければと思います。
    和歌の世界の深みは、日本文化そのものの深みでもあります。
    そして赤染衛門のこの歌は、単に、友人の代作をしたというだけではありません。
    思いやりをたいせつにすることによって、きわめて安定した社会が築かれたこと、
    そしてひとりの女性の小さな思いやりの歌が、ひとりの男をたくましく成長させ、その男の未来を開いたこと、
    そこにこそ、この歌が500年の歴史を描いた一大抒情詩としての百人一首の中盤に置かれた意味があるのだということができるのです。

    20170729 赤染衛門
    画像出所=https://blogs.yahoo.co.jp/tcfhj507/19197588.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。


     やすらはで
     寝なましものを
     さ夜更けて
     かたぶくまでの
     月を見しかな


    小倉百人一首五十九番にある赤染衛門(あかぞめえもん)の歌です。
    歌を現代語訳しますと、
    「あなたが来ないとわかっていたら
     さっさとやすらいで寝てしいましたものを、
     夜が更けて、
     西に傾く月を見てしまいましたわ」
    といった意味になります。

    たいへんにわかりやすい歌で、この現代語訳は、たいていのどの本をご覧頂いても、同じ訳が書かれています。
    なぜならこの歌には、後拾遺集に詞書(ことばがき)があり、そこに次のように書いてあります。
    「中関白少将に侍りける時、
     はらからなる人に物言ひわたり侍りけり。
     頼めてまうで来ざりけるつとめて、
     女に代りてよめる」です。

    「女に代りてよめる」ですから、赤染衛門は、誰か、他の女性に代わってこの歌を書いているわけです。
    現代語に訳すと、
    「後に中関白にまで出世することになる
     藤原道隆さまが
     まだ少将だった時代に、
     自分の『はらから』
     つまり姉妹同然の女性の友達のところに
     来るといって来なかったので、
     その女性に代わって
     詠んであげた歌です」
    となります。

    それで、
    「朝まで起きて待っていたけれど、
     さっさと寝てしまえば良かったわ」と詠んでいるわけです。
    ただそこから、ただの皮肉や愚痴しか読み取らないのでは、この歌がすこしもったいないです。


    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/8/1(土)13;00〜15:30 羽曳野講演(羽曳野市いずみの里 南島泉集会場)
     https://www.facebook.com/events/2662876587147043/
    2020/8/15(土)靖国神社昇殿参拝
     https://www.facebook.com/events/2667848776866935/
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 新刊の『日本書紀』のこと


    【緊急告知】
    3月20日に開催を予定しておりました第70回倭塾は、新型コロナウイルスの問題から、まことに残念ながら開催を中止とさせていただきます。
     3月6日 小名木善行


    新作動画です。
    日本と台湾の絆


    日本書紀の物語のあらましは、単に日本書紀の表面だけを総花的になぞっても、実は出てきません。深く読み込んでいったときに、なるほど!とわかるものです。
    そこで新刊の『ねずさんの日本書紀(仮題)』では、物語を深く読むことと、全体像を把握することという二つのことを同時に実現できる工夫を凝らしています。


    20200318 仁徳天皇
    画像出所=https://jinja.dr-leather.com/nintokutennnou/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。


    いまのところ4月の出版で、3月下旬先行予約開始の予定で進めさせていただいているのが、新刊の日本書紀です。
    本のタイトルは、まだ内緒です。
    すごい名前になります。

    『日本書紀』を脱稿して思うのは、とにもかくにも、日本書紀がおもしろいということです。
    というか、現代日本にまで通じる日本の形というのは、やっぱり日本書紀によって形成されてきたのだなあと、つくづく感じます。
    それもそのはずです。

    日本書紀は元正天皇に献上された翌年から、すぐに貴族の子女たちの教科書として使われるようになったのです。
    そしてこのことは、全国の豪族たちの教育につながり、さらに一般庶民の教育にまで発展していきました。
    つまり日本書紀こそが、実は日本を形作る基礎となった書なのです。

    世に出てからの日本書紀は、師匠が一行づつ、漢字で書かれた文章を和訳して生徒たちに話して聞かせ、生徒たちはそこから自分自身が当事者となって、そこから様々な事柄を学んだといわれています。
    つまり、日本書紀は、ただ書かれていることを丸暗記するのではなく、そこから感じること、考えることが教育の柱とされました。
    そしてこれこそが、実は、我が国の独特の教育スタイルとなりました。

    とにもかくにも、日本の形の原点は、日本書紀にあり、です。
    しかも、千年以上にわたって、我が国で正規の教科書として用いられ続けてきた書です。
    それだけに、内容が実に論理的だし、筋道が通っているし、おもしろい。

    たとえば有名なところで、仁徳天皇のお話があります。
    仁徳天皇といえば、民のカマドの煙の逸話で有名ですが、これは日本書紀におさめられています。
    ところがその仁徳天皇、天皇にご即位されたときの評判は必ずしも良くなかったのです。

    なぜかというと、いまでもそうですが、天皇の御即位となると、恩赦といって、罪人の罪が一等軽くなったりします。
    でもそれって、メリットを受けることができるのは罪人たちだけなのでしょうか。
    そうではないのです。

    古代において、天皇が御即位されるたびに、遷都が行われたことは皆様よくご存知の通りです。
    実はこの遷都が、いまでいう公共工事のようなもので、農閑期に公共工事のために農家の旦那が働きに出ると、当時はまだ貨幣経済はありませんから、代わりに一週間働いたら絹一反とかの報酬をもらえたのです。
    すると、いつも麻の服しか着ていないウチの女房や娘たちに、絹の着物のひとつやふたつを作ってやることができる。
    これはとっても誇らしくて嬉しいことです。
    つまり遷都は、民衆への富の還元の意味があったのです。

    ところが仁徳天皇は、この遷都を行わない。


    20191123 万葉集表紙1200
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク