• 小さな伝令使


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    鳩魂塔


    まず、一文をご紹介します。
    かつての国民学校小学校4年生の國語の教科書に載っていた文です。
    原文のままではなく、ねず式で現代語訳しています。

    *****
    『小さな伝令使』
    国民学校小学校4年 國語十二より

    昭和6年12月31日の夕暮に、大石橋守備隊の鳩舎(きゅうしゃ)へ、血に染まった一羽の鳩(はと)が、飛んで来た。
    取扱兵が、すぐ抱き上げて足の番号を見ると、四日前に、錦州(きんしゅう)へ向けて出発したわが軍が、連れて行つた鳩であった。
    信書管は血にまみれ、身には重い傷を負って、息もたえだえであった。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 軍犬利根の物語


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    20150627 キキョウ


    戦時中の小学3年生の國語の教科書に掲載されていた「軍犬利根」の物語をご紹介します。
    短文ですので、ぜひ、ご一読いただければと思います。
    原文は、旧仮名遣ですが、以下は、ねず式で現代語に加工しています。

    私の感想は、その後に書きます。

    ****************
    【軍犬利根】
    文部省初等科國語一(小学三年生)教科書より

     *一

    利根は、小さい時、文子さんのうちで育てられた、勇ましい軍犬です。
    文子さんが、ちょうど三年生になったばかりのころ、おじさんの家から、子犬を一匹もらって来ました。
    その親が、軍犬として、戰地ではたらいてゐると聞いた文子さんは、もらった子犬も、りっぱな軍犬にしてみたいと思いました。

    子犬には、利根という名をつけました。
    それは、おじさんの家のそばを流れている、大きな川の名を取って、お父さんがおつけになったのです。

    軍用犬利根



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • シッタン河畔に全滅した日赤新和歌山班ー従軍看護婦の悲劇


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    20150625 ユリ


    日華事変から大東亜戦争にかけて、日本赤十字社から戦地に派遣された従軍看護婦の数は、約千班、3万人にのぼるとされています。
    このうち戦死者は、日赤発行の「遺芳録」によると1085人に及びます。
    戦争の初期には肺結核に侵されて倒れ、Chinaでは伝染病に罹患して戦地で没し、後期には銃弾や爆弾による戦傷死が起きています。
    その中から今日は、終戦直前にビルマに派遣された日赤新和歌山班のお話を書いてみたいと思います。

    日赤の「新和歌山班」は、昭和18(1943)年11月5日に、日赤和歌山支部で編成されました。
    班長1,婦長以下看護婦21、使丁1、計23名の構成です。
    彼女たちは、編成完了とともに、ただちに和歌山を出発し、海路でシンガポールまで行き、そこから陸路でマレー半島を北上して、ビルマ(現ミャンマー)の山中にあるプローム県パウンデーに設置された第百十八兵站病院に配属となりました。

    この病院は、病院長の笠原六郎軍医中佐のもと、高卒のビルマ人女性たち80人を補助看護婦として養成していました。
    新和歌山班の看護婦達は、着任したその日から、補助看護婦たちと手をとりあって、日夜医療業務に励んだのです。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 特攻隊と米士官の証言


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    素晴らしい動画がありましたので、ご紹介します。

    世界が語る神風特攻隊


    左巻きの学者たちは、特攻はほとんど成果がなかったとかいい加減なことを吹聴して回っているけれど、この動画の中で米軍の側が、
    1 特攻による米軍の死傷者は、大戦中の海軍全体の被害の8割にのぼる。
    2 特攻があったがゆえに、日本本土へと海軍を進めることができなかった。
    3 米軍は、特攻による戦果が「なかった」ことにしたいがために、軍船を撤退させることができなかった。
    とちゃんと述べています。

    戦後左翼の宣伝って、いったい何だったのだろうかと言いたくなります。

    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。


    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 倭塾 第19回公開講座開催のお知らせ


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    20150610 あさがお


    ■────────────────────────■
    前回に引き続き、今回も東陽町での開催になります。
    ■────────────────────────■

    公開講座です。
    どなだでもご参加いただけます。
    楽しくて、とってもためになる講座です。
    お誘い合わせの上、是非ご参加ください^^

    ※今回も夕方からの開催です。

    【倭塾第19回公開講座】
    1 日時  平成27年 7月11日(土)
      18時30分開講〜21時30分終了

    2 テーマ
      百人一首に学ぶ取り戻すべき日本のカタチ
      〜中盤の歌を中心として〜
      講師 小名木善行

    3 場所
      江東区文化センター 第三研修室
      〒135-0016 東京都江東区東陽4-11-3
      TEL03-3644-8111

      江東区役所のすぐとなりです。
      最寄り駅は、地下鉄東西線「東陽町駅」
      駅から徒歩2分です。

    4 参加費 2000円(参加費1500円+初回費500円)
     ・割引券ご持参の方は1500円だけです。
     ・次回以降に使える割引券をご来場の際に発行します。
     ・今回、未成年者は無料です。

    5 懇親会
      塾の講座修了後、懇親会を予定しています。
      懇親会は、参加費最大3000円以内です。

    6 その他
      書籍『昔も今もシリーズ』『百人一首』の本の販売をいたします。
      ご希望の方にはサインなどさせていただきます。

    8 Facebookご利用の方は、このイベントページから参加表明いただくことができます。
      https://www.facebook.com/events/860374777388100/</u>">https://www.facebook.com/events/860374777388100/
      事前申込みは特に必要ありません。
      当日会場に直接お越しいただければOKです。

    9 今後の予定
      8月15日15時〜 靖国神社合同昇殿参拝
      https://www.facebook.com/events/483116715174832/</u>">https://www.facebook.com/events/483116715174832/
      9月5日18時〜 場所:江東区文化センター
      https://www.facebook.com/events/1445305559105326/</u>">https://www.facebook.com/events/1445305559105326/

      倭塾は毎回、満員御礼で、会場はぎっしりでした。
      9月から、会場の広さがこれまでの倍になりますので、
      これまでよりも気持ちよくご受講いただけようかと思います。

    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。



    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • トイレが個室であることの幸せ


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    ローテンブルグの城壁に設置されたトイレ
    20150623 ローテンブルグの城壁に設置されたトイレ


    先日テレビをつけたら、たまたま埼玉県川越にある喜多院の徳川家光公誕生の間を紹介していました。
    番組ではタモリが見学に行き、寺の住職がそれを案内するというものだったのですが、驚いたのが「厠(かわや)」の案内でした。

    それが下の写真の厠ですが、住職の説明では、この厠で家光公が用をたすときは、警護の武士が4名、この小部屋の四隅に立ったというのです。
    聞いて驚きました。
    常識で考えたらわかることです。
    説明のとおりなら、150cm四方くらいの小さな部屋に大人5人が入ったことになります。
    いわば満員電車みたいなすし詰め状態になるわけで、そのような状態でどうやって刀を抜いて防戦するのでしょうか。
    刀を抜いた瞬間に肝心の家光公が怪我をしてしまいます。

    やまと新聞 小名木善行の「百人一首」10番歌 蝉丸
    これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬもあふ坂の関



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 小野小町の美しさ


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    森田春代画「夢紫(ゆめむらさき)」
    20150614 森田春代画「夢紫


    百人一首は、全体の構造が「序破急」の順になっていて、だいたい24番歌くらいまでが歌の読み方と500年続いた平和の時代の始まりと構造に関する歌になっています。
    その後、平和な時代というのがどういう時代かを象徴する歌が続き、75番歌からが、その時代が崩壊していくさまと、その崩壊をなんとかしてくい止めようとする人々の努力の歌になっています。

    そうしたなかで、小野小町の歌は、百人一首の9番の収蔵です。
    これは、百人一首に登場する女性としては持統天皇に次ぐ2番目の登場であり、藤原定家にとっての日本の女性のいわば理想的姿が、ここに描かれています。

    そこで今回は『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!」第二巻から、小野小町のご紹介をしてみたいと思います。


    やまと新聞 小名木善行の「百人一首」
    9番歌 小野小町 
    花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク