• 海江田発言とリーダーの資質


    耳で聴く『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』オーディオブック版こちら
    ねず本の第三巻「日本はなぜ戦ったのか」 本日発売です。
    ねず本第三巻の「立ち読み版」ができました。
    ねず本第三巻120
    ご注文はコチラhttp://goo.gl/A59KwU</strong>">http://goo.gl/A59KwU

    「ねず本第三巻応援クリック」

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    広島土砂災害0824


    昨日、Facebookの方に書いたことなのですが・・・
    https://www.facebook.com/nezu3344/posts/630423257072838</u>">https://www.facebook.com/nezu3344/posts/630423257072838

    民主党の海江田代表が、安倍総理が広島の土砂災害のとき、ゴルフをしていた、指示の後、総理別荘にいったん戻り、すぐに総理官邸に戻ったということについて、国会で問題にするといきまいているそうです。
    しかしこれは、問題にしている側こそ不見識というべきことです。

    なぜなら、大事故が起きたとき総司令が現地に入ることは、リーダーとして絶対にやってはいけないことだからです。
    現場が混乱するだけです。
    緊急時への対応は司令ひとりでできるものではないのです。
    みんなの力こそが必要なのです。

    たとえば自衛隊員が、いま、広島の被災地にいますが、その現場に陸自の幕僚長あたりがやってきたらどうなるでしょう。
    現場の人たちは、手をとめ、作業を停止し、幕僚長への接待、報告に追われることになり、肝心の復旧作業がおろそかになります。
    ですから最高指揮官はその場に行ってはいけない。現場に権限を与え、その責任をとるのが最高指揮官の役割です。

    安倍総理は、早々にゴルフを切り上げ、官邸に戻り、被災地復興のためにすべてを動員して最善を尽くすように指示をし、別荘に戻りました。すべてを現場に委ね、現場を最優先で動かすための、それが集団を組織的に活用するにあたってのリーダーとしてそれが一番正しい選択です。

    海江田氏がそんなこともわからないなら、それは自らリーダーとしての資質がないということを、自分から、あるいは党として吐露していることになります。
    そして、リーダーとしての資質に欠けるなら、そのような人は国会議員である資質に欠けるということです。
    そういう人を国会議員にしているということ自体が、税金の無駄遣いです。

    たとえば地震や竜巻で家が壊れて、その修理に業者の方に来ていただいたとします。
    そのときに、施主(つまりそのその家の人)が、出てきて、あーでもない、こーでもない、これはどーなってんだ、あれはどーなってんだ、と口やかましく業者さんの横でわめき散らしていたら、業者さんは作業を進めれないし、やる気の気の字が削がれて、しまいには腹をたてて帰ってしまいます。
    そういう愚を、海江田氏らはやれと言っているわけです。

    つまり、彼の行動は、すでにいまの時点で、土砂災害の被災地の復興を邪魔しているだけの行為です。
    それがわからないのなら、民衆のリーダーとして、そして議員としての資質を疑うしかないのです。





    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。


    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク