• 海江田発言とリーダーの資質


    耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』オーディオブック版こちら
    ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」 本日発売です。
    ねず本第三巻の「立ち読み版」ができました。
    ねず本第三巻120
    ご注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU</strong>">http://goo.gl/A59KwU

    「ねず本第三巻応援クリック」

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    広島土砂災害0824


    昨日、Facebookの方に書いたことなのですが・・・
    https://www.facebook.com/nezu3344/posts/630423257072838</u>">https://www.facebook.com/nezu3344/posts/630423257072838

    民主党の海江田代表が、安倍総理が広島の土砂災害のとき、ゴルフをしていた、指示の後、総理別荘にいったん戻り、すぐに総理官邸に戻ったということについて、国会で問題にするといきまいているそうです。
    しかしこれは、問題にしている側こそ不見識というべきことです。

    なぜなら、大事故が起きたとき総司令が現地に入ることは、リーダーとして絶対にやってはいけないことだからです。
    現場が混乱するだけです。
    緊急時への対応は司令ひとりでできるものではないのです。
    みんなの力こそが必要なのです。

    たとえば自衛隊員が、いま、広島の被災地にいますが、その現場に陸自の幕僚長あたりがやってきたらどうなるでしょう。
    現場の人たちは、手をとめ、作業を停止し、幕僚長への接待、報告に追われることになり、肝心の復旧作業がおろそかになります。
    ですから最高指揮官はその場に行ってはいけない。現場に権限を与え、その責任をとるのが最高指揮官の役割です。

    安倍総理は、早々にゴルフを切り上げ、官邸に戻り、被災地復興のためにすべてを動員して最善を尽くすように指示をし、別荘に戻りました。すべてを現場に委ね、現場を最優先で動かすための、それが集団を組織的に活用するにあたってのリーダーとしてそれが一番正しい選択です。

    海江田氏がそんなこともわからないなら、それは自らリーダーとしての資質がないということを、自分から、あるいは党として吐露していることになります。
    そして、リーダーとしての資質に欠けるなら、そのような人は国会議員である資質に欠けるということです。
    そういう人を国会議員にしているということ自体が、税金の無駄遣いです。

    たとえば地震や竜巻で家が壊れて、その修理に業者の方に来ていただいたとします。
    そのときに、施主(つまりそのその家の人)が、出てきて、あーでもない、こーでもない、これはどーなってんだ、あれはどーなってんだ、と口やかましく業者さんの横でわめき散らしていたら、業者さんは作業を進めれないし、やる気の気の字が削がれて、しまいには腹をたてて帰ってしまいます。
    そういう愚を、海江田氏らはやれと言っているわけです。

    つまり、彼の行動は、すでにいまの時点で、土砂災害の被災地の復興を邪魔しているだけの行為です。
    それがわからないのなら、民衆のリーダーとして、そして議員としての資質を疑うしかないのです。





    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。


    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 価格競争という愚


    耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』オーディオブック版こちら
    ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」が8月24日に発売になります。
    ねず本第三巻の「立ち読み版」ができました。
    ねず本第三巻120
    ご注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU</strong>">http://goo.gl/A59KwU

    「ねず本第三巻応援クリック」

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    広島の土砂災害


    広島で大規模な土砂災害が起きました。被災地の皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。
    地震や台風、竜巻、大雨、地滑り。こうした大規模自然災害は、考えてみれば、日本全国、いつどこで起きてもおかしくないのが日本列島です。

    こうした自然災害は、なにもいまに始まったことではありません。
    大昔から日本列島にあったことです。
    だからこそ日本は、そうした万一に配慮した社会の仕組みを作ってきました。
    そのひとつが談合制度です。

    談合制度は、公共工事を業者が受託するに際して、業者間で話し合って次の受注を決めるという仕組みです。
    これが政治や行政との癒着を生むから悪だと、いまどきは多くの日本人が思っています。
    けれど、実は大きな間違いなのです。

    そのことは、談合廃止後の日本を見ればわかります。
    土木工事も建設工事もいまでは入札の価格競争になっていますから、値段を下げなければ工事の受注ができません。価格が下がるから、いくら工事をやっても儲からない。儲からないから業者が次々と倒産または廃業し、いまでは建設工事や土木工事への就業者自体が数が減ってしまいました。
    その結果、いざというときに、工事を請け負うことができる人がいなくなってしまったのです。

    平時はそれでも構いません。
    しかし、大規模土砂災害や、東日本大震災にあるような大規模津波被害が起こっても、被災地復興をするための作業員すらも確保できなくなってしまっているのです。
    だから、震災被災地も、いつまでたっても復興しない。

    わかりやすいのは、終戦直後のことです。
    日本中が焼け野原になりましたが、そのあと日本は、当時の日本は世界の最貧国といって良い状況だったにも関わらず、またたく間に復興を遂げ、昭和22年頃には、街の姿は大方、もとにもどってしまっていました。
    昔は大型の重機なんてありません。全部人力です。
    それでも、被災地は、またたく間に復興しました。
    人がいたからです。

    いまは、なるほど大型重機や建設機械も揃っているし、お金も当時とくらべればはるかにあります。
    にもかかわらず、軍隊も解散していた終戦直後の頃の方が復興も早かった。
    何もかも揃っているはずのいまの日本の方が、復興がまるで進まないのです。
    人がいないのです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 8月22日は対馬丸事件の日


    耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
    オーディオブック版のダウンロードはこちらから
    ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」が8月24日に発売になります。
    ねず本第三巻120ご予約注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU</strong>">http://goo.gl/A59KwU
    「ねず本第三巻応援クリック」
    ↑ここ↑をクリックいただくと書店さんの注意を引きます。
    クリックご協力をよろしくお願いします。


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    疎開船「対馬丸」
    疎開船「対馬丸」


    昭和19(1944)年8月22日、ちょうど70年前の今日、沖縄からの疎開船「対馬丸」が、悪石島付近で米潜水艦の魚雷攻撃を受けて学童700名を含む1500名が海没しました。「対馬丸事件」です。
    対馬丸事件が起こったのは、沖縄戦がはじまる7ヶ月前のことです。
    その1ヶ月前の昭和19年7月には、サイパンが陥落しています。

    左翼は、この対馬丸事件ばかりをとり沙汰しますが、この8ヶ月前の昭和18(1943)年12月21日に、沖縄那覇から本土に向けた定期航海の輸送船団が米国潜水艦によって、撃沈させられるという事件が起きています。「湖南丸事件」です。

    湖南丸に海軍飛行予科練習生予定者や女子挺身隊などを含む民間人が683名、船員72名、海軍警戒隊4名の合計759名が乗っていました。そして魚雷を受けた湘南マルは沈没し、乗員は海になげだされました。
    この海上に逃れた人たちを救助したのが護衛艦柏丸です。柏丸はエンジンを停止させ、人命救助にあたりました。そして湖南丸の乗員約400名を救助しました。

    それを見届けた米潜水艦は、エンジンを停止して逃げられない柏丸を魚雷攻撃しました。
    柏丸はほとんど瞬時に沈んでいます。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 生麦事件


    耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
    オーディオブック版のダウンロードはこちらから
    ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」が8月24日に発売になります。
    ねず本第三巻120ご予約注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU</strong>">http://goo.gl/A59KwU
    「ねず本第三巻応援クリック」
    ↑ここ↑をクリックいただくと書店さんの注意を引きます。
    クリックご協力をよろしくお願いします。


    ねず本の第三巻は、発売日が今月24日なのですが、昨日出版社から電話があり、20日の時点で取次ぎさん(本の問屋さん)の初版本の在庫がゼロになってしまったのだそうです。そこで昨日、急遽、第二版の増刷を注文したとのことです。
    発売日前に増刷出来って、すごいです。これもみなさまのご贔屓の賜物です。心から感謝申し上げます。
    ありがとうございます。


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    生麦事件821


    文久2年(1862)の今日起きた事件が「生麦事件」です。

    この事件は、江戸から京都に向かう薩摩藩の行列に、前方を横浜在住の英国人4人が乗馬のまま横切り、薩摩藩士がこれを静止したけれど、4人の英国人は馬上のままどんどん行列の中に侵入。やむなく警護役の薩摩藩士がこの4人を無礼討ちにし、1人が死亡、2人を負傷させたという事件です。

    この時代、王族や貴族のこうした隊列を荒らす行為は、一種のテロ行為に等しく、犯人はその場で全員現行犯で殺害されても仕方がないというのが世界の常識です。
    ですから薩摩藩の行為には国際社会において完全に正当性があり、本来ならこれを咎めることは誰にもできません。

    ところがこの事件後英国は、幕府に対して謝罪と賠償金10万ポンドの要求、薩摩藩に対しても犯人の処罰と賠償金2万5千ポンドを要求しました。
    幕府は屈服し、薩摩は屈服を拒否しました。

    これに怒った英国は、翌年の7月2日の未明、旗艦ユーライアラスを先頭に、7隻の艦隊で薩摩湾に侵入し、薩摩藩の汽船3隻を拿捕しました。
    薩摩湾への無許可侵入、藩の汽船拿捕という無法行為を働いたのです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 8月20日は真岡郵便電信局事件が起こった日


    耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』オーディオブック版こちら
    ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」が8月24日に発売になります。
    ねず本第三巻の「立ち読み版」ができました。
    ねず本第三巻120
    ご注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU</strong>">http://goo.gl/A59KwU

    「ねず本第三巻応援クリック」

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    ボラボラ島


    昭和20(1945)年8月20日、真岡郵便電信局事件(まおかゆうびんでんしんきょくじけん)が起こりました。
    すでに終戦の詔勅も発せられ、日本が戦闘を終結させていたあとの出来事です。

    当時、南はずのこの日に、日本領であった南樺太にソ連軍が侵攻してきたことによって、最後まで本土との通信回線保持のために職務をまっとうした女子電信職員9名が集団自決した事件です。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 今日は旅順要塞第一回総攻撃のあった日


    耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』
    オーディオブック版のダウンロードはこちらから
    ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」が8月24日に発売になります。
    ねず本第三巻120ご予約注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU</strong>">http://goo.gl/A59KwU
    「ねず本第三巻応援クリック」
    ↑ここ↑をクリックいただくと書店さんの注意を引きます。
    クリックご協力をよろしくお願いします。


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    曼珠沙華


    8月19日は、明治37(1904)年に、乃木大将率いる第三軍が第一回の旅順要塞総攻撃を行った日です。

    この戦いについて、戦後のテレビドラマや歴史学者さんたちの論考は、その多くが「乃木大将はただやみくもに日本兵を突撃させ、屍体の山を築いた」というものです。
    戦いは最終的に4ヶ月半で日本側の勝利となり、日露戦争の勝利のきっかけとなっていますが、そのように史実を書きながらも、
    「しかしいくら戦争のためとはいえ、多くの日本人の兵たちをただやみくもに突撃させ、殺した罪は逃れられるものではない」などと、付記されたり描写されているものがほとんどです。

    これは先日藤岡信勝先生から教わったことなのですが、こういう描き方を「Yse,But方式」というのだそうです。
    肯定するしかない勇敢な行動や栄えある歴史を語っておいて、その上で「しかしながら〜」とその功績を否定するような書き方をすることで、栄誉や功績を全部台無しにしてしまう。左翼の常套手段なのだそうです。

    それはともかく、では本当に、旅順要塞攻囲戦は、無駄死にや犬死といえるのか。
    今日はこのことについて考えてみたいと思います。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 本年8月15日の天皇陛下のおことば


    8月15日の正午のことです。

    時報とともに、黙祷が捧げられ、そのすぐあとに天皇陛下の玉音がありました。
    転載し、動画を掲載します。

    ===========
    天皇陛下のおことば
     全国戦没者追悼式
     平成26年8月15日(金)正午

    本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

    終戦以来既に69年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。

    ここに歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

    ===========

    (全録)全国戦没者追悼式 天皇陛下がお言葉を述べられる


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク