• 新刊の『日本書紀』のこと


    【緊急告知】
    3月20日に開催を予定しておりました第70回倭塾は、新型コロナウイルスの問題から、まことに残念ながら開催を中止とさせていただきます。
     3月6日 小名木善行


    新作動画です。
    日本と台湾の絆


    日本書紀の物語のあらましは、単に日本書紀の表面だけを総花的になぞっても、実は出てきません。深く読み込んでいったときに、なるほど!とわかるものです。
    そこで新刊の『ねずさんの日本書紀(仮題)』では、物語を深く読むことと、全体像を把握することという二つのことを同時に実現できる工夫を凝らしています。


    20200318 仁徳天皇
    画像出所=https://jinja.dr-leather.com/nintokutennnou/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。


    いまのところ4月の出版で、3月下旬先行予約開始の予定で進めさせていただいているのが、新刊の日本書紀です。
    本のタイトルは、まだ内緒です。
    すごい名前になります。

    『日本書紀』を脱稿して思うのは、とにもかくにも、日本書紀がおもしろいということです。
    というか、現代日本にまで通じる日本の形というのは、やっぱり日本書紀によって形成されてきたのだなあと、つくづく感じます。
    それもそのはずです。

    日本書紀は元正天皇に献上された翌年から、すぐに貴族の子女たちの教科書として使われるようになったのです。
    そしてこのことは、全国の豪族たちの教育につながり、さらに一般庶民の教育にまで発展していきました。
    つまり日本書紀こそが、実は日本を形作る基礎となった書なのです。

    世に出てからの日本書紀は、師匠が一行づつ、漢字で書かれた文章を和訳して生徒たちに話して聞かせ、生徒たちはそこから自分自身が当事者となって、そこから様々な事柄を学んだといわれています。
    つまり、日本書紀は、ただ書かれていることを丸暗記するのではなく、そこから感じること、考えることが教育の柱とされました。
    そしてこれこそが、実は、我が国の独特の教育スタイルとなりました。

    とにもかくにも、日本の形の原点は、日本書紀にあり、です。
    しかも、千年以上にわたって、我が国で正規の教科書として用いられ続けてきた書です。
    それだけに、内容が実に論理的だし、筋道が通っているし、おもしろい。

    たとえば有名なところで、仁徳天皇のお話があります。
    仁徳天皇といえば、民のカマドの煙の逸話で有名ですが、これは日本書紀におさめられています。
    ところがその仁徳天皇、天皇にご即位されたときの評判は必ずしも良くなかったのです。

    なぜかというと、いまでもそうですが、天皇の御即位となると、恩赦といって、罪人の罪が一等軽くなったりします。
    でもそれって、メリットを受けることができるのは罪人たちだけなのでしょうか。
    そうではないのです。

    古代において、天皇が御即位されるたびに、遷都が行われたことは皆様よくご存知の通りです。
    実はこの遷都が、いまでいう公共工事のようなもので、農閑期に公共工事のために農家の旦那が働きに出ると、当時はまだ貨幣経済はありませんから、代わりに一週間働いたら絹一反とかの報酬をもらえたのです。
    すると、いつも麻の服しか着ていないウチの女房や娘たちに、絹の着物のひとつやふたつを作ってやることができる。
    これはとっても誇らしくて嬉しいことです。
    つまり遷都は、民衆への富の還元の意味があったのです。

    ところが仁徳天皇は、この遷都を行わない。


    20191123 万葉集表紙1200
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 責任をともなわない権力のおそろしさ『入唐求法巡礼行記』


    ご一読いただければ、チャイナという国が見えてくるだけでなく、責任をともなわない権力が、いかにおそろしいものとなるのかを、目の当たりにしていただけるものと思います。
    日本が古代から、隣国を他山の石として我が国の権威と権力を分離した意義もまた明らかになるものと思います。


    20200217 入唐求法巡礼行記
    画像出所=http://lafete-biboroku.seesaa.net/category/22087141-44.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。


    『入唐求法巡礼行記(にっとうぐほうじゅんれいこうき)』は、遣唐使の一員として唐の国に渡った平安時代の日本人僧侶の円仁(えんにん)《794-864》が、唐の国での体験を綴った本です。
    円仁は栃木県出身の僧侶で、後に比叡山延暦寺の第三代座主の慈覚大師(じかくだいし)となった人です。

    『入唐求法巡礼行記』は、全文が漢文で書かれており、当時の唐の国の実情を知る第一級の史料として、世界的にも知られている書です。
    マルコポーロの『東方見聞録』、西遊記で有名な僧正玄奘(げんじよう)の『大唐西域記』と並び「東アジアの三大旅行記」とも呼ばれています。

    それだけ有名な書でありながら、戦後の日本では、まったく知られていません。
    それどころか、まるで「なかったもの」にされています。
    『入唐求法巡礼行記』の内容をわかりやすく書いた本も、ほとんどありません。

    ずいぶん以前に、この『入唐求法巡礼行記』は文庫本で読んだことがあるのですが、その文庫では、円仁が唐の国に行くまでの出来事と、唐の国から帰ってくるときの出来事しか掲載されていませんでした。
    つまり、いちばん肝心な(この書の最大の価値となる)唐の国での出来事がそっくり抜けているわけで、このためほとんど内容の印象も薄いものとなっていました。

    ところが20年ほど前に、西尾幹二先生が書かれた『日本の歴史』という本を読んだ時、その本の中でまさに『入唐求法巡礼行記』の唐の国での体験記が紹介されていて、その内容の凄みに、まさに衝撃を受けました。
    そこでようやく古書店で、1961年の筑摩書房の『古典日本文学全集』の第15巻・仏教文学集の中に、他の仏教関連書と並んで、ようやくその原文と現代語訳文を見つけ、さっそく購入して読ませていただきました。
    その内容は、まさに驚天動地と言ってよいほどの内容でした。



    20191123 万葉集表紙1200
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 光陰矢の如しと言いますが・・・時間の概念の不思議


    20191123 万葉集表紙1200
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    「ねずラジ」シーズン2が始まりました。
    ねずブロの音声版です。単にブログを読むのではなく、ブログに書ききれなかったことや、その記事についての思いをお話させていただいています。ご登録はコチラから。


    王朝が交替するたびに、すべてが徹底的に破壊されて、またいちからやりなおすことを余儀なくされてきた国と、万年の単位で文明文化を積み上げてきた国とでは、その思考の深さに違いがあるのが、むしろあたりまえです。
    私達の祖先が、知恵の限りを尽くして後世に残してくれた日本の古代の知恵を、私達はもっと大切なものとして考えるべきなのではないでしょうか。


    20200131 タイムパラドックス
    画像出所=https://www.feelguide.com/2015/01/21/experts-baffled-source-one-mans-ongoing-8-year-groundhog-day-deja-vu-time-loop/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    今日のお話は、ちょっとおもしろいかも。
    わかるひとにはわかるお話です。

    早いもので、ついこのあいだ新年が明けたと思ったら、もう1月の最終日です。
    年をとると年々月日の経つのが早くなるといいますが、そういえば10歳の子供にとっての1年は人生の10分の1だけれど、60歳なら60分の1,70歳なら70分の1です。
    日月の経つのが早くなるわけです。

    物理的には同じ時間なのに、感覚的な歳月の経過が長く感じられたり短く感じられたりするのは、科学的には身体の代謝(たいしゃ)の影響だと言われています。
    代謝が良い状態で感じる歳月は長く、
    歳を重ねて代謝が落ちた状態で感じる歳月は、身体の歳月を測る活動も落ちているために短く感じるのだそうです。

    もっとも昨今の年齢は、長寿化の影響もあって、ひと昔前の実年齢の6掛けともいわれます。
    これは現代人の代謝がひと昔前の人々よりも良くなっているためで、
    ですから、いま60歳の人は(年齢×6割)ですから、ひと昔前の36歳。
    いま70歳のひとは、ひと昔前の42歳くらいと同じ体力、外見であるというわけです。

    同様に、いま40歳の方なら、昔の24歳くらい。
    20歳の方なら、12歳!!
    まあ、12歳はともかくとして、実年齢の6掛けというのは、なんだか当たっているような気もします。

    しかしそうは言っても、逆に、楽しく過ごしている時間は代謝が良いはずなのに短く感じ、退屈な時間は代謝も落ちているはずなのに、やたらに長く感じたりもします。
    そうなると、果たして時間というものは、本当に物理的に一定の速度でしか進まないものなのだろうか、などという疑問もわいてきます。



    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • あまりてなどか人の恋しき


    ◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

    20191006 ねずラジ

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    それでもがんばるのは、なぜかと言えば、「あまりてなどか人の恋しき」だからです。
    そしてこのことをわが国では、古来「正義」と呼びます。
    それは言い換えれば、わが国では「愛こそが正義」だということを意味します。


    20191006 ススキ
    画像出所=https://news.livedoor.com/article/detail/15350119/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    百人一首の39番に、参議(さんぎ)等(ひとし)の歌があります。
    好きな歌のひとつです。

    浅茅生の小野の篠原忍ぶれど
    あまりてなどか人の恋しき

    (あさちふの をののしのはら しのふれと あまりてなとか ひとのこひしき)

    「恋しき」と書いてあるから、この歌は「恋の歌」である、と解説されることが多いのですが、歌人がこの歌を詠んだときの歌の意味と、藤原定家が百人一首の中でこの歌を紹介したときでは、歌の意味というか、歌を通じて伝えようとしたものが異なります。
    ここでは、あくまで百人一首のなかで、藤原定家がこの歌を通じて何を伝えようとしたのかを考えてみたいと思います。

    参議等の参議というのは官職名です。
    等(ひとし)が名前で、本名は源等(みなもとのひとし)といいます。嵯峨天皇の曾孫です。
    何度も述べていますが、「○○さん」とお名前をお呼びする場合と、「○○部長」や「○○課長」とお名前をお呼びする場合とでは、意味が違います。

    一部の大手メディアや、メディアに登場するコメンテーターさんたちは、総理や副総理のことを、「安倍さん」、「麻生さん」と呼ぶことが、まるでならわしでもあるかのように行われていますが、私的な・・たとえばゴルフのスコアがどうだったとかいうことを述べるときには「安倍さん」、「麻生さん」でも良いのですが、国政に関することを論評するときには、「安倍総理」、「麻生副総理」等とお名前をお呼びするのが日本人として日本語を扱う者の正しい姿です。

    もちろん、野党の党首の方々なども同じです。
    枝野幸男氏であれば、立憲民主党党首なのですから、その職務上の公的な発言について云々するときは、「枝野さん」ではいけない。
    たとえば政党に関する事柄であれば、あくまでも「枝野代表」とお呼びするのが日本語を話す者の最低限のルールというべきものです。

    なぜならそれが秩序だからです。
    秩序がなければ、社会は成立しません。
    そして人は、人々という集合体の中・・・いまの時代で言うならば、日本という国家の中において、その一員として生活しています。
    「そんなことはない。俺は自分で人生を切り開いて生きているのだ」と仰る方もおいでになりますが、そういう方であっても火災が起これば消防署のお世話になるし、犯罪被害にあえば、頼るところは警察です。
    病院で使う保険証も、国という集合体の中で営まれているものです。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 万葉集巻六から笠金村(かさのかなむら)の歌


    ◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

    20191006 ねずラジ
    ご登録は↑のバナーをクリック↑



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    いち官僚にすぎなかった笠金村が、わが国の国柄を歌にしています。西洋で国家が認識されるようになったのは、なんと18世紀以降のことです。わが国では、万葉の昔の1〜8世紀に、すでに国をひとつの家や家族にたとえる、国家観が存在したのです。これは世界史的に見ても、すごいことです。


    吉野離宮(復元模型)
    20191005 吉野離宮
    画像出所=http://www1.kcn.ne.jp/~uehiro08/contents/parts/15_2006_8_13_0990L.htm
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    万葉集の巻六に、笠金村(かさのかなむら)という人の長歌(ながうた)があります。
     滝の上(へ)の
     御舟(みふね)の山に
     水枝(みずゑ)指(さ)し
     四時(しじ)に主(きみ)有り
     栂(とが)の木の・・・


    笠金村という人は、元正天皇の時代から聖武天皇の時代にかけて活躍した歌人という以外、詳しい経歴等はわかっていません。
    この歌は、養老七年(723)五月の元正天皇の吉野離宮への行幸のときに詠んだ歌と題詞(ことばがき)にあります。
    行幸に同行したということですから、朝廷の舎人(とねり)のひとりだったのでしょうか。
    いまでいうなら、中央省庁の公務員のひとりであったということになるのかもしれません。

    吉野離宮は、奈良県吉野郡吉野町あたりに置かれた離宮で、天武天皇、持統天皇がたいへんに愛された離宮です。
    とりわけ持統天皇はこの離宮に御在位中から御在位後まで都合33回も行幸されています。

    長歌(ながうた)というのは、五七五七という音調が繰り返され、末尾を七七で締める歌です。
    他の万葉集の歌もそうなのですが、歌はすべて漢字で書かれています。
    読み方というのは付属していないので、後世の人が漢字をさまざまに読み下しているのですが、一般的な翻訳本では、この歌の冒頭と同じ場所の読み方を

     滝のほとりの(7字)
     三船の山に(7字)
     みず枝さし(5字)
     しじに生いたる(7字)
     とがの木の(5字)


    としていて、これ以外のところもそうなのですが、長歌の五七五七の韻律を踏襲していません。
    踏襲しなければ歌にならないので、残念ながらこれまでの訳は不十分であったかもしれない可能性があります。
    冒頭の読みは、これをねず式で修正したものです。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 夏の怪談


    「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
    ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
    旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
     ↓↓↓
    新ドメイン:http://nezu3344.com



    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    古いものを、上から目線で馬鹿にして、泣いて喚いて論点をずらして、いつの間にか被害者のポジションをゲットするというのは、まるでどこかの国のようですが、小泉八雲のように、謙虚に日本の古典を見直すとき、そこにはこれまで知り得ることのできなかった、論理的な世界が広がっているといえるのかもしれません。


    20190727 抜け首
    画像出所=https://bibi-star.jp/posts/1788
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    五百年ほど前のことです。
    九州の熊本の菊池家の侍臣に、磯貝平太左衞門武連(たけつら)と云う人がいました。
    代々武勇にすぐれた家柄で、生れながらに弓馬の道に精通した猛者で、その力量は非凡、子供の頃にすでに剣道、弓術、槍術の腕前で師匠を超え、長じては永享年間(1429〜1441)の乱で武功をあらわして、たびたび誉(ほまれ)に授(さず)かっています。

    ところが主家の菊池家が滅亡してしまいます。
    磯貝平太左衞門はほかの大名に仕官(しかん)する道もあったのですが、前の主人に心が残っていたこともあるし、どうしても自分のために立身を求めようという気になれません。
    結局彼は浮世(うきよ)を捨てて剃髪して僧になりました。
    そして名を囘龍(かいりゅう)とあらためて、諸国行脚に出かけたのです。

    もっとも僧衣の下には、いつでも武士の魂が生きています。
    昔、危険をものともしなかったと同じように、いままた難苦(かんく)をものともしません。
    天気や季節にも頓着(とんちゃく)なかったし、ほかの僧侶達があえて行こうとしないところにさえ、仏の道を説くためにとよろこんで出かけていきました。

    この時代は暴戻乱雑(ぼうれいらんざつ)の時代です。
    たとえ僧侶の身でも、一人旅は安全とはいえません。
    そんななかではじめての長い旅となったある日、囘龍(かいりゅう)は甲斐の国の山間部に居ました。
    そこは村から数里離れた、はなはだ淋しいところです。
    夕方にになり、星の下で夜を明かす覚悟をして、路傍に適当な草地を見つけて、そこに臥(ふ)して眠りにつこうとしました。

    彼はいつも喜んで不自由を忍べる人で、布団がないときは、裸の岩が彼にとってのよい寝床になり、松の根がこの上もない枕になりました。
    彼の肉体は、まるで鉄(はがね)のようでしたから、露や雨や霜や雪になやむことさえなかったのです。

    こうして横になっていると、斧(おの)と大きな薪(まき)の束(たば)を背負って道をやって来る人がありました。
    その木こりは横になっている囘龍(かいりゅう)を見て立ち止まると、しばらく彼を眺めて、驚きの調子で言いました。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 朝顔につるべ取られてもらひ水


    「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
    ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
    旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
     ↓↓↓
    新ドメイン:http://nezu3344.com



    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    日本人は民度が高いと言われています。
    私も、そうだと思います。
    けれど、その民度の高さは、DNAのなせる業というだけでなく、やはり教育による影響が大であったと思います。
    だからこそ、本来の日本の教育を取り戻すことは絶対に必要なことなのです。


    20190725 朝顔につるべ取られてもらひ水
    画像出所=https://ameblo.jp/aoiwasi-k135/entry-12290699977.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    以前、国民学校小学4年生の国語教科書から「軍犬利根」のお話をご紹介した際に、以下のように書かせていただきました。
    *****
    戦前に「尋常小学校」と呼ばれた小学校は、昭和16年から「国民学校」と名前が変わりました。
    だから「戦争のために戦時意識高揚のために変えた」と戦後左翼から攻撃されました。
    その攻撃はGHQが火付け役になってもいました。

    ところが実際に国民学校の教科書を見ると、全然軍国主義教育、国粋主義教育になっていないのです。
    このことは、また日をあらためて別な稿に書きますが、むしろその教科書から伺えることは、「いま、大人たちは間違って戦争をしてしまったけれど、君たち少年少女が大人になったとき、決してそうした「戦争」という手段を用いることなく国を護れる、そういうことができる大人に育ってもらいたい」という、明確なメッセージが、そこここに埋め込まれているのです。

    なんと、国をあげた戦いの最中に、日本は「戦争をしない国つくり」のための教育を子供達にしていたのです。
    涙が出ます。

    *****

    今回はそのことについて、国民学校の小学6年生向けの国語教科書『初等科國語七』に掲載された俳句をもとに書いておきたいと思います。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク