• 琵琶湖疏水(びわこそすい)


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20160331 琵琶湖疏水


    田辺朔郎(たなべさくろう)は、琵琶湖疏水(びわこそすい)をつくった人です。
    疏水(そすい)というのは運河のことです。
    田辺朔郎は、明治のはじめに琵琶湖の湖水を京都まで通す運河を築いた人です。

    琵琶湖の湖水は、出て行く川は瀬田川だけです。
    その瀬田川が琵琶湖から南下し、京都の南側にある宇治を通って山崎あたりで宇治川に接続しています。

    もし京の都に琵琶湖と結ぶ運河があったら、という構想は実は秀吉の時代には提案されていたことなのですが、途中は山です。
    たいへんな難工事になる。

    いまあるたいがいの一級河川の堤防や土手は、ほぼ江戸時代に出来上がったもので、たとえば関東だと坂東太郎と呼ばれた利根川の水を、東京湾ではなく銚子方面に逃し、代わって江戸には江戸川を人工的につくったりする等、江戸時代の治水事業は、たいへんに高い技術があったのですが、その江戸時代においてさえ、琵琶湖と京都をつなぐ水路づくりは見送られ続けてきていたのです。

    ところが、幕末になると、京の都で大阪夏の陣以来249年ぶりに大名同士の戦(いくさ)が起こり(蛤御門の変)、おかげで市街の民家3万戸が焼け出され、さらにその復興もままならないうちに、明治維新が起こって天皇が東京に奠都(てんと)してしまいます。
    このため京の都では、さらに人口が減少し、産業も衰退して壊滅的な状況に至るわけです。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 中世のChina


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    入唐求法巡礼行記


    世界で、「東アジアの三大旅行記」と呼ばれている古典書物が三つあります。
    ひとつは、マルコ・ポーロの『東方見聞録』です。黄金の国ジパングの記述で有名です。
    もうひとつは、僧正玄奘(げんじよう)の『大唐西域記』です。これは、孫悟空の活躍する西遊記としても有名です。
    あとひとつは何でしょうか・・・?

    答えは『入唐求法巡礼行記』(にっとうぐほうじゅんれいこうき)です。
    これは遣唐使としてChina(唐の国)に渡った平安時代の日本人僧侶の円仁(えんにん、794-864)が、唐の国での体験を綴った本です。
    円仁は、栃木県出身の僧侶で、第三代天台座主の慈覚大師(じかくだいし)としても知られている人です。

    『入唐求法巡礼行記』は、全文漢文で書かれており、世界にも知られ、世界ではこの三つを称して中世の「東アジアの三大旅行記」としています。
    この内容がすごいです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 望月カズ


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    望月カズ 47歳当時_th
    望月カズ 47歳当時


    韓国で「38度線のマリア」と呼ばれた日本人女性がいます。
    Korea戦争から、生涯で133人もの韓国戦災孤児を育て、昭和46(1971)年には、朴正煕大統領(朴クネ現大統領の父)から韓国名誉勲章並びに冬柏賞がそれぞれ授与されています。

    お名前を「望月カズ(旧姓:永松)」といいます。
    昭和2年(1927)、東京・杉並区の生まれです。

    4歳のとき母と二人で満州に渡ったのですが、6歳で母を亡くし、孤児となってしまいました。
    このためカズは、農奴(大陸にあった農業奴隷)として、China各地を転売されながら子供時代をすごします。
    昭和19年(1944)、17歳になったカズは、このときKoreaの城津に売られてきていたのですが、そこで偶然知り合った永松晃・礼子夫妻に養子にしてもらい、やっと日本国籍を得ています。

    ところが終戦となる。
    このとき望郷の念に駆られたカズは、日本行きの船で密航して日本に帰るのですが、身よりもないうえに、焼土となった日本に絶望し、再度満州に渡ろうとしてKorea半島に戻ります。
    ところが時を同じくして、Korea戦争が勃発し、カズはソウルに足止めとなってしまう。

    ソウルに攻め込んだ北Korea軍、市民を放ったらかしにして逃げてしまった李承晩大統領。ソウルに取り残されたカズは、そこで胸を撃たれて銃弾に倒れた女性の胸に抱かれて血まみれになっていた男の子を助けます。
    このことがきっかけとなり、カズは次々と孤児たちを救い、孤児たちの母として生きていくようになりました。
    かつての自分と同じ身の上の子供達を、カズはほっておくことができなかったのです。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 苦しみを乗り越える


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20160327 春の日の出


    孟子の『告子下・第十五』にある言葉です。
    ********

    故に天の将に大任を是の人に降さんとするや 故天将降大任於是人也
    必ず先づその心志(しんし)を苦しめ    必先苦其心志
    その筋骨を労し              労其筋骨
    その体膚(たいひ)を餓やし        餓其体膚
    その身が行ところを空乏せしめ       空乏其身
    行ひ為すところを払乱せしむ        行仏乱其所爲所

    心を動かし性を忍ぶを以って        以動心忍性
    その能はざる所を曽益せしむる所以なり   曽増其所不能




    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 藤堂仁右衛門の武士の道


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20150702 蓮


    関ヶ原の合戦のときのことです。
    伊勢・伊賀32万石の大名であった藤堂高虎の家臣に、藤堂仁右衛門(とうどうにえもん)という人がいました。
    藤堂仁右衛門は、激しい戦いの中、水を飲もうと谷川に降りたところ、そこで敵の大将、大谷吉継の重臣である湯浅五助(ゆあさごすけ)に出会いました。
    さても勇名で鳴らした湯浅五助です。
    「いざや、尋常に勝負!」と藤堂仁右衛門は、手にした槍を持ちかえました。

    すると湯浅五助は、「いや、待たれよ」という。
    「実はいま、主(あるじ)の大谷吉継の首を埋めているところでござる。勝負はするが、貴殿を見込んでお願いがござる。主人の容貌は、腐りの病で見るに耐えぬほどになっている。首を晒されたなら天下に醜貌(しゅうぼう)を晒すことになろう。ついては首を埋めたこの場所を、どうか他言しないでもらいたい。我が願いを聞き届けとあらば、よろこんで槍を合わせよう。」というのです。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 倭塾 第27回 公開講座のお知らせ(再)


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20160315 倭塾


    次回倭塾開催まであと7日と迫ってまいりました。
    次回4月2日の倭塾は『古事記』の「大国主神神話」です。
    因幡の白兎からはじまって、
    「汝がウシハクこの葦原中つ国は、我が御子のシラス国ぞ!」と続く、古事記神話のひとつの山場となる物語です。
    時間の都合で物語全部の解説は無理ですが、特にハイライトとなる部分に加えて、これまで解説されたことのほとんどなかった箇所も含めて、すこし詳しく内容をみてみようと思います。

    なお今回は、階段状の大研修室です。
    人数に限りがありますので、お早めにお越しください。
    またFacebookご利用の方は、事前にご参加表明いただくと、受付がスムーズになります。
    https://www.facebook.com/events/1067029669981977/">https://www.facebook.com/events/1067029669981977/

    皆様のご来場を心からお待ち申し上げます。

    【お知らせ】
    次の次の回である5月の倭塾の開催日程が変更になっています。
    5月22日(日)18:30の開催になります。
    下にURLがあります。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • いろいろな歴史認識


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20160324 高千穂峰と天の逆鉾
    高千穂峰と天の逆鉾


    歴史とは「過去の事実の因果関係を記述したもの」のことをいいます。
    少し詳しく言うと、歴史は

      直進する時間
      時間を管理する技術
      文字で記録をつくる技術
      ものごとの因果関係の真実

    の4つが揃ってはじめて歴史となることを意味します。

    ところがこのような、いわば「歴史因果関係説」というのは、世界の中ではむしろ少数派です。
    たとえば古代インド文明は、歴史を持ちません。
    なぜなら、彼らは輪廻・転生の思想を持ち、事件や事故の原因を前世に求め、その結果を今生と考えるからです。
    前世が未来になる場合もあるわけですから、そこには時間の直進さえありません。

    またイスラム文明も、一瞬一瞬はすべてアラーの神の思し召しと創造によると考えます。
    瞬間自体が新たに創造されるものなのですから、そこに因果律はありません。
    つまり「歴史を持たない文明」も、世界には数多く存在するのです。

    一方、「歴史を創作する文明」もあります。
    それがヨーロッパの地中海文明と、China文明です。




    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク