• 子ども手当、韓国人男性が554人分申請


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    2004年7月26日に法輪功の真相資料を貼ったため捕まり、悪名高いハルビン長林子労働教養所に監禁されていた法輪功学習者・常永福さん(44歳男性)
    常永福さん

    http://dongtaiwang.com/dmirror/http/www.minghui.jp/2007/03/07/mh081587.html

    毎日新聞のニュースから。

    ~~~~~~~~~~~~~

    <子ども手当>韓国人男性が554人分申請 孤児と養子縁組
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100424-00000007-mai-pol
    4月24日2時31分配信 毎日新聞

    兵庫県尼崎市に住む50歳代とみられる韓国人男性が、養子縁組したという554人分の子ども手当約8600万円(年間)の申請をするため、同市の窓口を訪れていたことが分かった。

    市から照会を受けた厚生労働省は「支給対象にならない」と判断し、市は受け付けなかった。

    インターネット上では大量の子ども手当を申請した例が書き込まれているが、いずれも架空とみられ、同省が数百人単位の一斉申請を確認したのは初めて。

    尼崎市こども家庭支援課の担当者によると、男性は22日昼前に窓口を訪れた。
    妻の母国・タイにある修道院と孤児院の子どもと養子縁組をしていると説明し、タイ政府が発行したという証明書を持参した。

    証明書は十数ページに及び、子どもの名前や出生地、生年月日などが1人につき1行ずつ書かれていた。
    担当者が「養子はどの子ですか」と聞くと「全員です」と答え、男女で計554人と説明したという。

    男性には実子が1人いる。
    子ども手当は月額1人につき1万3000円(10年度)で、計555人分が認められれば、年間8658万円の手当が支給されるが、厚労省子ども手当管理室は「支給はあり得ない」と言う。

    今回のようなケースについては、国会審議で野党から問題点として指摘されていた。

    手当の支給要件は

    (1)親など養育者が日本国内に居住している
    (2)子どもを保護・監督し、生活費などを賄っている

    の2点だけ。

    母国に子どもを残してきた外国人にも支給されるうえ、人数制限もなく、機械的な線引きが難しいためだ。

    こうした盲点を突かれ、ネット上では「100人を養子縁組しても手当はもらえる」といった書き込みや批判が絶えない。

    同省は今月6日、ホームページに「50人の孤児と養子縁組をした外国人には支給しない」と記したものの、根拠は「社会通念」とあいまいだ。

    何人以上なら不支給という明確な基準はなく、同様の申請が各地で続発しかねない状況となっている。

    尼崎市の男性は、子どもへの送金証明や面会を裏付けるパスポートのコピーなど外国人に求められる書類をそろえており、事前に調べてきた様子がうかがえた。市の担当者は「可能ならもらおうという意欲を感じた」と話している。

    ~~~~~~~~~~~~~

    正直、なにをいまさらという感想と、天下の毎日新聞ともあろう大新聞社が、この問題について、「この程度の反応?」という感想、加えてミンス・マンセーの毎日新聞にしては、いまさらながら、よく取り上げたものだ、というのが正直な思いです。

    要するに子ども手当に「国籍条件がない」というのが、この問題の最大の焦点であり、仮に国籍条件をつけたとしても、他の法案によって簡単に日本国籍がとれるのでは、この問題は解決できないこと、さらには、日本の未来を担う子どもを育成するのにあたり、そもそも子ども手当なるものが必要なのかという本質的な問題、さらには国家予算に多大な負担をかけるこの「手当」の財源の問題等々、子ども手当は、まさに「問題山積み」法であると断じざるを得ない。

    そして最も怖いのは、衆院300議席中、90議席が在日朝鮮人であるといわれる売国政権のもとで開始された子ども手当が実際に支給開始となり、本件問題のように、年間8658万円とChineseやKoreanなどのように、捏造史観をもって、そもそも日本人=悪と決め付けて育った連中が、大挙して日本にやってきて、子ども手当の支給を受けるようになったときのことです。

    子ども手当は、まずは本件記事に記載されているような問題からスタートされることになるでしょう。
    そして行政が、これら明らかな不当請求に対しこれを拒否したとき、2つの可能性が考えられる。

    ひとつは、不当請求者たちが請求訴訟を起こすこと。
    法律で定まった条件に適合するのに、支給されないとなると、裁判が「法に基づいて」行われるものである以上、行政側が明らかに敗訴になります。

    仮に、年間8000万円の支給を受けようとする外国人が、仮に全国で10万人現れたら、国は不正請求の外国人に対する支給分だけで、年間8兆円の国家予算の支出を余儀なくされます。

    しかし、個々の支給請求が適法なものであれば、国はこれを支給しなければならず、それによって予算執行が不能になり、国が債務超過に陥って国家破産を余儀なくされたとしても、そのことは裁判には関係がないのです。
    裁判所は、法に基づいて裁くだけであり、その法律が不適法ないし不条理であるとするならば、その変更は、すべて立法府である国会の採決に委ねられるからです。

    もうひとつの可能性は、議員の3分の1が在日外国人というおかしな政党が中心となって、日本破壊を狙う特ア国と結託し、あえて日本が国家破産の道を進むように舵を切る、というケースです。

    この場合、地方レベルで子ども手当支給に疑義がはさまれても、国は国家滅亡のための道を一直線に進む。

    メリットはあるのです。

    日本は世界最大の債権国です。
    日本がつぶれれば、諸外国の借金は、うまくすればチャラになる。

    それだけでなく、Chinaは、日本を併呑することで、東シナ海の海底資源を、まるごと接取できる。

    日本がなくなったとき、もとから日本にいる日本人が、いまと同様の普通の暮らしができると思ったら大間違いです。

    若い女性が深夜にひとりで安心して夜道を歩けるような国は、世界広しといえども日本しかない。年寄りが財布に何万円も入れて、買い物に行っても、滅多に襲われることがないような国も日本だけです。
    満員電車に安心して乗れるのも日本だけ。
    歩行者が道路を横断しようとするときに、車がちゃんと停まってくれるのも日本だけです。

    世界は、カネか武器を持てば、ありとあらゆる不条理がまかりとおるというのが世界です。

    子ども手当は、子供に安心して暮らせる未来を約束するものではない。
    子供たちの未来の生活を根底から破壊する法律であることを日本人は知るべきです。


    そしてさらなる問題は、いまの売国政権が倒れてちゃんとした政権が誕生し、この子ども手当を廃止することになったときです。

    それまで不正受給を受けていた在日外国人たちは、それこそ大騒ぎをする。
    Chineseたちが騒ぎだすとき、どういうことが起きるか。
    長野五輪どころの話ではないです。

    都内に1万人以上の外国人が集い、奇声をあげ、大騒ぎをする。
    チリの大地震で、暴動が起きている様子は、メディアでさんざん報道されていますが、ああいう調子で日本国内で在日外国人たちがあばれたらどうなるか。

    実例はあるのです。

    関東大震災のとき、約14万人の人が死にました。
    しかし、自身による直接の被害で亡くなられた方は、1万人以下であるとすらいわれています。
    残りの13万人はなぜ死んだか。
    震災の混乱に乗じて、特定国の在日外国人たちが町中に火を付けてまわり、商店や銀行を襲って略奪の限りを尽くした。

    関東大震災991

    関東大震災992


    ≪参考≫関東大震災の記録
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-742.html

    これが現実なのです。
    自分さえよければ、日本人の命など蚊ほどにも思わない人たちが、この世には存在する。
    現に、大東亜戦争が終わったとき、大陸から復員する人々が、KoreaやChinaでどのような目に遭ったか。

    ≪参考≫通化事件に学ぶ国を失うことの過酷
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-758.html

    これは過ぎた昔の話ではありません。
    いまでも、ウイグルやチベットで、同様の略奪や暴行が平然と行われている。
    これが「現実」なのです。

    ついでにいうと、Chinaに汚染された国がどうなるか。

    地元人には就労の機会さえなく、たとえあっても建設現場労働であり、その多くは粗末な食べ物が支給されるだけで無給。

    女性は「民族浄化」と称して、日常的に拉致され、漢民族の子を妊娠させられる。(要するに日常的恒常的に強姦される)。
    そして「計画生育」の名の下に、数百万人の胎児が強制中絶させられる。

    これは何世紀も昔の話などではなく、いま、現実にウイグル地区で起こっている現実です

    ≪参考≫「日本は唯一の被爆国」に隠された嘘
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-456.html

    子ども手当の恐怖に気がついた人
     ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    【子ども手当】日本人逆差別、密かに進められる移民促進政策[桜H22/3/15]

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク