• 日本書紀講義6 陽神左旋 陰神右旋(修正版)


    現代の企業社会などにおいても、ただ上意下達では、必ず面従腹背が起こります。
現実に組織を動かそうとするならば、上下一体の合意形成が不可欠。
このことは、人の上に立つ職務に就いたご経験をお持ちの方なら、誰もが経験したことであるはずです。
    そういうことの根幹となるものが、日本書紀の冒頭の神話にはっきり語られていることは、もっと多くの日本人が知る必要があることではないかと思います。

    伊弉諾神宮
    20200915 伊弉諾神宮
    画像出所=https://matome.naver.jp/odai/2143547536817485101/2143547907821444303
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    日本書紀講義1 清陽(すみあきらか)
    日本書紀講義2 国之常立尊
    日本書紀講義3 創生の男女神
    日本書紀講義4 磤馭慮嶋(おのごろじま)
    日本書紀講義5 陽神左旋・陰神右旋
    日本書紀講義6 陽神左旋・陰神右旋(修正版)

    《これまでのあらすじ》
    清陽と重濁から生まれた天地から、造化三神がお化(な)りになり、続けて5組の男女神が生(な)られ、その最後にイザナギ(伊弉諾尊)、伊弉冉尊(イザナミ)がお生まれになられます。イザナギとイザナミは、ともに天の浮橋の上に立たれると、豈國(よろこびあふれる楽しい国)はないだろうか、と図られ、二神で力をあわせて磤馭慮嶋(おのごろじま)を造ります。

    本抄は、こうしてできた「よろこびあふれる楽しい嶋」である磤馭慮嶋(おのごろじま)で、二神が結ばれる様子を通じて、物事の根幹となる道理(条理)が明かされた抄です。
    物事の条理・道理の根幹をなすものとは、
    「何事も霊(ひ)が先、身(み)が後(あと)」ということです。
    この条理こそ、歴史を通じて我が国の道徳ないし国体の中心の核であると言えます。

    いつもの通り、読み下しと原文を示します。
    ひらがなで書いてある読み下しのところは、是非、声に出してお読みいただきたいところです。
    日本語の美しい響きとともに、何か感じるところがあるものと思います。

    《読み下しと原文》
    ふたかみここに しまにおり    二神於是降居彼嶋因欲
    めをととなりて くにすうむ     共為夫婦産生洲国
    このおのごろの しまもちて    便以磤馭慮嶋
    くにのまなかの みはしらと    為国中之柱(柱、此云美簸旨邏)
    をかみひだりに まわられて   而陽神左旋
    めかみみぎから まわりたる   陰神右旋

    わかれてまわる くにはしら    分巡国柱
    おもてをあわせ めかみから   同会一面時陰神
    さきにとなへて いはくには    先唱曰
    あなうれしきや えをとこよ    憙哉遇可美少男焉(少男、此云烏等孤)

    をかみはこれを よろこばず   陽神不悦曰
    をのこがさきに となふなり    吾是男子理当先唱
    なにゆゑめかみ さきにいふ   如何婦人反先言乎
    ことすでにあし またまわる    事既不祥宜以改旋

    ふたかみさらに あひまみゆ   於是二神却更相遇
    ここにてをかみ まずとなふ    是行也陽神先唱曰
    あなうれしきや えをとめよ    憙哉、遇可美少女焉(少女、此云烏等咩)

    めかみにとうて いはくには    因問陰神曰
    ながみはいかに なりたるや   汝身有何成耶
    こたへていはく わがみには   對曰吾身
    めのもとところ ひとつあり    有一雌元之處

    をかみがいはく わがみには   陽神曰吾身亦
    をとこのもとの ところあり    有雄元之處
    わがみのもとに あるところ   思欲以吾身元處
    ながみのもとに あはせむと   合汝身之元處
    かくしてめをは はじめてあひて 於是陰陽始遘
    めをととなれり            合為夫婦



    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本建国の理由がすごかった!


    世界中、どこの国にあっても、歴史にある王朝は征服と征圧の歴史です。
    けれど天然の災害が多発する我が国では、はじめから助け合うこと、民衆こそを大切な宝とすることが、建国の経緯と理念です。
    これは素晴らしいことだと思います。

    紀元祭《橿原神宮》
    20200626 紀元祭
    画像出所=http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/01shaji/01jinja/03east_area/kashiharajingu/event/4mneikar2h/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



    世界中どこの国でも、学校で自分たちの住む国の建国の歴史や建国宣言の内容を教えます。
    あたりまえのことです。
    国があるから学校があるのだし、いざというときの行政サービスも受けることができるのです。
    国は自分たちの所属する共同体そのものなのですから、その国の建国の歴史や経緯、また建国の理念などを教えることは、国家として当然のことでもあります。

    チャイナやコリアのように、たとえその建国の経緯や理念が荒唐無稽な絵空事であっても、彼らは彼らなりに、最低限の建国の歴史や経緯や理念をしっかりと学校で教えています。
    もちろん米国でも建国の歴史や理念を教えます。
    なるほど米国の独立宣言を諳(そら)んじることができる人は少ないかもしれないけれど、米国が独立戦争を行ったこと、その独立戦争に勝利して独立宣言を行ったという事実は、米国人なら誰でも知っていることです。
    米国人でなくても、日本人でも常識として知っていることです。

    世界にはオリンピックに参加する国が206ヶ国ありますが、そのどの国においても建国の歴史や建国宣言の内容を教えます。
    しかし戦後教育を受けてきた日本人で、日本建国の経緯や歴史、あるいは建国の詔(みことのり)を学校で教わった記憶を持つ方はいるのでしょうか。

    日本は教育を憲法で義務化している国です。
    国家の行政機関として文部科学省もあります。
    日本という国があるから憲法があり文部科学省もあるのです。
    ところが憲法で義務化している小中学校で我が国の建国の経緯や理念、あるいは建国宣言を、その文部科学省の所轄する小中の学習指導要項に教えなさいという記述はどこにもありません。
    教科書にも書かれていません。
    それは、文科省とはいったいどこの国の教育監督庁なのかと思ってしまうほどです。

    さらに教育関係者のなかには、日本は戦後に大日本帝国から日本国という「別な国」になったのだと言う人も居ます。
    さらには建国者である神武天皇の存在そのものを否定したり、あるいは建国の理念にまで出鱈目を吹聴している人さえもいます。
    かなしいことだと思います。

    そこで神武天皇の建国の詔(みことのり)がどのようなものであったのか。
    これを日本書紀に書かれた原文からちゃんと読んでみたいと思います。
    原文と読み下し文を掲載します。もし周囲の環境が許すなら、ぜひ、声に出して読んでみていただければと思います。


    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本書紀講義5 陽神左旋・陰神右旋


    男性が「ひ」であり、女性が「み」です。
    これは役割の違いであり、上下の関係ではありません。

    20200521 霊(ひ)
    画像出所=https://www.youtube.com/watch?v=EsgYDUjmSqI
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    日本書紀講義1 清陽(すみあきらか)
    日本書紀講義2 国之常立尊
    日本書紀講義3 創生の男女神
    日本書紀講義4 磤馭慮嶋(おのごろじま)
    日本書紀講義5 陽神左旋・陰神右旋
    日本書紀講義6 陽神左旋・陰神右旋(修正版)

     ***

    《原文と読み下し文》
    便以磤馭慮嶋 おのごろの しまをもちては
    為國中之柱而 くになかの みはしらとして
    (柱、此云美簸旨邏)
    陽神左旋   をのかみは ひだりにめぐり
    陰神右旋   めのかみは みぎからめぐる
    分巡國柱   くにはしら わかれてめぐり
    同会一面   ひとつおもてに ひとしくあひき

    《現代語訳》
    (オノゴロ島に降り立ったイザナギとイザナミのニ神は)磤馭慮嶋(おのごろじま)を国の柱として、陽神(をのかみ)はこの島を左から回り、陰神(めのかみ)は右から回りました。こうして国の柱を分かれてめぐったニ神は、回った先で出会いました。


    《解説》
    よろこびあふれる楽しいクニ《豈国》を築こうと、磤馭慮嶋(おのごろじま)を築いた伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)は、できあがった磤馭慮嶋を国の柱として、この島をめぐる儀式を行うという段です。

    ここで重要なことは、男の神が「左から」、女の神が「右から」めぐった《廻(まわ)った》ということです。
    なぜ男神が左から、女神が右からなのでしょうか。


    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本書紀講義4 磤馭慮嶋(おのごろじま)


    よろこびあふれる楽しい嶋は、ただ遊んでいればそのような嶋になるわけではなくて、そこで「労働をする対価として、よろこびや楽しさが生まれる」、そういう嶋が磤馭慮嶋であると日本書紀は書いています。

    エネルギーの流れ・トーラス(Torus)
    20200518 トーラス
    画像出所=https://www.google.com/search?q=%E9%8A%80%E6%B2%B3%E7%B3%BB%E3%80%80%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B9&tbm=isch&ved=2ahUKEwic7ZKl8brpAhU9zIsBHZJVB6AQ2-cCegQIABAC&oq=%E9%8A%80%E6%B2%B3%E7%B3%BB%E3%80%80%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B9&gs_lcp=ChJtb2JpbGUtZ3dzLXdpei1pbWcQAzoECCMQJzoCCABQr7YEWJDQBGD_0QRoAnAAeACAAYUBiAGhCZIBAzYuNpgBAKABAQ&sclient=mobile-gws-wiz-img&ei=MizBXpyMG72Yr7wPkqudgAo&bih=911&biw=1366&prmd=inv&rlz=1C9BKJA_enJP898JP898&hl=ja#imgrc=R%253BwmB1CS7RIkW6_M%253BKDUfd2xuC-5RwM%253B0.000%252C0.000%252C1.000%252C1.000&imgdii=kND2Z2n_yaHH6M
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



    日本書紀講義1 清陽(すみあきらか)
    日本書紀講義2 国之常立尊
    日本書紀講義3 創生の男女神
    日本書紀講義4 磤馭慮嶋(おのごろじま)
    日本書紀講義5 陽神左旋・陰神右旋
    日本書紀講義6 陽神左旋・陰神右旋(修正版)

     *

    伊弉諾尊 伊弉冉尊 いざなぎみこと いざなみみこと
    立於天浮橋之上   あめのうきはし たたれると
    共計曰       ともにはかりて いはくには
    底下豈無国歟    そこしたに あにくには なけむとや
    廼以天之瓊矛    あめのぬほこを もちまはし
    (瓊玉也此云努)
    指下而探之是獲滄溟 さしおろしては あをうなはらを これさぐり
    其矛鋒滴瀝之潮   そのほこさきに したたるしほが
    凝成一嶋      こりなりて しまになる
    名之曰磤馭慮嶋   なををのごろの しまといふ
    二神於是      ここにおひては ふたはしらかみ
    降居彼嶋      かのしまに おりをりて
    因欲共為夫婦    ともにめをとと ならむとほして
    産生洲国      くにすをうめり

    《読み下し文》
    イザナギノミコトとイザナミノミコトは、天の浮橋に立たれると、ともに計(はか)りていわくには、底下に豈国(あにくに)は無けむとや。天の瓊矛(ぬぼこ)を以(も)ちて廻して、指し下ろしては滄溟(あをうなばら)をこれ探り、その矛先の滴(したた)る潮(しほ)が凝りなりて嶋になる。名を磤馭慮(をのごろ)の嶋(しま)といふ。ここに於いては二柱(ふたはしら)神、彼の嶋に降り居りて、共に夫婦(めをと)とならむと欲し、国洲(くにす)を生めり。


    《現代語訳》
    天の浮橋に立たれたイザナギノミコトとイザナミノミコトは、「この橋の下の底の方に豈国はないだろうか」と、共に相談しあわれました。そして天の瓊矛(ぬぼこ)を、その下の底の方にある滄溟(あをうなばら)に下ろして、そこをかき回して矛を引き上げると、その矛の先から滴(したた)り落ちた潮(しほ)固まって嶋になりました。そこでこの嶋の名を磤馭慮(をのごろ)の嶋(しま)といいます。こうして二柱(ふたはしら)神は、その嶋に降り羅れて共に夫婦(めをと)となって国土を生みました。



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本書紀講義3 創生の男女神


    現代の我々は、冷凍コンテナの発明によって、食料は外国で買って輸入すれば良い、身近なスーパーやコンビニで買えば良いと思っています。
    けれど、今回のコロナがあらためて明確にしたことは、食料を国内生産し、むしろ食料輸入国ではなく、食料輸出国くらいになっていないと、いざというときに食糧不足が起こるということです。
    私たちは、国の形を根幹から見直す必要があります。

    20200510 日本書紀
    画像出所=http://www.tohoku21.net/kagura/history/kigen.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    日本書紀講義1 清陽(すみあきらか)
    日本書紀講義2 国之常立尊
    日本書紀講義3 創生の男女神
    日本書紀講義4 磤馭慮嶋(おのごろじま)
    日本書紀講義5 陽神左旋・陰神右旋
    日本書紀講義6 陽神左旋・陰神右旋(修正版)


    ▼ご先祖の期待のもとに生まれたイザナギとイザナミ
     日本書紀は創生の三神である国常立尊(くにのことたちのみこと)、国狭槌尊(くにのさつちのみこと)、豊斟渟尊(とよくむぬのみこと)》がお生まれになられたあと、四組八神の男女の神々がお生まれになられたことを記しています。不思議なことにこの男女の神々には、それぞれ別名が記されています。日本書紀は他の項目では別な説は「一書曰(あるふみにいはく)」として、別に項目を立てて紹介しているのですが、この男女神についてだけは、なぜか本文にわざわざ別名を記しているわけです。ということは、そこになにか意図があるということです。この意図にはさまざまな読み解きがあります。ここではそのなかのひとつを先ずご紹介しようと思います。それは、神々の名は大切な何かを伝えようとしている、ということです。なぜなら神々のお名前というのは、その神様がご自身でそのようにお名乗りになられたということではなく、後の人々がその神様の特徴を人の言葉に訳したものだからです。
     詳しい解説は後回しにして、はじめに結論を申し上げます。次の意味になります。

    平地の泥土の浅瀬《洲》に苗を植え   埿土煑尊・沙土煑尊
    稲作を土台にした国造りをした     埿土根尊・沙土根尊
    草葺屋根の大きな屋敷に至る道は  大戸之道尊・大苫辺尊
    誰もが豊かに安心して暮らせるための道  大戸摩彦尊・大戸摩姫尊
    稲作や麻製品つくりをする人々の顔は笑顔に輝き  面足尊・惶根尊
    樫の木の家は美しく耀き        吾屋惶根尊・忌橿城尊
    家族は繁栄し               青橿城根尊・吾屋橿城尊
    神々の意を受けた堂々とした男性神と   伊弉諾尊
    神々の意を受けたしなやかな女性神が   伊弉冉尊
    お生まれになられた。

    《原文》次有神、埿土煑尊(埿土、此云于毗尼)沙土煑尊(沙土、此云須毗尼)。亦曰埿土根尊、沙土根尊。次有神大戸之道尊。一云大戸之邊、大苫邊尊、亦曰大戸摩彦尊。大戸摩姫尊、亦曰大富道尊、大富邊尊。次有神面足尊、惶根尊、亦曰吾屋惶根尊、亦曰忌橿城尊、亦曰青橿城根尊、亦曰吾屋橿城尊。次有神伊弉諾尊、伊弉冉尊。


    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本書紀講義2 国之常立尊


    災害の多発する日本では、論理を飛躍させて実態を見失うことは、即、大量死を招くものでした。
    ですから私達の祖先は、上古の昔から、論理を飛躍させるのではなく、どこまでも客観的に事実を積み上げる工夫をしてきました。そしてそのことが、創生の神話についてさえも、論理的整合性を必要とさせるという日本独自の文化を生んだのです。

    持統天皇
    20200430 持統天皇
    画像出所=https://home.ikebukuro.kokosil.net/ja/archives/46692
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    日本書紀講義1 清陽(すみあきらか)
    日本書紀講義2 国之常立尊
    日本書紀講義3 創生の男女神
    日本書紀講義4 磤馭慮嶋(おのごろじま)
    日本書紀講義5 陽神左旋・陰神右旋
    日本書紀講義6 陽神左旋・陰神右旋(修正版)

    昨日に続いて、日本書紀の2です。
    やはり冒頭の言葉で、昨日の続きの記述になります。

    《原文と読み下し》
    しかるのちには かみなかになる  然後神聖生其中焉
    ゆへにいはくは かひびくの    故曰開闢之
    はじめくにつち うかぶのは    初洲壞浮漂
    うをのみずにて あそぶがごとし  譬猶游魚之浮水上也
    このときあめと つちのなか    于時天地之中
    あしかびのごと なりますは    生一物状如葦牙
    すなはちかみと なりたまひては  便化為神
    くにのとこたち みこととまをす  号国常立尊
    つぎにはくにの さつちのみこと  次国狭槌尊
    つぎにとよくむ ぬのみこと    次豊斟渟尊
    このみはしらの かみさまは    凡三神矣
    あめのみちにて ひとりなす    乾道独化
    ゆゑにすめれる をとことなれり  所以成此純男

    《現代語訳》
    しかる後に、神聖なるものが、そのなかにあらわれました。
    それが天地開闢(てんちかいびゃく)のはじめです。
    その天地開闢のとき、はじめに州(す)が浮かび漂いました。
    それはまるで、魚が水の上で遊んでいるかのような様子でした。
    そしてこのときに、天地の中に葦(あし)のようにスクスクと育つものがありました。
    それはついには神となりたまいて、国之常立尊(くにのとこたちのみこと)と号しました。


     *


    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本書紀講義1 清陽(すみてあきらか)


    どんなときでも、明るく、あたたかく、笑顔で日々を送ること。
    清潔な暮らしを心がけること。
    そうすれば、コロナウイルスだって、避けて通ってくれるのです。

    20200428 清陽
    画像出所=https://yoso-walk.net/clear-water/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    日本書紀講義1 清陽(すみあきらか)
    日本書紀講義2 国之常立尊
    日本書紀講義3 創生の男女神
    日本書紀講義4 磤馭慮嶋(おのごろじま)
    日本書紀講義5 陽神左旋・陰神右旋
    日本書紀講義6 陽神左旋・陰神右旋(修正版)

    新型コロナで、閉塞感の漂う日々ですが、だからといって気持ちを重く濁ったものにしてはいけません。
    助かりたいと思うなら、清く明るく日々を過ごすことです。
    そういうことが日本書紀の冒頭に書いてあります。

    そこで日本書紀の講義をブログに不定期ですが、書いてみたいと思います。
    これは、拙著『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』をさらに補強するものです。

    日本書紀が元正天皇に献上されたのが、西暦720年のことで、それはちょうどいまから1300年前のことです。
    実は、その翌年(721年)から日本書紀は、貴族の子女たちの教科書として使われるようになりました。
    教育の仕方は、師匠が日本書紀を《大和言葉》で読み、その意味を講義するというものです。

    こうして日本書紀を学んだ子たちは、成人して国司として地方に派遣され、そこで地方の豪族の子女らに講義を行いました。
    そして、そこで学んだ豪族の子女たちが成人して、地方の地主の子女の教育にあたり、数十年の間に日本書紀は、我が国の教育の中心的柱として、完全に日本国内に普及していくことになりました。

    こうして1200年の時が経ち、日本書紀は完全に我が国の精神的支柱として、あるいはアイデンティティの根幹を形成しました。
    つまり、日本書紀を学ぶことは、そのまま我が国の古来からの精神的支柱、あるいは日本のアイデンティティを学ぶことです。
    日本を取り戻そうとするなら、日本書紀を学べ!です。
    なぜなら日本的アイデンティティとは、教育と文化による高い民度であり、それがいまに続く第41代持統天皇の御意志であり、日本の形であり、日本書紀によって形成されたものだからです。

    今回は第一回として、日本書紀の冒頭の書き出しを学びます。
    拙著『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』と併せて読まれると、より一層、理解が深まると思います。

    はじめに原文を七五読みし、次いで現代語訳、解説とすすめていきたいと思います。

     ***

    いにしへの                 古
    あめつちいまだ  わかれずに    天地未剖
    かげあきらかも  わかれずに    陰陽不分
    とりのこのごと  こんとんの     渾沌如鶏子
    ひろがるうみに  きざしあり     溟涬而含牙

    すみてあきらか  なるものは    及其清陽者
    うすくたなびき  あめとなり     薄靡而為天
    おもくてにごり  たるものは     重濁者
    つつひてつちと  なりにけり     淹滞而為地
    くはしきたへは  ひろがりて     精妙之合博易
    おもくにごるは  かたまりがたし  重濁之凝竭難
    ゆへにさきには  あめがなり    故天先成而
    のちにはつちが  さだまりぬ    地後定


    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク