• 北海道を守りぬいた男たち・・・占守島-2


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    池田末男士魂戦車隊隊長
    池田末男


    池田末男さんという方がいます。愛知県豊橋市出身の方です。

    彼は戦前“戦車隊の神様”と呼ばれ、戦車学校教官当時には「キ戦車隊教練規定」という教程を編纂、そして陸軍戦車学校校長に就任します。

    その陸軍戦車学校に、福田定一という生徒が入学しています。
    後の小説家、司馬遼太郎です。

    司馬遼太郎は、昭和の軍人に対して批判的な小説家としても知られますが、その司馬遼太郎が、池田末男さんに対してだけは、非常に好意的だった。

    池田末男さんは、戦車学校校長職を辞した後、戦車第十一連隊長となります。

    十一連隊は、十一を文字って別名「士魂部隊」と呼ばれました。

    士魂部隊は精鋭と謳われる部隊でもありました。そして士魂部隊は、占守島(しゅむしゅとう)に転進を命じられます。

    池田連隊長は豪放磊落かつ温和な性格の人で、占守島でも、部下の信望をよく集めていたそうです。

    こんなエピソードがあります。

    占守島は、夏場でも気温が15度を上回ることなく、濃霧に覆われ、冬場には零下30度。雪は電信柱が埋まるほど積もり、そして年間を通じて風速30Mの暴風が吹き荒れる。

    そういう身を切る寒さの占守島において、彼は、絶対に自分の下着を部下に洗わせなかった。
    全部、自分で洗濯していたそうです。

    申し訳なさそうにしている当番兵に、池田さんはこう言ったそうです。

    「お前はオレに仕えているのか? 国に仕えてるんだろう?」

    学校では、「昭和20(1945)年8月9日、ソ連が日本との日ソ中立条約を破棄して、満州に攻め込み、その後、日本はポツダム宣言を受け入れて、8月15日に終戦となった」と教えます。

    しかし、そのあとに激戦が行われた地があった。それが占守島です。このことは昨日の記事で書きました。

    8月17日、重要書類を全部焼いて、翌18日には戦車を全部海に沈めることが決まった士魂部隊は、第十一連隊本部で残念会を開き、連隊長の池田末男氏を囲んで、主な将校が10人ほど集まり酒盛りをしたそうです。

    池田連隊長は、連隊長は酒を飲むときは無礼講が好きで、いつもなら豪放磊落な酒盛りになるところが、当日はしんみりとした雰囲気だったそうです。

    そして若い木下弥一郎少尉に、
    「木下、15日以降、俺は廃人になった。お前たち若いものは国へ帰って新しい国民を教育しろよ」などと話し、少ない酒を酌み交わした。

    酒の席も解散になり、みんなが就寝した深夜、日付が変わって18日となった午前1時のことです。
    突然対岸のカムチャッカ半島側から長距離砲弾が島に撃ち込まれ、占守島北端の国端岬一帯に、多数の上陸用舟艇が接近してきます。そして数千の兵力が強襲上陸してきた。

    武装解除を求める使節団なら、このような深夜の上陸はしない。

    東浜海岸・竹田浜に展開していた部隊は第3中隊の2個小隊(約80名)だけです。
    彼らは突然包囲され、攻撃を受け、激戦となります。

    この時点で、まだ敵の国籍は不明です。
    いまでいったら、これまでまったく戦闘実績がなく、終戦がきてなお平安だった土地に、いきなり正体不明の謎の軍団が砲撃を加え、土地を占領して攻撃を加えてきたのです。
    しかも夏場の濃霧です。10M先も見えない。
    その見えない先から、砲弾や銃弾が飛んでくる。

    謎の軍団が上陸した国端岬にいた速応少尉は、岬の洞窟にあった野戦砲二門で、謎の軍団が上陸した竹田浜を側面から射撃します。

    霧で見えない。しかし、このとき来襲した謎の軍団は、駆逐艦2隻、6千トン級の輸送船4隻、兵力13,000千人の大部隊でした。

    こういうときに日頃の訓練がものをいいます。
    速応少尉は、霧で見えない敵に向かって、人馬殺傷用の榴弾をこめてメクラ撃ちにし、敵船合せて13隻を撃沈、戦死者2千人、海を漂流した者3千人の損害を与えた。

    これに対し謎の軍団は、対岸のカムチャッカ半島突端のロバトカ岬から砲撃をしてきます。

    このままでは速応隊が全滅する。
    長距離砲撃を知った四嶺山の坂口第2砲兵隊長は、直ちに15センチ加農砲2門で、これに応射します。そしてわずか20分で敵を沈黙させてしまった。

    上陸部隊を迎え撃った歩兵大隊は、謎の軍団の艦艇を14隻以上撃沈・擱座。
    戦車揚陸艇ほか多数の上陸用舟艇を破壊。
    さらに敵指揮官坐乗の舟艇も撃沈し、謎の軍団を無統制状態に陥らせます。

    それでも敵は13,000名を擁する大軍です。

    日本側の正面の歩兵大隊は、わずか600名。
    敵は多数の死傷者を出しながらも、陸続と後続部隊を上陸させ、内陸部に侵攻を開始した。

    当初、報告を聞いた師団参謀は、国籍不明といっても米軍だと思ったそうです。
    後に相手がソ連とわかった時はびっくりしたという。
    参謀は、軍使が来たのが手違いで戦闘に発展したのかとも考えた。
    しかし時間が時間です。
    加えて何千人という兵力です。
    さらに、ロパトカ岬から支援射撃もやっている。
    こんな軍使の到来などあるわけはない。

    午前2時10分、第91師団長は決断します。
    「師団全力をもって、敵を殲滅せよ」

    全軍直ちに戦闘配置。
    戦車1個連隊と歩兵1個大隊、工兵一個中隊は、先遣隊として竹田浜に急行。
    占守島南端の第73旅団は、北の要点・大観台に司令部を進出させ、戦闘に参加せよ。
    隣りの幌筵島の第74旅団も占守島に渡って敵を攻撃せよ。
    師団司令部も占守島に移動せよ。

    第5方面軍司令官樋口季一郎中将は、同時に濃霧の隙間をついて陸海軍混成の航空部隊8機をソ連艦艇への攻撃のため飛び立たせた。
    「断乎、反撃に転じ、ソ連軍を撃滅すべし」

    士魂部隊にも、司令が下ります。
    「戦車隊前進せよ」

    池田連隊長は直ちに各中隊長、小隊長を集め、真っ先に準備の出来た車に飛び乗って走り出した。
    「天与の好機逸すべからず。各隊長は部下の結集を待つことなく、準備のできたものから予に続くべし!」

    このとき戦車連隊は、武装解除中でした。
    すぐには出撃できない状態にあった。
    それでも総員必死で武装を取り付け、直ちに出撃します。

    濃霧の中、途中の位置で集結した全戦車部隊隊員に、池田連隊長は訓示します。

    諸士、ついに起つときが来た。
    諸士はこの危機に当たり、決然と起ったあの白虎隊たらんと欲するか。
    もしくは赤穂浪士の如く此の場は隠忍自重し、後日に再起を期するか。
    白虎隊たらんとする者は手を挙げよ。

    このとき不思議なことが起こりました。
    濃霧が突然、さっと薄れていったのです。
    そして、全員が見た。

    霧でおぼろにしか見えなかった隊員たちが、全員が挙手していたのです。
    士魂部隊は全員、白虎隊となることを選択した。

    若い木下弥一郎少尉も、池田連隊長のそばにいました。
    しかし、定員オーバーで戦車の中に入れない。
    池田連隊長は、戦車を止めて、木下弥一郎少尉に下車を命じます。
    「木下、お前は旅団司令部の杉野さんのところへ連絡将校として行っておれ」

    戦車学校校長であったときから、ずっと接してきた弥一郎は、連隊長とにわかに離れがたく、ぐずぐずしていた。
    池田連隊長は、「早く行け!」と怒鳴ります。
    そして走り出した戦車から上半身を露呈した池田連隊長は、振り返って弥一郎に言いました。

    「木下、お前は助かれよ。命を捨てるなよ」
    これが、弥一郎が見た末男の最後の姿でした。

    午前5時、国端崎から14キロ手前の天神山で士魂部隊は小休止しします。ここで遅れていた一部も合流した。

    池田連隊長は、白鉢巻で戦車上に立ち上がります。
    そして大声で訓示した。
    「上陸軍を一人残さず、海に叩き落とすまで奮闘せよ」

    午前5時30分、連隊は前進を再開し、島の北端に近い大観台を過ぎた。

    午前6時20分、連隊は歩兵大隊の指揮所が置かれた四嶺山南麓台地に進出。
    そこには、既にソ連軍約200人の1個中隊が山を越えていた。

    末男はこれを突破して四嶺山頂に進出する決心をします。
     
    午前6時50分、攻撃を開始。士魂戦車隊は、速射砲で敵を撃破しつつ南斜面を駆け上がり、7時30分、山頂に到達した。

    山頂から見下ろすと、敵歩兵の大軍がそこにいます。
    池田連隊長は、師団、旅団の両司令部に打電します。

    連隊はこれより敵中に突撃せんとす。
    祖国の弥栄と平和を祈る。

    7時50分、池田連隊長は、戦車からハダカの上体を晒したまま、身を乗り出して日章旗を打ち振り、攻撃前進を命じた。

    士魂連隊の攻撃隊形は、左から第4中隊、第3中隊、第1中隊、連隊本部、第6中隊、第2中隊の順の展開だった。そして約40両の戦車が、連隊長の統一指揮のもと、敵中に突入します。
    それは、さながら運用教範の実演の如く見事な隊形だったといいます。
    さすがは戦車隊の神様。さすがは士魂部隊。

    士魂部隊は、南斜面より上ってくるソ連兵の群れに突撃する。

    視界約20Mの濃霧です。
    戦車というものは死角が多い。濃霧は戦車に不利をもたらします。

    本来なら、戦車は歩兵と協力して初めて実力を発揮できるものです。しかし急な出動で協力できる歩兵はいない。

    8時30分。いったんは混乱し、潰走しかけたソ連兵は、前線の指揮をとっていたアルチューシン大佐の指揮で、約100挺の13㎜対戦車ライフルと、4門の45㎜対戦車砲を士魂部隊正面に結集させ、激しく反撃します。
    装甲の薄い日本の戦車は、貫通弾をもろに受け、次々沈黙していきます。
     
    濃霧の中で出会い頭に敵弾を受け、友軍の戦車が炎上する。

    それでも士魂部隊は前進します。
    キャタピラで、備砲で、敵兵を叩き続けた。
    やがて四嶺山南東の高射砲が応撃し、南麓から駆け付けてきた歩兵大隊も軽戦車を先頭に攻撃を開始します。

    士魂部隊の獅子奮迅の戦いで、ソ連軍は遺棄死体100以上を残して竹田浜方面に撤退します。

    士魂部隊の損傷は、戦車27両が大破。
    そして池田連隊長以下、96名が戦死。

    士魂部隊の突撃のとき、敵は稜線いっぱい展開し、連隊長の指揮する戦車隊を見て自動小銃をめちゃくちゃに撃ってきた。砲塔に雨あられと弾がはねて、顔を出していれないくらいだったといいます。

    そんな中で、池田連隊長は突撃した。
    連隊長は、戦車からハダカの上半身を露出したままです。鉄カブトもかぶっていない。彼は、日の丸の手ぬぐいで鉢巻をしただけの姿で、1M×80cmぐらいの大きな日章旗を振って戦車の上から「前進!前進!」と突撃の合図をしながら戦い続けた。

    その姿は、いやでも敵の目につく。

    連隊長車にいた指揮班長の丹生少佐が撃たれた。
    池田連隊長はその死体を落としてはならぬと、にわかに縄を出して丹生少佐の死体を自分の戦車の砲塔に自分で縛りつけた。

    そして今度はその砲塔の上に全身を露出させてまたがり、例の日章旗を振り振り、なおも全軍に前進を命じた。

    戦車のウイーク・ポイントは横腹です。
    ここは鋼板が薄く、そこを狙って撃たれ、だいぶやられた。

    池田連隊長車も、突撃を命じて30分ぐらい、敵をさんざん踏みにじったあと、対戦車銃を横腹に受け、それで中に積んであった弾薬が誘爆し擱坐、炎上した。

    池田連隊長の乗車した戦車は、炎上したのちもしばらく前進していたと言われています。
    まるで、死しても前進を止めない連隊長の魂が乗り移ったかのようだったそうです。

    8月21日、現地の日ソ両軍間で停戦交渉が成立。
    同日午後、堤師団長とソ連軍司令官グネチコ少将が会同して降伏文書の正式調印が行われた。
    そして、ソ連軍の監視の下で武装解除が行われた。

    守備隊将兵は悔しがっていたと伝わっています。
    「なぜ勝った方が、負けた連中に武装解除されるのか」

    占守島守備隊の活躍は、昨日の記事にも書きましたが、このわずか一週間の活躍で、日本は北海道を日本のままに置いておくことができた。

    当時のソ連政府機関紙“イズベスチャ”は「占守島の戦いは、大陸におけるどの戦闘よりはるかに損害は甚大であった。8月19日はソ連人民の悲しみの日であり、喪の日である」と述べている。
    またソ連側司令官は後に「甚大な犠牲に見合わない全く無駄な作戦だった」と回顧録を残している。

    もし占守島守備隊が、何の抵抗もせずソ連の蹂躙にまかせるままでいたら、昨日も書いたように、日魯漁業の女子工員400名は、ソ連兵に蹂躙されるままになっていたろうし、ソ連側が述べているように、占守島が一日で陥落していれば、ソ連はそのまま北海道に攻め入り、戦後日本は、半島と同様、北日本と、南日本に分断されていた。

    逆に、もし、占守島守備隊が第5方面軍の停戦命令を受けなければ、上陸ソ連軍は殲滅されていたろうし、その後のソ連軍による千島列島(北方領土)の接収すらなかったかもしれない。

    大功ある、第91師団、そして勇敢な士魂部隊の将兵は、この戦いの後、ソ連に日本本土に帰還させると騙されて、シベリアに強制連行されています。そして連行の途中で多くが殺され、またシベリアで多くの人々が非業の死を遂げた。
     
    この占守島守備隊について、戦後左翼は教科書に一切載せないだけでなく、この戦い自体を「無駄な戦い」、「戦死者は犬死に」と一蹴しています。
    それが同じ日本人の言う言葉なのか。ねずきちにはそういう人たちの感性がまったく理解できないし、むしろ怒りに震えます。

    占守島には、いまも当時の日本兵の戦車や遺骨、遺品が眠ったままになっています。

    戦後60年以上経過したいま、日本は、あらためて勇敢に散って行かれた英霊たちへの感謝を捧げるとともに、散って行かれた彼らに恥じない日本の建設を考えなければならないときにきているのではないでしょうか。

    命を賭けた先人達への感謝を取り戻そうと思う方
    ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    サムライ魂 ~占守島の士魂部隊~ 1/6


    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク