• 台湾二二八事件


    「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
    「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める国民集会の開催

    日本史検定講座第四期生募集中

    明日3月1日と2日は、風邪のため体調不良のために、ブログ更新をお休みします。

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    台湾二二八事件
    台湾228事件-1


    2月28日は、台湾二二八事件が起こった日です。
    昭和22(1947)年のことです。

    事件後、台湾に進駐していた国民党軍は、その後約40年間にわたって、台湾を「戒厳令」下におきました。
    「戒厳令」というのは、国家緊急権としてすべての法の執行を停止し、行政司法立法権のすべてを、軍の掌握下に置くというものです。

    戦前の台湾は、日本でした。
    教育も政治体制も、すべてが日本本土と同じ体制でした。
    当時の台湾の人々は、日本人そのものであったし、実際、自分たちは日本人と思っていました。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める国民運動(再掲)


    「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
    「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める国民集会の開催

    日本史検定講座第四期生募集中

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    2月21日に、【緊急大拡散】「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める国民運動(署名活動)についてのご案内をいたしましたが、これを再掲します。
    是非、みなさまのご協力をお願い申し上げます。

    ========
    「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める国民運動(署名活動)について
    http://nakayamanariaki.com/modules/news/index.php?page=article&storyid=10</u>">http://nakayamanariaki.com/modules/news/index.php?page=article&storyid=10

    現在、韓国政府は諸外国で事実に基づかない「慰安婦問題」の告げ口外交を展開しており、そのため、米国内では「慰安婦像」が設置されるなど、我が国の名誉を著しく貶めています。

    この問題は、国際的には、強制連行を認めたような平成5年8月の「河野官房長官談話」に根本的な原因があります。
    この談話の根拠となった、聴き取り調査の対象となった慰安婦と称する16名の女性は、氏名や生年すら不正確であり、その裏付け調査もされず、談話そのものが韓国の言い分を取り入れたものであったことは、本日(平成26年2月20日)の衆議院予算委員会における山田宏議員の質疑で明らかになりました。
    ここまで「慰安婦問題」が世界的な問題となったのは、これまでの日本政府の事なかれ外交の責任であります。

    そこで、「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを政府に求める国民運動(署名活動)を始めることとしました。
    よろしくご支援賜りますようお願い申し上げます。

    日本維新の会 中山成彬
    =======

    署名用紙(PDF)のダウンロードはこちら
    http://nakayamanariaki.com/pdf/20140220.pdf</u>">http://nakayamanariaki.com/pdf/20140220.pdf


    〇ご注意
    (1) この署名用紙は、お手数ですが、下記までご郵送いただくかFAXでご送付ください。
     署名は何名でも結構です。
     用紙が足りない時は、本用紙をコピーしてお使いください。

    (2) 締め切り 3月末日までに必着
    (3) 送付先
     ◯日本維新の会国会議員団本部
      〒107-0052
      東京都港区赤坂1-11-28
        常和赤坂一丁目ビル内
      FAX 03-3508-5229
     ◯中山成彬事務所
      〒100-8982
      東京都千代田区永田町2-1-2
        衆議院第二議員会館908号
      FAX 03−3508−3830

    ────────────
    2「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める国民集会の開催の件
    ────────────
    「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める国民大集会を開催します。
    是非署名を持ってご参集下さいますようお願いいたします。 
    当日、大結集を実現しましょう!!

    1 日時 平成26年3月3日(月)
         18:00~19:50
         受付17:00~
    2 場所 憲政記念館講堂
         千代田区永田町1-1-1

    当日は、私も少し早めに会場に行きます。

    Facebookをご利用の方は、Facebook上にイベントページがあります。
    https://www.facebook.com/events/487732968005774/?ref_dashboard_filter=upcoming

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。



    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 歌会始のお話


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    水俣病慰霊の碑に供花される天皇・皇后両陛下
    水俣病慰霊の碑に供花される天皇・皇后両陛下


    このところ、百人一首の解説をポツポツかいているのですが、今日は、ちょっと脱線して、「歌会始(うたかいはじめ)」のことを書いてみたいと思います。

    「歌会始」は、鎌倉時代中期の亀山天皇の文永4年(1267)1月15日にその記録があり、以来800年、ほぼ毎年行われている宮中行事です。

    明治7年(1874)には、一般の国民の和歌も詠進(えいしん)が許されるようになり、貴賎を問わない庶民参加の歌会始となって、現在に至っています。
    こうした皇室の文化行事が、一般の国民参加で催されるというのは、世界に類例のないことです。

    和歌は、日本のあらゆる伝統文化の中心をなすものといわれています。
    なぜなら和歌は、31文字という短い言葉のなかに、万感を込めるものだからです。

    和歌は、表面上の字面にあらわれたもの自体が、ひとつのメッセージとなることもありますが、多くの場合、その文字に書かれていないところに、その歌の持つ真意があります。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 世界に向けて責任ある発言と情報発信のできる国つくりを


    ■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
    ■大好評発売中!
    ↓ご注文は書店さんで↓
    ■書 名:ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!
    ■ISBN-13: 978-4434184727

    ■著 者:小名木善行、出版社:彩雲出版

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    日本0220


    殺されて吊るされた屍体を見て、「おいしそうだ」と感じる感性(かんせい)は、わたしたち日本人にはありません。
    ところが、お隣の支那人にとって遺体は、牛や豚の肉と同じ単に食べ物として認知されます。

    いきなりショッキングな話ですみません。
    不愉快に感じられる方もおいでかと思います。
    けれど、それは事実です。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 万世橋と軍神広瀬武夫中佐


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    震災前の中央線万世橋駅
    万世橋駅


    いま、東京駅からJR中央線に乗ると、停車駅は、東京→神田→お茶ノ水→四谷→新宿です。
    ところが実は昭和の初めごろまで、神田駅とお茶ノ水駅との間には、「国鉄・万世橋駅」という駅がありました。

    もともと江戸時代には、神田界隈は武家屋敷街です。
    それが明治にはいり、あたりに洋服生地を扱う問屋街が形成されました。

    昔は服地は、各地の小売店さんの店子さんたちや、行商の小売りの商人さんたちが、問屋街に買付にきました。
    買い付けて仕入れた着物は、昔は宅配のトラックなんてありませんから、店子さんたちが背負子(しょいこ)でおぶったのです。

    その背負子(しょいこ)のことを、連雀(れんじゃく)といいます。
    木でできた箱などに、肩に当たる部分を広く編んで作った縄や布でショルダーベルトと肩パットにして、背中におぶって運んだわけです。

    背負子
    (手前の人の背負っているのが連雀です)


    いまでも、古い城下町などには、連雀町とか連尺町とかいう町名が残っていたりしますが、そこにはかつて、問屋街があり、そこには背負子(しょいこ)を背負った行商人さんたちなどが、軒を連ねる問屋さんに次々と飛び込んで、商品を仕入れ、それを背負子に入れて背負い、また次のお店へと移っていったりしていたわけです。

    その様子が、まるでスズメが、ぴょんぴょんと飛び跳ねながら、地上に落ちている餌をついばむ姿に似ているということで、そのあたり一帯は、連雀町と呼ばれました。
    連雀(れんじゃく)は、連尺(れんじゃく)とも書きますが、そういう往時の姿が、まるで目に浮かぶような楽しい町名が、昨今では次々に「何々市中央一丁目」のように、無機質な名前に変えられています。
    とても残念なことと思います。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 桃太郎まで貶める日教組


    ■ねずマガ有料版のお申込はココをクリック
    ■大好評発売中!
    ↓ご注文は書店さんで↓
    ■書 名:ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!
    ■ISBN-13: 978-4434184727

    ■著 者:小名木善行、出版社:彩雲出版

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    桃太郎伝説


    やざき先生から教わってびっくりしたので、みなさまにもご一考いただきたく、ご紹介します。
    東京の深川小学校で行われた小学校4年の学芸会の様子を記したものです。
    日教組のニオイがプンプンします。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本史検定講座 第四期生募集開始! つくる会日本史検定講座に田母神俊雄氏登場!!


    「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
    「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める国民集会の開催

    日本史検定講座第四期生募集中

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。


    日本史検定講座 第四期生募集開始!
    つくる会日本史検定講座に田母神俊雄氏登場!!

    つくる会の日本史検定講座第4期開講決定!
    引き続き充実した講師陣とカリキュムラムで日本の誇りある歴史を学びます。
    第4期ももちろん全国・全世界どこからでも自宅で受講可能です!

    是非ご参加下さい!!



    詳細情報とお申し込みは↓コチラ↓。
    http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html</u>">http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html

    とにかく面白い!!
    目からウロコが何枚もはがれ落ちます!
    受講者の方はウロコのスペアをご用意下さい!!

    一流の講師陣による本物の講義です!
    今回は、特に田母神俊雄氏が講師に初登場!!

    みなさまの参加をお待ち申し上げます。
    ↓参加申込ページ↓
    http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/moshikomi.html</u>">http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/moshikomi.html

    =======

    書店さんでのご注文情報はコチラ

    =======


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。


    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク