• 大山巌・・・西郷の再来と言われた男


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    大山巌元帥銅像
    大山巌1


    東京都千代田区北の丸公園内に、大山巌(おおやまいわお)元帥の銅像があります。

    大東亜戦争直後、多くの軍人の銅像が撤去される中、大山巌元帥の銅像だけは撤去をまぬがれたのです。

    なぜかというと、日本を統治したマッカーサー自身が、自室に大山巌元帥の肖像画を飾るほどの大山ファンだったからなのだそうです。

    今日は、マッカーサーが心酔した大山元帥について書いてみようと思います。


    大山巌は、1842年、薩摩藩の鹿児島城下の生まれです。

    父の大山彦八は、西郷隆盛の父の弟で、大山家に養子に入った人物です。つまり西郷隆盛と大山巌は、従兄同士の関係にあたります。

    大山巌は、6歳から、薩摩の郷中と呼ばれる青少年団に入ります。
    大山よりも15歳年上の西郷隆盛は、郷中のリーダーでもあり、兄でもあり、父でもあった。

    大山は、この郷中教育の中で、卑怯を嫌い、死を覚悟してことに臨む潔さを学び、リーダーのあるべき姿は、西郷隆盛から学んだといいます。

    32歳になった大山巌は、明治政府から下野した西郷を復帰させるために渡航先のヨーロッパから急きょ帰国します。

    3年ぶりに鹿児島に戻った大山は、その足で西郷隆盛のもとを訪れ、新政府に戻ってほしいと必死に説得しますが、西郷は応じない。

    ならば、西郷を守るために命を捨てようと、大山巌は、西郷に、行動を共にさせてほしいと頼みます。

    大山の申し出に対し、西郷は、

    「おはんは、これからの日本に必要な人材じゃ。東京におって、天皇陛下のお役にば、たたにゃなりもうさん。おいの役にはたたんでも、よか」と答えます。

    それでも西郷と行動を伴にしたい大山は、重ねて
    「おいの命ば、兄さぁにお預けしもす」

    そう言うと、西郷は急に立ち上がり、

    「ならん!、断じてならん! 帰れっ! 東京に帰れっ!」と怒鳴った。

    西郷は、滅多なことでは人を叱りつけることがなかったといいます。
    その西郷が怒鳴った。

    大山は、西郷の怒声の中に、西郷の悲壮な決意を感じ取ったといいます。

    不平武士たちの側に身を置き、彼らと運命を共にする。彼らと共に死ぬ。誕生したばかりの政府を守るにはこれしかない。西郷の明治政府への「ご奉公」であった。

    その「ご奉公」に、西郷は大山を巻き込みたくなかった。
    その気持ちが、大山には痛いほどわかる。

    大山は、西郷のもとを去り、実家にも寄らず、東京へ帰った。
    これが今生の別れになると思うと、大山は涙があふれて止まらなかったといいます。

    1877年、西南戦争が起こります。
    明治新政府への不満武士たちが西郷を擁立して暴発した。

    大山は軍人です。
    戦場にあっては、味方である政府軍の勝利に全力を尽くさなければならない。

    半年以上にわたる激戦の末、西郷が立て籠もった城山への攻撃のときがきた。

    非情にも、その任が大山巌に下った。

    早朝4時に始まった攻撃は、明け方には大勢が決まった。

    西郷隆盛、自刃。

    遺体が浄光寺に運ばれた。

    大山は、西郷夫人に弔慰金を渡そうとしたが、突き返される。
    巌の姉は、泣きながら、「なぜ西郷を殺したかっ!」と巌を責め立てた。
    胸が張り裂けそうな辛い立場だった。

    巌は、いっさい弁解をしなかった。
    理解してもらえるとも思わなかった。

    「兄さぁだけが、わかってくれれば、それでいい」
    西郷の新政府への「ご奉公」を見届けるのだ。
    そんな思いだけが、彼の心をぎりぎりで支えたといいます。


    西南戦争の翌年、明治天皇が北陸・東海地方を巡幸されたとき、大山巌は、その同行を命じられます。

    天皇が大山に語り始めた。

    「わたしは、西郷に育てられた。
    いま、西郷は『賊』の汚名を着せられ、さぞ悔しかろうと思う。
    わたしも悔しい。
    西郷亡きあと、わたしはその方を、西郷の身代わりと思うぞ」

    大山は、感激で身が震えたといいます。

    「もったいないお言葉でございます。全身全霊を陛下に捧げる所存ございます」と答えるのがやっとだった。

    西郷を失って以来、大山は元気を失っていた。何をするにも、気合いが入らなかった。
    このときの陛下のお言葉で、西郷亡きあとの自分の生き方が見えてきた。

    「自分は、兄さぁの代わりになろう」

    西郷の人生を生きればいいのだ。大山の目からは、熱い涙がとめどなく流れつづけたといいます。


    1894年、日清戦争勃発。

    第二軍の司令官となった大山は、出陣に際し、
    「敵国民であろうとも、仁愛をもって接すべし」と訓示した。

    訓示を述べる大山の姿に、「勇者は義に篤くなければならん」と常々語っていた西郷隆盛の姿を見たものは少なくなかったといいます。
    敵兵からも称賛された日本軍の規律正しさは、後々の世まで語り草になっている。


    1904年、日露戦争勃発。

    満州軍司令官として着任した大山巌の存在感は、圧倒的だったといいます。
    大山巌の許可を得た作戦ならば、絶対に勝てる!。
    そう思わせる、力、人徳が、大山にはあった。

    「この戦争は、大山巌で決まる」と語ったのは、参謀次長の児玉源太郎です。

    陸軍の勝利は、この二人の二人三脚で決まった。

    大山は、児玉の作戦を全面的に信頼し、任せ切った。

    任せた以上、口だししない。

    そして結果については、全面的に自分が責任を取る。大山は、このスタイルを貫きます。

    秋山好古少将率いる騎兵第一旅団が、ロシア軍に包囲されたという報告が司令室に飛び込んできた。

    秋山旅団が崩れれば、全軍が分断される。
    司令部に戦慄が走った。

    情報が錯綜。児玉源太郎の怒声が飛ぶ。
    ただごとではない空気が、大山の部屋にも伝わってきた。

    大山は、このとき「おいが指揮を執るしかない」、そう思ったといいます。

    しかし・・・・

    とっさに思った。

    「もし、兄さぁ(西郷)だったら、どうするだろうか」

    そう思い返したとたん、大山は軍服を脱ぎ、わざと寝仕度をして、眠そうな眼でドアを開けた。

    そして、とぼけた調子で、

    「はぁー、なんじゃ、にぎやかじゃのぉ」

    みんなあっけにとられて、寝まき姿の大山に目を向けた。

    「さっきから、大砲の音がしちょりますが、今日はどこぞでいくさでもやってござるのか?」

    大山の間の抜けた声に、ひとりが笑った。
    それが引き金となって、司令部の全員が笑いだした。

    司令部に漂っていた緊張感が一気に和らぎ、冷静さが戻り、状況把握が的確になされるようになった。
    大山巌流統率の真髄であったといいます。

    大山巌
    大山巌2


    日露戦争のあと、大山を総理大臣にという動きもあったが、大山はこれを固辞。

    大山は、家人に対しても、部下に対しても、およそ威張るところがなかったといいます。
    人の悪口もいわない。

    私心なく、海のように広い心を持ち、誰に対しても謙虚な大山の姿は、西郷隆盛を彷彿させたそうです。

    愛妻家で子煩悩も、大山の特徴のひとつ。
    仕事を終えると、より道をせずに、まっすぐに家族のもとに帰る。

    芸者遊びを好まず、家族と過ごすときを大切にした人でもあったそうです。

    1916年、愛妻に看取られながら、大山巌は、74年の生涯を終えます。

    危篤状態で、意識朦朧の中、大山はしきりに「兄さぁ」とうわごとを言っていたそうです。

    妻の捨松は、「やっと西郷さんと会えたのね」、夫にそう語りかけた。

    ■参照:大山巌
    http://www.ifsa.jp/index.php?oyamaisao

    大山元帥をご紹介させていただきました。

    ポイントが3つあります。

    (1) 青年を育てた郷中

    明治維新で薩摩藩が果たした役割の大きさについては、論を待たないと思います。

    その薩摩で、もっとも大きな力となったものが、郷中だといわれています。

    郷中というのは、いわば青年団です。

    その青年団で育てられた西郷隆盛や大久保利通、大山巌などは、頭で考える理屈や論理よりも、人と人との情のつながりこそが、大きな力となることを知っていた。

    現代日本では、なぜか「理屈」が先行します。

    階級闘争主義に染まった人々は、どういうわけか「上が命令したら、下は言うことを聞く」と思っている。

    ところが実際には、上が命令したら、下は「なに言ってやがんだ」と反発している。面従腹背。うわべはいう事を聞いていると見せかけても、内心では反発している。

    当然です。上の命令、下の意識は、常に階級闘争にある。

    郷中においては、なによりもまず、情の交流が優先した。

    だから「言わなくてもわかる」・・・そんな精神文化が熟成された。

    かつて、日本人のサラリーマンが、他社のサラリーマンと交流するとき、あるいは上司と部下が交流するとき、必ず、一緒に飲もうぜ、実家はどこだい? あぁ、そこなら知ってるよ。角にタバコ屋があって、あそこの婆さん元気かな。。。等々の会話が重ねられ、いつの間にか、人と人との間に、深い上の交流が生まれていた。

    一見、無駄に見える、そんな心の交流が、日本人が何かを成し遂げる上でものすごく重要な要素となっていた。


    (2) 西郷と戦った大山巌

    大山巌と西郷隆盛は、従兄弟同士の関係にあった。
    そして大山にとって、西郷は、人生最大の師匠であり、最も尊敬する、いわば彼にとっての神のような存在でもあった。

    その西郷と、大山巌は、敵味方に別れて西南戦争を戦います。

    戦いながらも、西郷は、日本の未来を大山に託した。
    大山は、それに応え、全力をあげて西郷を倒した。

    西南戦争で、激戦区となった熊本城界隈には、いまでも、すさまじい銃弾の跡の残る民家が残っています。
    そして、銃の弾と弾が、正面衝突しているものも、多数発見されている。

    銃弾と銃弾が激突する・・・西南戦争は、それほどまでにすさまじい戦いだった。

    いまの人なら、いまの週刊誌や新聞、テレビなら、尊敬する西郷に戦いを挑んだ大山巌は、バカとしか言われないのではないか?

    未来を託したといいながら、生まれて間もない明治政府の確立を願って敵となった西郷の心など、おそらくいまどきのメディアの記者には理解不能なのではないか?

    大山巌が、敵の大将である西郷を討つなど、やれ内通するのではないか、やれ裏切り行為なのではないかなど、頭でっかちな評論ばかりが重ねられて、メディアは、兵士たちの不信や不安をあおるのではないか?

    そういう、わけしり顔の白面居士が、どれだけ日本の社会を破壊しているか。どれだけ日本の心を壊しているか。


    (3) 寝巻き姿の大山巌

    日露戦争の奉天での激戦の最中、秋山好古の苦戦の報告を受け、伝令の情報も錯綜する中で、現地作戦本部は、怒号渦巻く混乱状態になった。

    そのとき、現れた大山巌は、寝巻き姿で・・・という話をご紹介しました。

    これがもし現代なら、どうなっていたでしょう。

    寝巻き姿の上官を見た作戦参謀たちは、階級闘争主義者的発想ならば、なんなんだこの爺い!くらいにしか思わなかったかもしれない。

    児玉源太郎以下の参謀たちが、大山巌の寝巻き姿を見たとき、パッと明るい気持ちになれたのも、参謀たちに安心感が広がったのも、彼ら全員に深い信頼関係が熟成されていたからなのではないかと思うのです。

    だから、誰も「なんだ、この爺ぃ、すっこんでろっ!」などという反応にはならなかった。

    寝巻き姿の大山巌を見て、大山の心を惻隠し、冷静さを欠いていた自分たちを恥じた。

    彼らが笑ったのは、大山の寝巻き姿が面白かったからではない。
    冷静さを欠いた自分たちの姿に、気が付き、それを恥じたから、笑った。

    そこにいまどきの新聞記者あたりがいたら、こいつらいったいなにをやってんだ、くらいに思ったかもしれない。

    しかし、冷静さを欠いたことに気が付き、それを恥じ、冷静さを取り戻した作戦本部は、この直後から、的確な判断と指揮を行い、結果、秋山部隊は大活躍をとげ、数十倍の兵力をもつロシア陸戦隊との戦いに打ち勝ってしまう。

    ロシア陸戦隊は、あのナポレオンを倒した軍隊です。当時、世界最強とされた。


    大山巌の物語の中に、日本の相互信頼主義のもつ、強さ、そしていまにはびこる階級闘争主義の程度の低さを感じていただけたら、ねずきちは、うれしく思うのです。

    この世は、どこまで行っても、人と人との世の中です。
    階級闘争だかなんだか知らないが、人と争い、人を批判し、人を非難する前に、人を信頼し、信頼される自分になり、信頼される人として成長してゆく。

    それが日本人の生き方というものなのではないでしょうか。

    ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    君が代

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク