• 十七条憲法第四条「以礼為本」


    4月17日(土)13時半から第82回 倭塾を開催します。
    詳細は↓から。
    https://nezu3344.com/blog-entry-4847.html


    「礼」の意味は、相手を心底敬(うやま)うことです。
    ひとりひとりを大切に。それは十七条憲法以来の、日本人の精神性と社会秩序の根幹です。
    また、「礼を失った者は、必ず悪事に走る」ということも、とても重要な箇所ですので、ぜひとも覚えておきましょう。

    20210321 礼儀
    画像出所=https://www.irasutoya.com/2018/09/blog-post_98.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    十七条憲法の逐条解説です。
    これまでの解説《総合解説第一条第二条第三条
    第四条は「以礼為本」です。

    第四条
    《原文》
    四曰
    群卿百寮 以礼為本
    其治民之本 要在乎礼
    上不礼而下非斉 下無礼以必有罪
    是以
    群臣有礼 位次不乱
    百姓有礼 国家自治


    《読み下し文》
    群卿百寮(ぐんけいひゃくりょう)
    礼(うや)をもって本(もと)とせよ
    それ民(たみ)を治(おさ)むるの本は、かならず礼にあり。
    上(かみ)に礼なきときは下(しも)斉(ととの)わず
    下(しも)礼なきときは、もって必ず罪あり。
    ここをもって群臣に礼あるときは位次(いじ)乱れず。
    百姓(ひゃくせい)礼あるときは国家自(おのずか)ら治(おさ)まる。


    《現代語訳》
    国家の官僚や議員は、礼を根幹としなさい。
    民衆を治めるための根幹は、必ず礼にあります。
    上に立つ者に礼がなければ、下にまとまりがつかず、
    下にある者に礼がなければ、必ず罪が生まれます。
    国家の官僚や議員に礼があるときは、世の中の秩序は乱れず、
    百姓(ひゃくせい)に礼があるときは、国家はおのずから治まるものです。



     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 十七条憲法第三条「承詔必謹」


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    みんなにはかり、みんなで決め、決まったら、みんなで実行し、四の五のと途中で文句は言わない。決められたことは途中で投げ出すことなく、きちんと果たしていく。
    それは責任感であり、大脳新皮質や肉体の遺伝子が持つ利己的な行動や、いたずらに対立をあおる思想ではなく、ものごとを霊(ひ)で受け止めて自他ともに一体であるとする清陽(すみてあきらか)な思想です。
    そういうことを、私達の祖先はたいせつな文化として育んできたのです。

    20210401 高天原
    画像出所=https://youtu.be/4Mexv3nnBtM
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    十七条憲法の逐条解説です。
     第一条「以和為貴」https://nezu3344.com/blog-entry-4813.html
     第二条「篤敬三宝」https://nezu3344.com/blog-entry-4818.html
    今回が「第三条・承詔必謹」です。

    これまでの流れとして、十七条憲法は第一条で先ず「和することを第一として、上下心を合わせてちゃんと議論しなさい」とし、続く第二条で「その議論にあたって仏法僧を敬う心を持とう」と説いていました。
    続く第三条は、議論が決まったらどうするか、ということが描かれます。

    第三条
    《原文》
     三曰
     承詔必謹
     君則天之 臣則地之
     天覆地載 四時順行 万氣得通
     地欲覆天 則致壊耳
     是以
     君言臣承 上行下靡
     故承詔必慎 不謹自敗


    《読み下し文》
    三にいわく
    詔(みことのり)を承(う)けては必ず謹(つつし)め。
    君(きみ)をば則(すなわ)ち天(あめ)とし、臣(おみ)をば則ち地(つち)とせよ。
    天(あめ)が覆(おお)い、地(つち)が載せて四時(よつのとき)順(めぐ)り行(ゆ)き、万気(よろずのしるし)は通うことを得(え)む。
    地(つち)、天(あめ)を覆わんと欲するときは、則ち壊(やぶ)るることを致さむのみ。
    ここをもって、君(きみ)言(のたま)えば臣(おみ)承(うけたまわ)り、上(かみ)行なえば下(しも)靡(なび)く。
    ゆえに詔(みことのり)を承(う)けては必ず慎(つつし)め。
    謹(つつし)まずんばおのずから敗れん。




     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 花さそふ比良の山風吹きにけり


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    八百年前も、三百年前も、今の日本も日本です。
    その日本人の心に明かりを灯す。
    それは、何も大上段に振りかぶることではなくて、ほんのちょっぴり「日本ていいな」と思っていただくだけで良いのだろうと思います。
    その小さな積み重ねが、やがて大河となって日本を覆い、日本の正気を取り戻すのです。
    これが「積小為大(せきしょういだい)」です。
    日本の大きな改革は、この「積小為大」によってこそ成し遂げられるものであると思っています。

    川面の桜



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    桜の季節になりました。
    宮内卿の歌をご紹介したいと思います。

     花さそふ比良の山風吹きにけり
     漕ぎ行く舟の跡みゆるまで


    (はなさそふ ひらのやまかぜ ふきにけり こきゆくふねの あとみゆるまで)

    この歌は新古今集に掲載された歌です。
    宮内卿(くないきょう)というのは、右京権大夫(うきょうごんのたゆう)であった源師光(みなもとのもろみつ)の娘です。
    13世紀はじめの女性です。

    宮内卿の歌は、たいへんいビジュアル性に富んでいるといわれています。
    母方の祖父が高名な絵師であったことの影響かもしれません。

    上の句の「比良(ひら)の山」というのは、琵琶湖の南岸、大津から高島にかけての山並みです。
    「花誘ふ」は、比良の山から吹いてくる山風が、桜の花びらを散らしている様子です。
    風が吹き寄せてきて、向こうに行ってしまう。
    そんな風君が、桜の花びらに、
    「ね、一緒に行こうよ」と誘っている、というわけです。
    このあたり、風も花も、ともに擬人化していて、とてもやわらかくてあたたかです。
    そんなあたたかさが、歌にうららかな春の陽光を添えています。

    そこに下の句の
    「漕ぎゆく船の跡」が絶妙です。
    これは川面一杯に散った桜の花びらをかきわけながら、和舟が一艘、進んでいくと、その航跡の桜の花びらが退いて、そこだけ水の面が現れる、そんな様子です。

    陽光うららかな春の日、
    比良の山からの吹き下ろした風君が、桜の花びらに「一緒に行こうよ」と誘っている。
    誘われた花びらが風に舞い、小さな小川の川面いっぱいに広がる。
    その川面に和舟が一艘、川面の桜の花びらをかきわけるようにすすんでいる。
    すると和舟が通ったあとにだけ水面があらわれる。
    実に見事な情景描写だと思います。

    また、「花を誘う風」というところに、大勢を率いた(誘った)、ひとりの男、といったイメージが重なります。
    おそらくこの歌は、どなたかのお誘いで、大勢で行ったお花見会を詠んだ歌なのでしょう。

    この歌を本歌取りして詠んだ歌があります。
    ご存知、浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)の辞世の句です。

     風さそふ 花よりもなほ 我はまた
     春の名残を いかにとやせん


    ここでは「花誘ふ風」を、「風誘ふ花」としています。
    つまり誘う側である主役の男性が強調されています。
    そんな爛漫と咲き誇る桜花よりも、自分はもっと春の名残をとどたいのだ、どうしたらそれができるのだ?
    というのが、この歌の趣旨です。

    こちらの歌は、宮内卿よりも500年もあとの時代のものです。
    歴史と文化は、ちゃんとつながっているのですね。

    殿中松の廊下での刃傷事件で、その日のうちに切腹を申し仕った浅野内匠頭はこの歌で、
    「大勢の思いをどうやってとどめたら良いのだろうか」
    と呼びかけています。
    殿の辞世の句での今生最後の呼びかけです。
    殿と思いをひとつにする家臣たちは、では、どのように対応したら良いのでしょうか。

    八百年前も、三百年前も、今の日本も日本です。
    その日本人の心に明かりを灯す。
    それは、何も大上段に振りかぶることではなくて、ほんのちょっぴり「日本ていいな」と思っていただくだけで良いのだろうと思います。
    その小さな積み重ねが、やがて大河となって日本を覆い、日本の正気を取り戻すのです。
    これが「積小為大(せきしょういだい)」です。
    日本の大きな改革は、この「積小為大」によってこそ成し遂げられるものであると思っています。


    ※この記事は2015年4月の記事のリニューアルです。
    お読みいただき、ありがとうございました。
    日本をかっこよく!! むすび大学。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
    メールでお申し出ください。

    nezu3344@gmail.com
     最新刊
     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 十七条憲法第二条を読む


    第81回 倭塾開催 令和3年3月21日(日)13:30開講 場所:東京・富岡八幡宮・婚儀殿

    要するに第二条を要約すれば、
    「第一条の議論にあたっては、まず仏法僧を敬う心を持とう」
    もっというなら、
    「第一条の議論にあたっては、まず教養のある人間になろう!!」
    と述べているのです。
    これが十七条憲法の第二条です。

    20210216 聖徳太子



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    今回は、聖徳太子の十七条憲法の第二条を読みます。
    第一条はコチラです。

    第二条
     二曰
     篤敬三宝
     三宝者佛法僧也
     則四生之終帰
     万国之極宗
     何世何人 非貴是法
     人鮮尤悪 能教従之
     其不帰三宝 何以直枉。


    二にいわく。
    篤(あつ)く三宝(さんぼう)を敬(うやま)え
    三宝とは仏と法と僧なり。
    則(すなわ)ち四生(ししょう)の終帰
    万国の極宗(ごくしゅう)なり。
    何(いず)れの世、何れの人
    この法を貴ばざる。
    人(ひと)尤(はなは)だ悪(あ)しきもの鮮(すく)なし
    能(よ)く教うれば従う
    それ三宝に帰せずんば
    何をもちて枉(まが)るを直(ただ)さん


    《現代語訳》
    仏と法と僧とを篤(あつ)く敬いなさい。
    なぜならこれらは、あらゆる生命体の帰るべきところであり、万国のおおもとだからです。
    どのような世にあっても、どのような人であっても、この法を貴(たっと)ない者はありません。
    最初から極悪人など、あまりいないものです。
    よく教えれば、ちゃんと従うものです。
    では、どうやって教えるのかといえば、その根幹に仏法僧を置くことです。




     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 意外とかっこいい10円玉


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX


    10円玉に描かれた鳳凰堂。
    いまではそれが世界遺産にまでなっていますが、その鳳凰堂から学ぶものは、贅沢三昧な暮らしではなく、実は、質素倹約を重んじ、魂をみがくことを第一とした武士道そのものにある。あるいはもっというなら、平時においては贅沢を慎み、いざというときのために常に備えを怠らないという日本精神そのものの象徴ともいえようかと思います。

    20200820 平等院鳳凰堂
    画像出所=https://in.pinterest.com/pin/344173596516490331/?nic_v2=1a668yKoA
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    芸能人の光源氏のお話ではありません。
    源氏物語の主人公となった光源氏の君の、実在のモデルのお話です。

    まずは10円玉から。
    10円玉は、昭和26年から用いられるようになりました。
    当初の頃の10円玉は、周囲の縁にギザギザがありました。
    ギザギザがなくなったのが昭和34年のことで、それ以外は現在に至るまで、10円玉の表裏のデザイン(表面:平等院鳳凰堂、裏面:常盤木(ときわぎ))は、昭和26年の発行年から、ずっと変わっていません。
    かれこれ70年間、ずっと同じデザインが用いられているわけです。

    裏面の常盤木(ときわぎ)は、常緑広葉樹で、普通は広葉樹は寒くなると落葉するのですが、その葉が散らない木のこと。
    日本で常盤木といえば、代表格がクスノキ(楠)で、楠(くすのき)といえば、我が国の歴史上登場する数多(あまた)の武官武将のなかで、唯一、皇居に銅像が飾られている楠正成(くすのきまさしげ)。
    つまり10円玉の裏面は、七たび生まれ変わって、なお、皇国のためにつくさんとした智将・楠正成が控えているわけです。

    では表面はというと、ここに描かれた平等院鳳凰堂は、

      この世をばわが世とぞ思ふ望月の
      かけたることもなしと思へば

    と詠んだ最高権力者の藤原道長の子、関白太政大臣・藤原頼通によって創建された建物です。
    往時には他に、本堂や多数の宝塔が立ち並ぶ寺院だったそうですが、度重なる京の都の火災で消失し、現在、往時のままの姿で残っているのが、この鳳凰堂です。

    建造されたのは天喜元年(1053年)、いまから968年の昔。
    もともとは阿弥陀堂とよばれていたのそうですが、建物を正面から見た姿が、まるで鳳凰が翼を広げた姿のようだということで、江戸時代の初め頃から鳳凰堂と呼ばれるようになりました。

    さらにさらに、この鳳凰堂の建つ場所は、かつて源氏物語の光源氏のモデルになった河原左大臣こと、源融(みなもとのとおる)が別荘を建てた地でもあります。


     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 諭吉の「学問のすゝめ」についてまで嘘を教えてきた戦後日本


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』明日発売。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazon1位(古代日本史)です。


    諭吉が「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と、人類の平等を説いているかのように教えるのは、これは情報の切り取りによる情報の《意図的な》誤誘導というものです。「人は誰しも天賦の才があり、あらゆるものを持っているのだから、それを引き出すのが教育であり、価値観を押し付けるのはよくない」などというのは、左の人の常套文句です。
    しかし、仮に天賦の才があったとしても、人が生まれながらに境遇その他に差異がある。これは客観的事実です。そうであれば、努力することしか人がその差を埋める手段はない。そして努力することが大事だというのは、これこそまさに価値観です。それはむしろ「押し付けるべきこと」です。


    若き日の福沢諭吉
    若き日の福沢諭吉-1



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    福沢諭吉の格言として有名な言葉に、
    「天は人の上に人をつくらず人の下に人をつくらず」があります。
    諭吉の「学問のすすめ」の冒頭に出て来る言葉で、およそいまの日本人なら、誰もが聞いた事のある、日本人の常識となっている言葉です。

    意味は、
    「天は人々に、
     みな生まれながらにして貴賤(きせん)上下の差別なく、
     自由自在、互いに人の妨げをなさず、
     おのおのが安楽にこの世をれるようにしている」
    というものです。
    これは「学問のすゝめ」の「天は人の上に・・・」に続けて、諭吉自身がそのように書いていることです。

    戦後教育では、この諭吉の「天は人の上に・・・」の言葉だけを切り取って、
    「人にも職にも、上下なんかないのですよ。
     だから人はみな平等なのですよ」
    と教えます。
    メディアも同じです。

    ところが・・・・です。
    実際に福沢諭吉の「学問のすゝめ」を読んでみると、諭吉は、冒頭のこの言葉の後から、すぐにこのことを否定しているのです。
    ちょっと読んでみます。

    「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと一般にはいわれるけれど、
     現実に世間をみれば、
     かしこい人もあれば、おろかな人もある。
     貧しい人もいるし、富める人もいる。
     生まれたときから貴人もあれば、
     最初から卑しい身分で生まれて来る人もいる。
     その様子はまるで雲と泥の違いと同じです。」
    と、このように諭吉は書いています。

    要するに諭吉は、世間一般では「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずみたいなことをいうけれど、現実はちがっているではないか。人は生まれたときから決定的な差があるじゃないか」と説いているのです。
    だからこそ、
     学問が大事なのだ。
     知的武装が大事なのだ。
     すこしでも賢くなれるように
     努力することが大事なのだ。
    というのが諭吉の「学問のすゝめ」の論旨なのです。



     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 難波潟短き蘆のふしの間も


    天皇は国民の安寧を日々祈られる祈りの御存在です。
    そして天皇によるシラス統治は、その祈りのもとに、すべての民衆が「おほみたから」とされる国の形です。
    こうすることで我が国の民衆は、なんと千年以上もの昔に、世界初となる究極の民主主義国家を手に入れていたのです。
    伊勢の和歌は、そのひとつの象徴です。
    また伊勢という女性は、平安前中期にあって、女性の疾風に勁草を知るような女性の勁(つよ)さを象徴した歌でもあるのです。

    20190330 東京書籍・図説国語_伊勢
    東京書籍・図説国語より
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    女流歌人の伊勢のお話をしてみたいと思います。
    伊勢の和歌といえば、百人一首の19番にある次の和歌が有名です。

     難波潟 短き蘆の ふしの間も
     逢はでこの世を過ぐしてよとや
    (なにはかたみしかきあしのふしのまもあはてこのよをすくしてよとや)

    現代語に訳すと、次のようになります。
    「大阪湾の干潟にある蘆(あし)の茎の節と節の間くらいの短い時間さえ、逢わないでこの世を過ごすことなんてできないとおっしゃったのは、あなたですよ」

    なにやらちょっと攻撃的ですが、一般にこの歌の解釈は、主語が転倒していて、
    「難波潟に生える蘆の節と節の間のように短い時間でさえも、あなたにお逢いできずにこの世を過ごせというのでしょうか」(東京書籍・図説国語、冒頭の図)と訳されて紹介されています。

    これですと、まるで女性である伊勢の側がもっとあなたとすごしていたいと詠んでいるようで、このことから伊勢のこの歌は、「女性が上目遣いで男性に媚びているいやらしい歌である」などとまことしやかに書いているものもあります。
    ところがこの歌の背景をよくよく調べていくと、全然そうではないことがわかります。

    そもそも伊勢は平安前期の女流歌人で、その後の平安中期を代表する和泉式部や紫式部、清少納言などの女流歌人たちにたいへん大きな影響を与えた女性です。
    伊勢がいたからその後の平安女流歌人たちの興隆があったといってもよいくらいなのです。
    その意味で、平安中期の「女性が輝く時代」をもたらした、強い女性の典型でもあるのです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

最新コメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク