• 日本の台湾統治の真実


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    ニューヨーク・タイムスの記事
    (1904年9月25日)
    ニューヨークタイムスの記事


    以下は、ブログ「台湾は日本の生命線!」の記事からの抜粋です。
    もとネタは、1904年(明治37年)9月24日付ロンドン・タイムスです。
    同文の記事は、翌9月25日付けのニューヨークタイムスにも掲載されました。
    それが上の写真です。

    1904年といえば、日清戦争の勝利によって、日本が台湾の割譲を受けて9年目の年です。
    この年の2月には日露戦争が勃発しています。

    日本による統治がいかに素晴らしかったか。
    また、わずか9年という短い期間で、日本がいかに社会的インフラの整備を果したのか。
    そして、なぜ日本は台湾統治にあたり、日本語を教えたのか等々が、たいへんわかりやすくまとまっています。

    おそらく、現代のイラクや、アフガン、ソマリア、あるいは南米のコロンビア、ペルーなどにおいても、当時の日本式統治をおこなったのなら、瞬く間に彼の国の貧困は改善され、治安も回復し、多くの人々が安心して暮らせる国家となっていくのではないか。
    そんなことさえも感じさせる記事となっています。

    (訳は、ねず流で一部校正しています)

    <引用↓>-------------------------

    精訳「日本人が変えた未開の島―台湾」
    ~他国家が征服できなかった民族と共に
     数年間で成し遂げた驚異の数々~
     ☆他の植民地主義国家への教訓☆

    1904年9月24日、ロンドン。
    本日のニューヨーク・タイムズ紙は、特派記者が取り上げる「日本の台湾変革」を掲載する。

    どんな事業においても、成功するためには“生来の能力”と“綿密な対応”そして“経験”の三要素が必要である。
    植民地経営も例外ではない。
    ドイツは綿密な対応にもかかわらず、生来の能力不足からか、あるいは経験不足からか、植民地経営の試みに失敗した。
    ドイツの不成功の原因として、ふつうに考えられるのは、如何なる事業でも最初の試みは通常、失敗しやすいということである。
    その意味で、日本の植民地としての最初の試みは、格別に興味深い。

    なぜなら、特に、正確にはいわゆる最初の日本の植民地である台湾島には、過去、他の国々が克服できないようにみえた植民地化上の困難があったからである。

    日本統治前の台湾島は、シナやその他様々な国からの無法者がずっと好んで跋扈しており、また野蛮さ、無法者の人口比率がかなり高い為に、数度も侵略されながらも植民地化されたことはなかった。
    (註:清朝は、台湾は鳥鳴かず、花香わず、男は強盗、女は売女、とまで蔑んだ)

    スペインやオランダは台湾の植民地化を試みたが、絶望の内に断念している。
    シナは島を事実上の荒れ地に放置し、フランスや英国は、容易にこの地を取得できたであろうが、好んでこの蛮地の内部に足を踏み入れることはなかった。


    未開原住民の懐柔・開化

    そこで、1894~1895年の日清戦争の終結後に、日本が台湾を要求した際、シナは日本への台湾割譲を喜ばないまでも快くそれに応た。
    李鴻章は、「日本はその内に“この島はとんでもない悪い買い物であった”と気付くであろう」と、皮肉っぽく論評している。
    (註:清とは清朝で、女真族、満州族の王朝である。この王朝では漢民族つまりシナ人は被征服者であった。)

    日本が台湾に入った時、沿岸は海賊のなすがままの状態だった。
    奥地は、野蛮な原住民によって支配されていた。
    海岸部は、難破船を分捕り、そして島に辿り着いた船員を殺害した無法者や盗賊の集団によって支配されていた。
    台湾がシナ領であった間、このような外国船船員に対する殺戮攻撃が原因の騒擾が、米国や他の国々との間に何度も生じている。

    1896年3月31日に、台湾は、日本の文民行政下に置かれた。
    シナ統治時代の台湾島管轄者である武官や官僚は、その地位を追われることを恐て、台湾島の無法集団と手を結び、新しい支配者(日本)に対する反乱を扇動した。
    日本の軍の掃討活動によって反乱分子の一掃が済んだ1901年末まで、台湾島は常に不安定で混乱した状態が続いた。


    法令施行に於ける寛容さ

    台湾が日本の法政の下で完全な平和を享受してきたのは、ようやくこの2~3年である。
    しかし、台湾島の様相・・・以前は未開の民であった原住民の心持ちは既に全く変わった。
    台湾の人々は、日本法政の息吹を理解し、それを賞賛し始めている。

    日本が顕著な成功を収めている政策は次のようなものがある。
    日本は、可能な限り住民の伝統的風俗(先入観)に敬意を表し、文明の路を強要するよりは寧ろ穏やかに指導することを心がけた。

    例えば、武装山賊の不意の襲撃や火災、洪水、その他自然災害から住民を守るべく古来シナが創設した“平和兵団” (註:台湾に古くから伝わる補助的な組織「義警」)は維持したけれど、同時に日本の進歩的な“成文法”を導入した。
    (註:この組織を通じて、新たに導入される日本の法律を住民に伝えた)

    そしてこれらの“成文法”は、台湾在住の日本人に対しては完全に適用されたけれど、文明度不足や、文化的条件によって、法律の尊重(それによって文明は支えられる)に直ちに対応できない土着住民に対しては、大幅に緩和して適用している。  


    阿片常用者の治療(漸禁策)

    阿片吸飲や阿片取引は、日本及び台湾在住の日本市民にとっては様々な段階の懲役刑の対象となる犯罪なのだけれど、原住民は阿片常用癖を認められてきている限りにおいて阿片消費を罰せられないものとした。
    しかし日本政府は、大酒呑みを徐々に飲酒から離れさせるのと同じ手法にのっとって、徐々に阿片消費量を減少させる目的で、阿片取引を専売扱いとし、その制度を賢明にも阿片吸引の許容にも、阿片の抑制にも利用した。
    公認を受けた吸引者だけが阿片を入手でき、厳格な監視の下でのみそれを確保できる。

    日本政府は、阿片供給をコントロールしながら認可エージェントを通して、阿片を登録吸飲者へ分け与え、そして警察は、最高の警戒によって阿片吸飲者の仲間が拡大しないように監視した。
    同時に日本は、負わねばならない道義上のプレッシャーを与えた。
    医師は皆、成人に対し阿片吸飲の害を常に指摘しなければならないし、教師は皆、阿片常用者の不法性及びそれがもたらすモラル低下作用を子供達に警告しなければならないとした。

    同島の人口は現在ざっと300万人。
    1900年9月時点では、その内169,094人が阿片吸飲者であった。
    1902年3月末時点では、152,044人だけが阿片吸飲者として登録され許可されていた。
    17,020人の減少は、死亡や阿片常用癖断絶によるもので、現行の賢明な施策の結果、登録者数が更に急速に減少するであろうことに疑いはない。
    1900年に3,392,602円であった阿片輸入額は、1903年には1,121,455円になったことは、大きな変化である。

    財政収入の観点からは、台湾での阿片使用抑制策は好ましくない。
    なぜなら、国家にとってこれが意味するものは、一面で深刻な収入減、反面で阿片吸飲者の管理・監視のための経費増であるからである。
    (註:阿片を売り込んでいたのは主として欧米諸国。
    尚、1905年、台湾には纏足婦女子が女性人口の7割の80万人以上もいた。総督府が禁制策を取り、1930年には約14万人まで減った。)

    日本政府は、決して宗教や慣習への干渉で原住民の感情を傷つけないよう努力する一方で、彼らのあらゆる面での条件を改善することによって、日本のルールの利点を明白な形で証明した。
    最初の段階で、遵法者の料金徴収者が、強盗集団に威嚇されたり虐げられたりすることはまったくなくなった。
    公正な政府の下で自由を謳歌する。

    次の段階では、社会福祉面で多くのことがなされた。
    台湾はこれまで伝染病にかなり苦しんできた。
    それは、澱んだ水溜まりや汚染された流水から原住民が取得する、極めて質の悪い水が主な原因であった。
    そこで日本人は、浄水の供給を始めた。

    台湾で掘られた井戸の総数は不明だが、総人口の10分の1が住む台北地域だけでも800以上の井戸が堀り抜かれた。
    (註:台北の上下水道システム敷設は、東京よりも早かった。功労者はイギリス人のウイリアム・バルトンとその愛弟子である浜野弥四郎。バルトンがマナリアで倒れると、その遺志を継いだ浜野は台湾の上下水道普及に23年の歳月を捧げた。)

    日本が整備した台北水源地一帯
    1903年着工~1905年完工
    台北水源地



    素晴らしい学校制度の開始

    教育は、あらゆる進歩の基本であり且つ出発点である。
    日本は、台湾に素晴らしい教育制度を導入した。
    60名の教師と2,000人の生徒を抱える日本人用の学校が存在する一方、原住民用の初等科学校130校が存在し、そこでは521名の教師スタッフが18,149人の児童を文明化された存在に変えるべく教育に携わっている。

    しかし日本は、原住民に対する初等教育の提供で満足している訳ではない。
    というのは、与え得る最善のものを台湾に与えるという志を持つからである。
    そこで、日本は原住民が利用できる医学学校、日本語学校、教員養成学校を設立している。

    台湾での医学学校には、中国系の学生に対して現代科学の一般課程及び医学の実習を提供する“極東で唯一の学校”であるという重要な特徴がある。
    学校は台北に存在し、現時点で約150名の学生が有能な日本人教授達の指導の下で医学を学んでいる。

    台湾総督府医学校
    台湾総督府医学校


    日本語学校には二つの役割がある。

    その目的は原住民の間に日本語を広めることだけれど、同時に、日本人に現地語を学ぶ機会を提供することで、彼らが奥地で先生・通訳として活動できる準備をすることでもある。

    (註:中国国民党軍が1945年に台湾を占拠後、彼等は全ての現地語の使用を禁止し、北京語の使用を強制した。
    これは、時効の無い戦争犯罪行為であり、日本の施策とは大きな違いがある。
    日本語の役割は、
     ① 共通語を持つことと、
     ② 近代科学や技術、医学、哲学、文学、宗教などを学ぶ手段
    として不可欠であった。
    つまり、西欧近代文明を取り入れた日本語教育がなければ台湾の近代化は不可能であった。
    総督府は教育不毛の地を教育先進地域にしたのである。)

    個人の幸福感は、安全、暴虐からの自由、身体的な安寧によるだけではなく、経済的な繁栄にもよる。
    そこで、日本は、新植民地の繁栄増進をも、その目的としている。


    鉄道網の構築

    日本が台湾の割譲を受けた際に道路は存在しなかったが、変な話ながら、粗末な建造且つ貧弱な運営で殆ど役に立たない、短距離鉄道が存在した。
    鉄道運賃や貨物運送はほぼ毎日変更される他、都合の良い時だけの列車運航だった。
    日本は、台湾が基本的に求めるものを理解し、島の多くの地域に組織的な道路建設を始めた。
    米国領事の最近のレポートによると既に1,000マイル以上の道路が建設されている。

    日本政府は同時に包括的な鉄道制度を精密に企画し、28,800,000円(ほぼ3,000,000ポンド)の予算を計上しているが、これは日本のような国にとっては殆ど信じがたいような大金である。

    明治橋
    明治橋


    日本人が台湾でその存在を見た鉄道は既に完全に建造され、直され、さらに新竹-高尾間の新線建設が、両方のターミナルから同時に全力投球で始まっている。

    1897年から1903年の間に95マイルの線路が敷設され、
    37の駅が建造され、
    210輌の貨車及び客車、
    機関車20輌が導入された。 

    この期間に、運送旅客数は4倍に、そして輸送貨物量は10倍に伸びた。
    加えて、軽便鉄道が導入され、125マイルの線路が2~3ヶ月で敷設された。
    更に52マイルの軽便鉄道が間もなく建設される。

    台北停車場
    台北停車場


    郵便、電信、電話も、既に導入され、大きな成功を収めている。
    1896年から1902年の間に、一般大衆向け郵便局87局が島中に開設され、
    1902年には13,285,105通の封書・ハガキ及び114,779個の小包を取り扱い、
    336,207件の国内為替を発行した。

    電信の距離は1896年の900マイルから1902年には2,600マイルに伸び、1,350マイルの電話線が敷設され、
    1902年には3,690,228件の通話が行われた。

    台北に置かれた郵便ポストと集配人
    (なつかしい赤ポストです)
    台北に置かれた郵便ポストと集配人


    日本人が入る前から続いていた台湾の地元産業は、殆ど満足できない形で続行されていた。
    実り豊かな土地の耕作法は、科学的なものはおろか、伝統的・絶対的なものでさえ知られていなかった。
    原住民は主として人の手が加わっていない自然の恵みに依存していた。
    台湾の農民は米の二期作や三期作さえも享受しながらも、収穫は労苦に見合ったものではなく、収入も全く不十分なものだった。

    日本人が導入した改良手法を通じて、1896年から1902年の間の米の生産量は10%伸びている。
    同じ期間のお茶の生産量は5倍となり、砂糖、甘藷、サトウキビ、ラミー麻、黄麻、ウコンなどその他主要農産物もかなり大きな伸びを見せている。

    農業実験場 1903年創設
    農業実験場


    (註:この後、バルトンの教え子である八田与一による烏山頭ダム建設と嘉南大洲の沃野開発、磯永吉・永末仁の12年もの地道な努力から生まれた画期的な蓬莱米などの品種改良、新渡戸稲造博士による製糖業の大改革など、更なる発展がある。
    「飢餓の島」は一大食料輸出地に変貌したのである。)

    広大な森林の利用も不十分だった。
    原住民は不経済で、例えば楠(くすのき)から樟脳を取り出す際に得られた樟脳油は、地元の精製者は廃物として取り扱っていた。

    日本人が導入した改革の結果、樟脳の生産は、
    1897年の 1,534,596斤から、
    1903年には3,588,814斤へと着実に増え、
    樟脳油の産出も1897年の638,603斤から1903年には2,670,561斤へと伸びた。

    鉱業も同様に最も浅薄で且つ不明意なやり方で継続されたため、最大限の労力を費やしながら最小限の結果しか産まれなかった。
    忍耐強い指導と穏やかな主張により、日本人はあらゆる産業において改良手法の導入に成功している。
    農業収穫はより良くなり、森林は科学的に開発され、数百万本の楠の若木が適地に植林され、そして鉱業は直近の2~3年間で大きな進歩を遂げている。


    銀行・通貨制度

    台湾の貿易や産業の改善の結果、銀行機関や通貨制度の改善が必要であることが自ずと明らかになった。
    その結果、この島の中央銀行機関として台湾銀行が創立され、より重要な中心部に民間銀行の事務所も開設された。

    台湾銀行台北総行
    台湾銀行台北総行


    郵便貯蓄銀行も開設され、かなり満足のゆく成功を収めている。

    預金者数は
    1896年の5,847人から、
    1902年には41,145人に。

    預金額は1806年の228,487円から、
    1902年には763,575円に増大した。

    台湾通貨も改革を必要とした。
    台湾は、ずっとシナと全く同じく為替の媒体が、硬貨ではなく金塊の国であった。
    扱いにくい大きな銅貨のせいで、どんな規模の商業取引であれ殆ど不可能であった。
    今では、日本の最新の貨幣制度がこの大昔の貨幣制度に取って代わっている。

    日本はお金を湯水のように台湾に注ぎ込んだ。

    粗糖、白糖、硝子、紙などの生産工場を創設し、最も優秀な人材を管理者として送り込んでいる。
    疑いもなく日本は、その開けた政策に対する報酬を然るべき時期に受け取るであろう。

    この島が完全に鎮圧されてから僅か2~3年が経過したばかりで達成された経済発展は、大変に著しい。

    住民の繁栄の増大は、基本的に政府の仕事や事業、阿片専売、関税や種々の税金に由来する総合歳入が、
    1896年の 2,711,822円から
    1903年の12,738,587円へと、ほぼ10倍に拡大していることから、見て取れる。

    主として土地・家屋や事業などへの課税で構成される地方の通常歳入は、
    1898年の 747,850円から
    1902年には1,952,220円へと、4年でほぼ3倍にも伸びた。

    しかも、一般課税及び地方課税の徴収において、これらの輝かしい成果を達成するために、不当な圧政が行われたことは、これまでにいちどもない。
    従って、台湾の人口がその資源開発と共に急増していることは、正に当然である。

    1897年に2,455,357人であった台湾の人口は、
    1903年には3,082,404人に増加している。

    <↑引用おわり>-------------------

    昨日の記事でご紹介した昭和天皇の大東亜戦争開戦の詔勅に、

    「東アジアの安定を確保して、世界の平和に寄与する事は、大いなる明治天皇と、その偉大さを受け継がれた大正天皇が構想されたことで、私が常に心がけている事である。
    そして、各国との交流を篤くし、万国の共栄の喜びをともにすることは、帝国の外交の要としているところである」
    という一文がありました。
    上のニューヨーク・タイムスの記事は、その陛下のお言葉通りの統治が、台湾で行われたことを如実に物語っています。

    実は、満州も同じでした。
    満州においても、日本は最大限の貢献と努力をし、崩壊した清王朝の治世の近代化と社会的インフラの整備を行った。
    朝鮮半島も同じ。
    パラオも同じ。
    インドネシアも同じ。
    日本が統治したそれぞれの外地は、みな等しく、社会的インフラが整備され、社会資本と社会制度が整い、教育が充実し、瞬く間に近代化し、農産物等の生産高も飛躍的に伸びています。

    英国はインドをはじめ、世界各国を統治したけれど、その国の民衆は貧しいままに置かれていた。
    アメリカは、フィリピンを戦後もずっと統治したけれど、現地の人々はずっとずっと貧しいままだった。
    五族共和とか、八紘一宇とかいうと、いまどきの人は、右翼だの軍国主義的発想だのというけれど、ぜんぜん違う。
    まさに、万国共栄を、読んで字のごとく図ろうとしたのが日本です。

    世界の歴史をひもといて、他国に行き、他国を統治して、これほどまでにその国の発展に寄与した国家が、歴史上、日本のほかにありますか?
    戦前の日本の軍人さんも、軍族も、民間人も、みんなこういう理想のもとに働いたから、理想があったから、そして実績があったから、それを正しいと信じたし、命がけで戦うこともできた。

    このブログで、なんども書いているけれど、戦前の日本の軍人さんや軍族、民間人すらも、命を捨ててまで戦うことができたのは、なにも、「生きて虜囚の辱めを受けず」という戦陣訓があったからでも、上官の命令があったからでもない。

    階級闘争主義者の人は、命令すれば人は動くものだとなにか勘違いしているけれど、それは断じて違う。
    ひとりひとりが、誰かのために、互いの信頼を勝ち得るために、そして信頼を守り抜くために戦った。
    そのことを、日本は末代までもずっとずっと語り継がなければならない、守り抜かなければならないと、ねずきちは思うのです。

    7月22日、皆既日食がありました。
    皆既日食は、古いものが新しいものに生まれ変わる節目にあたるのだそうです。
    それを日本国内の政権交代などに結びつける人がいたけれど、それは違う。
    なぜなら、皆既日食は地球規模のものだからです。決して日本だけのものじゃない。

    そして、ボクは、その皆既日食を、共産主義によってもたらされた階級闘争主義や、契約至上主義といった、これまで世界でもてはやされてきた価値観が崩壊し、新たに“相互信頼主義”という日本人にとっては古くて新しい概念が、世界を覆い、世界に安定と繁栄をもたらす節目であると思っています。

    そしてもうひとつ。
    この記事は、英国人記者が自分で取材して、ロンドンタイムスに掲載したものを、翌日にニューヨークタイムスが転載したものです。

    英国人記者によって、こうした報道がなされたわけです。
    そして書いてあることは、ことごとく事実です。

    私の主張は、歴史は「学ぶべきもの」である、ということです。
    なんのために学ぶかといえば、それは今に活かし、未来を拓くためです。
    その視点からみたとき、この記事は、日本が素晴らしい台湾統治をしたということだけでなく、こうした広報活動を、むしろ日本は世界にむけて、大金をはたいででも、ガンガンやるべきではなかったろうか、ということです。
    そしてそのことは、欧米の植民地政策に対する、ものすごく大きな警鐘になったろうと思うのです。

    というのは、ひとことで「列強の植民地政策」といいますが、その受益者となっているのは、欧米列強諸国の中にいるほんのひとにぎりの植民地支配をしている「◯◯家」でしかありません。
    他の多くの一般市民(庶民)にとっては、何のメリットもないどころか、命の危険さえも生むものでしかなかったのです。

    もととも植民地支配を行った者たちは、白人であっても、もともとは「ならず者」の一団です。
    そのならず者が、植民地支配といえば聞こえはいいですが、国ごと強盗することで、私財を肥やし、そこで産まれた豊富な財力で欧米貴族社会に食い込み、贅沢三昧な暮らしをしていたのです。
    そしてその贅沢は、あくまで一部の、もと強盗でいま貴族と呼ばれるようになった者たちだけの冨であり、一般の庶民の生活は、極貧に等しいものだったというのが実情です。

    そしてそれが19世紀の終わり頃から20世紀初頭にかけては、市民革命のうねりのなかで、市民の票が社会の構造を変えて行くという流れになっていた時代に変化していました。

    そういう背景のもとで、実は、植民地経営は、ただの収奪ではなく、真にその国の社会や人々の暮らしを良くするものだ、あるいは、そういことが現実にできるのだ、ということを、もし、当時の日本が積極的に海外向けに広報し、宣伝していたら、世界の民意は、また別なものになった可能性は否定できないと思うのです。

    ところが現実は違いました。
    蒋介石や、張学良などのChinaで一定の利権を図る者たちが、民衆の幸せのためではなく、欧米の植民地利権者たちと同様、自己の利権のために反日プロパガンタの捏造宣伝を、それこそ世界に向けてガンガン宣伝していたわけです。
    そして、一部の大金持ちたちの利権保持のために、一般の市民が徴用され、戦争によって命を奪われていました。

    日本は逆に、民衆の利益、民衆の生活を守るために軍を編成し、戦っていました。
    それが真実なら、日本はそのことを大々的に世界に向けて広報し、宣伝すべきであったろうと思うのです。

    日本は、ずっと控えめでした。
    それは日本人の美徳でもあります。
    けれど、それだけでは、人々は眼を覚まさないのです。
    目を覚ますには、目覚まし時計が必要なのです。

    目覚まし時計だって、買って来なければ手に入りません。
    その結果、寝坊して、気がついたら他国の利権者たちに包囲され、戦争をせざるをえないところまで追いつめられた。
    それが戦前の日本だし、それはもしかしたら、いまの日本もまったく同じなのかもしれません。

    正しいことをするとき、「男は黙って」というのは日本人の美徳です。
    しかし世界の中では、「私がやりましたぁ!」と宣伝しなければ、逆に「悪いことをしている」などと、捏造までしてデタラメに白黒を反転させられてしまうのが世界の現実です。

    そういう意味で、冒頭の台湾統治の紹介文は、英米の新聞に載ったよといって喜ぶことではなく、後生の我々からすれば、むしろ、この程度のことは、政府自身が総力をあげて、広報し、宣伝し、拡散し、世界をむしろ教導するくらいでなければならなかった、日本の統治の素晴らしさが、世界の常識として完全に定着するように、繰り返し日本の、それこそプロパガンタといわれるくらい、広報努力をすべきことだった、その反省材料としての新聞記事といえるのではないかと私は思います。

    日本の台湾統治に何かを感じた方
    ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    日本の台湾統治の真実

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク