• 歴史から学ぶべきこと・・・広瀬武夫中佐


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    大震災前の中央線万世橋駅
    万世橋駅


    いま、東京駅からJR中央線に乗ると、停車駅は、東京→神田→お茶ノ水→四谷→新宿です。
    ところが実は昭和の初めごろまで、神田駅とお茶ノ水駅との間には、「国鉄・万世橋駅」という駅がありました。

    もともと江戸時代には、神田界隈は武家屋敷街だったのですが、明治にはいり、このあたりには洋服生地を扱う問屋街が形成され連雀町という町名となりました。
    付近には飲食店や、寄席、映画館が集まります。
    今は、そのあたりは「神田食味街」と呼ばれています。

    明治22(1889)年に、立川~新宿間に「甲武鉄道」という名の私鉄が開業しました。
    鉄道は次第に延びて明治45(1912)年に、始発駅として、万世橋駅が開業する。
    そうしてできたのが、上の絵にある万世橋駅です。

    ところがこの駅は、大正12(1923)年には、関東大震災で駅舎が消失してしまいます。
    で、簡素な駅舎が再建されるけれど、神田駅や秋葉原駅が近くに出来たことで、乗降客が減少し、昭和18(1943)年に、駅は廃止され、駅舎は取り壊されました。

    ちなみに、取り壊した万是橋駅の資材は、戦時中の物資不足もあって、京浜東北線の新子安駅に流用されたそうです。

    いきなり長々と「万世橋駅」の話を書いたのは、実は、戦前には、この万世橋駅前に、軍神・広瀬武夫と、一緒になくなられた杉野孫七の銅像(明治43(1910)年建立)があったからです。

    万世橋駅前の広瀬中佐と杉野兵曹長の銅像
    (実に立派な銅像が建っていたことがわかります)
    広瀬中佐の銅像


    しかしこの銅像も、戦後、GHQの指示で撤去されてしまいました(昭和22(1947)年)。

    いまにして思えば、昭和27年に日本が独立国となった後、日本政府は再び広瀬中佐の銅像を再建してほしかった。。。。

    今日は、その軍神・広瀬中佐の半生を、書いてみたいと思います。


    広瀬少佐は、日露戦争の旅順港閉塞作戦における閉塞船福井丸の艦長です。

    彼は、撤退時に行方不明となった部下杉野孫七上等兵曹(戦死後兵曹長に昇進)を助けようとして、ひとり船内を捜索し、頭部にロシア軍砲弾の直撃を受けて戦死なさいました。

    そして明治以降、初の「軍神」となられた方です。

    広瀬武夫中佐
    広瀬武夫中佐


    広瀬武夫(廣瀬武夫)は、慶応4(1868)年生まれの岡藩(大分県竹田市)藩士の出です。
    岡藩というのは、織田信長と豊臣秀吉に仕えた中川清秀の家系で、関ヶ原で徳川方につき、以降、一度の移封もなく廃藩置県まで、この地に存続しました。

    広瀬武夫は、幼少時に母親が亡くなったので、お婆ちゃんに育てられますが、明治にはいり西南戦争で家が焼失してからは、一家は飛騨の高山へ引っ越しています。

    小学校を卒業した広瀬は、勉強して一時は、小学校の教師を勤めます。
    そして明治18(1885)年、17歳で海軍兵学校へ入学する。

    広瀬の海軍兵学校入学時の成績は19番です。卒業時は80人中64番。
    決して成績の良い方ではないです。
    そのかわり彼は、柔道では、講道館に学び、有段者紅白戦で五人をいっきに勝ちぬくという実力を身につけています。


    海軍兵学校時代の広瀬は、大運動会のマラソンで、左足が骨膜炎で一時は左足切断を宣告されるまで至りながら、見事完走するという快挙、根性を見せています。
    実に男らしいタイプの男性であったといえるかもしれません。


    卒業して海軍に入隊した広瀬は、見習い士官になります。
    訓練の途中で、広瀬を含む50名程度の海軍軍人が、駿河(静岡県)の清水港に上陸しています。
    彼らは、侠客・清水次郎長親分を訪ねた。

    やってきた一同をジロリと見渡した次郎長親分、
    「見たところ、男らしい男は一匹もいねぇなあ」と一同をけしかけます。

    このあたりが、親分の意地の悪いところです。
    そうやってけしかけて、男を探そうとする。

    そうと知った広瀬は、前に出て、
    「おうおう、そう言うなら、一つ手並みを見せてやる。びっくりするな!」と、いきなりゲンコツで、自分の鳩尾(みぞおち)を5~60発、立て続けに殴ります。

    これには次郎長も感心し「なるほど、お前さんは男らしい」と、互いに胸襟を開いて談話をしたという逸話が残されています。
    なんだか男の会話って感じがしますね。


    広瀬は、明治27(1894)年、26歳で日清戦争に従軍します。
    武功あって、翌年には大尉に昇進する。

    この頃、清国から捕獲した軍艦「鎮遠」の移送を担当します。
    広瀬は、艦内清掃で、「清掃というものは一番汚いところからやるものだ」と言って、先頭切って便所掃除をした。

    なにせ清国の船の便所です。
    相当汚かったであろうことは容易に想像できる。普通、ちょいと近寄りたくない。

    当時はいまのようなトイレ用洗剤なんて便利なものはないです。
    水と雑巾でこびり着いた汚れを落とす。

    それでも落ちない汚れは、竹べらなどを使っていたようです。
    おそらくこのとき、艦内には竹べらのようなものはなかったのでしょう。

    広瀬は、ためらう部下たちを尻目に、汚れを爪で擦り落とします。
    そうやって部下に模範を示した。

    トイレというところは、汚れる場所だからこそ、率先してきれいにする。

    栴檀は双葉より芳し。広瀬武夫は、若くして模範といえる人であったのだと思います。


    明治30(1897)年、広瀬は、ロシアへ留学する。
    そしてロシア駐在武官となり、明治33(1900)年には、少佐に昇進します。

    明治34(1901)年1月、武官としてロシアのサンクト・ペテルブルクに滞在していた広瀬は、かねてより親しくしていただいているロシアの海軍少将ウラジミール・コヴァレフスキー氏の晩さん会に招待されます。

    そこには大男のロシアの将校たちが大勢集まっている。
    そんな中で、広瀬は少将から「日本の武道の達人」と紹介されます。

    「ならやってみせてみろ」と、腕自慢のロシア将校が広瀬に挑みます。

    広瀬は、平然と「日本の柔術というものは、そんなものではありません。私がこれから柔術の説明をいたしますから、まず椅子におかけ下さい」と、大男の右手をとった。

    当時のロシア人の平均身長が190cmくらい。広瀬は170cmくらいです。当時の日本人としてはかなり体格の良い方だけれど、大男ぞろいのロシア人たちの前では、かなり小さい。

    広瀬は、大男が腰を下ろそうとした瞬間、「エイッ!」とばかり、大男を投げ飛ばします。見事な一本背負いです。一本!それまで!


    床に腰をしとどにぶつけた大男は、腰をさすりながら、おどけて「日本の柔術コワイコワイ」と言った。これには部屋中が湧いた。

    相手の虚をつくその機転、自分よりはるかに体の大きな男を投げつける武勇、そして相手を投げ飛ばしながらも、相手が頭部に怪我をしないよう、きちんと養生するやさしさ。

    一同は、驚くべき日本人という印象を深くきざみつけます。
    そして全員が、「ヒロセ君に乾杯!」と歓声する。

    この事件がきっかとなって、広瀬はぺテスブルグで、ロシア軍の参謀本部の将校たち相手に柔道を教えます。

    世の中というのはおもしろいもので、このときのことがきっかけとなって、ロシア内に柔道が普及する。そして日本とロシアとの国交がなくなったあとも、柔道は残り、後にロシアがソ連となったあと、軍隊用格闘技「コンバット・サンボ」という格闘技に発展します。
    サンボは、いまではロシア発のオリンピック種目ですが、勝負は「一本」で、決まります。


    重なるときには重なるものです。
    広瀬が、ロシアの将校を投げ飛ばしたとき、その部屋にいたコヴァレフスキー少将の次女のアリアズナは、一部始終を目撃します。

    アリアズナという娘は、肌は抜けるように白く、目はキラキラかがやき褐色、髪は亜麻色で、とても頭が良く、優雅で気品にあふれ、しかも子供のように無邪気で快活で明るい娘です。

    投げ飛ばし事件のあった翌日、アリアズナは、広瀬のアパートを訪ねます。
    父母と一緒に来たことはあったが、今回は内緒の訪問です(もっとも、貴族の娘ですから、たくさんの従者をしたがえての訪問です)。

    このとき広瀬は、軍艦の断面図を開いて、熱心にメモをとっていた。

    「これは戦艦アサヒです」ロシア語で広瀬が解説します。

    「アサヒとは、朝のぼる時の太陽のことです。
    朝の太陽のように清らかで、若々しく、力づよいという心をこめているのですね。

    私は去年4月にイギリスで完成したばかりのこの船に乗りました。
    おそらく世界で一番新式な一番大きな軍艦でしょう。

    私の国はこういう艦を6隻も持っているのです。」

    広瀬は目を嬉しそうに輝かせます。

    アサヒ、ヤシマ、シキシマ、ハツセ、フジ、ミカサ・・・

    広瀬は、それぞれの艦の名前を言い、その意味を説明します。

    「美しい名前です。
    日本は美しい国だから、日本人はみな美しいものを愛しているんです。」

    「どんなに堅牢な新式の大軍艦にも、われわれは日本人は、連想をかぎりなく刺激する詩のように美しいひびきをもった名前をあたえるのです」

    アサギリ、ユウギリ、ハルサメ、ムラサメ、シノノメ・・・ほらね。

    「力は強い。しかし心はやさしい。姿はうつくしい。これが我々日本人の理想です」

    そりゃあね、強くてハンサムでエキゾチックでまじめで、しかも立派な武官でもある独身の広瀬に、アリアズナはすっかり恋心を抱きます。

    そりゃあそうです。
    広瀬の語る言葉、広瀬の行う行為は、すべて祖国を愛するところに根を据えています。信念の人です。信念がある男はとても強い。

    アリアズナには、セルゲイという海軍少尉の兄がいました。
    兄の縁故で、彼女のまわりには、貴族出身のロシア海軍の若い士官がいつも群がります。

    その中でもドミートリ・ミハイロフ大尉ははっきりと好意を示して、彼女の心を捉えようとしていた。

    ところがアリアズナだって、貴族の令嬢です。厳重なしつけを受け、物腰は優雅で美しく、しかもエカテリーナ女帝がつくった貴族女学校を卒業した才媛です。芯も強い。

    そんなアリアズナにとって、ミハイロフらは、どうしても軟弱に見えた。物足りなさを感じた。
    そこに広瀬という男らしさくて、ロマンあふれる男が舞い込んだのです。

    彼女は広瀬に強い好意を寄せます。

    ところが年上の広瀬は、アリアズナを、まるで妹をいたわるような気持ちでしか接しません。指一本触れてない。

    そんなある日広瀬は、ミハイロフ大尉から、アリアズナが広瀬に好意を寄せていると知らされます。
    広瀬は、びっくりする。
    でも、広瀬も、次第に彼女に心を寄せていきます。

    ふたりは度々逢って、いろいろな話をします。
    話だけです。
    それだけで、二人の心はときめいた。


    明治35(1902)年、突然広瀬に帰国命令が出ます。
    祖国日本が、ロシアを仮想敵国とみなしたのです。

    戦争は、すべてを奪う。二人を引き裂く。

    帝国軍人である広瀬武夫は、悩んだ末にアリアズナとの別れを決意します。

    いよいよサンクト・ペテルブルグを出発する日、アリアズナは広瀬に小型の銀側時計を渡します。
    時計には、アリアズナのAの文字。Aには、Amor(愛)の意味も込められています。
    時計の鎖には彼女の写真を入れたロケットもついている。

    二人は、からなず再び逢おうと誓い合います。

    そして、これが永遠の別れとなる。


    実は、この広瀬武夫とアリアズナの恋物語は、広瀬の死後も長く世に知られていなかったそうです。

    広瀬の死後20年たった頃、広瀬と同時期にペテルブルグに駐在した加藤寛治大尉が、広瀬とアリアズナの交際を知り尽くしていて、大正13(1924)年、加藤が第二艦隊司令長官として旗艦「金剛」に座乗して大阪湾から伊勢湾にむかって航海中、同乗した大阪朝日新聞の記者大江素天に、「もう話してもいいころだろう」といって、克明に語ったことで明らかになりました。

    広瀬中佐の恋物語は、同紙に5日間にわたって連載され、世に知られることになった。


    下の絵は、広瀬武夫が義理の姉である春江に、絵葉書で示した恋人アリアズナの面影です。きっとこの絵のイメージとアリアズナの面影が、どこか重なるところがあったのでしょう。美しい女性です。

    アリアズナ


    明治37(1904)年2月、東郷平八郎中将率いる連合艦隊は、旅順口閉塞作戦を立てます。
    旅順港の入口に老朽船を沈めることで、ロシアの旅順艦隊を港から出れなくしてしまおうという作戦です。

    作戦会議のとき、秋山真之(さねゆき)参謀は、
    「もし敢行すれば、閉塞部隊は全員、生きて帰れません」と作戦に反対します。


    実は二人は、同じ歳ですが、事情があって海軍兵学校では、広瀬の方が秋山より二級上にです。

    海軍軍令部諜報課員として着任した頃、二人は東京・麻布霞町で、同じ下宿に住んでいます。

    下宿の向かいの屋敷のお手伝いさんの談話が残っていて、
    「広瀬さんという人は武張ったかんじだけど、話をしてみるとやさしくて近づきやすかった。秋山さんはその逆だった」のだそうです。


    この二人の意見が、会議で対立した。

    広瀬は言います。

    「断じて行えば鬼神もこれを避くといいます。敵からの攻撃などはじめからわかっていることです。
    退却してもいいなどと思っていたら、なんどやっても成功などしない」

    広瀬のこの言葉で、旅順港閉塞作戦は実施になります。

    しかし第1回閉塞作戦は失敗してしまう。

    明治37(1904)年3月27日に、第2回閉塞作戦実施が決まります。
    投入されるのは、「千代丸」「福井丸」「弥彦丸」「米山丸」の四隻です。

    そして「福井丸」には、広瀬が艦長として搭乗する。


    実行の三日前、秋山真之が旗艦「三笠」から「福井丸」に出向きます。

    秋山は、友でもある広瀬に「敵の砲撃が激しくなったら、必ず引き返せ」と迫ります。
    作戦はもちろん成功させたいが、かといって友を決して死なせたくなかったのです。

    旅順港閉塞戦
    旅順港閉塞戦


    いよいよ決行の日です。

    3月27日未明、まずは先鋒の「千代丸」が、旅順湾入り口に向かいます。
    ところが、近づいたところをロシアの哨戒艇に発見され、サーチライトを浴びる。

    照明に照らされた「千代丸」に、旅順港の丘の砲台が一斉に火を噴きます。

    攻撃を受けた「千代丸」は、湾の入り口の南東、海岸から100Mに投錨して自沈してしまう。
    失敗です。

    次鋒の「弥彦丸」は、湾の入り口手前まで近づくが、東向きに自沈。
    続けて猛烈な砲火の中、副将の「米山丸」が「弥彦丸」と船尾を向かい合わせるように西向きに自沈します。

    これで半分は成功したけれど、湾の入り口はまだ半分が開いたままです。

    「なにがなんでも、これを塞がねばならぬ」


    旅順港にいるロシア太平洋艦隊の戦力は、日本海軍とほぼイーブンです。
    しかし大西洋からは、世界最強のバルチック艦隊が日本に向かって近づいてきている。

    もし、旅順にいるロシア太平洋艦隊とバルチック艦隊が合流したら、日本の海軍力とは雲泥の差が出る。

    日本は制海権を失い、朝鮮半島、満洲にいる日本軍は補給を失って孤立し、日本軍はせん滅させられてしまう。


    広瀬は、「福井丸」を駆って旅順港の入り口に向かいます。
    残り半分をどうしても塞がねばならない。

    敵のサーチライトを浴びる。
    丘から砲弾が矢のように飛んでくる。
    ようやく湾の入り口に到達する。

    「福井丸」は、右舷を旅順港側、左舷を沖に向け、艦を横にして湾を塞ぐ体制をとりながら、湾の入り口に向かいます。

    あとすこし。あとすこし進んで投錨し、自沈すれば、湾を塞げる。
    あとすこし。あとすこしです。

    そのとき、猛烈に撃ちまくるロシア駆逐艦の砲弾が、「福井丸」の船首に命中します。

    一撃で「福井丸」の船首は、こな微塵に、吹き飛ばされてしまう。
    「福井丸」は、浸水をはじめ、船首から海に沈み始めます。

    艦の操船不能。
    もはやこれまで。

    広瀬は、砲弾が飛んでくるのとは反対側の左舷のボートをおろさせ、乗員全員を乗り移らせます。

    ところが、点呼をとると、杉野孫七上等兵曹がいない。

    「俺が捜すっ」

    広瀬は、ひとり上甲板に戻ります。
    敵の弾は、まだ次々と飛んできています。
    銃弾も来る。砲弾も来る。

    艦は浸水し、沈没まであとわずかの時間しか残されていない。
    艦の沈没の渦に巻き込まれたら、命はありません。

    「杉野~!、杉野はいいるか~!!、杉野はどこだ~!!」

    これまで寝食を共にしてきた可愛い部下です。
    決して死なせるわけにはいかない。無事に連れて帰りたい。

    広瀬は必死に杉野を捜まわります。
    一説によれば、彼は艦内をくまなく、三度にわたって探したという。

    しかし杉野上等兵曹は見つからりません。
    やむなく広瀬は「福井丸」が海にのみ込まれようとする、ぎりぎりでボートに乗り移ります。


    そしてボートが、六挺身ほど離れたところで、「福井丸」の爆薬に点火した。
    半ば沈んだ「福井丸」が大爆発を起こします。
    海が明るくなる。

    「福井丸」が沈むことで、ボートが敵の前にさらけ出されます。
    爆破の破片の炎で、海上が明るくなり、ボートが敵からよく見える。

    敵弾が飛んで来きます。

    場所は湾の入り口のすぐそばなのです。

    広瀬は、他の乗組員に、絶対に頭を下げろと命令します。

    しかし戦況は、きちんと確認しておかなければならない。
    それが艦長の職務です。

    広瀬が、銃弾の中、顔をあげる。


    そのときです。

    広瀬の頭部に敵の銃弾が命中する。
    広瀬の頭が吹き飛び、身体が海中に落ちる。

    「艦長~~!!艦長~~!!」

    日ごろ広瀬を慕う乗組員は、必死の思いで艦長の姿を海に求めます。


    「朝日」艦長の山田彦八大佐が東郷平八郎に出した報告書には、「頭部に撃たる海中に墜落」とある。
    また明治天皇紀には「一片の肉塊を残して海中に墜落」と書かれている。

    広瀬が敵の直撃を受けたとき、近くにいた兵のそばを、飛び散った肉片がかすめた。
    その痕跡がくっきりと残った兵の帽子が、靖国神社遊就館で時折展示されています。


    広瀬の遺体は、旅順港に流れ着きます。
    遺体はロシア軍によって埋葬された。広瀬武夫、享年三六歳。


    広瀬は、翌日一階級昇進して中佐になります。
    そして、日本初の「軍神」となった。


    さて、ここまでが「軍神・広瀬中佐」の物語です。

    戦後、「軍神」という言葉は、あたかも軍国主義の象徴であり人殺しの象徴として、むしろ忌むべきものとして反日左翼主義者たちに喧伝され続けてきました。

    しかし、ここまでの物語を読んで、みなさんは何をお感じになったでしょうか。

    「軍神・広瀬中佐」は、戦争好きで、人殺しの象徴でしょうか。

    いいや。断じて違います。

    部下をかわいがり、身の危険を顧みず、最後の最後まで自らの命を犠牲にして部下の姿を追い求めた。
    そういう広瀬中佐の、日ごろからの人としてのやさしさ、ぬくもり、思いやり、勇気が、多くの人々に、愛され、尊敬された。
    だから、広瀬中佐は「軍神」とされたのです。

    だってそうじゃありませんか。

    たとえば南京攻城戦の際、ときの南京政府の最高司令長官だった蒋介石は、日本軍が来ると知れる前に、さっさと城を捨てて逃げ出している。
    しかも、南京城の門に外から土嚢を積み上げて、みんなが自分を追えないようになんていうおみやげつきです。

    さらに蒋介石が逃げ出したあとに残されたさらに、南京城守備隊長の唐生智(とうせいち)は、日本軍との戦闘開始から二日目に、全軍に「各隊各個に包囲を突破して、目的地に集結せよ」という命令だけ出して、これまた自分だけさっさと逃げてしまっています。

    韓国の初代大統領で韓国建国の英雄の李承晩(りしょうばん)は、北朝鮮が三八度線を破って韓国に侵入した際、漢江にかかる橋を爆破して、やはり自分だけサッサとソウルを捨てて逃げ出しています。

    李承晩が橋を爆破したとき、漢江の北には多数の韓国軍兵士が戦いをしていたし、一般の住民などは、まるごと取り残されていました。
    孤立した漢江の北側の人々がその後どういう仕打ちを受けたか。
    兵はなぶり殺しにされ、市民は屠殺され、女は死ぬまで強姦され殺された。

    それでも自分だけしゃあしゃあと逃げ出した男が「英雄」でしょうか。建国の父でしょうか。

    そういう卑劣な人間を、日本人は絶対に「神」と呼んだりしません。

    比較するのも馬鹿らしいけれど、こういう骨の髄まで腐りきった連中に対して、広瀬中佐の生きざまのなんと清々しく、凛々しく、立派なことか。

    歴史は、後世に生きる私たちが、まさに「学ぶ」ためにあると思います。

    日ごろから正々堂々と清々しく生き、危険や苦難に際しても部下への気遣いを忘れない。

    そういうことを「学ぶ」ことこそが、歴史を学ぶことにつながるのではないでしょうか。
    「軍神」という言葉を軍国主義に結びつけたりして、いったい何の「学び」にもなるのか。

    戦前、広瀬中佐が日本人の誇りであり「神」であるとされ、広瀬中佐の歌が文部省唱歌に採用なったのも、部下の命をこそ第一に考える帝国軍人の姿をそこに投影しているといえるのではないでしょうか。

    そういうことを知りかつ学ぶことこそ、やれ軍国主義だ、人殺しだとゴタクを並べるよりも、はるかに大切なことなのではないかボクは思うのです。

     ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    広瀬中佐


    日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
    登録無料!! ご入会は、
    ①ハンドルネーム
    ②お住まいの都道府県
    ③メールアドレス

    の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
    ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
    この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
    日本の心をつたえる会ロゴ

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク