• 通化事件ー国を失うことの悲劇


    人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

    通化市
    通化市


    昨日の記事で、満州北部に駐屯していた石頭予備士官候補生たちが、老人や女子供を避難させるため、ソ連の侵攻に対して、ランドセルにダイナマイトを詰めて肉弾特攻をしながら、死んで行ったという過酷のお話しを書かせていただきました。

    終戦も押し迫った昭和20年8月、ソ連の150万の大軍団が、満州国国境を越えて攻め込んできたのです。

    石頭予備士官学校があった東京(とんきん)方面に向けられたソ連軍は、航空部隊や戦車部隊を含めて約50万。
    メレンコフ元帥が直接率いたこのソ連部隊は、歩兵4師団、十二個狙撃師団、戦車二個師団、十五個国境守備隊、大隊砲3500門、ロケット砲430門、戦車約1000両、他に空挺部隊を保有する、ソ連の最強軍団だった。

    これを迎え撃った石頭予備士官候補生たちは、わずか3600名です。
    歩兵銃も乏しい、火力としては数少ない重機関銃があるくらい。しかも弾は乏しい。

    そんな状態で、彼らは圧倒的兵力を持つソ連軍に立ち向かいました。

    会戦地に向かう予備士官候補生たちは、途中でトラックの荷台に詰め込めれるだけ詰め込まれた満州北部の在留邦人の避難民たちとすれ違います。
    ほとんどが女子供だった。

    彼女たちは、トラックの荷台の上から、
    「お願いしま~す」
    「頑張ってくださ~い」と、悲痛な声で叫んだ。
    そして祈るようなまなざしを向けた。

    今日のお話しは、そんな婦女子たち避難民が、その後どうなったか、という物語です。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 昭和20年8月、ソ連侵攻


    人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

    ソ連国境付近での戦い


    昔、Chinaや満州に駐屯していた関東軍というのは、東京や埼玉、千葉の関東地方とはなんの関係もない名称です。
    日本がChinaから租借した遼東半島のあたりが、その昔、Chinaで関東州と呼ばれていたことから、この地方の守備隊として関東軍の名前がついた。

    その関東軍の指揮下で、満州の北端、牡丹江省に、「石頭予備士官学校」という士官学校がありました。
    生徒数3600名、教官は半数が尉官か見習い士官という陸軍の学校です。

    昭和20(1945)年8月9日未明のことです。
    突然、一方的に日ソ不可侵条約を破ったソ連軍が、満洲地方になだれ込んだ。

    その日、石頭予備士官学校では、早朝からけたたましく非常呼集のラッパが鳴り響きました。
    校庭に全員整列します。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • みなさまへ


    毎日更新をしてきたねずブロですが、健康上の理由で、しばらくのあいだ、週2~3本程度での不定期更新とさせていただきます。

    楽しみにしてくださっているみなさまには大変申し訳ないのですが、しばらくの間、ご容赦をお願いします。
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 昭和天皇行幸


    人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

    昭和天皇行幸


    お腹を空かせた者がいたら、パンを与えても、それでは一時しのぎにしかならない。
    だから、お腹を空かせた者がいたら、パンを得る方法を諭すのがより良いことだという話を聞いたことがあります。
    けれど日本には、それ以外の第三の道があります。

    昭和20年8月の終戦後のことです。
    日本は未曾有の食料危機となりました。
    物価も高騰しました。

    食料の配給制度は人々の生活を賄うに足りませんでした。
    不衛生で暴力が支配する闇市があちこちに立ち並びました。
    それまで、東亜の平和を願い皇国不滅を信じていた人々は、
    価値観を根底から否定され、
    いかに生きるべきか、
    どう生きるべきかという規範さえも失い、
    呆然とし頽廃と恐怖と飢えが人々を支配していました。

    その日本人が、ある事件をきっかけに、
    国土復旧のために元気になって立ち上がりました。
    きっかけとなったのが、
    「昭和天皇の全国行幸」です。

    そこで昭和24年5月に行われた佐賀県行幸のときのお話しを書いてみたいと思います。
    きっと感動されると思います。
    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 8月20日をすぎたら思い出していただきたいこと


    8月20日をすぎたら、是非、みなさんに思い出していただきたいことがあるのです。
    それは、終戦直後に起こった「小町園」という料亭の悲劇です。

    この事件は、日本国内、それも東京のいまの東京・品川の大森海岸駅前で実際に起こった出来事です。
    文章は、昭和20年代に、ある女性が書いた手記です。

    原文には、書いた人の記名がありますが、ここでは割愛します。
    あまりにかわいそうで悲惨だからです。

    原文は、文語体でしたが、読みやすくなるように、現代文に編集しました。
    以下に引用します。

    ~~~~~~~~~~~
    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 西村眞悟先生のブログ「眞悟の時事通信」より


    人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

    西村眞悟先生0818


    西村眞悟先生のブログ、「眞悟の時事通信」の8月18日の記事に、「戦争美化という風評、と、英霊への敬意」という一文が掲載されています。
    http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=662

    ボクは、この文を読んで、涙が出てきました。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 帝都不祥事件に関する訓話


    人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

    阿南惟幾大将の遺書
    阿南惟幾大将の遺書


    昨日、阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大将を記事でご紹介しましたが、その阿南大将は226事件のとき、陸軍幼年学校校長として、「帝都不祥事件に関する訓話」を遺されています。
    帝都不祥事件とは、226事件のことです。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク