• 清陽(すみてあきらか)と重濁(おもくてにごる)


    ときに重く濁った気持ちになってしまうのだって、当然です。
    なぜなら、それは「もとからあるもの」だからです。
    でも同時に私達の中には、清陽(すみてあきらか)なるものが存在します。
    清らかで、陽(ほがら)かなものが、ちゃんと内在しているのです。
    だからいまは落ち込んでも、次の瞬間には、笑顔でいることもできるのです。
    それが人間です。

    20201220 上高地
    画像出所=https://www.nta.co.jp/media/tripa/articles/Z5ZoK
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    日本書紀の冒頭に「清陽」という文字が見られます。
    このように書いて「すみてあきらか」と読みます。
    「清(きよ)らか」であることは大切です。
    だから、体《身》のよごれなら、お風呂に入って落とします。
    同様に魂《霊(ひ)》の穢(けがれ)なら、神社に参拝したり、お祓いをしてもらって、これを祓(はら)います。

    けれど日本書紀は「それだけではダメだ」と書いています。
    もうひとつ、
    「陽」でなければダメだ、と書いているのです。
    「陽」という字は、このようにかいて「あきらか」と読み下します。
    そして「陽光のように明るい、あたたかい」そして「ほがらか」という意味を持ちます。

    つまり日本書紀は、清らかであるだけでなく、ほがらかで陽気なくちゃダメだよ、と書いているわけです。
    それが、日本書紀の冒頭、いちばんはじめにかかれています。

    いにしへの             古
    あめつちいまだ  わかれずに    天地未剖
    かげあきらかも  わかれずに    陰陽不分
    とりのこのごと  こんとんの    渾沌如鶏子
    ひろがるうみに  きざしあり    溟涬而含牙
    すみてあきらか  なるものは    及其清陽者
    うすくたなびき  あめとなり    薄靡而為天
    おもくてにごり  たるものは    重濁者
    つつひてつちと  なりにけり    淹滞而為地

    《現代語訳》
     大昔、天地がまだ分かれていなくて、陰陽もまた分かれていない混沌としたなかに、ほのかな兆(きざ)しがありました。その兆(きざ)しの中の清陽(すみてあきら)かなものが薄くたなびいて天となり、重くて濁(にご)っているものが、停滞して地(つち)になりました。美しく言いようもなく優れたものは広がりやすく、重くて濁ったものは固まりにくかったため、先に天が生まれ、後に地が定まりました。


    ▼清陽と重濁から神様は生まれた

    日本書紀には古事記のような前文がなく、いきなり本文がはじまります。
    その冒頭の言葉が「古天地未剖(いにしへの あめつちいまだ わかれずに)」です。

    天地がわかれることに、解剖するときに使う「剖」という字を充てています。
    この字は刃物を使って二つに切り裂くことを意味する漢字ですが、その天地はもともと別れてなどいない、陰陽も別れていなかったと日本書紀は記述しています。

    よく「日本書紀は中国古来の陰陽道に基づいて書かれた」と言う人がいます。
    しかし中国における陰陽思想は、陰陽は対立概念であり二元論です。
    しかし日本書紀は、陰陽はそもそも一体だと書いているわけです。
    このことは、「日本書紀は陰陽思想ではありませんよ」と、冒頭で宣言しているようなものです。

    そこから、清陽と重濁が別れます。
    清陽は「すみてあきらか」と読みますが、清らかで、かつ陽気なものです。
    それが薄く広がって天になった。
    そして重くて濁ったものが下方に固まって地(つち)となったと書いています。

    そしてここが大事なのですが、こうしてできあがった「天地」に、最初の神様である国之常立尊(くにのとこたちのみこと)がお化(な)りになります。
    そして続けて国狭槌尊(くにのさつちのみこと)、豊斟渟尊(とよくむぬのみこと)がお生まれになられたと書いています。

    一般に神様といえば「天にまします清(きよ)らかな御存在」と認識されます。
    しかし日本書紀は、そうではなく、「清らかな天」と「重くて濁った地(つち)」で出来た天地に、最初の神様がお化(な)りになられたと書いているのです。
    神様の中にも、重くて濁ったものがあるのです。
    ましてや我々人間の身は、その重くて濁った地(つち)でできた作物によってできています。
    つまり、もともと人の体は、そもそもが重くて濁っているのです。

    ですから、ときに重く濁った気持ちになってしまうのだって、当然です。
    なぜなら、それは「もとからあるもの」だからです。

    でも同時に私達の中には、清陽(すみてあきらか)なるものが存在します。
    清らかで、陽(ほがら)かなものが、ちゃんと内在しているのです。

    だからいまは落ち込んでも、次の瞬間には、笑顔でいることもできるのです。

    それが人間です。


    お読みいただき、ありがとうございました。
    日本をかっこよく!! むすび大学。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    nezu3344@gmail.com

     最新刊
     

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    第82回倭塾 4月17日(土)13時〜 富岡八幡宮婚儀殿
    第83回倭塾 5月23日(日)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
    第84回倭塾 6月26日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
    第85回倭塾 7月17日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
    靖国神社昇殿参拝 8月14日(土)14:00 靖国神社参集殿
    第86回倭塾 9月18日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


                 

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 着物の着方が持っている意味


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    どんな些細なことにも、その歴史をたどれば、文化の裏付けがあります。
    和服の場合と、洋服の場合で、着衣の合わせ方が違ってくるのでやっかいですが、意味を知れば、納得できるものであろうと思います。

    20210425 右前
    画像出所=https://kimono-story.com/317.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    着物の着方で、よく問題にされるのが、右前(みぎまえ)か左前(ひだりまえ)かです。
    俗説に、男は右前、女は左前という人もいますが、実は「男女とも右前に着る」というのが正解です。

    女性の振り袖や小袖などの着物も、よく見れば、柄がそのように着たほうが映えるようにできています。
    男性のアンサンブルでも、柔道着や空手着などでも、男女を問わず、すべて右前です。

    さて、右前とか左前というのは、どういう着方を言うのでしょうか。
    答えは、「先に右側の身頃、続いて左側の身頃を重ねながら着る」ということです。
    そのように着ると、前から見たとき襟元が「y」字のようになります。
    それが正解です。

    なぜ先に自分の右手側の身頃を先に体に合わせるのか。
    これには明確な決まりがあります。

    時は養老3年(719年)の元正天皇の御世にさかのぼります。
    元正天皇というのは、奈良時代においでになられた女性の天皇で、歴代御皇室の女性の中でも、最も美しかったと伝えられている女性天皇です。

    そしてこの年に発せられたのが
    「右衽着装法(うじんちゃくそうほう)」
    です。
    これによって、すべての衣服は右前で着装することが定められました。



     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 三大神勅を学ぶ


    三大神勅とは、
    1 天壌無窮の神勅
    2 宝鏡奉斎の神勅
    3 斎庭稲穂の神勅
    の3つです。
    原文と読みを示します。
    できれば声に出して読んでみていただきたいところです。

    20201018 三大神勅
    画像出所=https://www.pinterest.jp/pin/291537775872818892/?nic_v2=1a668yKoA
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    日本の根幹にある形が「天皇の知らす国」です。
    この概念は、国家最高の存在を政治権力に置くのではなく、国家最高権威に置くという形を明確にしたものといえます。
    なぜそのような形が必要なのかといえば、権力は常に責任と等価の関係にあるべきものだからです。

    この一点を間違えると、「権力=暴力」という世界の歴史の古代社会ようになるし、「権力=身分」という中世や、「権力=お金」という近代のような社会に至ることになります。
    よく正義とか善悪とかいう用語が用いられますが、世の中は何が正しいかではなくて、「権力=お金」の社会なら、儲かるか儲からないかという損得が社会の根幹となります。

    この場合、儲かりさえすれば何をやっても構わないわけですから、民衆を騙し、扇動し、挙句の果てには戦争が行われることになります。
    右だ左だと対立や闘争が仕掛けられるのも、現代社会ならその根幹にあるのは損得勘定が根幹です。
    そして稼げば、巨大な権力を得たり、権力を思いのままに操って、自己の富をさらに増やそうとする。
    それが現代社会の世相の根幹です。

    こうした構図が、情報化の波に乗って、世界中で暴(あば)かれるようになりました。
    では「権力=お金」という構図の世界を、どのように変えたら良いのか。
    これについて、今はまだ百家争鳴の状況にあります。
    けれど世の中は確実に動きつつあります。

    世界が古代という時代を迎えるずっと以前、縄文時代の日本は、縄文時代1万4千年の長きにわたって、人が人を殺すことがない社会を形成してきました。
    ですから世界が「権力=暴力」であった古代においても日本では、暴力は許されないことであったし、むしろその古代において、「権力=責任」という姿が明確化された歴史を持ちます。

    そこで今回は、あらためて日本書紀にある「三大神勅(さんだいしんちょく)を学んでみたいと思います。


     最新刊

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本書紀講義6 陽神左旋 陰神右旋(修正版)


    現代の企業社会などにおいても、ただ上意下達では、必ず面従腹背が起こります。
現実に組織を動かそうとするならば、上下一体の合意形成が不可欠。
このことは、人の上に立つ職務に就いたご経験をお持ちの方なら、誰もが経験したことであるはずです。
    そういうことの根幹となるものが、日本書紀の冒頭の神話にはっきり語られていることは、もっと多くの日本人が知る必要があることではないかと思います。

    伊弉諾神宮
    20200915 伊弉諾神宮
    画像出所=https://matome.naver.jp/odai/2143547536817485101/2143547907821444303
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    日本書紀講義1 清陽(すみあきらか)
    日本書紀講義2 国之常立尊
    日本書紀講義3 創生の男女神
    日本書紀講義4 磤馭慮嶋(おのごろじま)
    日本書紀講義5 陽神左旋・陰神右旋
    日本書紀講義6 陽神左旋・陰神右旋(修正版)

    《これまでのあらすじ》
    清陽と重濁から生まれた天地から、造化三神がお化(な)りになり、続けて5組の男女神が生(な)られ、その最後にイザナギ(伊弉諾尊)、伊弉冉尊(イザナミ)がお生まれになられます。イザナギとイザナミは、ともに天の浮橋の上に立たれると、豈國(よろこびあふれる楽しい国)はないだろうか、と図られ、二神で力をあわせて磤馭慮嶋(おのごろじま)を造ります。

    本抄は、こうしてできた「よろこびあふれる楽しい嶋」である磤馭慮嶋(おのごろじま)で、二神が結ばれる様子を通じて、物事の根幹となる道理(条理)が明かされた抄です。
    物事の条理・道理の根幹をなすものとは、
    「何事も霊(ひ)が先、身(み)が後(あと)」ということです。
    この条理こそ、歴史を通じて我が国の道徳ないし国体の中心の核であると言えます。

    いつもの通り、読み下しと原文を示します。
    ひらがなで書いてある読み下しのところは、是非、声に出してお読みいただきたいところです。
    日本語の美しい響きとともに、何か感じるところがあるものと思います。

    《読み下しと原文》
    ふたかみここに しまにおり    二神於是降居彼嶋因欲
    めをととなりて くにすうむ     共為夫婦産生洲国
    このおのごろの しまもちて    便以磤馭慮嶋
    くにのまなかの みはしらと    為国中之柱(柱、此云美簸旨邏)
    をかみひだりに まわられて   而陽神左旋
    めかみみぎから まわりたる   陰神右旋

    わかれてまわる くにはしら    分巡国柱
    おもてをあわせ めかみから   同会一面時陰神
    さきにとなへて いはくには    先唱曰
    あなうれしきや えをとこよ    憙哉遇可美少男焉(少男、此云烏等孤)

    をかみはこれを よろこばず   陽神不悦曰
    をのこがさきに となふなり    吾是男子理当先唱
    なにゆゑめかみ さきにいふ   如何婦人反先言乎
    ことすでにあし またまわる    事既不祥宜以改旋

    ふたかみさらに あひまみゆ   於是二神却更相遇
    ここにてをかみ まずとなふ    是行也陽神先唱曰
    あなうれしきや えをとめよ    憙哉、遇可美少女焉(少女、此云烏等咩)

    めかみにとうて いはくには    因問陰神曰
    ながみはいかに なりたるや   汝身有何成耶
    こたへていはく わがみには   對曰吾身
    めのもとところ ひとつあり    有一雌元之處

    をかみがいはく わがみには   陽神曰吾身亦
    をとこのもとの ところあり    有雄元之處
    わがみのもとに あるところ   思欲以吾身元處
    ながみのもとに あはせむと   合汝身之元處
    かくしてめをは はじめてあひて 於是陰陽始遘
    めをととなれり            合為夫婦



    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本建国の理由がすごかった!


    世界中、どこの国にあっても、歴史にある王朝は征服と征圧の歴史です。
    けれど天然の災害が多発する我が国では、はじめから助け合うこと、民衆こそを大切な宝とすることが、建国の経緯と理念です。
    これは素晴らしいことだと思います。

    紀元祭《橿原神宮》
    20200626 紀元祭
    画像出所=http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/01shaji/01jinja/03east_area/kashiharajingu/event/4mneikar2h/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



    世界中どこの国でも、学校で自分たちの住む国の建国の歴史や建国宣言の内容を教えます。
    あたりまえのことです。
    国があるから学校があるのだし、いざというときの行政サービスも受けることができるのです。
    国は自分たちの所属する共同体そのものなのですから、その国の建国の歴史や経緯、また建国の理念などを教えることは、国家として当然のことでもあります。

    チャイナやコリアのように、たとえその建国の経緯や理念が荒唐無稽な絵空事であっても、彼らは彼らなりに、最低限の建国の歴史や経緯や理念をしっかりと学校で教えています。
    もちろん米国でも建国の歴史や理念を教えます。
    なるほど米国の独立宣言を諳(そら)んじることができる人は少ないかもしれないけれど、米国が独立戦争を行ったこと、その独立戦争に勝利して独立宣言を行ったという事実は、米国人なら誰でも知っていることです。
    米国人でなくても、日本人でも常識として知っていることです。

    世界にはオリンピックに参加する国が206ヶ国ありますが、そのどの国においても建国の歴史や建国宣言の内容を教えます。
    しかし戦後教育を受けてきた日本人で、日本建国の経緯や歴史、あるいは建国の詔(みことのり)を学校で教わった記憶を持つ方はいるのでしょうか。

    日本は教育を憲法で義務化している国です。
    国家の行政機関として文部科学省もあります。
    日本という国があるから憲法があり文部科学省もあるのです。
    ところが憲法で義務化している小中学校で我が国の建国の経緯や理念、あるいは建国宣言を、その文部科学省の所轄する小中の学習指導要項に教えなさいという記述はどこにもありません。
    教科書にも書かれていません。
    それは、文科省とはいったいどこの国の教育監督庁なのかと思ってしまうほどです。

    さらに教育関係者のなかには、日本は戦後に大日本帝国から日本国という「別な国」になったのだと言う人も居ます。
    さらには建国者である神武天皇の存在そのものを否定したり、あるいは建国の理念にまで出鱈目を吹聴している人さえもいます。
    かなしいことだと思います。

    そこで神武天皇の建国の詔(みことのり)がどのようなものであったのか。
    これを日本書紀に書かれた原文からちゃんと読んでみたいと思います。
    原文と読み下し文を掲載します。もし周囲の環境が許すなら、ぜひ、声に出して読んでみていただければと思います。


    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本書紀講義5 陽神左旋・陰神右旋


    男性が「ひ」であり、女性が「み」です。
    これは役割の違いであり、上下の関係ではありません。

    20200521 霊(ひ)
    画像出所=https://www.youtube.com/watch?v=EsgYDUjmSqI
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    日本書紀講義1 清陽(すみあきらか)
    日本書紀講義2 国之常立尊
    日本書紀講義3 創生の男女神
    日本書紀講義4 磤馭慮嶋(おのごろじま)
    日本書紀講義5 陽神左旋・陰神右旋
    日本書紀講義6 陽神左旋・陰神右旋(修正版)

     ***

    《原文と読み下し文》
    便以磤馭慮嶋 おのごろの しまをもちては
    為國中之柱而 くになかの みはしらとして
    (柱、此云美簸旨邏)
    陽神左旋   をのかみは ひだりにめぐり
    陰神右旋   めのかみは みぎからめぐる
    分巡國柱   くにはしら わかれてめぐり
    同会一面   ひとつおもてに ひとしくあひき

    《現代語訳》
    (オノゴロ島に降り立ったイザナギとイザナミのニ神は)磤馭慮嶋(おのごろじま)を国の柱として、陽神(をのかみ)はこの島を左から回り、陰神(めのかみ)は右から回りました。こうして国の柱を分かれてめぐったニ神は、回った先で出会いました。


    《解説》
    よろこびあふれる楽しいクニ《豈国》を築こうと、磤馭慮嶋(おのごろじま)を築いた伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)は、できあがった磤馭慮嶋を国の柱として、この島をめぐる儀式を行うという段です。

    ここで重要なことは、男の神が「左から」、女の神が「右から」めぐった《廻(まわ)った》ということです。
    なぜ男神が左から、女神が右からなのでしょうか。


    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本書紀講義4 磤馭慮嶋(おのごろじま)


    よろこびあふれる楽しい嶋は、ただ遊んでいればそのような嶋になるわけではなくて、そこで「労働をする対価として、よろこびや楽しさが生まれる」、そういう嶋が磤馭慮嶋であると日本書紀は書いています。

    エネルギーの流れ・トーラス(Torus)
    20200518 トーラス
    画像出所=https://www.google.com/search?q=%E9%8A%80%E6%B2%B3%E7%B3%BB%E3%80%80%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B9&tbm=isch&ved=2ahUKEwic7ZKl8brpAhU9zIsBHZJVB6AQ2-cCegQIABAC&oq=%E9%8A%80%E6%B2%B3%E7%B3%BB%E3%80%80%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B9&gs_lcp=ChJtb2JpbGUtZ3dzLXdpei1pbWcQAzoECCMQJzoCCABQr7YEWJDQBGD_0QRoAnAAeACAAYUBiAGhCZIBAzYuNpgBAKABAQ&sclient=mobile-gws-wiz-img&ei=MizBXpyMG72Yr7wPkqudgAo&bih=911&biw=1366&prmd=inv&rlz=1C9BKJA_enJP898JP898&hl=ja#imgrc=R%253BwmB1CS7RIkW6_M%253BKDUfd2xuC-5RwM%253B0.000%252C0.000%252C1.000%252C1.000&imgdii=kND2Z2n_yaHH6M
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



    日本書紀講義1 清陽(すみあきらか)
    日本書紀講義2 国之常立尊
    日本書紀講義3 創生の男女神
    日本書紀講義4 磤馭慮嶋(おのごろじま)
    日本書紀講義5 陽神左旋・陰神右旋
    日本書紀講義6 陽神左旋・陰神右旋(修正版)

     *

    伊弉諾尊 伊弉冉尊 いざなぎみこと いざなみみこと
    立於天浮橋之上   あめのうきはし たたれると
    共計曰       ともにはかりて いはくには
    底下豈無国歟    そこしたに あにくには なけむとや
    廼以天之瓊矛    あめのぬほこを もちまはし
    (瓊玉也此云努)
    指下而探之是獲滄溟 さしおろしては あをうなはらを これさぐり
    其矛鋒滴瀝之潮   そのほこさきに したたるしほが
    凝成一嶋      こりなりて しまになる
    名之曰磤馭慮嶋   なををのごろの しまといふ
    二神於是      ここにおひては ふたはしらかみ
    降居彼嶋      かのしまに おりをりて
    因欲共為夫婦    ともにめをとと ならむとほして
    産生洲国      くにすをうめり

    《読み下し文》
    イザナギノミコトとイザナミノミコトは、天の浮橋に立たれると、ともに計(はか)りていわくには、底下に豈国(あにくに)は無けむとや。天の瓊矛(ぬぼこ)を以(も)ちて廻して、指し下ろしては滄溟(あをうなばら)をこれ探り、その矛先の滴(したた)る潮(しほ)が凝りなりて嶋になる。名を磤馭慮(をのごろ)の嶋(しま)といふ。ここに於いては二柱(ふたはしら)神、彼の嶋に降り居りて、共に夫婦(めをと)とならむと欲し、国洲(くにす)を生めり。


    《現代語訳》
    天の浮橋に立たれたイザナギノミコトとイザナミノミコトは、「この橋の下の底の方に豈国はないだろうか」と、共に相談しあわれました。そして天の瓊矛(ぬぼこ)を、その下の底の方にある滄溟(あをうなばら)に下ろして、そこをかき回して矛を引き上げると、その矛の先から滴(したた)り落ちた潮(しほ)固まって嶋になりました。そこでこの嶋の名を磤馭慮(をのごろ)の嶋(しま)といいます。こうして二柱(ふたはしら)神は、その嶋に降り羅れて共に夫婦(めをと)となって国土を生みました。



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク