• 東大総長を三度勤めた男・・・山川健次郎


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    山川健次郎
    山川健次郎


    東大総長が、自衛隊に押しかけてきて「自分を一兵卒として給油支援に従軍させろ」言ってた・・・

    実際には、陸軍に押し掛けてきて「日露戦争に一兵卒として従軍させろ」という話です。実話です。
    そんな事件が、実際に日露戦争のときにありました。

    押しかけて来た東大総長は、山川健次郎(1854~1931)氏です。
    地位も名誉も関係ない。お国のために一命を捧げる。それだけの心で押しかけた。そんな山川健次郎に、陸軍の人事担当者は困りはてたといいます。・

    山川健次郎は、以前このブログで紹介した大山巌の妻、捨松の実兄にあたります。

    彼は会津藩家老山川尚江の三男で、会津白虎隊の生き残りでもある。

    会津若松城の籠城戦のとき、山川健次郎は数え年15歳(満14歳)でした。

    白虎隊は、15歳から18歳までの少年たちで編成されました。
    しかし、後に会津藩は健次郎少年を含む15歳の年少組を訓練から外した。15歳の少年に、鉄砲はあまりにも重過ぎたからです。

    慶応4(1868)年8月22日、官軍によって国境の母成峠が破られます。

    健次郎の親友の家では、母、祖母、兄嫁、姉、妹の5人が、互いの首を刺して命を絶ちます。
    他の家でも、母や妻ら女性たち全員が、研で喉を突いて絶命した。

    歳をとった父母や妻子を刺して、城内に籠った武士も少なくなかった。
    会津若松城下での戦いが始まる前、すでに城内は地獄絵図となっていたのです。

    生きて戦う武士たちを従えて、松平容保は滝沢峠に出陣します。

    このとき、健次郎ら年少組も白虎隊士として滝沢口まで行きました。
    ここで健次郎ら年少組は待機となる。健次郎はここで、白虎隊士中二番隊と別れを告げます。

    白虎隊士中二番隊の少年たちは、滝沢村の激戦の後、城に戻る途中の飯守山で、城が黒煙を上げているのを見ます。

    城が落ちた。もはやこれまでと、少年たちは互いに向かい合って剣で喉を突きさした。
    20人中19名がその場で絶命します。

    一人だけがたまたま通りがかった老婆に助けられます。
    このとき、城はまだ落ちていなかった。少年たちは思い違いで自決の道を選んでいます。

    この報が場内に伝わったとき、城内の者は皆、絶句した。
    死んだ少年たちは、健次郎の親友であり、兄と慕った先輩たちです。

    一緒に学問を学び、一緒に武道の修練にいそしみ、一緒に汗を流した。

    健次郎は、死んでいったひとりひとりの顔を思い浮かべて号泣したといいます。
    健次郎は、会津の悲劇を心に刻み、一生忘れまいと誓った。

    戦いに敗れた会津藩は、下北半島に移封になります。
    このとき、会津藩士秋月悌次郎が、長州藩の参謀奥平謙輔に会い、会津の少年2名を書生に使ってほしいと頼み込みます。会津の再建を次の世代に託すしかないと思ったのです。

    明治4(1871)年、健次郎は北海道開拓使次官黒田清隆の引率で、汽船「じゃぱん号」に乗って渡米します。

    この途中、健次郎はおどろくべき体験をする。
    船内の張り紙にこう書いてあった。
    「明日朝、本船は日本に向かって公開する太平洋郵便会社の船に出会うので、日本に手紙を出したい者は用意するように」

    場所は太平洋のド真ん中です。そんなばかな話があるわけないと思っていたら、ほんとうに翌朝、ふたつの船が出会い、郵便を交換した。
    健次郎は西洋の科学技術の凄味を実感します。

    一行はサンフランシスコに到着したあと、列車で大陸を横断した。
    見たこともない、煙を吐く巨大な機関車に、またもや健次郎は仰天します。

    会津藩は漢学による道徳教育に偏り過ぎていた。科学技術を軽視したために自分たちは負けたのだ。そう考えた健次郎は、お国のために、アメリカの科学技術を徹底的に学ぼうと決意します。

    健次郎は、名門エール大学への進学を目指します。
    しかしそのためには、米国人と同等以上の語学力、会話力、読解力、知識が必要です。
    健次郎は、決断します。「日本人のいないところに行こう」

    彼は、エール大学から北に45キロほどにあるノールリッチという人口1万人の小さな町で下宿します。そして不眠不休で猛勉強した。

    このとき健次郎は、辛くなると会津を思い浮かべたそうです。
    自分は、会津の人々の期待を一身に担って渡米した。死んでいった仲間たちのためにも、これからの会津の人々のためにも、自分がここでくじけるわけにいかない。

    このとき会津藩は、下北半島と岩手県の県境あたりに移封になっていた。
    極寒の地で、土地はやせ、米もとれずない。男たちは戊辰戦争で死に、多くは未亡人と子供たち、そして老夫婦しかいない。飢えと寒さで、老人や子供たちを先頭に、藩士やその家族が次々と死んでいった。そしてそこに健次郎の家族もいた。

    健次郎は手紙でそれを知ったとき、声を出して泣いたそうです。
    会津の人々の苦境を思ったら、絶対に自分は負けたり逃げたりするわけにいかなかった。

    そうして健次郎は、ようやく念願のエール大学に合格します。
    健次郎は、アメリカとの国力の差は日本人の科学軽視にある感じ、進んで物理学を専攻にします。

    ところが大学生活をはじめたのも束の間、日本国内では財政が逼迫。国庫が破産の危機に見舞われます。各藩が競って送りだした留学生への国費支出があまりにも高額に上るとの問題が浮上した。健次郎にも帰国命令が出されます。

    このとき彼は、あと一年半で卒業というところだった。健次郎は帰朝命令を敢然と無視しようとします。しかし経済的な問題は避けて通れない。
    このとき、健次郎の友人ロバート・モリスの伯母であるハルドマン夫人が学資援助を申し出てくれます。
    ただし、条件ひとつある、という。
    「あなたが大学を卒業し帰国したら、専心国のために尽すこと」

    健次郎は終生、ボ一ルドバン夫人の写真を居室に飾っていたそうです。

    4年半の留学を終え、21歳になったばかりの健次郎は、エール大学で物理学の学位を取得し帰国の途につきます。エール大学は3年の最短期間で卒業した。健次郎の努力がしのばれます。

    そして彼の卒業は、彼自身の努力であるとともに、かっての敵である奥平、黒田、そしてアメリカの人達、会津の多くの人に支えられての卒業であった。

    帰国した健次郎は、東京大学の前身である東京開成学校の教授補に就職します。
    そして明治12年、彼は、日本人として最初の物理学教授となった。

    明治19(1886)年、帝国大学令が発布され、東京大学は東京帝国大学と名前を変えます。
    東京帝国大学は、文科、理科、医科、工科、法科の5つの単科大学で構成された。
    そして健次郎は、明治26年、40歳の若さで理科大学長に就任します。

    彼の教授時代の逸話があります。
    彼は、何かひとつ成果がでると、その成果を惜しげもなく弟子たちに譲った。
    そのため、いつのまにか弟子のほうが有名になることさえあった。
    しかし健次郎は、そのことをいつも喜んでくれていたといいます。

    彼の弟子には、田中館愛橘、長岡半太郎などの物理学者、そしてその弟子にはノーベル賞を受賞した湯川秀樹、朝永振一郎などがいます。

    そして明治34(1901)年、健次郎は48歳で東京帝国大学総長に就任します。
    朝敵となったの会津藩からの最高学府の総長就任はまさに異例のことでした。
    旧会津藩の関係者たちは、健次郎の就任に涙を流して喜んでくれたといいます。

    日露戦争のあと、東京帝国大学の教授処分をめぐって、文部省と帝大が衝突するという事件が起こりました。七博士事件です。東京帝大教授戸水寛水をリ一ダーとする七博士が、時の宰相桂太郎に、対露即時開戦論を建議し、奉天戦後には、ロシアに対してバイカル湖以東の割譲を要求しろと主張したのです。

    当時のメディアは、戸水教授らをバイカル博士とほめ上げ喝采したけれど、実際にはこのとき日本軍は疲弊しきっており、戦闘を継続するだけの余力は残っていなかった。外務省は、文部省を通じて東大に7教授の処分を求めます。

    このとき総長であった健次郎は、戸水教授らの意見に必ずしも賛成ではなかったけれど、学問の自由を守るため、城を大学に、刀を信念に置き替えて勇敢に戦った。文部省を相手に一歩も引かなかった。そして事件解決後、すべての責任をとって辞任を申し出ます。

    時代の冷静さを取り戻していた世論も、ようやく対露強硬論の無理を理解していたけれど、教授、学生などは、東大の全学をあげて、健次郎を慰留した。
    総長としての健次郎の勇気ある行動に、誰もが共感したのです。

    健次郎は、51歳で貴族院議員となり、52歳で東京帝国大学総長を辞任します。
    そして58歳で九州帝国大学初代総長、60歳で再び東京帝国大学総長に就任します。
    このときも、九州帝大の学生たちが総立ちになって健次郎の慰留をした。

    彼が信望を集めたのは、彼の教育への情熱ばかりではなく、彼の持つ厳しさ、清貧、学生たちへのやさしさにあった。
    健次郎の娘は、彼を評して「それは厳しく、神にも等しい人でした」と語っています。

    健次郎は、その後61歳で京都帝国大学総長を兼任、62歳の大正4(1915)年男爵となり、昭和6(1931)年6月、恩師である長州の奥平謙輔の書が飾ってある自宅で、永眠します。享年77歳。

    ひとりの人間の成長には、多くの人の支えと、歴史があります。
    人はひとりで生きているわけではない。それぞれの家や郷土、故国の歴史の中に生き、友や仲間に支えられて生きている。
    そしてそういう自覚こそが人を育てるのだと、山川健次郎氏の生涯は、私たちに教えてくれているような気がします。

    郷土と歴史を大切に生きる必要を感じた方
    ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    愛しき日々


    日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
    登録無料!! ご入会は、
    ①ハンドルネーム
    ②お住まいの都道府県
    ③メールアドレス

    の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
    ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
    この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク