• 対馬丸事件


    ■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
    http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

     本題に入る前に、ひとつ述べさせていただきます。
    是非、yahooニュースの以下の意識調査に票を投じてください。
    「はだしのゲン」の閲覧制限は妥当?
    http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/9851/result

     昨日、Facebookの方には書かせていただいたのですが、松江市教委が「はだしのゲン」を「描写過激」として閲覧制限したのは、公式には「旧日本軍がアジアの人々の首を切り落としたり、銃剣術の的にしたりする場面。子どもたちが自由に見られる状態で図書館に置くのは不適切として、昨年12月の校長会で全巻を書庫などに納める閉架図書にするよう指示した」とされています。
    http://www.asahi.com/national/update/0816/OSK201308160095.html
     ところが実際の描写は、そんな生易しいものにとどまりません。
    日本の兵隊さんが女性を強姦した挙げ句、性器に棒を突っ込んで殺害したなどの描写も出てきます。
    はだしのゲン
    (画像はクリックすると大きくなります)

     松江教委は、教育委員会だから子供たちへの配慮でそういう描写があるということまでストレートに言えない。言えないことをいいことに「どこが過激なんだ」と居直る。最低です。これが売国左翼の振る舞いと思うと、怒りに震えます。
     いくらなんでもまだ思春期さえも迎えていない子供にそんなものを見せるなんて、常識ある大人がすることじゃないです。平和教育や思想以前の問題です。日本人の見識が疑われます。
    投票、ご協力をお願いします。
     
    ※ちなみに女性を殺害後、性器に棒などを突っ込んで辱めるという文化は、日本にはまったくありません。ところが支那朝鮮では古来からある殺し方です。この描写は、日本兵がやったというのではなく、支那人等の持つ悪辣な文化を日本に投影したものにすぎません。



    さて、ここからが今日のテーマです。

    疎開船「対馬丸」
    疎開船「対馬丸」


    8月22日は、昭和19(1944)年に、沖縄からの疎開船「対馬丸」が、悪石島付近で米潜水艦の魚雷攻撃を受けて学童700名を含む1500名が海没した日です。

    沖縄に「対馬丸記念館」という施設があります。
    ホームページは、以下の通りです。
    http://www.tsushimamaru.or.jp/index.html
    この対馬丸記念館で、ある女性が実際に体験されたお話です。

    彼女が一人で見学していたときのことです。
    館の関係者らしき初老男性ガイドが、5~6人ほどの男性客を案内しながら入ってきました。
    展示パネルを指さしながら対馬丸の悲劇を説明していました。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク