• これは大罪です。


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    政府認定17名
    政府認定17名


    みなさん、いつもご訪問、ありがとうございます。

    皆様からのコメントも、毎日楽しく拝見させていただいています。

    その中で、昨日19時35分に「きちん」さんからご投稿いただいたデビ夫人の北朝鮮探訪記は、まさに驚天動地、吃驚仰天、抱腹絶倒、奇想天外、開いた口がふさがらないというか、あきれ果ててものも言えなくなりました。

    件の記事は、デビ夫人自身のブログ「デヴィの独り言、独断と偏見」の、4月18日の記事です。

    題名は「北朝鮮の旅、 大いなる収穫」
    http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-10511006071.html

    要するに、ブログに本人が書いた「デビ夫人の北朝鮮探訪記」です。

    いやはや、その内容たるや、呆れ果ててものも言えない。

    内容は、↑のURLをクリックいただいたら読めますので、ご自身でご確認になってください。

    まさに、呆れる内容です。


    中学一年生(13歳)で拉致された横田めぐみさんは、昭和52(1977)年11月15日の夕方、新潟市内の中学からバドミントンの部活を終えて帰宅する途中で拉致されました。

    お母さんの早紀江さんは、突然帰ってこなくなっためぐみさんについて、警察へも通報した。

    そして、約20年間、ずっと拉致と知らず、行方不明になった娘を探して、全国の警察から身元不明の遺体の連絡があるたびに、もしかしたら、と現地の警察まで出かけたりされていたそうです。

    北朝鮮による拉致だとわかったのが、平成9年1月。
    元北朝鮮の亡命工作員が、「中学校一年生の少女拉致」があったと証言したことから、ようやく、その少女が横田めぐみさんだと判明したのです。

    20年です。
    その間、ずっと「行方不明」と思わされてきた。

    判明した月の23日、この問題について、西村真悟先生が政府に質問書を提出し、さらに2月3日の予算委員会で、当時の橋本内閣総理大臣を厳しく追及。
    政府に、事実関係の調査を迫ります。

    この結果、平成9年5月1日の参議院決算委員会で、政府は、北朝鮮による拉致事件としての認定を明らかにする。


    当初、横田早紀江さんが、外務省にめぐみさんの連れ戻しを依頼にいったとき、時の外相のお役人は、「横田さん、いまの日本には、北朝鮮との国交がないのです。連れ戻すのには、あと10年はかかりますよ」と言われた。

    あれから、13年。いまだ拉致問題は霧の中です。


    そもそも、北朝鮮による組織的な拉致というのは、昭和51(1976)年に金正日が出した「工作員現地化教育のための教官拉致」指令にはじまります。

    この指令によって、日本、韓国をはじめ、諸外国から大量な拉致が組織的に行なわれました。

    金正日は、父親である金日成の亡き後も、対南工作として、「工作員の現地化教育を徹底して行え、そのために現地人を連れて来て教育にあたらせよ」と拉致指令を下しました。

    そしてめぐみさんが拉致された年である昭和52(1977)年から昭和53(1978)年にかけて、工作員の教官にするための外国人拉致が、世界規模で集中して行われています。

    北朝鮮によるこのときの拉致は、日本、韓国だけでなく、China、(マカオ)、タイ、レバノン、ルーマニア、シンガポール、マレーシア、ヨルダン、フランス、イタリア、オランダなど、はっきりわかっているだけでも12か国にのぼる。

    そのうち、日本人拉致被害者については、北朝鮮も拉致を認めているのが、横田めぐみさん、市川修一さん、増元るみ子さん、田口八重子さん、有本恵子さん、石岡亨さん、松本薫さん、蓮池薫さん、奥土祐木子さん、地村保志さん、浜本冨貴恵さん、曽我ひとみさんの、計13名。

    日本政府が拉致と認定し、北朝鮮がそれと認めていない者が、2名。

    他に明らかに拉致と思われる被害者が、6名。

    さらに、平成15(2003)年に公表された拉致と思われる特定失踪者が190名。

    悪いけれど、そのひとりひとりに、横田めぐみさん親子のような長年にわたる苦しみがあるのです。

    それを、いかなる理由があるかはわからないけれど、嘘八百を並べ立て、北朝鮮をむしろ正当化し、返す刀で日本を貶める発言を、たとえブログ上とはいえ、行うとは。

    まったくもって、許されざる蛮行といわざるを得ないと思います。

    これは、大罪にあたる所業だと思うのですが、みなさん、いかがでしょうか。

     ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    めぐみ 1/3

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク