• あかねさす紫草野行き標野行き


    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    コロナ禍の乗り越え方を歴史から学ぶ ねずさん・小名木善行先生


    《はじめに》
    現在市販されているどの万葉集の本を読んでも、ちょっと考えたら誰でもわかりそうなものなのに、「君が袖振る」と「君の袖振る」の違いをちゃんと読み込んで解説したものはありません。
    ないから自分で書くしかなかったのですが、日本文化というのは、巷間説かれているよりも、もっとずっと深いものです。
    是非、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』をお読みいただければと思います。お薦めです。


    20200416 森田春代
    画像出所=https://meisuta.jp/2017/07/24/%E6%98%A5%E4%BB%A3%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%90%E3%83%A9%E5%A3%B2%E3%82%8A-%E5%85%A8%EF%BC%91%EF%BC%95%E7%A8%AE-11/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。


     あかねさす紫草野行き標野行き
     野守は見ずや君が袖振る

    (原文)茜草指 武良前野逝 標野行
        野守者不見哉 君之袖布流

    万葉集にある有名な、額田王の歌です。
    ところがこの歌、よくみると原文の4句目のところが、

    「君袖布流」

    と書かれています。
    どうみてもこれは「君袖振る」です。
    早い話、「君袖を振っている」と、「君袖を振っている」では、まるで意味が違います。

    この歌は、天智天皇と、弟の大海人皇子(後の天武天皇)、そして額田王との三角関係を証明した歌だというのが通説です。
    額田王は、その弟の大海人皇子と結婚して一女を産んでいます。
    つまり幸せな結婚をして、娘までもうけているのに、夫の兄と不倫関係にあったというわけです。

    「だから古代は性がおおらかだったのだ」
    などと、おバカな解説をしているものもあります。
    常識で考えてもらいたいのです。
    女性が愛する人を大切に思う気持ち、あるいは大切な我が子を思う気持ちは、いつの時代も同じです。

    それにそもそも万葉集は、日本の文化・・・つまり日本の国柄を良い方向に築くための書として編纂された歌集です。
    そういう目的をもって編纂された万葉集に、ご皇室の不倫関係のような歌を、果たして登場させるのでしょうか。
    もちろん、和歌をどのように解釈するかは、読む人の(ある意味)勝手です。
    お楽しみとして読もうとするときに、なるほど古代の人もエッチだったんだなあ、と読むのも自由です。

    けれど、その理由が、天智天皇の妾(めかけ)となったのに、前の旦那の大海人皇子が野原で額田王に手を振って求愛してきたので、額田王が「もう、ばかね」と詠んだのがこの歌だと言うのでしたら、どうして「君の袖振る」なのでしょうか。


    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
    ○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 新型コロナウイルスの時代だからこそ読む舒明天皇御製


    新作動画です。
    日本と台湾の絆


    「民こそが国の宝」です。
    「富を持つ者だけが国の宝」ではないのです。
    新型コロナウイルス問題は、いま人類社会に、そうした根源的となる社会のあり方の再考を、人類に突きつけています。
    時代は変わります。


    舒明天皇陵(段ノ塚古墳)
    20200319 舒明天皇陵
    画像出所=https://74589594.at.webry.info/201409/article_5.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。


    拙著『ねずさんの奇跡の国日本がわかる万葉集』で、一番最初にご紹介した歌が、舒明天皇(じょめいてんのう)の御製です。

    実は、万葉集では、この舒明天皇の御製は巻一の二番目に紹介されている歌です。
    一番は、雄略天皇の御製が掲載されています。

    ものを書くときというのは、誰でもそうですが、はじめに何を書くか、歌集であれば、最初にどの歌を持ってくるかは、たいへんに頭を悩ませるものです。
    ですから、本当なら、万葉集の本編に沿って雄略天皇の御製を最初に拙著でも掲載すべきだったのかもしれませんが、本書では、あえて雄略天皇の御製は、本の末尾のシメとして掲載し、最初に冒頭でご紹介する歌は意図して舒明天皇の御製としました。

    理由は、舒明天皇のこの御製が、現代日本と同じ、ほんとうにいまでいうなら新型コロナウイルス問題で右往左往し、経済もこれから大幅な冷え込みとなるであろうとされるような、まさに混迷する時代にあって、新たな、そして本来あるべき日本の姿を明確に示された歌であるからです。

    舒明天皇の時代というのは、蘇我氏が専横を極めた時代です。
    現代の世界もそうですが、世界では1%のお金持ちが、残りの99%の人々から収奪して贅沢な暮らしをしている社会構造になっています。
    舒明天皇の時代も、蘇我氏が富を独占し、大金持ちとなって政治さえも裏から動かし、みずから「みかど」を名乗ったりしていた時代でした。
    「みかど」という呼称は、天皇にだけ許された呼称です。
    それを自ら、「俺を『みかど』と呼べ」と周囲に命じた、あるいは周囲が蘇我氏をよいしょしてそのように呼んでいた、そういう時代であったわけです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 万葉集のまえがきから一部をご紹介


    20191123 万葉集表紙1200
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    「ねずラジ」シーズン2が始まりました。
    ねずブロの音声版です。単にブログを読むのではなく、ブログに書ききれなかったことや、その記事についての思いをお話させていただいています。ご登録はコチラから。


    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』は、間違いなく、人生を支える良書となる本です。いまはまだ一握りの人の支持しかいただけないかもしれませんが、20年後、30年後には、必ずこの本で解き明かした日本の真実が、世間の常識になります。時代は変わろうとしているのです。


    20191123 万葉集表紙1


    おかげさまで昨年12月に刊行した『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』は、予約開始以来4週連続でAmazonでベストセラー1位(万葉集)となり、その後、別な万葉集の新刊書が出ることで、何度か1位の座を譲ったりもしましたが、いまもなお、おかげさまで1位を続けさせていただいています。

    個人的に思うのは、すでに世に出ている解釈で間に合うのなら、あらためて本にする必要はない、ということです。
    これを「屋上屋を架す」といいます。
    屋根の上に屋根をつくるようなもの、つまりする意味がない。

    万葉集をあらためて本にしたのは、従来の解釈がまるで間違っているからです。
    さらに悪いことには、その間違った解釈に基づいて、そこからさらに妄想を広げて、万葉の歌人たちを貶(おとし)める馬鹿者まであらわれている。
    万葉の歌人たちといいますが、1300年以上も前の人達というのは、生粋の日本人なら、全員が、いまを生きている生粋の日本人に共通するご先祖さまたちです。

    大昔は、○○家のご先祖の枠を越える、4〜500年以上古い時代の人たちのことを、各家のご先祖を上のほうにさかのぼった共通のご先祖という意味で、「かみ(神)」と言いました。
    つまり万葉の歌人たちというのは、現代を生きる我々から見れば、まさに共通のご祖先であり「かみ」であるわけです。
    その「かみ」たちの歌を、平気で軽んじたり馬鹿にしたりすることは、天に向かてツバを吐くのと同じです。

    これでは、本来の日本の文化を取り戻そうとしても、その原点を間違えて解釈しているのですから、まともな日本ができようはずがありません。

    万葉集の歌を、自然体で音読してみれば、普通の日本人なら、そこから感じ取れる何かがあるはずです。
    その何かと、いま一般に解釈として流布しているものとの間に違和感があるなら、どこかが間違っているということです。
    間違いは正さなけれなりません。

    人間というのは、一度読んだ本は、覚えていなくても、記憶の奥底にしっかりと蓄えられているのだそうです。
    ということは、人生において、どのような本に縁したかは、自分の人生において、ものすごく重要なことだといえます。

    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』は、間違いなく、人生を支える良書となる本です。
    いまはまだ一握りの人の支持しかいただけないかもしれませんが、20年後、30年後には、必ずこの本で解き明かした日本の真実が、世間の常識になります。
    時代は変わろうとしているのです。

    またすでにお読みいただいた方は、できればAmazonに一行で構わないので、レビューを書いていただけたらありがたいです。




    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • あえて書かなかった『貧窮問答歌』の解説とは


    20191123 万葉集表紙1200
    ◆ニュース◆

    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』予約受付中。
    第10期日本史検定講座が新規受講者募集中です。
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》が始まりました。
    ○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    万葉集にある山上憶良の『貧窮問答歌』の解説は、内容的にあまりに過激なので、新刊の『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』からは解説を削除したものです。が、私個人としては、本日書いた内容が、この『貧窮問答歌』に関する真実であると確信しています。


    20191206 貧窮問答歌2
    画像出所=http://blog.livedoor.jp/hirohiko24-bokepuri/archives/18343825.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    山上憶良の有名な歌に『貧窮問答歌』があります。
    実はこの歌の解説を、もとの『万葉集』の原稿には書いたのですが、いろいろ考えて、本の原稿からは削除しました。
    あまりに世間の抵抗が強いと思ったからです。
    けれど、このブログは、私の個人的思いを書くところなので、ブログ用に文体を書き直して、お届けしようと思います。

    『貧窮問答歌』は、『万葉集』の巻五に載録されている長歌です。
    上の絵にもありますが、おそらくみなさんも一度は、
    「この歌は律令体制下の民衆の貧窮ぶりと
     里長による苛酷な税の取り立ての様子を
     写実的に歌った万葉集の有名な歌です」

    などと、教わったことがあろうかと思います。

    日教組系の教師になりますと、この『貧窮問答歌』を子供たちに全文暗証させることまでしていた教師もあると聞きます。
    要するに、日本が昔、どれだけ庶民からひどい搾取をしていたかの、これが証拠だから暗記しろ!というわけです。
    実は、私も、暗記させられた組です。
    ところが不思議なことに、古典の成績は決して悪くはなかったのですが、この暗記だけはまったくできない。
    結局テストでは、その問題だけ白紙答案で、学年順位を下げた遠い記憶があります。

    ところが、いまあらためてこの歌を読み返してみると、どうにも不思議なことがあるのです。
    というのは、まず、この歌が成立したのは、山上憶良が筑前の国司をしていた天平3〜5年(731〜733)頃のことです。
    筑前(いまの福岡県)の国司ということは、筑前の全行政に責任を追う者であるということです。
    そして民衆が貧しい生活を強いられているとするならば、その責任は当然、全責任を負う国司の責任問題となります。
    筑前の国司が、わざわざ、「ウチの国はこんなに庶民が貧乏です」と自慢するかのような歌を読むでしょうか。
    またそのような歌を万葉集が掲載するでしょうか。



    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 万葉集とその時代


    ◆ニュース◆
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』予約受付中。
    第10期日本史検定講座が新規受講者募集中です。
    ○ねずブロの音声版《ねずラジ》が始まりました。
    ○百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    日本は、独自の気高い文化を育成していきました。
    そしてそれが、あたりまえの日本人の常識となったとき、日本は、日本人というひとつの民族国家となっていったわけです。このとき万葉集の果たした役割は、とてつもなく大きかったと思います。そしてそれこそが、万葉集がいまなお人々から愛される理由です。


    20191123 大和絵
    画像出所=https://www.tnm.jp/modules/r_collection/index.php?controller=dtl&colid=A12091
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    国内に、敵対し国を破壊し治安を脅かす不届きかつ不逞な勢力があったとき、これを政治が駆逐するのは世界の常識です。
    政治そのものが、国民に背を向けたものであれば、なおさらです。
    国は平気で警察や軍を動員して、平和や安全や豊かさを望む国民を粛清していきます。
    なかには、若い女性を警察が逮捕して繰り返し強姦するといったことも、世界では起こります。
    残念なことですが、世界は恐ろしいところでもあるのです。

    では日本ではどうでしょう。
    いま多くの日本人が、日本に巣食う悪魔のような人たちに、大きな怒(いか)りを覚えています。
    書店で、そうした人や国を特集した書籍が売上の上位となるのも、おそらくはそのためであろうと思います。

    けれど、だからといって非合法にそうした人たちを日本国内で虐殺したり、それこそ口蹄疫(こうていえき)事件などのときの牛や豚のように殺処分したり、酷い拷問を科したり、それこそ警察によって強制強姦をしたりすることを望むような日本人は、すくなくとも生粋の日本人のなかには、誰一人いないと思います。

    「罪を憎んで人を憎まず」は、孔子の『孔叢子・刑論』にある言葉ですが、まさしく日本人は、その言葉を額面通りに理解しています。
    どこかの国では、「罪を憎んで人を憎まないから殺してしまう」ということがなかば公然と行われていることを考えれば、日本人がいかに正しい道を得ようと生きる国民であるかがわかろうというものです。

    では、日本が大きな敗戦を経由して、政体がひっくり返りそうなくらいの大きな事態が起きたときはどうでしょうか。
    私達は、先の大戦のときに、これを経験しています。



    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 新刊著『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』が予約開始になりました



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    20191123 万葉集表紙1


    いよいよ
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
    が予約開始になりました。
    上の画像がその本の表紙で、白いところが帯になります。
    帯を外すと、タイトルと著者名だけになります。

      20191123 カバー

    しっかりとした雄々しい日本を取り戻すためには、私達自身が日本をもっと学ばなければならないと思っています。
    日本が好きというだけでは、日本が嫌いということの裏返しにしかならないからです。
    日本がどういう国の形をしているのか。
    そのことを、私達自身がしっかりと知っていく必要があると思うのです。

    「江戸っ子」といえば、活気があって喧嘩っぱやくて、けど後味スッキリ!といったイメージがあると思います。
    江戸文化といいますが、その文化は徳川家康公が江戸城を築き、その町並みを造ったときに、まさにそういう文化の薫る町を意図的に目指したことがきっかけであり、理由だということは有名な話です。

    実は万葉集も同じです。
    万葉集が書かれた時代は、白村江事件の後であり、我が国が何が何でも国防のため、また未来のため、災害対策のために、ひとつにまとまらなければならない時代でした。
    世界で、そういうときに行われたことは、常に反対派の征圧と粛清です。
    ところが日本では、地方豪族たちも古い時代には皆、遠い昔の親族であり、日本はそうした歴史を失わない国でもありました。
    ですから親族同士で征圧というわけにはいきません。

    そこで考案されたのが、中央に高い教養と文化を育て、これを全国で共有していくという施策でした。
    そのために編纂されたのが万葉集です。
    ちゃんと目的があって、日本最古の歌集が編纂されたのです。
    ということは、万葉集をしっかりと読み解けば、そこには明らかに我々が取り戻すべき日本文化の原型が書かれているはずです。

    20191123 万葉集画2


    ところがこれまで万葉集といえば、その歌の素晴らしさ、言霊から来る優雅な歌の響きを誰しもが感じ取ることができるのに、その解釈といえば愛憎恩怨ばかりのように解説されてきました。
    たとえばあの偉大な仁徳天皇の皇后であられた磐姫皇后といえば、仁徳天皇を支えた素晴らしい皇后陛下であられたのに、まるで嫉妬の塊であるかのように解説されてきたし、有名な額田王は、天武天皇の妻であり一女までもうけた女性でありながら、天智天皇に抱かれたあたかもふしだらな女性であったかのような、まるで三流週刊誌のゴシップ記事のような解説がなされてきました。
    そしてそれらの解釈のすべてが「万葉集に所蔵された歌の解釈」から生まれています。

    そこでこのたび、全編書き下ろしで、それらの歌の数々をすべて漢字ばかりで書かれた原文に立ち返り、あらためて解釈をしなおしたのがこの本です。
    すると、舒明天皇の「うまし国ぞ大和の国は」の「うまし」は、風光明媚なことのみを言うのではなく、なんと心根の良い民衆のことを詠んだ歌だとわかり、また磐姫皇后は、本当によく仁徳天皇を支えられた素晴らしい皇后とわかり、さらに額田王も、三角関係などとんでもない話で、こよなく夫を愛し支え、夫とともに兄の天智天皇を支えた素晴らしい女性であることが明確に(これは本当に明確に証拠をもって)わかりました。

    この本では、その舒明天皇(じょめいてんのう)の御製や、、大化の改新を成し遂げられた中大兄皇子の歌、万葉集といえばこの人と言われる柿本人麻呂、さきほどの磐姫皇后(いはひめのおほきさき)、薄幸の皇族として名高い有間皇子(ありまのみこ)、額田王(ぬかたのおほきみ)、後に天武天皇となられる大海人皇子(おほあまのみこ)、女性天皇であり日本の元号をはじめて公に用いた持統天皇の御製、筑紫の国司であった山上憶良の愛情あふれる歌、太宰府の長官だった大伴旅人を通じて知る男らしさとやさしさ、一般人女性からは安部女郎(あべのいらつめ)、そして万葉集のトップを飾る雄略天皇の目指された日本の形など、歌とその時代の背景にまで踏み込んで、それらをやさしく、誰にでもわかりやすく解説させていただきました。

    こうした次第から、これまでの拙本は、ねずブロで少しずつ書きだめしたものを、最後に総編集して本にするというものでしたが、今回は、全編完全書き下ろしとなりました。
    とにかく、自分で言うのも何ですが、これまでの著作の中で、最高の本ができあがったと自負しています。

    20191123 万葉集画1


    万葉集が全文漢字で書かれていることは、多くの人の知るところです。
    けれどもその漢字の使い方をよく見ると「世の中は」を「余能奈可波」と書くように漢字をいわゆる万葉仮名として記述した歌もあれば、「神代より」を「神代従」とするように、漢字の持つ意味を大切にしながら歌を記述しているものもあります。
    漢字には、それぞれちゃんと意味があるわけですから、「神代従」と書かれていれば、単に「神代から」と言っているだけではなくて、「神代からある神々の御心に従って」というニュアンスがあることがわかります。
    歌は、短い言葉の中に、万感を込めるものなのですから、そうした漢字の意味も踏まえて、きちんと歌を読み解くことで、はじめて詠み手の心に迫ることができます。
    本書は、そうした試みで万葉集を読み解いた、近代以降では、初めての本となります。

    すると万葉集の歌から浮かび上がってきたものは、なんと日本という国の国柄(くにがら)であり、日本人という民族が築き上げてきた文化の原点そのものであったわけです。
    その内容の濃さ、凄み、深み・・・。
    これは是非、皆様に、人生一度はお読みいただきたい!
    そんな内容の本になりました。

    自分の所感としては、
    この本を書くために
    これまでの人生の
    すべての経験が
    あったのかもしれない

    と、大げさではなく、本当にそんな気がしています。

    いつものように、とても読みやすい、平易な文章で書かれた本です。
    小学5年生くらいから、お読みいただけるように、ふりかなもたくさん付けました。
    また、ねずさんの本としては、はじめての試みになりますが、文中に挿絵も豊富に採り入れています。
    是非、周囲の人にお勧めいただいても、決して恥をかくことがない、素晴らしい本になったと自負しています。

    発売日は12月6日で、その日から出荷が開始になります。
    予約は、昨日より受付開始となりました。
    そしてみなさまのおかげをもちまして、昨日のうちに、Amazonの万葉集部門で1位になりました。

    20191122 1917 告知開始


    是非、この機会にご予約いただければと思います。
    https://www.amazon.co.jp/dp/419864991X/

    20191123 万葉集画3


    さらに、いまご予約いただいた方にのみ、出版社から刊行記念の
    全員プレゼント
    の特典があります。
    Amazonで予約注文した際に、Amazonから送られてくる商品の注文番号を、出版社で用意いただいた特設ページに入力することで、「なぜ万葉集ができたのか。そして縄文時代に何が会ったのか、日本という国の真の原点とはなにか」のお話の音声ファイルがもれなく全員にプレゼントになります。
    →特設ページ
    http://tokuma-sp.moo.jp/nezu_san_manyoshu/top/
    ↑こちら↑は、現在はまだ予告ページなので、注文番号を入れる欄とかはまだありません。
    12月5日になりますと、このページにAmazonの注文番号を入れる欄ができ、申し込むとすぐにプレゼントの音声ファイルが送られるようになります。
    ですので、本をご注文されたら、Amazonから送られてくる注文確認メールの注文番号を、それまで絶対に取っておいてくださいね。

    これはいまだけ特典です。
    特設ページができましたら、またお知らせします。

    是非、この機会にご予約いただければと思います。
    https://www.amazon.co.jp/dp/419864991X/

    ご予約は↓から。


    お読みいただき、ありがとうございました。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。


    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
    メールでお申し出ください。

    nezu3344@gmail.com

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク