• グアム島の戦い


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    ラッテ・ストーン (Latte stone)
    ラッテストーン


    ↑の写真はグアムのラッテ・ストーン (Latte stone) です。

    ラッテ・ストーンというのは、マリアナ諸島に見られる石柱群なのだけど「9世紀から17世紀にかけて作られた古代チャモロ文化の遺跡」らしいという以外、何に使われたのか、どのように使われたのかなど、いまではなにもわからなくなっています。
    日本の縄文文化との関わりを指摘される方もいます。

    現地の人々は、ラッテ・ストーンには「タオタオモナ」と呼ぶ祖先の霊が宿っているとして近付こうとしないともいいます。
    その「タオタオモナ」が、いったい何なのかさえも、いまでは歴史の闇に消えてしまっています。
    私は個人的には、「tao tao mona」は、「tae nai mono(絶えないもの)」もしくは日本語の「to toi mono(尊いもの)」が転じたものだろうと、想像しています。
    絶えないもの、絶やしてはいけない精霊が宿っている。あるいは尊いもの、捧げなければいけない尊いものが宿っている。
    そんな言い伝えが残っているのなのではないか、などという意味です。正しいかどうかは、わかりません。私のただの想像です。

    けれど、縄文人たちは南米までも交易していたというし、古代から海洋交流がさかんに行われてきたなかで、日本的なものの考え方が受け入れられ、チャモロ文化の中に取り入れられたとしてもおかしくないし、もしかしたら、その逆で、我々日本人が、チャモロ人達から何かを「学び」、日本語に組み入れられたのかもしれません。
    脱線しました。本題に戻します。

    このグァム島を含むマリアナ諸島に人が住みついたのが、紀元前3000年~2000年頃だといわれています。
    マレーシアやフィリピン、インドネシアから、カヌーに乗って移住してきたといわれています。
    一方、魏志倭人伝によると日本は黒歯国といって、どうやら南米のエクアドルあたりまで進出していたようですから、縄文人たちとも交流があったかもしれません。
    いまとなっては、歴史の闇の彼方のお話です。

    ヨーロッパ人がグァムにやってきたのは1521年のことで、マゼランがヨーロッパ人としてはじめてでした。
    そしてグアム島は、1565年にスペイン人のレガスピがやってきて、島の領有を宣言し、スペインの植民地となりました。

    現地の人とスペイン人との間には、何度となく激しい戦いがあったようです。
    しかし、スペイン統治の333年間に、先住民であるチェモロ人の純血種は絶えてしまいました。
    現在島にいるのはスペイン人との混血だけです。
    そして、チェモロ人たちの文明がどのようなものであったのか、どのような歴史を持っていたの、どのくらいの人口があったのかさえも、いまでは、まったくわからなくなっています。

    チェモロの歴史は、完全に絶えてしまったのです。
    いまのこっているのは、石でできたラッテ・ストーン、ミクロネシアダンス、庶民の生活、恋人岬の伝説、そしてスペインなまりのチェモロ語など、その痕跡しか残っていません。

    植民地になる、他国に占領される、それはそうなることを意味します。
    日本もかつて占領統治を受けました。
    それでも私たちが日本文化をいまだに失わずにいるのは、ABC級戦犯などという汚名を受け、多くの人が殺されながらも、生き残った人たちが日本人であることの誇りを失わず、占領統治下にあっても、武器を言論に置き換え、またなによりも国土の保全と復興のために真剣に真面目に取り組んでくださったおかげです。

    戦争は、銃を手にして戦うことだけが戦争ではありません。
    占領統治下も、戦争状態です。
    だからこそ、昭和27年のサンフランシスコ講和条約で、やっと戦争が終結したわけで、それまでは日本はずっと戦争状態です。
    占領に流され、日本を見失い、おかしな政治思想に流された人もたくさんいましたが、それでもなお、日本が日本でいられるのは、終戦後も、日本を守るためにたくさんの血を流してまで戦い続けてくださった諸先輩方がいてくれたおかげである、ということを、まず申し述べておきたいと思います。

    さて、グァムを植民地にしていたスペインは、1894年にアメリカと米西戦争を起こします。
    そして戦争は米国の勝利となり、グアムはアメリカに割譲されました。

    初代総督の米海軍大佐レアリーは、グアムの英語化を指示しました。
    その内容は、住民が英語でサインができればOKというものであったそうです。
    住民に対する教育は、アメリカはまるで関心を持ちませんでした。

    これは重大なことで、現地の人たちはチェモロ語しか話せないし書けないのに、公用語は英語なのです。
    つまり、役所関連の仕事は、英語でなければいっさいできない。
    ところがその英語を教えてくれる人はいないし、そんな教育の制度もない。
    当時の現地の人たちの苦労が偲ばれます。

    一方、1914年にはじまった第一次世界大戦の結果、1919年のパリ講和会議で、日本は、ドイツ領だったミクロネシアと、北マリアナ諸島をドイツに代わり統治することになりました。
    日本統治になることで、ミクロネシア、北マリアナはみるみる発展していきます。

    ここでおかしな現象がおきます。
    大国が勝手に決める国境とは別に、島の人々は、相互に交流しているのですが、米国領であるグアムのチャモロ人は、日本領になった近隣の島々を訪問すると、そこで日本統治による発展を目の当たりにするわけです。
    チャモロ人たちが、日本人に対し尊敬と賞賛の気持ちを抱いたのは、当然の帰結だったろうと思います。

    そして、1941年12月8日、日米が開戦となりました。
    日本は、真珠湾攻撃の5時間後、米領グアムへの攻撃を開始し、わずか1日で米軍の軍事施設を陥落させました。そして12月10日には米領グアムの占領を宣言しています。日本軍は、めちゃくちゃ強かったのです。

    日本によるグアムの統治は、その後、約2年7か月続きました。
    日本は、グアムを「偉大なる神の居る島」を意味する「大宮島」と改名しました。
    そして学校、医療、道路などの社会的インフラを整備しました。
    同時にチャモロ人に対して、住居・信仰・言論の自由等を保障しました。

    現地での教育は日本語で行いました。
    本当はチャモロ語で教育したいところですが、社会用語や科学技術用語は、全部日本語です。
    ですから現地の社会制度を確立し、技術振興を図るためには、日本語で教育するしかなかったのです。

    国民皆教育制度は、日本統治下の「大宮島」時代になってようやくグアムで確立されました。
    日本語での教育なのですが、島の人々はとても勤勉で、また日本語での教育を受けることをたいへんに喜んでくださったそうです。

    米国統治時代には、名前が英語で書ければ十分という米国に対し、日本は、学校を作り、語学、算数、理科、社会をきちんと教育しました。
    いまでは学校教育を面倒に感じる人も多いかと思いますが、それは戦後教育にある一定の歪みが生まれたためで、本来は知識を得ることはとても楽しいことです。

    そのことは、二十四の瞳などの物語を読んでも、子供たちも親も、みんなが学校が大好きだったという事実が証明しています。
    楽しいからこそ、毎朝5キロも10キロも歩いて登校したのです。
    当時を知るチェモロ人たちも、当時の日本語の学校の思い出が、まさに人生の宝ともいえるものになっているといいます。
    それが本来の教育というものなのだろうと思います。

    グアムには、いまでも、当時世話になった日本人の名前をもらい、自分の家族名にしている人たちがたくさんいます。
    日本統治時代の教育が、いまでの彼らの誇りなのです。

    ところで、グァムが日本の統治下になるということは、米国にとってグアムは「敵に占領された米国領土」となります。
    米軍は、日本本土攻略のための基点として、そのグアムの奪還と占領を目論みます。

    1944年、米軍は先ず戦艦による艦砲射撃と空母艦載機及び陸上爆撃機(B-29)で、グアムの日本軍施設の爆撃を開始しました。
    予定では6月18日には部隊を上陸させるはずだったのだけれど、日本軍の猛烈な抵抗にあい、上陸開始は、1ヶ月以上も遅れた7月21日です。
    その間、1ヶ月以上にわたり、グアムは艦砲射撃と空爆の嵐に遭いました。
    美しいサンゴの自然が破壊され、山の形さえも変わってしまっています。

    日本守備隊は、米軍の上陸を、水際で食い止めようとしました。
    そのために揚陸中の米軍を重火器で激しく攻撃しました。
    日本守備隊は、20両のLVT(水陸両用装軌車)を破壊したけれど、弾薬の補給が間に合いません。

    島にいた日本軍守備隊の将兵18,500名。
    対する米軍は2個師団55,000人+戦艦+航空機による爆撃という圧倒的戦力です。

    7月28日 早朝から、上陸した米軍は、戦車数十両で日本軍師団司令部のある本田台を包囲しました。
    日本側はこれに対し、対戦車爆弾を抱えて、敵戦車に体当たり攻撃を行いました。
    しかし、機銃や火炎放射機に阻まれ、味方の死傷者がつのり、ついに対戦車爆薬さえ尽きてしまいます。

    それでも日本の将兵たちは、手榴弾による悲壮な攻撃をしかけました。
    戦車に手榴弾は通用しません。
    では何をしたのかというと、敵戦車に乗り込み、天井の蓋を開けて、中に手榴弾を放り込んだのです。
    完全防備で、しかも周囲を米兵で固める戦車には、近づくことさえ容易なことではありません。
    それを近づき、戦車の上に乗り込み、手榴弾を放り込む。
    あまりにもすごい戦いです。

    この悲痛な状況の下、高品彪(たかしなたけし)中将は、全島で3000名以上の生存者があることを考え、戦車の重囲から脱出し北方での再起を決意しました。

    高品彪(たかしなたけし)中将
    高品彪中将


    午後2時、高品師団長は、敵の機関銃弾を受け、壮烈な戦死を遂げられました。
    7月29日、日本軍の残存兵力は、陸軍約1000名、陸戦隊約800名、戦車部隊、砲6門、その他約2500名とりました。
    この時点で、もはや日本軍には、陸海軍の区別も、第1線と後方の区別もありません。
    その中で、まだ戦える者全員が又木山(マタグアック)に集結しました。

    全員が負傷兵です。指のない者、腕のない者、足のない者、片眼がつぶれている者もいました。
    残された戦いの手段は、敵戦車、敵機関砲に対し、銃剣突撃だけです。銃はあっても弾がない。

    8月9日、早朝から約50両の米戦車が、一斉に最後の日本軍陣地である又木山への攻撃を開始してきました。

    8月10日、残った日本兵は、みなで話し合って、翌11日を期して最後の攻撃を敢行することを決めました。
    午後8時、小畑英良中将が天皇陛下並びに大本営に対し「己れ身を以て、太平洋の防波堤たらん」との決別の電報を打っています。
    そして、8月11日午後2時35分、 又木山に集結した日本軍残存兵力の約60名が、小畑中将とともに自決されました。

    8月13日、米国はグアム全島の占領をラジオで発表しています。
    グアムの陥落によって、米軍はグアムに航空基地を設置。日本本土への無差別空爆が始まっています。

    この戦いで、日本の守備隊総員2万810名のうち、1万9,135柱英霊の命が失われました。
    しかし、それでも一部の生き残った兵士はゲリラ戦を行って執拗に抵抗を行い続けました。
    ナイフしかない、食べ物も、水もない。
    そんな状況下で、亡くなった将兵の武器や弾薬を集め、ジャングルに隠れながら戦い続けています。

    そのなかのひとりに、若き日の横井庄一伍長がいました。
    彼は、1972年(昭和47年)まで、グァム島内に潜伏。
    味方の再来までと、ひとりグアムで戦い続けたのです。
    横井庄一氏の帰国の際の第一声は「帰って参りました…恥ずかしながら、生き永らえて帰って参りました」というものでした。

    横井さんは、日本に帰国後、どうして日本は負けたのかの質問に、こう答えられました。
    「武器がなかったからです。精神は勝っていた」

    グアムは、いまは、アメリカ領土です。
    しかしグアムは、米国の「未編入領土(Unincorporated Territory)」とされています。
    グアムは、グアム議会の決議より、米国合衆国憲法が優先され、住民は合衆国政府が定めた納税義務を負っているのですが、そうであるにもかかわらず、グァムの人々には、大統領選挙に参加する資格は与えられていません。

    要するに「未編入領土」というのは、植民地の言い換えです。
    つまり、グアムはいまだに米国の植民地です。
    そして全島の3分の2が、米軍基地です。

    ラッテ・ストーンが何に使われたものかは、17世紀後半のスペインによるマリアナ諸島の侵略により、古代チャモロ文化が途絶えてしまったためよくわかっていないません。
    宗教施設や、墓石、建造物の土台説などがあるそうです。

    近年では、インドネシアのボロブドゥール遺跡に、アウトリガーの付いた外洋帆船と共にラッテ・ストーンと思われる石柱の上に建造物が乗っている壁画があることから、建造物の土台説が有力となっているといいます。


    日本を守れ!と思う方
    ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    1972年 横井庄一さん

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク