• 田母神氏、たけしのTVタックル出演


    29日の「たけしのTVタックル」に田母神氏が出演しました。

    おおいに議論が盛り上がった番組でしたが、防衛というものについて、こうしてテレビなどを通じて盛んに議論が行われるようになったことは非常に良いことだろうと思います。

    放送の姿勢も、当初田母神氏が更迭されたときと比べると、だいぶ変化してきたように思います。いたずらに田母神氏=危険思想の持主という視点ではなく、国土防衛について国民がしっかりと受け止め、考えなければならないという視点がかなり浸透してきている。そんな気がしました。

    すくなくとも出演した森永卓郎(独協大教授)のような進歩的文化人(?)というものの防衛力そのものがイラナイとする考え方が、非常に危険なものであるという認識は、昨夜の番組を通じて多くの庶民が感じ得たことなのではないでしょうか。

    番組中目立ったのが、森永卓郎(独協大学教授)の痴呆ぶり。
    学者であるなら、物事を右からも左からもきちんと見て発言するくらいの冷静さがあってしかるべきと思うが、森永氏の論は、はなから色眼鏡でしか自衛隊や田母神氏をみていません。
    「かくあるべき」が先にたったら、事実を詳細に分析し真実を知るなんてことはできはしないです。聖書に天が動いていると書いてあるから地動説は間違いだ、としたのはガリレオの宗教裁判だが、森永氏の論は、共産党の議員の発言と同じで、最初から事実から目をそむけています。これでは学者の名に値しない。韓国人の政治的日本たたきと同じレベルでです。およそ文明人の振る舞いといえない。独協大の教授なのだそうですが、今後、身の周りに独協大を受験しようとする者がいたら、森永教授という人物がいる限り、独協大だけは絶対に入学させてはならない(笑)

    日本共産党の穀田恵二も、いろいろと発言していたけれど、発言の内容についてはわけのわからない屁理屈にしか聞こえなかったですが、この人物、話し方だけは笑顔で紳士で、実にうまいと思いました。明治時代に警察組織を立ち上げた川路利良の言葉に、「面相女人の如くして弁さわやかなりし者」というのがあるけれど、女性のように柔和な表情を浮かべ、弁舌たくみな者は、悪人なのだそうです。

    自民党の3人は、悪いけど何を言っているのかさっぱりわからない。国民が与党に求めているのは、文民統制がどうのとか田母神氏の更迭を撤回しろとかという次元の問題ではない。与党として、国防をどうするのか。自らの手で国を守るという意思を持つのか持たないのか。憲法をどのように改正するのか、という、戦後60年、与野党がいい加減にごまかし続けてきた国防問題について、明確な回答を求めているのであって、どうにも自民党議員は3人そろって、単にその場限りの言い逃れをしているようにしか見えなかった。

    民主党の二人は、松下政経塾生だったりしていることもあり、民主党という立場上は、田母神擁護ができないながら、心情的・論理的には田母神氏の意見に賛成という風が見て取れた。逆に、そのことを明確に発言できない民主党という政党がいったいどうなんだろうかと、考えさせられました。

    あと、もうひとつ。

    田母神氏は、自衛隊員でりながら「侵略戦争ではなかった」と発言し、それが村上談話の政府方針と異なるから、クビだといいます。
    しかし、そうであるなら、君が代・日の丸が法によって国歌・国旗として正式に決められていながら、式典に国旗を掲揚せず、君が代を否定する日教組の教員は、どうしてクビにならないのか?どうして問題にされないのか?
    サヨクの先生方の言うことには、どうにも、自分のすることは良いけれど、逆の立場は一切認めないという姿勢があるように思えます。これは非常に卑屈な振る舞いと思います。その卑屈さを、柔面に隠して、さも余裕がありそな口ぶりで国民を騙す。
    もういい加減、日本人は目を覚ますべきです。

    激論!田母神氏を迎えて 1/3

    激論!田母神氏を迎えて 2/3

    激論!田母神氏を迎えて 3/3


    人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 韓国の見下げ果てた行動 竹島


    まいどのことながら、韓国のあきれはてた振る舞いには、残念な思いを禁じられません。ほんとうにこの国には良心というものがあるのだろうか、とすら思ってしまいます。

    竹島のことです。

    韓国外交通商省報道官が28日、日本の外務省が「竹島問題を理解するための10のポイント」と題した資料について、7か国語版で追加作成し、計10か国語としたことに対して、韓国は、日本側に厳重抗議したうえで、外務省ホームページからの資料削除を求めたそうです。

    竹島問題では、韓国外交通商省もHP上で「韓国政府の独島(竹島の韓国名)に対する基本的立場」と題する資料を日本語も含め10か国語で掲載しています。自分のところはやっておいて、日本には抗議する。

    意見が対立しているなら、その歴史的経緯を踏まえ、国際司法裁判所できちんと裁判しようという日本の主張にすら「もとから韓国領土なのだから必要ない」とこれを拒否。

    一方的に韓国領土を宣言し、島を占有し、韓国領との碑文を立て、付近を航行する日本漁船を拿捕し、島周辺で軍事演習を行う。

    それだけでなく、国連や米国にはたらきかけて、日本が領有を宣言していること自体が、日本が国際紛争を起こそうとしている侵略行為だと糾弾。

    竹島はすでに韓国に実効支配されているのです。

    関連記事→外務省の「竹島」追加資料、韓国が日本に厳重抗議 読売新聞

    さらには、31日からは「ごめんね、独島よ」という映画が、韓国100か所の劇場で封切られるそうです。竹島に日の丸が刺さった刺激的なポスターが話題を呼んでいるとか。しかもこの映画、来年には世界有数の映画祭にも出品されるとか。
    tokuto

    関連記事→竹島熱狂、ついに映画化 韓国で話題、31日公開 産経新聞

    日本は、竹島問題、尖閣諸島問題、北方領土問題、鳥島問題等、領土問題を多く抱え、北朝鮮には日本人が拉致されています。

    こうした国際紛争を解決するために、日本は「話し合い」という最終兵器を用いて解決を図ろうと努力しています。
    そうした努力をすることは素晴らしい。平和的に解決を図ろうとする行為はある意味、賞讃に値する。

    しかし、国際社会というのは、いってみれば警察のない無法地帯というのが現実です。

    おとなしく友好的に解決を図るか、さもなければ武力に訴えるか、その損得の中で紛争が解決される。

    家の中に強盗が押し入り、銃を持って女を差し出せと言われたとき、日本は、まぁそう言わずに、話し合いましょう、と述べる。結局は、女房や娘の代わりにカネを払って解決しようとする。

    多くの日本人は、偏向マスコミや一部の政治家に踊らされ、日本は世界2位の経済大国なのだから、まぁすこしくらいカネを出すことで平和的に解決できるのなら・・・とあいまいに思っています。

    しかし、一人当りの為替レートのGDPは、日本はすでに22位まで、経済力が減退しています。すでにシンガポールにも抜かれている。
    購買力平価ベース
    で見たら、すでに多くの貧民を抱える中国にすら追い越されているのです。

    テレビに出てくる評論家のおじさんやおばさんたちは、経済的に余裕があって、少々他国にカネを払うくらいなんとも思わないのかもしれませんが、我々庶民は、この景気後退局面の中で、ほんとうに生活が苦しくなってきている。悪いけど、他国にくれてやるお金があるくらいなら、国内の景気対策に使ってもらいたい。そう思うのが普通の庶民感覚なのではないでしょうか。

    問題解決のためにと、ひたすら海外にカネを垂れ流し、垂れ流すことによってその流した相手国から法外なキックバックを受け取る日本の政治家。

    日本諜略のための活動団体を国内に作り、日本のマスコミや政治家に支援金を出す韓国政府。その資金の出所は、これもまた日本のカネ。

    いったいいつまで日本は、こんなバカにされた状態で居続けるのでしょうか?

    竹島、韓国の大嘘

    わたしの竹島ですが、何か?


    人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 日本アニメが海外でどんな感じに吹きかえられてるか


    ちょっと笑える吹き替えです♪




    ちなみに宇宙戦艦ヤマトは、米国版では"Star Blazers"というタイトルなのだそうです。

    主題歌の日本語訳の字幕入りの動画があったので、見てみました^^

    日本語の歌詞とはぜんぜん違うのですね^^;

    Star Blazers 日本語字幕版 All Ending


    おまけ・・・沖田艦長逝く



    人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • FOR THOSE WE LOVE


    舞桜さんからご紹介いただいた動画です。

    ねずきちは、ものすごく感動しました。

    日本はいつのまにか、感謝すべき人々に唾を吐き、主張すべき相手に媚を売る国になってしまっている。

    日本人が本当に反省すべきなのは、事なかれ主義に陥り、感謝すべき人たちに感謝してこなかった、主張すべき相手に主張をしてこなかった戦後60年なのではないでしょうか。

    日本人は、なにか「たいせつなもの」を失ってしまってるような気がします。

    FOR THOSE WE LOVE -1

    FOR THOSE WE LOVE -2


    人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 田母神氏と、拓大森本教授の議論


    昨日のコメディアン太田総理(?)の番組でもそうだが、田母神氏が論文を打ち出したことが、結果として諸外国との軋轢を起こし、わが国外交と国益にマイナスの影響を及ぼしたという議論がある。

    太田光は、ひたいに青筋を立ててそのような主張をし、番組ではまるで田母神氏が被告人のような扱いで吊るしあげをされていたが、ほんとうに、田母神氏の論文は、我が国にマイナス効果を及ぼしたのだろうか。

    この件について、拓大の森本教授も、同様の意見を語っており、田母神氏と直接対談し、議論している動画があったので、紹介します。

    田母神閣下 独占激白!1/2

    田母神閣下 独占激白!2/2



    それにしても、拓大の森本教授、眼付悪いなあ・・・
    こういう人が拓大の教授とはねぇ・・・
    拓大の創立精神はいったいどこへ行ったんだ??

    平沼赳夫議員が語る 田母神前航空幕僚長についての見解




    人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • ソマリアへの自衛艦派遣


    政府は25日、海上警備行動発令によるアフリカ東部ソマリア沖での海賊対策について、日本から新たに護衛艦を派遣する方針を固めた。

    関連記事→「日本から護衛艦派遣 ソマリア沖 麻生首相、対応明言」産経新聞

    ソマリアへの海賊行為制圧のための軍事作戦の実施は、16日の国連安全保障理事会で、全会一致で決議されたものです。

    決議は、米韓など6カ国が共同提出。承認期間は来年12月2日までの約1年です。

    ソマリアは1991年に内戦が勃発して以降、確固とした中央政府が存在したことがなく、無政府状態と貧困から海賊行為がはびこっている地域です。

    破綻国家のソマリアは現在、海賊で潤う大金持ちが存在する一方で、国民の3分の1に当たる300万人以上が飢餓の危機にあります。

    ソマリア近海の海賊は、未遂も含む世界全体の海賊事件の約3分の1が集中しています。

    国際海事局によると、今年は12月14日現在、この海域で102隻が襲撃を受け、このうち40隻が乗っ取られ、今なお14隻(乗員計約 300人)が身代金を要求されたまま解放されていないません。

    海賊が今年1年間に得た身代金は1億2000万ドル(約108億円)を上回る可能性があるともいいます。

    ロイター通信によると、米国は、海賊制圧のために、国連加盟国に「ソマリアに上陸し、また、その領空において、必要なあらゆる手段を講じることを認める」としています。
    安保理決議文における「必要なあらゆる手段」は通常、武力行使容認を意味しているのです。

    要するに、ソマリアという破綻した国家があり、そこで無法な海賊行為が行われている。これに対して、国連は自警団を組織しようとしているわけです。

    中国も、18日には定例記者会見でソマリアの海賊対策のための中国海軍の艦艇派遣について、「近い時期に艦艇を派遣することに向け、積極的に準備を進めている」と述べ、中国政府が派遣を決めたことに初めて言及しています。
    実現すれば中国海軍として初の遠洋での警備活動となりますが、中国としては国際貢献の姿勢をアピールする狙いもあるといいます。

    こうした世界の動きの中で、日本ではようやく25日にソマリア沖への海上自衛艦派遣について麻生総理が言及。しかし、これからそのための法案を作り、国会に提出。ねじれ国会の中で、法案の成立には相当の困難が予想されることに加え、政府内部でも日本籍船の“護送任務を優先”する外務省と、“海域での警護(武力警護活動)”を念頭に置く防衛省との間での意見の対立もあります。

    この問題については、いろいろな理屈はあろうかと思います。

    しかし、海上で実際に海賊行為が行われ、通常の航海をする貨物船舶がその標的となり、実際に生命や輸送物品を奪われるという事件が起きており、世界の国々が協力して自警団を組織しようというときに、日本だけが、そもそも海上自衛艦の派遣をするとかしないとか、万一、海上で海賊船舶と遭遇したとき、銃で応戦するのかしないのか、護衛艦の砲門やミサイルを使用するのかしないのかなどと、世界から見たら「たわごと」を並べ立てている。。。

    それで日本が国際的な責任を果たしているといえるのか。日本の貨物輸送船が狙われたとき、自警団に日本がなんの協力もしないなら、日本の船舶はそもそも自警団に守ってもらわなくていいのか。

    軍隊を派遣することの是非論のような空理空論をふりかざし、責任をまっとうしようとしないというのは、李氏朝鮮時代のヤンバンと同じです。そうしたヤンバンの振る舞いのおかげで、どれだけ韓国の一般民衆が悲惨な生活を強いられたか、それは歴史が証明しています。

    同時に、もうひとつのことを考えなければならないとも思います。
    ソマリアは、内乱の末、政府を失い、一部の海賊が大金持ちとなり、その他の多くの庶民は飢えに苦しむ生活を余儀なくされています。

    反日思想を国内で喧伝するのは結構ですが、実際に国家が政府を失ったらどうなるのか。そのことをソマリアという国が実際に証明しています。
    明日は我が身、なのです。
    国を愛する、国を守るということは、こうした悲惨の2字を引き起こさないことなのではないか。そんな気がします。

    ソマリア情勢 2008.8


    人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 人生初デートの前夜に気になったことランキング






    人生初のデート。。。
    ドラマチックな展開に、((((o゜▽゜)o))) ドキドキ♪

    明日は≪何を着てい行こうかな?≫なんて、わかる気がしますね♪

    ちなみにねずきちの初デートは、高校生のとき^^v

    前日に必死で考えて、思いついたのが、
    「よしっ! 喫茶店に行こう!!」
    なにせてんぱってて、それ以外、いっさい思いつかない(笑)

    そして当日・・・

    喫茶店にはいったはいいけど、何を話したらいいのかわからない。
    心臓がバクバクするのを感じながら、
    目の前のコーヒーを飲み、間が持たずに、今度は、テーブルの上にあったお砂糖のカタマリを、ポリポリ。。。

    結局何も話せないまま、1時間・・・・

    ビンにはいったシュガーもなくなり、

    お店を出たとたん「あたし用事があるから・・」と、彼女は立ち去ってしまいました^^

    砂糖は甘かったけど、とっても苦い思い出デス^^;

    あずきちゃん 第25話 がんばって!トモちゃんの初デート part2


    人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク