• 一罰百戒(いちばつひゃっかい)


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20160619 伊丹小学校


    天宇受売(あめのうずめ)といえば、天の岩戸を開くときに激しいダンスを踊られた神様であるとして有名です。
    ところがこの天宇受売、天孫降臨のところにも登場します。

    天孫降臨の際に、猨田毘古(サルタヒコ)が邇邇芸命(ににぎのみこと)の道案内をしてくれるのですが、その猨田毘古が、邇邇芸命が新たな治世を始めようとする矢先、月見貝に手を挟まれて海で溺れてしまわれるのです。

    このことを知った天宇受売は、すぐに海の生き物たちに招集をかけると、「邇邇芸命に仕えるか?!」と問います。
    そしてそのときに、黙っていたナマコに、
    「この口が答えぬ口かっ!」と言って、刀でナマコの口を斬り割いたという描写が古事記にあります。
    この逸話は、現代法に馴れた私たちには行き過ぎ感があるように思われるかもしれませんが、実は、みんなが豊かに安心して安全に暮らせる世の中を作るためには、とてもたいせつなことです。

    まず猨田毘古に噛み付いた月見貝、つまりテロの実行犯は、テロの組織の中では、末端の構成員でしかありません。
    音頭を取っている悪者は他にいるわけです。
    けれど初動段階では、その悪者が誰かまではわかりません。

    迅速な対策が採られなければ、テロはエスカレートします。
    はじめは、たいして害にもならない軽微な事件であっても、オウムがはじめは役所に集団で怒鳴りこむ程度だったものが、次第に坂本弁護士一家殺害をしたり、果ては東京の上空からサリンをばら撒こうとしたりの例にあきらかなように、犯罪は必ずエスカレートするわけです。

    これは困ったことです。
    主犯がわからない。末端を処罰してもたいした罪にもならない。
    処罰することが、かえって「甘い」という認識をテロ集団に与え、以後のテロをエスカレートさせる。
    けれど主犯はわからない。

    ではいったいどうしたら良いのでしょうが。
    世論を味方につけるしかありません。
    世間に警鐘を与え、施政者の目だけでなく、市民の目が、テロを見張ることができるようにしていく必要があります。
    そのためには、施政者側の明確な意思を示す必要があります。

    そこに「一罰百戒」の意義があります。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 日本アニメと対等意識


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20160530 Pasted Graphic 2_th


    上にある絵は、先日Facebookから拾ったものです。
    (絵をクリックするとそのHPに飛びます)
    私はむしろ、
    「Equality」が平等なら、
    「Justice」は対等と訳すべきと思いました。
    そして「Capitalism」がウシハクです。

    さてそこで今回は、『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人・第二巻』から、その「序にかえて」に掲載した「日本アニメと対等意識」をご紹介します。
    すでにお読みになられた方も多いかと思いますが、アニメもマンガも小説も、それぞれの国の文化です。
    このことは、英米文学やフランス文学、ドイツ文学を学ばれた方などには、ものすごくご理解いただけると思います。

    文学も、近年のアニメやマンガも、その国の歴史伝統文化を反映します。
    そして、その反映した文化が「共感」を得たとき、その文化は民族や言語、時間の壁さえも越えて、多くの人々から愛されるのです。
    そのことを踏まえて、以下の小文をお読みいただけたらと思います。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 中山成彬先生第一声


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    日、日本のこころを大切にする党、並びに中山成彬先生の第一声が次の場所で行われます。
    ご都合の付く方は、是非ご参集下さい。

    1 日時 6月22日 10時30分 東京.銀座三越前
    日本のこころを大切にする党 第一声
    中山恭子代表他
    数多くの先生方が登壇なさいます。
    2 日時 6月22日 12時30分 渋谷ハチ公前
    中山成彬先生、第一声。

    私も行きます。
    よろしくお願い申し上げます。
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 選対本部長


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    中山恭子1208


    ご報告です。
    明日公示となる参院選において、
    中山成彬先生の、
    選対本部長に就任しました。
    私にはまったく経験がないことです。
    みなさまのご支援ご声援がなにより大切です。
    全力を尽くして頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 義烈空挺隊


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    奥山道郎義烈空挺隊大尉
    奥山道郎陸軍大尉


    昨今の沖縄では、戦時中の沖縄戦において、本土は沖縄を見捨てたのだとか、あまりにも理不尽なデタラメのプロパガンタが横行しています。
    ならば、戦艦大和はどこに向かおうとして沈んだのか。
    特攻隊はどこを守ろうとして、敵艦ひしめく海に散ったのか、
    と問うてみたいと思います。

    こういうデタラメというのは、発言の端から次々に馬脚が出てきます。
    先日書きましたように、数十年かけてでっちあげた慰安婦の嘘が、たった2分の日本人女性二人のたった2分の演説で根こそぎひっくり返るように、百万遍の嘘もひとつの真実の前にはもろくも崩壊するのです。
    世界はバカではありません。

    もっとも、反日が国是であり建国の端緒である国や、反日であることが敗戦利得者としてのウシハク経済基盤の根拠になって、体が左側に斜めに傾いているような人たちには、何を言ってもはじまらないのでしょうが、すでに国際世論は、彼らのバラまく嘘に気付き、彼らの存在をたいへん迷惑なものと気付きつつあります。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 人は死なない


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20160601 ラベンダー


    すこしスピリチュアルなお話をします。

    これは、先日行われた「女性のための古典塾」でもお話させていただいたことなのですが、その日は清少納言についてのお話をさせていただきました。

    清少納言といえば、世界最古の女流小説を遺した紫式部と並ぶ、女流随筆文学としてやはり世界最古の文学を遺した、日本の中世を代表する優秀な随筆家であり、歌人です。
    ものすごく優秀な女性で、かつ魅力的な女性であることは、ねず本の第二巻でも『枕草子』の現代語訳などをご紹介して、詳しくお話させていただきました。
    またブロクにおいても、
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1869.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1869.html
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2711.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2711.html
    などでご紹介させていただいています。

    ところがその清少納言について、最近の学者さんは次のように書いています。
    ある著名な高額の百人一首本からの抜き書きです。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 勇気とやさしさ〜パラオ・ペリリュー島の戦い


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20160530 パラオ共和国


    今回は『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人・第三巻』から、「勇気とやさしさ〜パラオ・ペリリュー島の戦い」をご紹介します。

    『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』は、
     第一巻 縄文から近代までの日本の良い話
     第二巻 日本人のやさしさと思いやり
     第三巻 日本人と戦争
    が、それぞれテーマです。
    3巻全部をお読みいただいた方のご感想では、
     女性の方は特に二巻がオススメ、
     男性の方は三巻が良いと言われる方が多いようです。

    今回ご紹介するペリリューのお話は、ねずブロでも、もう何度も取り上げているお話です。
    ただ、本の方は、極力政治色を薄めるように配慮し、文章も何度も校生していますので読みやすい文章になっていると思います。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク