• 【拡散希望】北海道・千歳市のチャイナタウン


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    北海道新聞に次の記事が掲載されました。

    ~~~~~~~~~~~~
    【ニトリ子会社 千歳に中国富裕層向け別荘 17棟、7月完成】
    http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/225212.html

    家具・インテリア製造小売り最大手ニトリ(札幌)の子会社ニトリパブリック(同)が、千歳市内で中国人富裕層向けの別荘建設に乗り出す。中国人富裕層の道内での長期滞在需要が高まるとみており、将来的に千棟前後の別荘建設を目指す。

    道内では後志管内倶知安町などで外国人スキー客向けの長期滞在施設が整備されているが、道などによると、中国人富裕層を対象にした別荘開発は珍しいという。

    ニトリパブリックは3月初旬、千歳市文京1の宅地約6500平方メートルを購入。庭付きの一戸建て住宅17棟を着工し、7月初旬の完成を目指す。総事業費は6億5千万円。住宅は3千万円前後で販売し、7月中旬に引き渡す予定だ。

    ~~~~~~~~~~~~

    この件についての、日心会MLのみなさんの反応です。

    ≪投稿者:S≫

    先ずは7月に引き渡し予定らしいです。
    目標は1000棟ということ。
    そしてここにきて外国人参政権の問題です…

    千歳市ないし北海道はどうなってしまうんでしょう…


    ≪投稿者:K≫

    中国人富裕層向けの別荘(あくまでも別荘でしょうか)を1000棟とは、投資目的でしょうか移住目的でしょうか。
    いずれにしても空恐ろしい計画ですね。

    千歳が成功すれば他の地域にも広まっていくのは間違いないでしょう。
    全国的に着々とChineseが住み着いているのを実感します。

    難しい事ですけど分散して活動している保守がまとまれるといいのですが、左翼組織のように団結できないのがもどかしいです。

    北海道では中川昭一さんの奥様が、4/18 の帯広市市長選挙の自民党推薦候補の上野氏を応援なさっていますね。
    でも民主党推薦候補の米沢則寿氏が優勢で、しかもバックにあの石川知裕氏がいるとのこと。

    十勝の自然と産業を絶対に守って欲しいと願ってますので、思いつく連絡先にメールをするつもりです。


    ≪投稿者:J≫

    最悪のシナリオとしては

    中国の富裕層が1000棟の家を日本に購入
     ↓
    家族5人ずつで日本に移住
     ↓
    5000人の中国人居住区完成
     ↓
    居住者の親戚の中国人も集まってくるそれぞれの家に5人家族の親戚追加
     ↓
    人口10,000人のチャイナタウン完成
     ↓
    日本語の話せない中国人が本土からチャイナタウンに押し寄せる
     ↓
    外国人参政権付与
     ↓
    中国人の市長誕生
     ↓
    千歳から自衛隊を追い出す


    このシナリオだけは避けないと北海道は終わりですね。


    ≪投稿者:S≫

    この動きをなんとか阻止できないものでしょうか…
    今回の件でニトリさんには失望しました…

    もちろん、帯広市長選挙は今からでも帯広の友人や知り合いに連絡を取るつもりです!
    最後まであきらめませんよ!


    ≪投稿者:S≫

    このシナリオは恐ろしいですね!
    まさにバッドエンド…

    そうなると、近い将来、北海道は中国語があふれかえるんですね…
    大切な人たちや北海道のためにがんばって活動してきましょう!!


    ≪投稿者:N≫

    腹立たしい話ですね!

    当然ながら、まずはニトリでの不買運動を始めましょう!


    ≪投稿者:M≫

    恐ろしい話ですね...

    こういう計画を立てる方たちには、想像力がないのでしょうか?
    それとも中国人の恐ろしさをご存知ないのでしょうか?

    ニトリは好きだったんですが、不買運動に参加します。
    他にできることがあれば教えてください。

    ~~~~~~~~~~~~~

    戦後の日本人というのは、想像力や洞察力がなくなってしまったのだろうか。

    Chineseたちを大量に引き入れて、その結果何が起こるのか。

    下の動画は、長野五輪の際のChinaの留学生たちのデモですが、ふつう常識で考えて、いきなりChinaの「留学生」が、どうして長野に5000人も集まるのか。

    しかもおそろいのシャツ、おそろいのChina国旗を手にして。

    要するに「留学生」といいながら、その中味は、自由に教育を受ける若者ではなく、China政府に先導されて活動する活動家たちとは考えられないのか。

    そういうChineseたちを大量に招き入れることの危険を、なぜ「考える」ことができないのか。

    Chineseたちを呼び寄せてタウンを作るということが、いわば狂犬の群れを街に招き入れることになるということをなぜわかろうとしないのか。

    なぜそのようなものを千歳市は許可するのか。

    まして千歳は、北海道の空の玄関です。

    ニトリは、いったいいつから売国企業に成り下がったのか。

    もう、絶対にニトリ製品は買わない。

    買いたくもない。

     ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    マスコミが報道しない大乱闘シーン! IN長野駅前

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク