• ひとすじに生きる・・・岡藤五郎先生


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    秋吉台
    秋吉台


    山口県美祢市といえば、自動車好きの方ならMINEサーキット、観光ファンなら秋吉台が有名なところです。

    その秋吉台は、実はカルスト大地と大嶺炭田という二つの化石のメッカとしても有名なところでもあります。

    その美祢市に、大正13(1924)年、地元呉服屋の長男として岡藤五郎は産まれます。
    五郎は、みんなからゴロちゃんと呼ばれる元気な子供で、川で小魚を追ったり、野山で遊び、伸びのびと自然に親しむのが大好きな少年だったそうです。

    終戦後、中学校の理科の教師になった岡藤は、自分が培ってきた経験から「理科の学習は教室だけではだめだ」と、野外研究として生徒たちを連れて化石を集めを始めました。

    岡藤はいつもいつも穏やかで、生徒からも「ゴロちゃん」と慕われており、授業もとても情熱的だったそうです。

    特に課外活動の生物クラブの指導には熱心で、生物クラブは第10回日本学生科学賞をはじめ数々の賞を受けてます。

    岡藤は、仕事の合間を縫って、早朝や夕方、休日などを利用して、化石を採集するためバイクで走り回ります。
    遠くは大分まで、バイクで出かけたそうです。50ccのスーパーカブです。山口までは片道300km。いやはやすごい情熱です。

    ある日、お巡りさんにリュックサックを調べられ、中から石ころばかりが出てきてお巡りさんをびっくりさせたこともあったとか。

    岡藤は、化石の先生として地元で有名になり、“化石の先生”を知った人が化石を持って来てくれたり、情報を伝えて来てくれたりと、地元ならではの応援もあって、気がつくと先生の家の床下には化石ばかりか、化石になる前の動物の骨もゴロゴロしている状態となったそうです。

    そのうえ、怪我をしたコウモリやふくろうが持ち込まれて家で飼われていた。
    モリアオガエルがタンスの上で冬眠していたこともあった。

    化石を見つけたときには、自分の頭がい骨よりも大切なのか、ヘルメットを脱いで、その中に大切に入れて持ち帰り、奥さんから「それだけはやめて!」と何度も叱られたそうです。

    ゴロちゃん先生はいいます。
    「自分は専門学者ではないです。第一線にいる化石収集家にしかすぎないです。でもその化石を調べる為には、幅広い知識が必要なのです」

    彼は、古生物学、地学、人類学、考古学等の文献を調べ、大学などの専門の学者との交流を深め、13もの学会にも加盟します。

    そして彼は「研究をひとりのものにしてはいけない」と、収集した化石を全国の博物館や大学に惜しげもなく配った。
    化石研究に来た多くの研究者を採集現場へ案内した。
    彼は、目が回るほど忙しい時でも、収集された化石を見学に来る一般の人や、子供たちをいつも笑顔で迎え、実にうれしそうに化石の説明をしたそうです。

    岡藤五郎の調査活動のなかで大きな比重をもつものに、洞窟探査があります。

    秋吉台一帯には横穴、竪穴、複合穴と大小300近い洞窟があります。
    大半は人がまだ入ったことのない洞窟だった。

    先生は同好グループのリーダーとしてこれらの穴を調査し、化石などを収集します。
    やがてこれが教え子たちによって、いまも続くケービングクラブになった。

    昭和43年のことです。
    山陽無煙炭桃木鉱の露天掘り現場で植物化石群がみつかった。

    会社側の理解で先生の自由入山は認められたのだけれど、採炭作業の邪魔をしないこと、一人でやることが条件になった。
    岡藤は、連日学校が終わると現場へ駆けつけ、日暮れまで化石を探し続けます。
    彼が化石採掘のためにひとりで運んだ重たい石は、トラック数台分にもなるそうです。

    岡藤五郎の作業の細やかさと根気を知るには、何万と集められた微少ほ乳類(ねずみ、こうもりなど)の骨を見るとわかるといいます。

    化石は、洞くつのなかに積もった土や、長い年月をかけて石灰岩(せっかいがん)の割れ目のなかに流れ込んで石のように固まった「テラロッサ」と呼ばれている土の中に混じっています。
    ちょうどゴマがクッキーの生地の中に混ぜ込まれたような状態になっている。

    岡藤は、石のように堅くなった土のかたまりの中から、その小さなもろい骨を取り出すために、実に気の遠くなるような方法を考案していた。

    その方法というのは、ドラム缶に雨水を溜め半年も一年も水漬けし、土が自然に柔らかくなったところで水洗いして、骨だけを抽出するという方法です。

    そして抽出したゴチャゴチャの骨を、ピンセットと爪楊枝でひとつひとつ分類した。

    岡藤五郎、化石の採集現場にて
    岡藤五郎


    五郎が発見した化石のなかには、岡藤五郎自身の名前が付いたものもあります。

    シダの仲間の「アステロテーカ・オカフジアイ」
    トクサの仲間の「パラスフェノフィルム・オカフジアイ」
    ゴキブリの仲間の「オカフジムカシゴキブリ」
    などなど。

    また岡藤が発見した
    「トウヨウゾウ」
    「サイ」
    「トラ」
    「ヒョウ」
    「オオツノジカ」などの化石からは、氷河期に日本列島の一部が中国大陸や朝鮮半島、シベリア大陸と陸続きになったり離れたりした時期や、当時の気候が現在とはかなり異なっていたことが明確に立証された。
    岡藤が発見した化石は、日本列島の歴史や気候を知る上での重要な手がかりとなったのです。


    岡藤は、教員として、そして美祢の化石発掘者として約30年を過ごされ、美祢の化石研究になくてはならない存在となりました。

    給料やボーナスを奥さんに手渡されるとき岡藤先生は、
    「好きなことさせてもらって、こんなにもらっていいのかな」と笑っておられたといいます。
    先生のまじめでお金に無頓着な、研究心以外は無欲無心を物語る一面です。

    岡藤が収集した化石は膨大な量となり、その収容の為、昭和47年、大嶺高校に化石展示室がつくられました。

    先生は亡くなられる前のレポートに、こう書いています。

    「毎日が教育と研究でたのしい。 大嶺炭田の植物化石。 ジュラ紀の植物化石。 洞穴動物、西日本のプラナリア、 ミジンニナ、カタツムリ、ほ乳類と、 あまりに手を広げすぎて、反省している。
    しかし、体力のある限り調査したい」

    岡藤五郎は、昭和53年7月20日の午後、太陽がかんかんと照り付けて焼け付くような石灰岩の採掘場で化石を採集中に、突然襲った心臓病のために倒れて、帰らぬ人となりました。

    亡くなられた先生の、しっかりと握りしめたこぶしのなかには、小さな化石があったということです。

    世の中には、正しい歴史さえも、政治的に歪曲したり、否定したり、存在を抹殺したりする国家や政党や国民がいたりします。

    しかし、真実を探求する努力というのは、地味な何十年もの積み重ねによるものです。

    地位も名誉も関係ない真実を知ろうとする真摯で無私なたったひとりの情熱が、何十年もかけて世の中の真実を伝え、あばく。

    岡藤五郎先生の生きざまは、ひとすじに生きることの素晴らしさをボクたちに教えてくれているような気がします。

    日本ていいな♪と思った方
    ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    日本の絶景 秋吉台・秋芳洞・小豆島・寒霞渓


    ねずきちも、いま日本の心をつたえる会をたちあげました。
    日本の心をつたえる会は、日本人が日本人としての誇りを取り戻し、誇りある日本国民となるための草の根徳育教育啓蒙団体です。
    そしてねずきちは、岡藤先生同様、惜しげもなく無料で原稿を配り、全国を飛び回り、みなさんとお会いし、日本の心を伝えていきます。

    日本は、伝統と歴史のある素晴らしい国です。
    せっかく日本に生まれ、日本に育ちながら、日本の素晴らしさを知らないなんて、絶対にもったいないです。
    まして他国に捏造された歴史観に洗脳され、騙され、富を奪われて自嘲的に生き、挙句の果てに子や孫の世代の日本を崩壊に導くなんて、絶対に絶対にあってはならないことです。

    ひとりでも多くの人に、日本の素晴らしさを思い出していただき、日本人として誇りをもっていただく。そのために、ねずきちもひとすじに、邁進していきます。
    お時間の許す方、日本を愛する方、ご一緒に楽しく明るく日本を伝えていきましょう!

    日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
    登録無料!! ご入会は、
    ①ハンドルネーム
    ②お住まいの都道府県
    ③メールアドレス

    の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
    ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
    この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク