• 中共の人民解放軍は国軍ではない


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    日月神示 覚醒と実践


    「(Chinaの)人民解放軍というのは、外国との戦争の際に自国を守るためにあるのではなく、中国人民の反乱から共産党幹部の身を守るためにある。だから彼らは皆、海外に資産を持っており、いつでも国を脱出できるようにしている。」

    実はこの言葉は、ある本から抜粋したものです。
    もうすこし続けます。

    「この人民解放軍、中国の国軍ではありません。
    驚いた方もいると思いますが、人民解放軍のスポンサーは、人民ではなく共産党であり、正式には「党軍」なのです。
    そもそもは大陸の各地でそれぞれの地域を治めてた自称軍隊、馬賊、武装蛮族らが殺戮を繰り返して集団化、結果として中国全土では7つの「軍閥」に集約されました。
    (中略)
    ちなみに7つの軍閥の中で「瀋陽軍区」(旧満州に相当する東北地区を治める軍閥)は、親日度の高い集団です。
    このエリアは古くから満州族(清朝を起こした民族)が治めていたエリアであり、満州族を排除・排斥して来た漢族への不満がひときわ高いエリアです。
    中国全土で反日騒動が激しかった頃、中国東北部の大都市・大連市で反日運動がまったく起きなかったことがそれを証明しました。
    名称と実態がこれほど乖離する軍隊も珍しいと思います。」

    実はこの文は、今月末発売の中矢伸一著『日月神示 覚醒と実践 天変地異を乗り越え、神仕組みへの正念場』第二章83ページからの抜粋です。
    この本で語られるのは、China人民解放軍のことばかりではなく、天変地異のお話、世界支配の本当の構造、医療と食の闇と真実、常識を変える超技術、新世界秩序など多岐にわたりますが、いま世の中で起きていることの本質をズバリと解きほぐしてくれています。

    【新シリーズ予告】通史で学ぼう!「目からウロコの日本の歴史」


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク