• いよいよ日本書紀予約開始!新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』


    《ご連絡》4月11日に靖国神社で開催を予定しておりました『万葉集・日本書紀出版記念会』は、会場となる靖国神社内の靖国会館が、昨日政府からの要請で4月いっぱい利用停止となりました。
    まことに残念ながら、本記念会は当面延期とさせていただきます。


    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が、今日から予約開始となりました。この本は、
    「世界に誇る日本の文化」と、
    「現代日本人の覚醒」と、
    「これからの日本の繁栄」のために書かれた本です。


    20200401 日本書紀
    画像出所=https://amzn.to/2UPfauy
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。


    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が、今日から予約開始となりました。
    日本人の洗脳が解ける魔法の書です。

    発売日は4月10日です。
    先行予約された方には、ほぼ当日には本がお手元に届くことになります。

    日本書紀は1200年以上にわたって西洋のバイブル(聖書)、中東のコーランと同等もしくはそれ以上に、我が国の正統な教科書として、愛され親しまれ語られ学ばれてきた書です。

    日本書紀が元正天皇に献上されたのが養老4年(720年)で、ちょうどいまから1300年前のことですが、日本書紀はその翌年から、朝廷の貴族の子女の教科書として用いられ、これが全国の豪族たちの子女の教育に拡大し、江戸時代から明治大正昭和初期から終戦まで、我が国の教育の根幹として、現実に用いられて来た書です。
    つまり日本書紀は、まさに我が国のアイデンティティと高い民度の根幹を築いてきた書ということができます。

    昨今では、日本書紀よりも古事記の方が親しまれていますが、実は、これはGHQが日本書紀を学ぶ「国史」の授業を禁止したことから、その代わりとして戦後、日本書紀より古事記といったムードが形成されたものです。
    その意味では、我が国がこの混迷のときにあたって、もう一度日本を再考するにあたって、その原点に還ろうとするならば、そこで必要になるのは、まさに日本書紀そのものであるということができます。

    その日本書紀は、全文漢文で書かれています。
    かつては、漢字ばかりで書かれたその日本書紀を、師匠(師範)が大和言葉で読み下し、一行ごとにその意味を深く掘り下げるといった教育が施されていました。

    日本書紀は全30巻からなる大部なものですが、ですからその日本書紀を学びたいからと言って、全体をコンパクトにあらすじだけでまとめたとしても、実はそれでは日本書紀を学んだことにはまったくなりません。
    そこに書かれた深い意味を、しっかりと踏まえて行かなければ、本当の意図や意味はわからないのです。

    ところがそうなると、日本書紀全巻全部を深く解説しようとするなら、それこそ文学全集全巻なみの分量になってしまいます。
    そこで本書では、これを1冊の本にコンパクトにまとめるために、日本書紀の要所要所の部分だけを切り取って、それについて深く掘り下げるという手法を取りました。
    こうすることにより、非常にコンパクトに、日本書紀の真髄ともいえる大事を、ポイントを外すことなく知ることができるように工夫しています。

    といって、何もむつかしい本ではなく、小学5年生くらいから読むことができるように、平易な文章で解説をしていますので、どなたでも安心してお読みいただくことができます。

    本のタイトルは、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』です。
    つまりこの本は、
    「世界に誇る日本の文化」と、
    「現代日本人の覚醒」と、
    「これからの日本の繁栄」
    のために書かれた本です。

    本書は、日本書紀の全巻を、大きく4つの章に分けて書いています。

    第一章 神々の時代 よろこびあふれる楽しい国を目指して
    第二章 葦原中国の時代 稲作と産業育成そして自立自存
    第三章 日本建国の時代 民衆こそが国の宝
    第四章 日本形成の時代 危機をチャンスに!


    日本書紀へのこの分け方もまた、本書のオリジナルです。
    神話から歴代天皇記に至るまで、現代にまで続く日本のアイデンティティの根幹と真髄が、おそらくこの1冊でカバーできると思います。

    日本人必読の1冊です。

    武漢ウイルスで、家に閉じこもっているしかない日々が続きますが、こういうときだからこそ、日本書紀を是非いちど紐解いてみませんか?

    書 名  ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀
    出版社  徳間書店 (2020/4/10)
    ISBN-10 4198650764
    ISBN-13 978-4198650766
    発売日  2020/4/10
    URL    https://amzn.to/2UPfauy
    予約開始 今日から!



    お読みいただき、ありがとうございました。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛予約受付中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • <日本書紀1-9>国生み(5)ある書にいわく(1〜2)


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    前回、天照大御神から素戔嗚尊(すさのをのみこと)誕生までの日本書紀本文を紹介しましたが、今回は「一書曰(あるふみにいわく)」として日本書紀が紹介している11編の異説を訳してみます。
    たいへんに長いものですので、何回かに分けてご案内します。
    くどいようですが、ここは本文ではなく「一書(あるふみ)」に書かれた記述です。


    曙海
    20190407 曙海


    <バックナンバー>
    <日本書紀1-1>創生の神々(1)
    <日本書紀1-2>創生の神々(2)
    <日本書紀1-3>創生の神々(3)
    <日本書紀1-4>創生の神々(4)
    <日本書紀1-5>国生み(1)

    <日本書紀1-6>国生み(2)
    <日本書紀1-7>国生み(3)大日孁貴(おほひるめのむち)誕生
    <日本書紀1-8>国生み(4)月読神からヒルコ、スサノヲの誕生
    <日本書紀1-9>国生み(5)ある書にいわく(1〜2)


    (1)一書の1
    <原文>

    一書曰、伊弉諾尊曰「吾欲生御宇之珍子。」乃以左手持白銅鏡則有化出之神、是謂大日孁尊。右手持白銅鏡則有化出之神、是謂月弓尊。又廻首顧眄之間則有化神、是謂素戔嗚尊。即大日孁尊及月弓尊並是質性明麗、故使照臨天地。素戔嗚尊、是性好残害、故令下治根國。珍、此云于圖。顧眄之間、此云美屢摩沙可梨爾。

    <読み下し文>
    一書(あるふみ)に曰(いは)く。
    伊弉諾尊(いさなきのみこと)曰(のたまは)く、
    「吾(われ)、御宇(あめ)の珍(うず)の子(みこ)を生(うま)むと欲(おも)ふ」
    乃(すなは)ち、左(ひだり)の手を以(もち)て、白銅鏡(まそかがみ)を持(と)りたまふとき、則(すなは)ち化(な)り出(いず)る神有(あ)り。
    是(これ)を大日孁尊(おほなむちのみこと)と謂(まを)す。
    右(みぎ)の手(て)に白銅鏡(まそかがみ)を持(もち)つとき、則(すなは)ち化(な)り出(いず)る神(かみ)有(あ)り。是(これ)を月弓尊(つくゆみのみこと)と謂(い)ふ。
    又(また)首(みぐし)を廻(めぐら)して顧眄之間(みるまさかり)に則(すなは)ち化(な)る神(かみ)有(あ)り。是(これ)を素戔嗚尊(すさのをのみこと)と謂(まを)す。
    即(すなは)ち、大日孁尊(おほひるめのみこと)及(およ)び月弓尊(つきゆみのみこと)は、並(なら)びて是(こ)れ質性明麗(ひととなりてうるはし)。
    故(ゆゑ)に天地(あめのした)に臨(のぞ)みて照(て)らして使(つか)ふ。
    素戔嗚尊(すさのをのみこと)は、是(こ)れ性(さが)、残(そこな)ひ害(やぶ)るを好(この)む。
    故(ゆゑ)に、根國(ねのくに)に下(くだ)し令(せし)む。
    (珍(うず)、此(これ)をば于圖(うず)と云(い)ふ。顧眄之間(みるまさかり)、此(これ)をば美屢摩沙可梨爾(みるまさかりに)と云(い)ふ。)


    <現代語訳>
    ある書によれば、イザナキノミコトが「私は天下に珍神子(うずのみこ)を生もうと思う」とのべられて、左手に白銅鏡(まそかがみ)を持たれると、大日孁尊(おほなむちのみこと)がお生まれになられました。
    次に右手に白銅鏡(まそかがみ)を持たれるとを月弓尊(つくゆみのみこと)がお生まれになりました。
    次に首をめぐらせて横目で見たときに、素盞嗚命(すさのをのみこと)がお生まれになりました。
    大日孁尊(おほなむちのみこと)とを月弓尊(つくゆみのみこと)は、ともに性質が明(あき)らかで麗(うるわ)しい神様でしたので、天地を照らす神様としました。
    素盞嗚命は、残害を好む性質だったため、根国に下しました。
    (珍は「ウズ」と読みます。顧眄之間は「みるまさかりに」と読みます)


    <解説>
    最初の一書では、蛭児(ひるこ)は出てきません。
    はじめに「イザナキノミコトが、私は天下に珍神子(うずのみこ)を生もうと思うと述べられた」とあります。
    「珍」と書いて「ウズ」と読むようにと注釈がありますが、「ウズ」というのは、天子だけが手にすることができる比類のない立派な道具のことです。
    ですから「珍神子」であれば、イザナキだけがなしうる「比類のない立派な神様」、といった意味になります。
    ちなみにここでは、本来、生むのは女性神のイザナミのお役目のはずですが、なぜかこの書は、男性のイザナキによる単体での神生みという記述になっています。




    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    20190317 MARTH




    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク