• 小学校塾教材に自虐史観って!?


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    MSNのニュースに、以下の記事が掲載されました。

    ----------------------------------
    「小学校塾教材に自虐史観 南京犠牲「十数万人」記述も」
    http://sankei.jp.msn.com/life/education/090707/edc0907072300004-n1.htm

    大手学習塾の栄光ゼミナール(本部・東京都渋谷区)の小学5年生の社会科教材で、昭和12年の南京事件を「市民十数万人を虐殺(南京大虐殺)」と記述するなど、自虐史観に偏ったものが使われていることが分かった。

    塾の教材は教科書検定のようなチェックなしに使われており、識者らは「子供が初めて学ぶ日本史が、日本を悪と強調する10年以上前の教科書の内容で、それを丸暗記させられている」と警鐘を鳴らしている。

    栄光ゼミナールは、首都圏を中心に318拠点で小中高校生向け教室を展開する。
    同社広報室によると、中学受験指導コースで使われている「私国立中受験新演習小学5年社会下」で、「1937年12月、首都南京を占領した日本軍は、市民十数万人を虐殺(南京大虐殺)し、世界中から非難をあびました」との記述がある。

    千葉県内の教室では、講師が「南京大虐殺」「強制連行」「集団自決」などを正答とする穴埋め問題のプリントを授業で使用。
    プリントでは、終戦間際のソ連の対日宣戦布告を米英との協定に基づいて行われたとする一方、日ソ中立条約違反だったことには触れない偏った内容となっている。

    同社は、
    「教材は生徒の志望校合格を目的に、文部科学省が認定した教科書の内容を基に、入試問題を参考に作成している。これらの変更がない限りは直ちに修正はしない」
    としている。

    しかし、小学6年の社会科で登場する日本史で、現行教科書に「南京大虐殺」「強制連行」などの単語はない。
    「十数万人」についても、文科省幹部の一人は「被害者数についてはさまざまな学説があり、教科書なら検定意見の対象となる」と指摘。

    「中学入試で近現代史の出題は多くない。塾でここまで詳細に教えようとしているのは、違和感を覚える」とも話す。

    子供が同塾に通っている千葉県在住の男性は、「5年生に歴史を教えるポイントとしてプリント内容が正しいとは思えない。なのに、子供は疑問を抱かずに丸暗記しようとしている」と不安を訴える。

    「新しい歴史教科書をつくる会」会長の藤岡信勝拓殖大教授は、
    「教科書は小学校でも中学校と連動して自虐的な内容が改善されており、教材はその動向に真っ向から反している」と指摘。
    「教育基本法の下にある学校教育の枠組みの外で、『試験に出るから』という動機付けで偏向教育を塾で行うことは許されない。親は子供が塾で使っている教材に目を光らせる必要がある」と話している。
    ------------------------------------

    何度も書くけれど、南京で実際に起こったことは、蒋介石率いる国民党兵士が、武力を用いて南京の城砦都市を占領。

    そして、国民党は市民に銃を突きつけ、「これから日本がここを攻めてくるから、おまえら、銃を持って戦え!」とやった。

    南京市民は、仕方なく銃を持って、城塞の塀に並び、日本軍めがけて発砲した。

    ところが、日本軍は正規の軍隊。南京城塞側は、国民党兵士に後ろから銃を突きつけられて、わけもわからずめくら撃ちしている市民兵。

    日本軍の猛攻が始まると、国民党の連中が、まっさきに逃げ出した。

    銃をとっていた南京市民は、後ろにいた国民党兵士達がいなくなると、我先に逃げ出した。

    そして南京城は、陥落。

    日本軍が入場すると、戦いのあった反対側の城砦の壁には、何本もの紐が垂れ下がり、その紐の下には、シナ人たちの銃が、投げ捨ててあった。

    日本軍が、南京に入場し、城内の治安を回復。

    日本の軍人たちが、市民に手を出さないとわかると、周辺に逃げていた南京市民達が戻ってきた。それだけでなく、日本軍によって南京市の治安が回復されたと知って、多くの周辺都市からもシナ人たちが集まってきた。

    このため、南京城攻防戦の前の南京市の市民の数が20万人だったのに、日本軍の占領後は南京の人口は25万人に増加。

    年が明け、正月になると、日本軍は内地(日本本土)から、正月の松飾りや、餅を大量に取り寄せ、市民たちにお雑煮を振る舞ったりした。

    日本軍舎の前では、シナ人の子どもたちが爆竹を鳴らして、歓声をあげていた。

    以上が、南京で起った事実です。

    映像にも残っている。

    だいたい、ドンパチやっている戦いの最中ですら、「使用弾薬何発。残り弾薬数何発」と、何度も伝令を出して司令部に報告を入れなければならなかったくらい、日本軍は物資に乏しかった。

    それが、30万人の市民虐殺など、いったいどうやって殺すのか。

    30万人に、1発ずつ銃弾を撃ち込んで殺すとしても、それには30万発の弾薬がいる。

    そんな弾薬、日本軍は持っていません。

    機関銃で殺したに違いない?!

    バカなことを!

    当時の日本軍の機関銃は、米国製の1秒間に何発という高性能機関銃ではない。

    パン・・・パン・・・パン・・・と断続的に撃つのが精いっぱい。1分間に打てる弾はおおむね40発。しかも5分も撃ったら過熱して、砲身を冷やさないと、焼き付いた。

    以前、シナにそのへんのことを言って噛みついた人がいて、そしたらシナいわく「日本兵は日本刀で、何万人も斬り殺した」

    バカをいっちゃぁいけません。日本刀はたしかに切れ味鋭いけれど、3人も斬ったら、脂にまみれて、斬れなくなる。
    それに、人間の体というのは、脂にまみれて斬れなくなった刀でも通せるほどヤワじゃないです。

    加えて、当時のシナ人の便服というのは、めちゃめちゃ生地が厚い。銃剣で突き刺そうとしても、素人では刃が立たなかったというのも、有名な話です。

    南京に従軍した村田ほどちかい村田和志郎氏(第18師団歩124歩兵伍長)の日記に、こんな記載があります。

    <引用>-------------------------
    湖州は浙江省の首都、呉興県政府の所在地。
    城壁をはいると家屋は焼けて一面の焼け野原となり、殆ど瓦礫の巷と化していた。
    とくに商店街は影も形もなく、処々に多数のChina兵の死骸が生々しい姿で倒れ転がっていた。誠に見るも無残な有様であった。

    街には人影がみられない。
    それでもどこからか若い女が三人でてきた。
    我々の姿を見ると、彼女らは我々をぽつんと残った唯一の焼け残りの小屋へ招きいれ、いち早くズボンを脱ぐと、進んで下半身を丸出しにした。
    助けてくれと一心にわれわれを拝んだ。
    我々は三名で巡察の途中で思いかけぬ出来事に遭遇してしまった。

    一人は娘、残る二人は人妻らしい体つきだった。自分達は彼女らをそっとして置いてやった。
    それでも恐怖に怯え、彼女ら三人はおののいて、脱いだ紺色のズボンを容易に身につけようとしなかった。
    体を提供しても生命さえ助けてもらえれば、これに越したことはないと観念していたかに見えた。

    また、ある民家では中年の女性が寝てうめいており、下半身を露出して指さして示し、何かわからぬ言葉を喋っていた。China兵は逃亡の際、この女性に迫り、拒絶されると腹を立て、銃剣を一突きにそこに突き刺したに違いなかった。

    夥しい出血で苦しんで訴えている。

    すぐに治安維持会(既に結成されていた中国人の自治組織)に連絡して看護員を連れてきた。さて助かったかどうか。

    このようにして略奪と暴行のあとを見せつけられた。
    --------------------------------

    当時のシナには、政府がありません。

    清が滅びて、地方軍閥による内乱状態にあった。

    内乱状態の中で、被害を受けるのは、決まって武器を持たない一般市民です。

    そして武器を持ったシナの軍閥を名乗る狼藉者たちが、市民に対して好き放題の暴行を働いていた。

    日本は行きがかり上、やむなく、その軍閥の中でも最大勢力であった蒋介石率いる中国国民党の連中を追い払っていた。

    南京市は、そうした野党軍団である国民党が、勝手に乱入して本拠地にしていたから、日本は叩いたのです。

    そして市民の生活に平安を取り戻した。

    なかには、市民にまぎれて、日本軍に悪さをしかける国民党のスパイや、共産党のスパイがいた。

    こうした連中は、市民の協力を得て、日本軍は逮捕し、国際法上適法な範囲で軍紀に照らして処罰した。

    当然のことです。当時の国民党や八路軍の連中がどれだけ酷いことをしてきたか。

    それがなんですか。日本軍が侵略して南京で30万人の市民を虐殺した?

    冗談じゃないです。それをいうなら、日本軍は南京を攻略して、30万人の無辜の市民を救い、彼らの生命と財産を守ったのです。

    それを、まったく正反対のねつ造歴史を、しかも小学生に教えるなど、言語道断です。

    ねずきちは思うのです。
    もう、ねつ造自虐史観など、うんざりだっ!
    こういう自虐史観に取りつかれている連中は、政治・教育分野から、ことごとく追放すべし!
    はっきり言ってそんなに日本が嫌なら、とっとと日本から出てけっ!

    シナの嘘を許すな!と思う方
    栄光ゼミナールに厳重抗議が必要と思う方
    ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    南京大虐殺の真実 The truth in Nanjing
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク