• 道義と志操の美質を取り戻せ


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    英文で書かれた日本文化論として有名なのは、新渡戸稲造著「武士道」、内村鑑三著「代表的日本人」などなのですが、もうひとつ、忘れてならないのが、

    杉本鉞子(すぎもと えつこ)著
    「武士の娘」
     ちくま文庫

    武士の娘


    「武士の娘」は、1925年にアメリカ・ニューヨークで
    “A Daughter of the Samurai”
    の書名で出版されました。

    当時、この本を読むと日本のことがわかるといわれ、全米で大ベストセラーになり、後に欧米8か国で出版されています。

    著者の杉本鉞子は、明治6年、代々長岡藩で家老職を務めた稲垣家に生まれました。

    長岡藩は幕末から維新にかけて、幕府側に立ち、官軍と戦った藩で、長岡藩の武家たちは時代の激動を強烈に体験していたといえます。

    著者である杉本鉞子氏がものごころつく頃には、長岡は落ち着きを取り戻していたろうけれど、長岡は江戸から遠かったので、近代化の波は届いていなかった。

    そして家老の娘である杉本鉞子は、厳格な武士道の教育を受けて育ちます。


    ちなみに、鉞子の「鉞(えつ)」は“まさかり”という意味です。

    女性でありながら、“まさかり”と名付けられた鉞子には、強い精神を持った武家の娘として育ってほしいという親の願いが込められていたのだとか。

    なにやら最近の教育現場では、封建社会の女性は、身分も地位も低かったかのような印象操作が行われているようですが、この名前をみただけでも、いかに女性が日本で社会的に“強い”存在であったかが知れようというものです。


    鉞子への教育は、6歳から始まったそうです。
    完全に武家としての教育が行われた。

    その内容は、もっぱら儒教の古典の素読(声を出して読む)だった。

    --------------------------------
    当時、女の子が漢籍を学ぶということは、ごく稀れなことでありましたので、私が勉強したものは男の子むきのものばかりでした。

    最初に学んだものは四書-即ち大学、中庸、論語、孟子でした。(p.31)
    ------------------------------

    学習中は、畳の上に正坐。手と口を動かす以外は、微動すら許されない。

    鉞子が、いちどだけ、ほんのすこし体を傾けたことがあったといいます。

    それをみた師匠は、驚き、次のように言ったという。

    「お嬢様、そんな気持ちでは勉強はできません。
    お部屋に引き取ってお考えになられた方がよいと思います。」

    鉞子は、「恥ずかしさのあまり、私の小さな胸はつぶれるばかりでした」と書いています。

    おそらくいまなら、微動どころか授業中に私語する、さわぐがあたりまえ。
    それを教師がとがめると、子どもは言うことを聞くどころが、なぜ叱られたかすらまるでわからない。挙句の果てが親が出てきて、「どうしてウチの子ばかり叱るんですかっ!」

    教師と生徒が“階級闘争社会”に汚染された現代教育。

    これに対し、鉞子の時代には、教師(師匠)と生徒の間には、相互の信頼関係があった。

    彼女は、師匠の叱責に、「恥ずかしさ」を感じた。

    なぜ恥ずかしさを感じたかといえば、それは師匠の要求に答えられない自分を恥じたから。
    そして自分を制御できなかったことにも、恥じたから。

    そしてなにより、師匠が、自分を鍛えるために「教え」を説いてくれているということを、幼い彼女自身が、ちゃんとわきまえていたから、なのではないかと思う。


    こうして制御の精神を身につけて育った彼女たち武家の娘には、穏やかな中にも、自然と威厳が備わっていたといいます。

    当時、武士と庶民では挨拶の仕方から、歩き方まで違った。

    だから風呂屋で裸になっても、どの階級に属するのか、一目でわかったといいます。


    そんな彼女が12歳になると、親族会議によって縁談が決まります。

    婚約者は、アメリカに渡米している兄の友人。
    そこで鉞子は、東京で英語を勉強し、24歳で渡米する。

    米国の女性について、彼女がとても驚いたと書いていることがあります。

    ----------------------------------
    婦人が自由で優勢な、このアメリカで、威厳も教養もあり、一家の主婦であり、母である婦人が、夫に金銭をねだったり、恥しい立場にまで身を置くということは、信じられそうもないことであります。

    私がこちらへ参ります頃は、日本はまだ大方、古い習慣に従って、女は一度嫁しますと、夫にはもちろん、家族全体の幸福に責任を持つように教育されておりました。

    夫は家族の頭であり、妻は家の主婦として、自ら判断して一家の支出を司っていました。

    家の諸がかりや、食物、子供の衣服、教育費を賄い、又、社交や、慈善事業のための支出を受持ち、自分の衣類は、夫の地位に適わせるよう心がけておりました。(p.216)
    ---------------------------------

    日本の武士夫婦は、夫が外回りをし、妻が家計を切り盛りしていた。

    収入を妻が管理する。これは現代日本とまるで同じです。

    ところが米国では、財布の紐は男性が管理しており、妻はわずかのお金も自由にできない。

    女性の社会的地位向上だとか、女性差別の撤廃だとか、ジェンダーフリーだとか、米国発の女性人権論議がさかんだけれど、日本では、昔から、男女がきちんと役割分担をしていた。

    そして男が外で働き、妻が家計のすべてを預かった。

    男は、自分が外で働いて稼いだカネを全額、女房に渡す。全幅の信頼です。

    そして女房は、その信頼に応えて、家計をやりくりする。

    互いに強固な信頼関係がなせる技です。

    夫婦の間でも、親子の間でも、師弟の間でも、上下関係でも、すべてにおいて、信頼を第一とした。

    一番たいせつなことは、仕組みや社会構造や法的ルールではなく、互いの信頼関係にこそある、ということを、昔の日本人は、普通に行っていた。

    いつのころからか、そうした社会的相互信頼の原則が崩れ、すべての関係が、階級闘争の場となった。

    恋人同士は、えっちはするけれど、デートの他の時間は、互いにそっぽを向いて、それぞれがそれぞれの携帯で、ゲームやメールに興じている・・・って、なんじゃそりゃぁ!@@;

    男性は女性を支配しょうとし、女性はその支配に抵抗するために男性を批判する?
    で、批判されたくないから、相互にコミュニケーションなどとらない?

    たがいに口も利かない。
    で、携帯をいじくっている。

    それが個人主義? それが正しい男女交際の姿?

    ええかげんにせいっ!
    こんな世の中に誰がしたっ!(笑)

    でも、そういうのって、ねずきちには、最低にしか思えないのです。

    男性と女性の関係も、階級闘争。
    夫と妻の関係も、階級闘争。
    親子の関係も、階級闘争。
    教師と生徒の関係も、階級闘争。
    上司と部下の関係も、階級闘争。
    そして、
    政治と報道の関係も、階級闘争。

    互いに相手を非難し、批判し、とどまるところを知らない。
    メディアに至っては、批判することが正義だと勘違いしている。

    そして教育の現場では、人として何がただしいのか、という人間が生きる上で必要な正義や、忠義、道徳をまるで教えない。

    最近の中年(30代、40代)は、若く見えるといいます。

    それは栄養状態が良くなったからだと、簡単に説明されている。

    だけど、ねずきちは思うのです。
    ほんとうにそうなのだろうか?

    もしかしたら、それって、日本人が、人として生きる上に必要な、道義や堅固な志操、国体護持に精華する気質、日本人としての美質を失った結果なのじゃないか?

    人として社会人として自然に備わる威厳が失われているだけなのではないか?

    こんなことで、日本は、そして日本人は、ほんとうに良いのか?

    そんなことを思うのです。


    話が脱線しました。

    杉本鉞子は、明治という時代背景の中で、代々続いた武家の伝統と教養を学び、結婚し、渡米し、子を産み育て、帰国し、また渡米する。

    後年彼女は米国コロンビア大学の講師を勤め、彼女が住んだシンシナティの人々は、彼女亡きあとも、彼女を「グレート・レディ」として敬愛したといいます。

    そうした著者の人生経験の中から、紹介された「武家の娘」は、静かで品位を失わない文章と、志操の高さ、謙譲と忍耐の精神と毅然とした姿勢が描かれ、現在に至るも世界で大絶賛されている。

    いまでも日本に来る欧米の留学生の多くは、来日前に福澤諭吉の「福翁自伝」と、この「武家の娘」を必読の書としているといいます。


    興味を持たれた方は、是非ご一読を^^♪


    日本人は道義心と志操、精華する気質と美質を取り戻せ!と思う方
    ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    新渡戸稲造 『武士道』 要約

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク