• 世界に誇る日本の交番


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    紅葉


    シンガポールといえば、多くの人が思い浮かべるのが、世界有数の治安の良さといわれています。
    なんと、犯罪発生率は日本より低いのだとか。

    実は、その背景にあるのが、日本からの技術協力で輸入した“交番制度”です。

    実は、高度経済成長を目指した1980年頃のシンガポールでは、高層住宅の林立するニュータウンで、人夫となった外国人等による犯罪増加が大きな悩みとなっていました。

    犯罪撲滅のために警察組織の再検討を目指したシンガポール政府は、日本で視察した“交番制度”に強い関心を示します。

    そして日本は、1981年からシンガポールの要請を受けて、交番設立のための専門家の派遣や、実務研修などの技術協力を行ないました。

    そして1983年。シンガポールのトア・パヨに交番(NPP: Neighborhood Police Post)第1号が誕生します。

    シンガポール政府は、続けて高層住宅団地の一階部分など住民のアクセスの良い場所に交番を次々と設置した。
    さらに地域での防犯活動も進み、結果として、国全体での犯罪の発生率が急激に低下しました。

    日本とシンガポールで共同で実施されている「21世紀のための日本シンガポール・パートナーシップ・プログラム」では、両国が協力して途上国に対する研修を行うものです。

    「交番システムコース」は最も成功した第三国研修の一つといわれています。


    わたしたち日本人にとっては、交番の歴史は古く、江戸時代には町奉行配下の「番屋」や「自身番」、大名によって配置された「辻番」などが置かれ、庶民の暮らしを守ってきました。

    江戸時代というのは、非常におもしろい時代で、奉行というのは、「行いを奉ずる人」だから「お奉行様」なのですね。
    で、誰に向かって奉ずるかというと、庶民なんです。
    庶民の暮らしを守るために、庶民に奉公するから「奉行」。

    同様に「与力」、「同心」も、

    民に力を与える人=「与力」
    民と同じ心で=「同心」

    必殺仕掛人で、藤田まこと扮する中村主水が、番屋を歩いてまわりながら、あちこちの庶民にも声をかける。仲の良い良好な人間関係を構築する。

    人々の住む長屋ごとに番所が設けられ、番屋の仕事には、消防や、冠婚葬祭の立会人、共同井戸や、共同トイレなどの管理が含まれていましたから、街の人々の人間関係はいまよりもはるかに濃密です。

    だからなにか不穏な動きがあると、奉行所ではすぐに情報をキャッチすることができた。
    ほんのわずかな奉行所の与力や同心たちで、江戸100万人の治安が維持できた背景には、濃密なおかみと、民の信頼関係があったのです。

    明治政府になると、廃藩置県で大名が廃止されましたので、町方の番屋と、武家用の辻番を統合する必要がでてきました。

    そこで明治政府は、明治4(1874)年、東京で「羅卒」を採用し、屯所(警察署)を中心に地域の巡回をはじめました。

    明治7(1874)年には、東京警視庁が設置され、「羅卒」を「巡査」に改称。

    巡査を東京の各「交番所」(交番舎)に配置します。
    巡査を交代で屯所から「交番所」へ行かせ、立番や、周辺地域の巡回を行なうようにした。

    さらに明治14(1881)年には、「交番所」を「派出所」に改名し、明治21(1881)年には、これを全国に拡大。
    全国津々浦々に「派出所」が配置され、外勤警察官が居住する施設として「駐在所」の設置が行われます。

    交番


    江戸時代の番屋や与力・同心の伝統は、明治以降の全国の派出所や駐在所にも引き継がれます。
    町の人々と駐在さんは、ほんとうに仲良しだった。

    最近では、なにやら駐在所や交番は“恐ろしげなところ”“庶民の敵”みたいな印象操作が行われていますが、それでも多くの日本人は、隣の家で派手な喧嘩騒動があったり、不審な人を見かけたり、落し物を拾ったりしたら、交番の「おまわりさん」を頼りにする。

    日本の社会では、「おまわりさん」と「庶民」は、じつは、もともとは、とっても仲良しだったのです。

    そうした心は、先日ご紹介した増田敬太郎巡査のお話などをお読みいただいたら、よくわかるのではないでしょうか。

    増田巡査は、コレラに罹患した村の駐在さんとして、先頭に立って患者の家をまわり、消毒を行い、縄を張りめぐらして人々の往来を禁止し、生水を飲んだり、生のままの魚介類を食べないよう指導し、亡くなられた方を、自ら背負って対岸の丘の上の墓地に埋葬し、自分も罹患して亡くなった。

    日本の交番勤務の巡査さんたちは、法を守るだけでなく、庶民を守る存在であり、そのための交番制度でもあるわけです。江戸時代から続く400年の伝統と信用がある。

    江戸時代の長屋の木戸番が変化したもの。それが日本式交番なのです。

    最近ではニューヨークのマンハッタンにも、こうした日本式交番が設置されるようになりました。

    インドネシアやブラジルでも、日本式交番制度が導入されています。
    特にブラジル・サンパウロ州では2005年からの導入で、殺人事件等の犯罪が大幅に減少しています。

    【記事紹介】
    ------------------------------
    「日本直輸入「交番」で犯罪減少
      ~ブラジル全土に普及へ~
       2009.8.27 17:29


    ブラジル・サンパウロ市内の交差点にある交番=14日(共同) 南米ブラジルで最大の人口を擁するサンパウロ州の州軍警察が、日本の協力により交番制度を2005年から導入し、殺人などの事件発生が大幅に減少する効果を上げている。政府は「(交番制度は)治安改善の切り札」とみて、全土に広める。他の中南米諸国への普及にも本腰を入れ、「犯罪大国」の汚名返上に躍起になっている。

    同州の約270カ所に交番があり、サンパウロ中心街のビラ・ブアルケ地区では公園わきにガラス張りの交番が立つ。13人の警官が2交代で常時勤務。横行していた薬物売買や車上狙いも減り、夜間の外出も問題なくなったという。

    州軍警察によると、地域住民と綿密に情報交換し、地域の諸問題の解決策を探りながら犯罪を予防するのが交番制度の狙いで、警官が常駐する交番はその活動の中心拠点。(共同)
    -------------------------------

    こう書くと、欧米を含めて、世界中に警察署があるじゃないか・・・という声が聞こえてきそうです。

    ところが日本と、欧米のそれには、実は大きな違いがあります。

    警察署があって、そこから警備のためのパトロールが出るというのがいわば、欧米式。

    城塞都市の中で、紛争が起こったとき、少数の兵力ではどうにもならないから、常時大人数で待機し、なにかあったら、大人数でおしかける。パロトールの警察官が襲われたら、大人数で押し出し、対抗する・・・・これが欧米式。
    昔の大陸で、小規模交番など設置したら、暴動の都度、そこは狙われ、破壊され、警察官が殺された。

    日本の場合は、暴動そのものが起こらないように、平素からおまわりさんが街の人々と濃厚な信頼関係を構築し、暴動や事故そのものが起こらないようにする。

    だから少数交番で対処できる。

    犯罪を火災に例えてみます。

    火災の多い消防署。

    毎日のように出動し、火を消す。実に勇壮です。

    しかし、ほんとうに必要なことは、火災そのものがおこらないように予防することです。

    平素から防災のために、消防署の職員があちこちをまわり、火災の発生そのものがないように、指導する。町ぐるみで火災の発生を抑止する。

    その結果、火災が起きなくなる。消防署の出動回数は減る。

    消防署員は暇になるかもしれない。

    しかしそれはとってもいいことです。

    交番も同じです。犯罪が発生する都度、何十人もの警察官が出動し捜査し、犯人を逮捕する。それはテレビドラマみたいで、とっても勇壮かもしれないけれど、犯罪が起きれば、それだけで庶民の暮らしは恐怖にさらされる。

    犯罪そのものを抑止するために、地域住民と相互の信頼関係を構築する。そのために辻々に交番を置き、地域の住民との信頼関係を構築する。

    世界から高く評価される日本の交番制度は、実は、日本の社会の相互信頼主義に基づく制度であるということなのですね。

    すくなくとも、反日・売国・マルキストなどによって構築される階級闘争社会では、交番があっても、交番と住民は、抗争関係です。

    交番と住民が抗争関係になったら、交番の巡査も日々命の恐怖に脅かされなければならないし、住民も恐怖の交番に、日々怯え続けなければならない。

    もしかすると、世界で評価されている日本の交番制度は、現実のいまの日本社会では、そういう階級闘争主義的なものにイメージが変化してきているのかもしれない。

    それは、社会にとっても、住民にとっても、決して好ましいことなのではないのではないか。

    思うに、日本の交番制度に対するイメージが、ここまで変化した背景には、日本国内に、多くの三国人が入り込み、日本の文化に対して否定の限りを尽くしているということがあるのかもしれない。

    しかし日本は、もともと相互信頼主義社会です。

    そうした父祖が築きあげてきた、相互信頼社会という安心して安全に暮らせる社会というものを、守るのは、いまを生きる私たちです。

    警察も消防も庶民も、みんな仲良し。そいう自然な姿の日本を、わたしたちはもういちど見直すべきときにきているのかもしれません。

    ねずきちには、そんなふうに思えます。

    日本は、相互信頼主義を取り戻すべきと思う方
    ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    ドリフ大爆笑'85 落し物交番所へお届け


    日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
    登録無料!! ご入会は、
    ①ハンドルネーム
    ②お住まいの都道府県
    ③メールアドレス

    の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
    ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
    この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク