• カレーライス


    ■第三期日本史検定講座申込受付中
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2003.html

    ■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
    http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    カレーライス


    先日のことですが、どうにも体調不良というか、元気が出なくて集中力もなくて、熱があるわけでもないのに、おかしいなあと思いつつ、晩ご飯にカレーを食べたら、いきなり元気モリモリになりました(笑)。
    いろいろなスパイスの入ったカレーは、いってみれば漢方薬膳食みたいなもので、きっとカラダに良いのでしょうね。

    そのカレーですが、もともと生まれたのはインドのタミール地方です。
    ちなみにタミールというのは、スリランカ島の対岸あたりの地域で、稲の発祥の地ともいわれています。
    前にも書きましたが、古代タミール語と、日本語には、なぜか共通する単語が多く、たとえば稲は、ine です。 姉は ane 、兄は ani 、話すは fanasu などなどです。

    おもしろいのがお祓(はら)いをする「祓(はら)う」で、これが「par-avu」、さらに「ya」が太陽で、「moto」が本、なので、「ya-moto」が、太陽の昇る東の方角のもととなり、これを漢字で書くと「日本」、そして読みが「yamato」、なにかつながりがあるのかもしれません。

    そのタミール地方で使われていたソースが「kari」で、そのタミール地方を含む全域を英国が支配して英語の「curry」ができました。

    日本に最初にこの「curry」を紹介したのが福沢諭吉で、諭吉は安政7(1860)年に「増訂華英通語」という英和辞典を出しているのですが、この辞書の「curry」に、「コルリ」とカタカナが付されています。
    その「コルリ」を実際に食べて評釈を最初に残したのが文久3(1863)年に幕府の遣欧使節団のひとりだった三宅秀(みやけひいず)です。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 征韓論


    ■第三期日本史検定講座申込受付中
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2003.html

    ■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
    http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


    昨日の記事でお知らせしました、名古屋の「捏造!慰安婦展」ですが、妨害工作があったようです。展示会は今日から開催ですが、お時間のある方は、是非、応援にかけつけてください。
    【妨害の模様】
    http://www.hoshusokuhou.com/archives/32546891.html
    【慰安婦展 in 名古屋】
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2024.html

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    フランスのニュース紙に掲載された西郷隆盛1877年


    すこし日にちはさかのぼりますが、9月24日は、西郷隆盛が自刃し、西南の役終わった日です。
    明治10(1877)年のことです。

    西南の役(西南戦争)といえば、西郷隆盛を盟主として「征韓論」をめぐって不平士族が反乱を起こした明治初期の戦いとされています。
    いまどきの多くの人が「征韓論」を「朝鮮を征伐にいく論」と受け止めています。
    けれどそれは間違いです。
    なぜならそれはあくまで現代語的解釈でしかないからです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 捏造! 従軍慰安婦展 in 名古屋


    ■第三期日本史検定講座申込受付中
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2003.html

    ■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
    http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    20130925名古屋慰安婦展


    28日、29日と、名古屋で「捏造! 従軍慰安婦展」が開催されます。

    先日、米カリフォルニア州グレンデール市に慰安婦像が設置されるという大変屈辱的な出来事が起こりました。
    「従軍慰安婦は追軍売春婦だった、捏造である」史料が多いにもかかわらずです。
    韓国系市民団体は潤沢なロビー活動費に恵まれ、今後も世界各地で同様の愚行を繰り返すことでしょう。
    政府は「遺憾の意」を発表するだけ、教育現場では自虐史観刷り込み。
    負の連鎖を断ち切らなければ、100回言われた嘘が真実になってしまいます。

    本展示会は、「従軍慰安婦は追軍売春婦だった、捏造である」史料をパネル形式で
    一人でも多くの方に見ていただくことを目的としております。
    初めての方もそうでない方も、ぜひ気軽にお立ち寄りください。
    この展示会をご友人ご家族にもご紹介いただければ尚、幸いです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日清戦争と日本


    ■第三期日本史検定講座申込受付中
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2003.html

    ■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
    http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    日清戦争平壌攻撃戦
    日清戦争平壌攻撃戦


    先日伊東祐亨(いとうゆうこう)のことを書いたので、日清戦争(明治27(1894)年8月~明治28(1895)年3月)のお話を、また書いてみようと思います。

    日清戦争が起きた時代というのは、我が国では、大日本帝国憲法が発布(明治22、以下同じ)され、東海道本線が全線開通し、パリで万博が開催され、そのパリではエッフェル塔が建設されて、日本ではいまはファミコンシリーズで名を馳せている任天堂が創業され、翌、明治23年には教育勅語が発布、前年の明治26年には御木本幸吉が真珠の養殖に成功した、そんな時代です。
    要するに、我が国は明治の開花以降、急速に近代化が進み、欧米列強と肩を並べる実力を身に付けつつあった時代でもあったわけです。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 誰が戸籍変えた?


    ■第三期日本史検定講座申込受付中
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2003.html

    ■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
    http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    誰が戸籍変えた?


    最近、一部の左翼系議員や論壇などから、戸籍不要論などというとんでもない声が聞こえてきます。
    何をもって廃止と言いたいのか、まったく理解不能ですが、そんな矢先、9月19日に以下のような報道がなされました。

    ========
    【誰が戸籍変えた…7人と縁組され、名字変更5回】
    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130919-OYT1T01000.htm

    知らない間に、面識がない7人と養子・養親の縁組を繰り返したように戸籍が変更されていたとして、東京都内の建設業の男性(57)が、縁組の無効確認を求めて東京家裁に提訴し、19日に第1回口頭弁論が開かれる。
    相手方7人のうち1人は死亡、4人の連絡先は不明で経緯も分からない。男性は戸籍謄本を他人に渡した覚えがなく、「気味が悪い。早く本当の戸籍を取り戻したい」と話している。
    訴状などによると、男性は戸籍上、2001年7月に北区の男性(69)と初めて養子縁組したことになっていた。その後、05年までの4年間に、都内と千葉県の男女4人の養子となる一方、都内と栃木県の2人の男性の養父にもなる縁組がなされていた。これに伴い、名字も5回変更されていた。
    男性が各自治体に提出された縁組の届け出を確認したところ、書類の筆跡は7枚とも異なり、どれも明らかに男性と食い違っていた。第三者が男性と偽って勝手に届け出たと見られる。
    (2013年9月19日19時20分 読売新聞)
    ========


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 殺人事件報道に思う


    ■第三期日本史検定講座申込受付中
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2003.html

    ■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
    http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。


    京都亀岡市女性殺人事件-1


    最近、若い女性を狙った殺人事件が頻発しています。
    三重県四日市で女子中学生が殺害されたと思ったら、こんどは京都府亀岡で眼鏡店店員の女性が殺害されました。
    テレビの報道番組などでは、そうした事件が起こると、事件の模様や詳細について、何かと報道してくれはするのですが、ひとつ納得できないことがあります。

    報道ですから、事件の詳細について知り得た限りの報道をする。
    それはそれでありがたいのですが、一般の我々にとって大事なのは、自分の子や孫などが被害に遭わないように、いかに自衛手段を図るかではないかと思うのです。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 神話から学ぶこと


    ■第三期日本史検定講座申込受付中
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2003.html

    ■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
    http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。


    天の川
    天の川


    中秋の名月も去り、お月様がまたすこしずつ細くなってきます。
    そんな月を見上げながら、ああ、ダイエットできててうらやましいなあ、などと不埒なことを思ったりしている今日この頃ですが、さて、お月様が細くなって来ると、夜空を綺麗に彩るのが天(あま)の川です。

    天の川というのは、実は銀河系そのものが地球から見えている姿なのですが、昔の人は、夜空に浮かぶこの銀河を、川にたとえて、天の川と呼んだわけです。

    織り姫星と、彦星(ひこぼし)が、毎年7月7日に天の川を渡って逢瀬を楽しむというお話は有名ですが、この伝説は、実は東南アジア全域に広く普及しているお話なのだそうです。
    西洋では天の川は「Milky Way」で、乳からミルクがほとばしっている姿に例えられていますが、一方、孫悟空の登場する西遊記では、この天の川の管理人が猪八戒とされています。
    いずれも川や液体に例えられているのが天の川というわけです。

    おもしろいことに、日本神話は、この天の川のことを、「天の浮橋(あめのうきはし)」と呼んでいるようです。
    つまり、天の川を「川」ではなく、天空にかかる「橋」としているわけです。
    これは実におもしろいことです。
    たしかにそう言われてみれば、天の川は、天空の川や、乳のほとばしりなどというよりも、天空に架かる大橋だと見立てた方が、かなりリアリティがあります。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク