• 【緊急大拡散】「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める国民運動(署名活動)と、3/3緊急開催の「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める国民集会について


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    中山成彬先生から、特別緊急大拡散のお願いです。
    お願い事項は2つあります。

    1「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名のお願い
    2「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める国民集会の開催


    ────────────
    1「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名のお願い
    ────────────

    韓国政府は諸外国で、事実に基づかない「慰安婦問題」の告げ口外交を展開しています。
    そのため米国内で「慰安婦像」が設置されるなど、我が国の名誉が著しく貶められています。

    この問題は、国際的には、強制連行を認めたような平成5年8月の「河野官房長官談話」に根本的な原因があります。
    この「河野官房長官談話」の根拠となった聴き取り調査対象の慰安婦と称する16名の女性は、氏名や生年すら不正確であり、その裏付け調査もされず、談話そのものが韓国の言い分を取り入れたものであったことは、平成26年2月20日)の衆議院予算委員会における山田宏議員の質疑で明らかになりました。

    ここまで「慰安婦問題」が世界的な問題となったのは、これまでの日本政府の事なかれ外交の責任です。
    そこで、「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを政府に求める国民運動(署名活動)を行います。
    よろしくご支援賜りますようお願い申し上げます。

    何事にも「攻め時」があります。
    是非、みなさまのご協力をお願いします。


    ◆署名用PDF
    http://nakayamanariaki.com/pdf/20140220.pdf</u> ↑<u>このURLをクリック</u>">http://nakayamanariaki.com/pdf/20140220.pdf
     ↑
    このURLをクリックすると、署名の依頼用紙のPDFが開きますので、これを印刷してご利用下さい。

    〇ご注意
    (1) この署名用紙は、お手数ですが、下記までご郵送いただくかFAXでご送付ください。
     署名は何名でも結構です。
     用紙が足りない時は、本用紙をコピーしてお使いください。

    (2) 締め切り 3月末日までに必着
    (3) 送付先
     ◯日本維新の会国会議員団本部
      〒107-0052
      東京都港区赤坂1-11-28
        常和赤坂一丁目ビル内
      FAX 03-3508-5229
     ◯中山成彬事務所
      〒100-8982
      東京都千代田区永田町2-1-2
        衆議院第二議員会館908号
      FAX 03−3508−3830

    ────────────
    2「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める国民集会の開催の件
    ────────────
    「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める国民大集会を開催します。
    是非署名を持ってご参集下さいますようお願いいたします。 
    当日、大結集を実現しましょう!!

    1 日時 平成26年3月3日(月)
         18:00~19:50
         受付17:00~
    2 場所 憲政記念館講堂
         千代田区永田町1-1-1

    当日は、私も少し早めに会場に行きます。
    登壇者等詳細は追ってご案内します。


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 玉井浅一さん


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    玉井浅一さん
    玉井浅一


    玉井浅一さんは、最初の特攻隊、敷島隊に出撃を命じたマニラ基地の副長さんです。
    明治35(1902)年、愛媛県松山市のお生まれで、愛媛県の松山中学(現:愛媛県立松山東高等学校)の卒業生です。
    松山東高は、甲子園でも有名ですが、愛媛県屈指の難関校でもあります。
    夏目漱石の「坊っちゃん」の舞台となった学校です。

    昭和19(1044)年10月17日のことです。
    マニラの海軍飛行隊基地に大西瀧治郎中将が着任しました。
    基地の司令は、山本栄司令です。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 百人一首(13〜15番歌)


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    筑波山
    筑波山0215


    百人一首の順番は、巷間言われるような、ただ古い順というのではなくて、和歌を理解するために必要な知識が、順を追って解釈していくと、自然と身に付くような構成になっています。
    とりわけ百人一首には、天皇の御製が、1、2、13、15、68、77番歌と6首出てきますが、いわばこれが百人一首の「章建て」の節目となっています。

    つまり、1番歌の天智天皇、2番歌の持統天皇にはじまる12番までの歌は、いわば「第一章、和歌の技術と可能性」とでも題するもので、それぞれに深い意味をもった歌と、それを読み解く楽しさを楽しく学べる名歌が並んでいます。

    次の13番歌と、14番歌は、いわば第二章で、技術や可能性ではなくて、もっと純粋に、和歌そのものをたのしめる、そんな歌になっています。

    さて、ではさっそく次の第二章、13番の陽成天皇の御製から観てまいりたいと思います。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 大国主神話とシラス国


    ■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
    ■大好評発売中!
    ↓ご注文は書店さんで↓
    ■書 名:ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!
    ■ISBN-13: 978-4434184727

    ■著 者:小名木善行、出版社:彩雲出版

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    大国主神話0218


    「シラス国」と「ウシハク」国について、以前の記事で書かせていただきました。
    そこで今日は、大国主神話を経由して、このことの意味を考えてみたいと思います。

    大国主神話は、因幡の白ウサギの物語から、大国主が偉大な王となるまで、そして国譲りを行うまでと、古事記の中でも、かなりのページ数が割かれて、詳述されているお話です。

    大国主神話は、大国主が治めていた国を譲った物語です。
    けれど当時国と称したのは、大国主の治める出雲ばかりではありません。
    大国主が治めた国は、当時の数ある諸国のなかのひとつであって、日本全体を大国主が統治していたわけではないのです。
    にもかかわらず、大国主だけが、かなりのページを割かれて、その生い立ちから国を治める大王となるまでの経緯がことさら詳細に描かれています。
    何故でしょうか。
    なぜ諸王の中で、大国主だけが特別に、多数のページを割いて描かれたのでしょうか。
    なぜ大国主を祀る出雲大社が、天皇家を祀る伊勢神宮よりも、大きな社(やしろ)として造営されたのでしょうか。

    実はそこにこそ、後世のわたしたちが学ばなければならない、大きなメッセージが込められているのではないでしょうか。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 文明の衝突


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    鹿鳴館の舞踏会
    鹿鳴館の舞踏会


    ある米国黒人が言ったそうです。
    「俺たちの祖先は人じゃない。奴隷だ」

    この言葉には、たいへん大きな意味があります。
    「人ではなかった」というのです。

    アメリカには二種類の被征服民が存在します。
    ひとつは、みなさまご存知の通り、黒人たちです。
    彼らは、奴隷となることで、人種を保持し、つなげました。
    ただし、現在米国にいる黒人の方々は、肌の色が黒くても、ほぼ100%白人との混血種です。

    もうひとつは、アメリカインデアンたちです。
    アメリカインデアンたちは、白人の奴隷となることを断固拒否しました。
    そして戦いました。
    その結果、彼らは、死滅させられました。
    彼らは、もともと北米大陸に800万人の人口があったと伝えられています。
    けれどいま、北米大陸に現存するインデアン種は、たったの35万人です。
    そして全員、白人との混血種です。

    文明の衝突という言葉があります。
    平成8年(1996)に出版された、米国の政治学者サミュエル・ハンチィントンの著書のタイトルで有名になった言葉ですが、この本の衝撃は、あまりに強いものでした。
    それは、異なる二つの文明が衝突したとき、それは「どちらか一方が消滅するまで戦いが続く」ことを意味するものだったからです。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 世界は国家でできている


    ■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
    ■大好評発売中!
    ↓ご注文は書店さんで↓
    ■書 名:ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!
    ■ISBN-13: 978-4434184727

    ■著 者:小名木善行、出版社:彩雲出版

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    世界地図0216


    齋藤武夫先生は、長い間小学校の教員をされ、最後の2年は中学校でも歴史を教えておいでだった先生です。
    現在も定年後の再就職で教えています。
    その斎藤先生が、ご自身のブログ「小6・中学社会 学校でまなびたい歴史」を書いておられます。
    今日は、そのブログから一文を引用させていただきます。

    =========
    http://aokihumu.blog69.fc2.com

    さて、世界は国家でできているという話から始めました。

    国家と国家のトラブルが起きる。
     ↓
    A 交渉(話し合い)で解決する。
     ↓
    B 戦争(武力)で解決する。勝ったほうが有利に解決して、講和条約が結ばれ、トラブルは終わる。

    となります。ほかに方法はありません。

    例を挙げます。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 防衛予算を拡大せよ


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    戦争画0211


    古事記の前段を、おもいきって要約すると、はじめに天の神様がおわし、イザナキ、イザナミの男女二神がお生まれになり、その二神から日本の国土と日本の神々が生まれ、その神々の直系の御子孫として神武天皇がお生まれになり、私たちの国を開かれた、となっています。

    その古事記の物語のはじめの方に、アマテラスオオミカミと、スサノオのやりとりの場面があります。
    スサノオは、はじめ海の神を任せられるのですが、母親が恋しいと泣いてばかりいて仕事をせず、ある日突然、黄泉の国に行きたいと思い立って仕事を放り出し、高天原におわす姉のアマテラスオオミカミ様のところに会いに出かけて行くのです。

    そのときの様子は、のっしのっしと、まるで地震の大ナマズが暴れているような具合で、山や川が大荒れの嵐になり、国中が揺れ動きました。

    その様子に驚いたアマテラスオオミカミは、てっきり弟のスサノオが攻めて来たと思い、髪を解いてみづらに束ね、左右のみづらにも鬘(かずら)にも、左右の手にも、それぞれ八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)の五百箇の御統の珠(みすまるのたま)を巻きつけ、背には千本の矢の入った靫(ゆき)を背負い、脇腹には五百本の矢の入った靫を着け、また肘(ひじ)には勇ましい高鞆(たかとも)を取り着け、弓の腹を振り立てて、力強く大庭を踏み、淡雪のように土を蹴散らかして、勢い良く叫びの声をあげて待った、とあります。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク