• 今年もお世話になりました


    ■オーディオブック■
    『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
    ねずさんの百人一首本は2015年3月発売予定です。
    【CGS ねずさん】第6話 植民地支配に反対した日本


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    明日香川
    明日香川


    月日の経つのは早いもので、気がつけばもう大晦日(おおみそか)です。
    大晦日といえば、百人一首にも歌のある春道列樹(はるみちのつらき)の、こんな歌があります。

     昨日といひ今日と暮らして明日香川
     流れてはやき月日なりけり  

    この歌は今和歌集に「年のはてによめる」とありますから、まさに大晦日の歌です。
    流れの早い激流で、月日の経つのが早いと歌っているようですが、明日香川はそんなに流れの急な川ではありません。
    むしろゆったりとした流れなのですが、飛び石などがあって、流れが別れ、また戻るといった離合集散がある川です。
    今年一年、様々な出会いがあり、別れがあり、日々はゆったりとした明日香川のようだけれど、気がつけば、もうこんなに流されてしまっている(月日が経ってしまっている)、と詠んでいます。

    でも、そんな感じってありますよね。
    日々の生活や戦いに追われているうちに、気がつけばもう歳末も大晦日です。

    千年前の歌人の歌に共感する。
    千年の時を飛び越えて、心がひびく。

    先日、日本史検定講座で倉山満先生の講義を拝聴しました。
    たいへんよい勉強になりました。

    先生曰く、マッカーサーが制定した憲法の条文をちょっといじろうという発想自体が、すでにマッカーサーの手のひらに乗せられてしまっているということだ。
    そもそも憲法以前に日本には古くて長い歴史・伝統・文化があり、その日本人としての自覚と誇りを取り戻すことが大事だというお話でした。

    憲法を変えれば日本を取り戻したことになるかといえば、そうではありません。
    憲法以前に、日本人が日本に目覚めていくこと。
    そこがなければ、本当の意味での日本は取り戻せないし、憲法議論そのものが意味をなさなくなる。

    では、その取り戻すべき日本は、どういうカタチをしているのか。
    そのことを私は来年、千年前の小倉百人一首を通じて、シラス国日本、天皇の存在のありがたさ、察する文化の凄みを説いてまわりたいと、先生の講義を聴いてなお一層、思いを強くしました。

    さあ、一夜明ければ平成27年です。
    来年がみなさまにとって、よい一年となりますよう。

    今年一年、ありがとうございました。
    来年もよろしくお願いします。

    「ねず」こと小名木善行 拝



    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 新しい世界秩序


    ■オーディオブック■
    『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
    ねずさんの百人一首本は2015年3月発売予定です。
    【CGS ねずさん】第6話 植民地支配に反対した日本


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    富士山1227


    いま、【CGS ねずさん】第6話 植民地支配に反対した日本 〜もし日本が戦争に勝っていたら?〜が公開されていますが、およそ10分間の話ですので、もう少し詳しくこちらでお話ししてみたいと思います。

    まず、推古天皇の時代に稀代の天才政治家である聖徳太子が摂政となりました。
    聖徳太子は604年に「十七条憲法」を制定し、そこに
     第 1条 以和為貴
    (和を以(も)って貴(とうと)し)
     第11条 明察功過
    (功過(こうか)を明らかに察しよ
    と記しました。
    そして十七条憲法は、飛鳥〜奈良〜平安の約600年の統治の基本として、深く日本に定着しました。

    「和」を大切にするということは、争いをなくそうということです。
    といっても、人の世です。常に対立はあります。

    対立が起こったとき、近現代の西洋的価値観では、まず「話し合い」をすることになっています。
    けれど話し合って不調なら、のこる手立ては戦争しかありません。
    二者択一です。
    これが最新の現代国際政治の実情です。
    そして戦争になれば血が流れます。これは不幸なことです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 振袖火事と歴史の重み


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    明暦の大火
    明暦の大火


    むかしむかしの物語です。
    江戸の麻布に、質屋の娘さんで梅乃(うめの)さんというたいそう美しい娘さんがいました。
    その梅乃さんが、ある日、本妙寺の墓参りに行きました。
    用事を済ませて帰ろうとしたとき、たまたま出会ったお寺のお小姓(こしょう)さんに一目惚れしてしまいます。

    女性から告白なんて、考えられない時代です。
    しかも相手はお坊さんです。
    そこで梅乃さんは、その小姓が着ていた服と同じ模様の振袖を作らせ、これを愛用しました。
    ところが梅乃さんは、なぜかふとしたことで、わずか17歳で亡くなってしまったのです。

    ご両親の悲しみはいかばかりだったことでしょう。
    梅乃さんの棺に、ご両親はその振袖を着せてあげました。




    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 独立自尊


    ■オーディオブック■
    『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
    ねずさんの百人一首本は2015年3月発売予定です。
    【CGS ねずさん】第5話 学校で教えてくれない百人一首


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    遣隋使1228


    607年といえば、第二回の遣隋使が派遣された年です。

    Chinaに「隋」が誕生する前の時代は、3世紀の初め頃の、あの『三国志』で有名な三国時代、五胡十六国時代、南北朝時代と続く、China大陸の戦乱の時代です。
    このことは日本外交という面からいうと、日本がChinaを無視できた時代といえます。
    向こうさんが勝手に内乱を繰り返しているのです。

    ですから日本は、第21代の雄略天皇の時代に、宋に使いを送った(478年)のを最後にして、Chinaの冊封体制から離脱しています。
    そして600年に、日本が、新しくChinaにできた「隋」の大帝国に第一回の遣隋使を送るまで、122年間の間、日本はChinaと国レベルでの国交を絶っています。

    ちなみにChinaの皇帝が、東アジアの周辺国に朝貢を要請するようになったのは、魏蜀呉の三国志の時代からといわれています。
    それ以前のChinaの王朝は、Chinaエリアだけでの覇権を争っていただけです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 授業づくりJAPAN


    ■オーディオブック■
    『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
    ねずさんの百人一首本は2015年3月発売予定です。
    【CGS ねずさん】第6話 植民地支配に反対した日本


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    八百万の神々1227


    早いもので、もう今年もあと4日になりました。
    さてそこで、新年から始まる新しい取り組みのお知らせです。

    来年1月、「自由主義史観研究会」(藤岡信勝代表)から、新たに「授業づくりJAPAN」が誕生します。
    「自由主義史観研究会」は、戦後失われた、というより意図的に歪められた日本の教育を正し、子供たちが日本人としての誇りを持てる真実の歴史を取り戻していこうとする教育者の集いです。

    そしてここから南京問題や慰安婦問題についての詳細な研究や資料の発掘がなされ、また幕末から日清、日露、満州建国、日華事変、大東亜戦争などの真実が掘り起こされ、それがさらに「新しい歴史教科書」、「新しい公民教科書」をつくる運動にも広がりました。
    自由主義史観研究会のオフィスにお伺いさせていただいたことがありますが、もうほとんど図書館状態です。
    ここにありとあらゆる資料が持ち込まれ、研究され、そしてその成果が発表されていきました。

    とかく私達は、表面に出てきたものしか見えないものですが、ここでは、教育を専門とする先生、教師、教諭、教授たちが、純粋に真実を見つけ出そうと、ひたすら地道な調査検証作業が積み重ねられ、議論され、なんどもやり直しを経て、その研究成果が「新しい歴史教科書」として世の中に出て行ったわけです。

    そしてこのたび、ここからさらに一歩進めて、そうした成果をどのようにして具体的に授業に生かしていくかを教師間で学び合う場として新たに「授業づくりJAPAN」が発足することになりました。
    以下は、誇りある日本人を育てる教育をすすめる「授業づくりJAPAN」からのお知らせです。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 100人いたら


    ■オーディオブック■
    『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
    ねずさんの百人一首本は2015年3月発売予定です。
    【CGS ねずさん】第5話 学校で教えてくれない百人一首


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    鶴ケ城の冬


    ちょっと生意気なことを書くことをお許し願いたいのですが、以前にも書いたことがあるのですが、私は人や事態や政策、企画などを考えるとき、
    「その人が世の中に100人いたら」
    「それを100年続けたら」
    と考えます。

    景気回復は大切なことですが、景気というのはお金の流れです。
    お金の流れが活発なときは景気が良い、お金が流れなくなれば景気が悪い。
    ではお金の流れを活発にするためには「どうすればよいか」という議論はたくさんなされていますが、そのどの対策をもってしても、平成になってからの四半世紀、日本の景気は悪くなる一方でした。

    良くするための改革は必要です。
    しかし、どんなに改革を進めたとしても、日本人の信頼が年々損なわれていけば、おそらくどこまで行っても日本は良くならない。
    「良くなる」ということが、一部の特権者だけが、桁違いに良くなり、残りの大多数の国民が貧困の底に追い落とされても構わないという構図ならば、改革によってきっと「良くなる」ことでしょう。

    けれど「みんなが良くなる」ためには、みんなの紐帯が切れてしまっていては「みんなが良くなりようがない」のです。
    なぜなら、経済は信用を基礎にするし、信用を担っているのは、どこまでも人だからです。





    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • ハバロフスク事件と日本人の行動


    ■オーディオブック■
    『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』

    【CGS ねずさん】第4話 紫式部が言いたかったこと


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    シベリアの凍土


    日本人が目覚めるときというのはどういうときなのか。
    目覚めたとき、日本人はどのような態度をとるのか。
    このことについて、「ハバロフスク事件」を題材に考えてみたいと思います。
    「ハバロフスク事件」というのは、かつてシベリアに抑留されていた人が、日本人としての誇りに目覚め、立ち上がった事件です。

    シベリアに抑留された日本人は、十年間、ひたすら恭順の姿勢をとり続けていました。
    「民主化」と称する旧ソ連流の共産主義教育にも大人しく従っていました。
    その日本人が、ある日、立ち上がったのです。
    それは銃を手にした戦闘とは、まったく異なる実に日本的な戦いの姿でした。

    本編に入る前に、短いひとつのお話をご紹介します。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク