• 勇気を持つ


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    20150529 田植え


    政治やメディアの諸問題等、糾弾しなければならないことはたくさんあります。
    日本では、どのような意見を言うのも自由です。

    しかし、です。
    言論には言論をもって抗すれば良いのであって、そこに暴力などの物理的攻撃や、人格攻撃などの加虐行為が加われば、それはもはや言論の自由の範疇を越えるものとなります。
    ここを間違えると、保守も右翼も、左翼の過激派やどこかの国が行う反日工作と同じレベルになってしまいます。

    安倍総理は、先般の米国議会での演説で、「かつて敵味方に別れて戦った日米は、その後の東西冷戦を共に戦い、そして勝利しました」と高らかに宣言し、米国国会議員総立ちの拍手を受けました。
    中韓に配慮とか、戦争のお詫びとか、そういう敵対的レベルではなくて、日米の輪を築く、これは歴史に残る名演説であったと思います。

    いつまでも過去の対立にとらわれず、むしろその後に仲良く同盟して勝利したことに目を向けて和を築く。
    これこそ日本的精神であり、日本的行動であろうと思います。

    戦うときは勇気を持って戦うが、戦いが終われば互いを讃え、互いを認め合う。
    おもしろいのですが、日本が大好きで日本にやってきて、日本語を学ぶ外国人の多くが「強敵」と書いて「とも」と呼ぶのだそうです。
    日本アニメの影響らしいですが、強敵こそが最大の友というのは、世界が希求する日本の武士道精神です。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 在日朝鮮人とテロリズム


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    20150527 6月の風景


    流通用語で、「常識商品」という言葉があります。
    「定番商品」よりももっと強い意味になります。
    小売店の店頭に、常設的に配置する商品が定番商品ですが、常識商品は、むしろ置いてあるのがあたりまえの商品です。

    たとえばパナソニックの乾電池。
    コンビニでも、スーパーでも、売れる売れないに関わらず、置いてあるのが常識で、逆に置いてないと消費者からクレームが来てしまう。そんな商品が「常識商品」です。
    誰もが知っているのがあたりまえ、置いてあるのが常識、そんな語感があります。

    常識化というのは、そういう意味で、誰もが知っていてあたりまえ、それを知らないことはむしろ非常識、というものです。
    戦後の日本を考えるとき、気がつけば不条理を常識化されてしまっていることが多々あります。
    たとえば、在日朝鮮人問題がそれです。

    関東大震災のときの横暴や、終戦後に彼らがもともとは彼ら自身が望んで日本国に併合してもらったにも関わらず、彼らは「準戦勝国民」としての第「三国人」であると名乗り、敗戦利得者となって、焼け野原となった駅前の一等地に勝手に縄を貼り、そこを自分たちが占領した自分たちの土地であるとして勝手に土地を領有しました。
    あるいは彼らは徒党を組み、警察署を襲撃し、焼き討ちし、町中で白昼堂々強姦をし、日本人に対して不条理な暴力を振るいました。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 百人一首の日


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    20150529 花菖蒲


    過ぎてしまいましたが、5月27日は「百人一首の日」でした。
    テレビでも「百人一首の日」として紹介していたようですが、正確にいうと、ちょっと違います。
    この日は藤原定家の「百人秀歌」の日であって、百人一首はその後に書かれたものです。

    文暦2(1235)年5月27日のことです。
    この日の定家の日記(『明月記』)に、彼が宇都宮入道蓮生(頼綱)の求めで和歌百首を小倉山荘障子に貼ったと書いてあります。
    だからこの日が百人一首の日だというのですが、ちょっと違います。
    これは定家73歳のときのことだからです。

    すこし時代を振り返ります。
    結構感動します。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 報道テロ


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    <琉球新報(H27.5.18)>
    http://goo.gl/bPC77H</u>">http://goo.gl/bPC77H
    20150518 琉球新報


    Facebookでは先にご紹介させていただきましたが、沖縄における報道テロのことです。
    「沖縄対策本部」のHPから、引用させていただきます。

    はじめに申し上げておきますが、上の写真だけを見て「左翼は団結している」、「これが民意だ」などと思うのは大きな間違いです。
    日本における左翼は、他の国に内在する右派左派とは異なります。
    彼らは国家に反逆し、国家の崩壊を目論むテロリストです。

    写っている人々は、お金を払って集めたプロであり、ひらたくいえばアルバイトで集った人々です。
    そして写真の大群衆は、まるで映画のカラクリセットさながらに、意図的に人々を配置して多くみせかけただけのものです。
    そして集った人数は、2倍以上に水増しして発表しています。(原発反対デモでは10倍に水増しというものもありました。)

    本来事実を正確に報道すべき新聞は、テロリストの手にかかるとプロパガンダの宣伝工作のための道具となります。報道の意味が変わってくるのです。
    ですから報道のための新聞社も記者達も、写真がトリックであり、人数も水増しであることを十分知っています。
    知っていて嘘の報道をしているわけです。
    これは民主主義の国家では、れっきとした虚偽記載であり文書偽造罪に問われるべき刑事犯です。


    ───────────
    ■沖縄プロパガンダのからくりを暴く
    (その2:参加者を多く見せる撮影トリック)
    http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/8fb2b2f142b2a1935d77dbe26d71ed25</u>">http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/8fb2b2f142b2a1935d77dbe26d71ed25
    ───────────

    5月17日にセルラースタジアム那覇で開催された辺野古移設反対集会は、沖縄の新聞紙では、1面トップどころか最終ページまで使って、見開きの2面を見出しと写真をぶち抜いて超重要扱いのニュースとして掲載しています。
    もっとも大きなインパクトを与えるのは、セルラースタジアム那覇のスタンド席とグラウンドを埋め尽くした集会参加者の写真です。
    野球場のスタンド席も空席が見えず、グラウンドも土が見え無いほど人で埋め尽くされているのです。
    この写真を見た瞬間、だれもが「これだけ人が集まったのか!」と驚く様な写真です。

    しかし、ネットで検索して様々な角度から撮影されている写真を見てみると、ちょっと様子が異なることがわかってきます。

    まず、スタジアムの集会参加者を空撮した写真がありますのでご覧ください。
    確かに大勢の人が集まっていますが、グラウンドでは内野にブルーシートが敷かれ参加者はその範囲内に集まっています。

    <県民大会会場空撮(参加者中心に撮影)>
    http://goo.gl/GZtFNu</u>">http://goo.gl/GZtFNu
    20150525 eec84bcccd3d56d554f959932c294631




    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 今日は海軍記念日


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    東城鉦太郎画日本海海戦
    東城鉦太郎画日本海海戦


    明治38(1905)年5月27日、大日本帝国聯合艦隊は、日本海においてロシアのバルチック艦隊を撃滅しました。
    そしてこの日は、かつては「海軍記念日」とされていました。
    いまでも日本海海戦記念日として、各所で式典が開催されています。

    そこで今日は、この日本海海戦が持つ意味について考えてみたいと思います。



    Facebookでいただいた一昨日の永田町でのデモの様子
    永田町のデモ



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • ある女性たちの遺書


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    20150522 満州国


    「二十二名の私たちが、自分の手で生命を断ちますこと、軍医部長はじめ婦長にもさぞかしご迷惑のことと、深くお詫びを申し上げます。私たちは、敗れたとはいえ、かつての敵国人に犯されるよりは死を選びます。たとえ生命はなくなりましても、私どもの魂は永久に満州の地に止まり、日本が再びこの地に帰ってくる時、ご案内をいたします。その意味からも、私どものなきがらは、土葬にして、この満州の土にしてください。」

    たとえ生命はなくなりましても、私どもの魂は永久に満州の地に止まり、日本が再びこの地に帰ってくる時、ご案内をいたします。

    のっけから、たいへん重たい手紙ですが、これは満州で集団自決した看護婦の乙女たちの遺書です。
    二度と乙女たちに、冒頭のような悲惨な遺書は書かせない。
    安全保障に関する議論がさかんですが、これこそが、あるべき国民の決意というべきものであろうと思います。

    この遺書は、昭和21(1946)年6月20日、つまり終戦後に書かれたものです。
    事件の詳細については、拙ブログ記事「祖国遙か」(http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1653.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1653.html)に詳しく書いていますので、そちらを御覧ください。
    長文ですが、実話です。
    まだお読みでない方は、是非一度目を通していただければと思います。


    『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首(その1)①』
    岡野俊昭 AJER2015.5.22(1)


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 品川区大崎での講演のお知らせ


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    20150517 東京公演
    (↑クリックすると拡大します↑)


    5月27日(水)18時から、品川区大崎にある南部労政会館で講演をします。
    主催は東京都政を監視する会で、当日のテーマは「江戸の暮らしと東京のこれから」です。
    江戸の歴史の概略と、現状の都政の問題点についてお話します。

    平日ですが、場所が都内でもあり、JR大崎駅から歩いてすぐのところですので、ご都合のつく方は是非、ご来集ください。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク