• 私の感じた沖縄


    ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
    2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
    ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
    (本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

    新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
    耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
     オーディオブック版のダウンロードはこちらから

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    沖縄0620


    沖縄に行ってきました。
    台湾人戦没者の慰霊碑建立のための会の結成のためです。

    沖縄の平和祈念公園には、沖縄戦での戦没者の慰霊碑が各都道府県単位で建っていますが、その中には、なんと660坪という広大な地所で、韓国人戦没者の慰霊碑も建てられています。
    ところが、台湾人戦没者の慰霊碑がない。

    公園内には、沖縄戦での戦没者のお名前を刻んだ碑もありますが、そこに記載されている台湾人は、わずか40余名です。ところが実際の台湾人戦没者は、4千名以上いる。
    つまり、ちゃんとした調査すらされていないわけです。

    そこで日台親善のために、台湾人戦没者のお名前をちゃんと刻んだ、ちゃんとした慰霊碑を建てようという運動を、台湾の大学教授の許光輝先生が中心となり、沖縄の錦古里さんや、台湾の国会議員・周倪安さんらとともに、日本の元防衛庁長官であった愛知和男さんなどとともに、台湾人戦没者の慰霊塔を建立しようという動きになったのです。
    この慰霊碑建立の目的は、一に戦没者の慰霊ですが、同時に日台の絆を一層強化しようとするものです。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • わたしたちのご奉公


    ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
    2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
    ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
    (本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

    新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
    耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
     オーディオブック版のダウンロードはこちらから

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    imgd5a4a2dfzikdzj


    昨日の記事で、ChinaやKoreaは儒教国家と胸を張るけれど、その実態は昔も今もウシハク国であるということをご紹介させていただきました。

    さて、つい最近のことですが、朝鮮日報におもしろい記事が紹介されました。
    韓国で、サッカーのワールドカップの一番好きなカードは日本戦だというのです。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/23/2014062301671.html</u>">http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/23/2014062301671.html

    記事によれば、韓国での日本の試合の視聴率はなんと20%前後で、強豪の試合も上回っているのだとか。
    要するに彼らは日本が気になってしかたがない。

    さもありなんと思います。
    彼らの国は、古代以来ずっとウシハク国です。
    ウシハク国は、一部の特権をもった人たちが金も権力も握り、民衆を支配し隷属させ収奪します。
    そしてそういうことを正当化することが「政治」とされます。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 日本的儒教思想とChinaやKorea的儒教思想


    ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
    2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
    ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
    (本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

    新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
    耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
     オーディオブック版のダウンロードはこちらから

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    孔子


    日本における儒教思想と、ChinaやKoreaの儒教思想は、似て異なるものです。
    ChinaやKoreaの儒教思想は、もっぱら「上に立つ人の都合に下が隷従することが良いこと」ということを思想にしたものです。これが儒教思想のもともとのカタチです。

    ところが日本は、儒教思想を取り入れる際に、もとからある日本的思想の上に、この儒教思想を取り入れました。
    このため、日本人が学んだ儒教系列の思想は、「上に立つ人」ではなく、「上に立つ人を通じて、いかにその人が天皇から親任され、委ねられている民衆を大切にするか」という思想になっています。
    つまり、日本人が学んだ儒教思想は、日本的変形を加えた日本型儒教思想になっています。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 大和心とポーランド孤児


    ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
    2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
    ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
    (本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

    新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
    耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
     オーディオブック版のダウンロードはこちらから

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    ポーランド孤児1


    淡路大震災の翌年のことです。ポーランドに震災で親を亡くした日本の子供たち30名が招待されました。それも、3週間という長い期間です。
    招待された子供達は、ポーランド各地で大歓待を受けました。

    この旅行のとき、ひとりの日本人少年は、片時もリュックを背から離さないでいたそうです。
    世話をしたポーランド夫人が少年に理由を聞くと、「震災で一瞬のうちに親も兄弟も亡くした、家も丸焼けになってしまったのだ」といいます。
    少年は、焼け跡から見つかった家族の遺品をリュックにつめていたのです。
    夫人は、不憫(ふびん)で涙が止まらなかったそうです。

    ポーランドでの最終日、震災孤児が帰国するお別れパーティに、4人のポーランドの老人がやってきました。
    4人とも、かつてシベリア孤児だった方です。すでにご高齢で、歩行もままならない。
    それでも老人たちは、「75年前の自分たちを思い出させる可哀想な日本の子どもたちがポーランドに来たからには、是非、彼らにシベリア孤児救済の話を聞かせたい」という思いで、やってこられました。

    そして4人は、涙ながらにバラの花を、震災孤児一人一人に手渡しました。
    会場は万雷の拍手に包まれました。

    その75年前・・・なにがあったのでしょうか。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 百人一首(第16回)50〜53番歌


    ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
    2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
    ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
    (本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

    新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
    耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
     オーディオブック版のダウンロードはこちらから

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    藤原道綱の母も参詣したと伝えられる石山寺(石山寺縁起絵巻)
    石山寺縁起絵巻


    百人一首解説も、いよいよ後半戦になりました。
    そもそも百人一首に採用されている歌の多くは、古今和歌集から採用されています。
    その古今和歌集は、遣唐使を廃止した十年後に、天皇の勅命によって編纂されました。
    つまり古今和歌集は、China文化圏から決別し、やまと言葉による我が国独自の文化や伝統を重んじようとする明確な意図のもとで編纂されたものです。

    百人一首は、その約200年後に藤原定家によって、ひとり一首の歌集として編纂されたものです。
    つまり百人一首は、やまと心を詠んだ歌人とその歌を通じて、先人たちと心でつながろうとしたものです。
    これはいまのわたしたちにたとえれば、いわば維新の志士たちの心と、いまを生きるわたしたちが、心でつながろうとする取り組みみたいなものといえるかもしれません。

    では、それがいったいどういう効果を及ぼすかといえば、たとえばいま、自分が恋や仕事に悩んでいるとします。
    ところがそれとまったく同じ思いを、実は、千年前の歌人たちもしていた。
    つまりいまの自分は、千年前の日本人と同じ気持ちを抱いていることに気付くわけです。
    すると、歴史の縦軸と、いまを生きる自分が一体となる。
    歴史の縦糸と、いまの自分を取り巻く世間という横糸とが重なる。

    要するに、遣唐使を廃止し、日本独自の文化性や心を大切にしようとしてきた千年前の歌人たちと、自分がそこでつながるわけです。
    最近の流行語でいえば、まさに絆がうまれる。縦糸が編まれる。
    横糸の絆と、縦糸の絆が重なる。
    すると糸が、面になるわけです。
    そういう、歴史との一体感が、百人一首にはあるわけです。

    戦前までは、いま私が書いているような百人一首の解釈があたりまえでした。
    江戸時代までさかのぼったら、そういう解釈しかありませんでした。
    というより、和歌は、歴史上の歌人たちとつながって詠むもの、とされてきたわけです。

    たとえば百人一首の20番に元良親王の「みをつくしても逢はむとぞ思ふ」という歌があれば、それ以降の和歌は、つねにこの元良親王の和歌を母体として、その延長線上で新作の歌が詠まれていました。
    つまり、元の和歌をもじることで、思いの共通性、歴史との一体性が尊重されてきたわけです。

    これに異を唱えたのが明治の中期の正岡子規です。
    正岡子規は、万葉集や古今集を否定しました。
    「千年以上も昔の歌人たちにいつまでも縛られていることはない。もっと自由に詠おうじゃないか」と、和歌の自由化を高らかに主張したわけです。

    そしてこれに共感した明治の文学人の中から、与謝野晶子のような、まったくの新作和歌が生まれ、これが明治から大正にかけての大流行となります。
    「柔肌の熱き血潮にふれも見でさびしからずや道を説く君」
    与謝野晶子の有名な歌ですが、万葉歌人や古今和歌集などからはるか離れて、まったくの自由に歌の創作がされています。

    和歌に、まったく新しい潮流が産まれたのです。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 閔妃殺害事件


    ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
    2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
    ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
    (本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

    新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
    耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
     オーディオブック版のダウンロードはこちらから

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    閔妃
    閔妃・明成皇后


    いきなり冒頭に不愉快な写真ですが、一般に、李氏朝鮮最後の国王の妻、閔妃(みんぴ)の写真とされているものです。
    もっともこの写真さえも、実は当時の妓生(きーせん)の売れっ子の写真とすり替えた偽物であるのだそうです。

    この閔妃のことを、昨今の韓流ドラマでは「明成皇后」などと、もっともらしい名前を付しているようですが、これまたとんでもない話です。
    当時の李氏朝鮮は、清国の属国です。
    ですから清国のボスが「皇帝」であって、属国は「王」です。
    「皇后」というのは、皇帝の妻のことであって、王の妻なら「王妃」でしかありえません。
    「王」は、「皇帝」の部下なのです。

    この閔妃は、後に殺害されています。
    その犯人たちは、当時の朝鮮国王によって徹底的に捜査され、犯人は捕まり、犯人だけでなく、その家族まで、全員処刑されています。
    主犯格の男は、逃亡していましたが、それに対しては、朝鮮国王は、なんと刺客まではなってこれを殺害しています。

    閔妃殺害に関しては、日本がこれに関与したのではないかという説が当時ささやかれ(昔も今も、悪いことをするときは日本人になりすます)、このため日本も、国際社会における非難を畏れて、本件事件に関与したといわれる人物を全員逮捕拘留し、徹底的に調査しています。
    結果は、公正な捜査の結果、全員「シロ」でした。
    つまり日本人の犯行への関与は完全に否定されています。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 吉田松陰の留魂録


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    吉田松陰の留魂録
    吉田松陰 留魂録


    吉田松陰の辞世の句として有名な、
     身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも
     留め置かまし大和魂
    は、処刑を前にした吉田松陰が弟子たちに与えた書である「留魂録」の冒頭に掲載された句です。

    吉田松陰は、山鹿流です。
    山鹿流は、山鹿素行を元とし、播州浅野家、赤穂浪士の精神面の支柱となり、吉田松陰の思想となり、そして明治維新後は、維新政府の思想となり、乃木大将を通じて昭和天皇にも引き継がれた思想です。

    その吉田松陰は、幕府が勅許なく日米修好通商条約を結んだことを非難し、幕府の老中、間部詮勝(まなべあきかつ)の誅殺を企てたとして、安政6(1859)年、江戸小伝馬町で斬首となりました。
    このときの松蔭の年齢は、数え年30歳(いまの29歳)です。

    その29歳の若者が書き残した「留魂録」は、松陰の意思を継ぐ維新の志士たちのいわばバイブルとなり、明治維新への大きな原動力となりました。
    是非、ご一読賜われればと存じます。

    なお、先にねず流で現代語訳を行い、下に原文を示します。
    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク