• 北方領土と我が国主権のお話


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    千島列島と樺太


    北方領土は、日本の領土です。
    歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島のことを言っているのではありません。
    樺太の南半分と、千島列島はカムチャッカ半島の手前にある占守島までの千島列島の全部が、日本の領土です。
    ということは南樺太から千島列島にかけてのオホーツク海と、千島列島から南東に張り出した太平洋の広大な海域が、日本の領海です。

    そういうと「ああ、戦前の話か」と思う方もおいでになるかもしれません。

    いいえ違います。
    すくなくとも「民主党内閣ができる前まで」は、樺太の南半分と千島列島全部は、日本の課税台帳に記述があったのです。
    課税台帳に記述があったということは、日本は「主党内閣ができる前まで」、そこを「日本の領土」として認識していた、ということです。
    ところが「主党内閣ができた後」、そこが領土から「消えて」しまいました。

    すこし詳しく述べます。

    平成22(2010)年3月31日まで、日本は札幌国税局根室税務署の課税台帳には、樺太の南半分と千島列島全部について、日本の領土としての記述がありました。
    つまり日本は、そこを日本の領土として認識していたということです。
    (ロシアは一方的に占領支配していただけです。)

    ところが、2009年夏、民主党が政権与党となり、鳩山由紀夫内閣が誕生しました。
    鳩山内閣は国民に何も知らせないまま、
    「北海道総合振興局及び振興局の設置に関する条例」
    「財務省組織規則の一部を改正する省令」を改正し、南千島から先の中部千島、北千島の島々を帳簿から削除してしまったのです。

    ですから平成22(2010)年4月1日からは、この広大なエリアは、日本国民が知らない間に、ロシアが占領し軍事的に実効支配する無主地となってしまいました。
    ひどい話です。当時の民主党鳩山総理は、国会審議を要しない「省令」レベルで、北方領土を勝手に日本の領土から外してしまったのです。
    こんなことが許されるのなら、たとえば竹島にしても韓国が実効支配し、日本が課税台帳から削除すれば、国民が誰もしらないまま、竹島とその周辺海域は日本の領土から消えてなくなります。

    領土に関する話です。
    本来なら国会審議が必要なことでしょう。
    ところが、領土に関する規程が、いまの日本国憲法にはまったくないのです。
    というか構造上、規程できないのです。
    ですから国会での審議さえ、実は困難なのです。

    基本的に領土とは、その国に主権者があり、その主権者が持つ主権の及ぶ範囲が、その国の領土、領海、領空と規程されます。
    主権者というのは、株式会社で言ったら、代表者代表取締役みたいなもので、その国の統領のことを指します。
    軍事的紛争が起きた時、最終的に講和をするのは、その主権者間で行うのであって、主権者は人でなければならず、その主権者が不在では交戦後の講和もできません。

    ところが日本国憲法は、「国民主権」です。
    「国民主権」ということは、国民一人ひとりが皆、主権者であるということです。
    会社でいえば、社員全員が代表者として銀行から会社名義の借金をすることが許容されるようなものです。
    そして、コトは、これだけにおさまらないのです。
    領土主権の範囲が確定できないのです。
    だから逆に国会決議さえも要しないで、領土の処分ができてしまったのです。

    「国民主権」ということは、日本国民ひとりひとりが主権者としての権限を持つということです。
    ですから仮に日本国籍を持つ日本人が外国で土地を買ったとすると、そこは日本国憲法上は「日本の主権地」ということになります。
    これは「そこが日本になった」ということです。
    つまりそこには、理論上は日本国憲法が及ぶ地です。

    これは他国の領土への侵略です。領土侵犯です。戦争を招く行為です。
    実態はともかく、理論上はそのようになってしまいます。
    いきなりこのようなことを言われるとびっくりさせてしまうと思いますが、実は「国民主権」とは、かくも恐ろしい規程なのです。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク