• 台湾で二千人の警察官の命を救った日本人


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    昨日の倭塾は、ご来場者総数109名で、80名の部屋でしたので立ち見どころか部屋からはみ出してしまう満員御礼となりました。
    これもみなさまのご贔屓の賜物です。心から感謝申し上げます。


    廣枝音右衛門
    20160115 廣枝音右衛門


    昨日の台湾の総統選挙では、民進党の蔡英文氏が大差をつけて圧勝しました。
    今回は中共の政治的干渉が少なかったことで、本来のあるべき台湾の民意が反映した結果です。
    ただ台湾が、相変わらず支那本土を国土とする中華民国で行くのか、それとも支那本土とは異なる台湾という国家となっていくのか、これからの舵取りに注目です。
    まずは、お祝いです。
    そこで今日は、台湾にちなんだお話をしたいと思います。

    戦前、台湾で警察官といえば、エリート中のエリートでした。
    当時は、警察官になることは、東京帝大に合格するよりむずかしいことと言われたほどです。
    台湾において、警察官はそれだけ名誉ある職業であり、人々から尊敬される職業でした。

    その台湾で、いまも神として祀られている警察官がいます。
    廣枝音右衛門(ひろえだおとえもん)といいます。

    廣枝音右衛門は、明治38(1905)年に、神奈川県小田原市で生まれた人です。
    逗子の開成中、日大予科と進み、昭和3(1928)年、佐倉歩兵第57連隊に入隊して軍曹となりました。
    任期満了で除隊したあと、湯河原の小学校教員などをしていたのですが、昭和5(1930)年に台湾に渡り、競争率100倍という超難関の試験に合格して、台湾、新竹州で警察官を拝命しています。

    この時代の台湾の警察官の役割は、日本本土の警察官と違って、日本の江戸時代の与力、同心などの系譜を引く、明治時代の駐在さんに近い存在でした。
    ですから治安活動は、犯罪の予防に重点が置かれ、さらに治安維持を兼ねて台湾の人々の教育や文化水準を内地の日本人と同等にまで引き上げる任務を負いました。

    すこし詳しく説明すると、いまの日本の警察は「起きた事件を捜査したり、犯行現場に駆けつけて犯人を逮捕する」役割ですが、もともとの日本の奉行制度というのは、そうではなくて、犯罪が起こることを予防することが最も大切な役割とされました。
    逆にもし管内で重大犯罪が起きれば、奉行は切腹だったわけです。
    ですから奉行の配下である与力や同心は、犯罪を未然に防止するために、長屋毎に番所を設けたり、質の悪い極道者は、親分さんのところで厳しく面倒をみてもらったり、とにかく犯罪が起きないように万全の対策を施していたわけです。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク