• 新渡戸記念館廃館問題続報(第9回)


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    20170624 デーリー東北
    (画像はクリックすると、拡大します)


    『ねずさんと語る古事記・弐』6月15日発売です。
    ↓画像をクリックすると購入ページに飛びます↓
    20170526 古事記弐


    【お知らせ】
     7月 2日(日)13:30 黎明教育者連盟講演
     7月15日(土)18:30 第42回 倭塾 公開講座
     7月17日(祝・月)18:30 CGS【ねずさんとふたりごと】公開収録
     7月14日(金)08:00 ABCフォーラム朝食会(テーマ:百人一首)
     7月23日(日)14:00 第 1回 名古屋倭塾 公開講座(テーマ:古事記)
     7月27日(木)18:30 第17回 百人一首塾 公開講座
     8月15日(火)靖国神社昇殿参拝
     9月 2日(土)18:30 第18回 百人一首塾 公開講座
     9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座
    10月 1日(日)日心会『ねずさんと古事記』出版記念イベント
     *****

    青森県十和田市の新渡戸記念館配管問題については、これまで、
     15/06/06 新渡戸記念館を守れ!
     15/07/27 新渡戸記念館の文化財が霧散の危機に瀕しています
     15/08/21 十和田市の暴挙と新渡戸記念館
     15/09/14 新渡戸記念館問題
     16/08/31 新渡戸記念館問題シンポジウム開催のお知らせ
     16/09/06 十和田市誕生と新渡戸記念館
     16/09/25 安倍昭恵夫人も心配する十和田市政
     17/02/23 特定の会社の上下水道料金が50%もカットされているという奇妙なお話
    と、2015年6月以降、都合8回に渡って、その状況をお伝えしてまいりました。

    この廃館問題は、現在行政訴訟が進められているのですが、六月二十三日に、仙台高裁の判決が出ました。
    判決内容は新渡戸家側の主張に全面的に添うもので、
    裁判長は
     青森地裁の判決は間違いだと断言し、
     市の新渡戸記念館に対する契約不履行も問題だ
    とまで言ってくれています。
    これで形勢は逆転、十和田市は追い詰められることになります。
    日本の司法はまだ生きていました。
    正義は「貫けば必ず報われる」のです。

    判決により、市側が上告しなければ、訴えを却下した地裁判断が見直されることになります。
    昨年一月の青森地裁の判決は、
    「記念館の設置条例は、設置の目的を一般公益と定めており、特定個人が具体的な権利や法的利益を有する根拠はない」
    として、新渡戸記念館側の訴えそのものを不適切と判断していました。
    つまり市の行動そのものの行動を一切斟酌(しんしゃく)することなく、いわば門前払いの判決だったわけです。

    ところが今回の仙台高裁の判決は、
    「市は記念館の設置時に新渡戸家と交わした覚書で、
     史料の文化財としての価値を認め、
     適切な管理、保全を約束していたのだから、
     合理的な理由がない限り、
     条例による一方的な記念館の廃止は許されるものではない。
     したがって新渡戸記念館側の訴えは適法なものである」
    と結論付けて、青森地裁に裁判のやり直しを命じたものとなったわけです。
    こうなると青森地裁としては、
    「十和田市が行った新渡戸記念館の廃館には合理的な理由があったか」
    を判断する裁判を行わざるを得なくなります。



    ◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

    ◆youtubeの動画サイトをはじめました。
    ↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
    20170513 バナー _th
    ↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
    新しい動画がアップされました!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 年と歳


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    20170627 日本神話
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    『ねずさんと語る古事記・弐』6月15日発売です。
    ↓画像をクリックすると購入ページに飛びます↓
    20170526 古事記弐

    【お知らせ】
     7月 2日(日)13:30 黎明教育者連盟講演
     7月15日(土)18:30 第42回 倭塾 公開講座
     7月17日(祝・月)18:30 CGS【ねずさんとふたりごと】公開収録
     7月14日(金)08:00 ABCフォーラム朝食会(テーマ:百人一首)
     7月23日(日)14:00 第 1回 名古屋倭塾 公開講座(テーマ:古事記)
     7月27日(木)18:30 第17回 百人一首塾 公開講座
     8月15日(火)靖国神社昇殿参拝
     9月 2日(土)18:30 第18回 百人一首塾 公開講座
     9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座
    10月 1日(日)日心会『ねずさんと古事記』出版記念イベント
     *****

    先日もお伝えしましたが、古事記における年と歳の使い分けについて、再度考えてみようと思います。
    古事記が戦後に否定されている理由のひとつに、古代の天皇の寿命があまりにも長過ぎるという点があげられています。
    たとえば、
     初代神武天皇は、137歳
     第6代孝安天皇は123歳
     第10代崇神天皇は168歳
     第11代垂仁天皇は153歳
    という記述です。

    それぞれ古事記は「天皇御年」がこれだけの期間だったと書いています。
    「天皇御年」ということは、素直に読めば天皇に御即位されてから退位、譲位、または崩御されるまでの年数というと読めるのですが、そうなると寿命がすさまじい年数になります。
    だから「おそらくこれは御生誕から崩御までの年数ではないか」ということになっています。

    しかし「そんなに長生きするはずないだろう!」ということになって、そこから、古事記は荒唐無稽な根拠の乏しい作り話、つまり「Myth(=神話)」に他ならないなどと言われてきたわけです。

    そこで近年では、暦は農業と密接な関係があり、西日本一帯は今も昔も稲を年二回収穫する二期作だから、昔の日本では一年を半年でカウントしていたのではないかという推論が生まれました。
    これが「二倍年歴法」という名称を得て、神武天皇は137÷2だから68歳と半年の御寿命だったのではないか、そうすると仁徳天皇くらいまでは、書かれている寿命を半分として読んで、そうなると神武天皇の御即位は、日本書紀に基づき、西暦紀元前660年ではなく、紀元70年前後だったのではなかろうか、といった推論がなされるようになりました。

    ところが古事記の記述を読むと、実は「年」と「歳」を明らかに使い分けて記述しています。
    たとえば初代神武天皇(神倭伊波礼毘古命)については次のように書いています。

     神倭伊波礼毘古天皇御年壱百参拾七歳
     御陵在畝火山之北方白檮尾上也

    漢字ばかりで読みにくいかもしれませんが、読み下しますと、「神倭伊波礼毘古(かむやまといはれひこ)天皇(すめらみこと)の御年は137歳にて御陵は畝傍山(うねひやま)の北方の白檮尾(かしお)の上なり」となります。
    現代語訳すると、
    「神倭伊波礼毘古は、天皇の御年137歳で畝傍山の北方のカシオの上の御陵に埋葬されました」となります。
    ご欄頂いてわかりますように、「天皇御年」と「137歳」というように、古事記は明らかに、年と歳とを書き分けています。


    ◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

    ◆youtubeの動画サイトをはじめました。
    ↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
    20170513 バナー _th
    ↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
    新しい動画がアップされました!
    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 悪しき弟子を畜(やしな)へば師弟地獄に堕(を)ちるべし


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    20170626 寺子屋
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    『ねずさんと語る古事記・弐』6月15日発売です。
    ↓画像をクリックすると購入ページに飛びます↓
    20170526 古事記弐


    【お知らせ】
     7月 2日(日)13:30 黎明教育者連盟講演
     7月15日(土)18:30 第42回 倭塾 公開講座
     7月17日(祝・月)18:30 CGS【ねずさんとふたりごと】公開収録
     7月14日(金)08:00 ABCフォーラム朝食会(テーマ:百人一首)
     7月23日(日)14:00 第 1回 名古屋倭塾 公開講座(テーマ:古事記)
     7月27日(木)18:30 第17回 百人一首塾 公開講座
     8月15日(火)靖国神社昇殿参拝
     9月 2日(土)18:30 第18回 百人一首塾 公開講座
     9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座
    10月 1日(日)日心会『ねずさんと古事記』出版記念イベント
     *****

    以前にもご紹介したことがあるのですが、江戸時代に寺子屋で教科書として使われた「童子教(どうしきょう)」は、現代日本人が忘れている大切なことを教えてくれています。
    それは童子教の冒頭からはじまるのですが、そこに何が書いてあるかというと、次の言葉です。

     ****
    1 夫貴人前居 夫(そ)れ貴人の前に居ては
    2 顕露不得立 顕露に立つことを得ざれ
    3 遇道路跪過 道路に遇ふては跪(ひざまづ)いて過ぎよ
    4 有召事敬承 召す事有らば敬つて承れ
    5 両手当胸向 両手を胸に当てて向へ
    6 慎不顧左右 慎みて左右を顧みざれ
    7 不問者不答 問はずんば答へず
    8 有仰者謹聞 仰せ有らば謹しんで聞け
     ****

    目上の人の前では、かしこまれ、ということです。
    「かしこむ」というのは、恐れつつしむという意味で、どこまでも厳しく目上の人を立てよ、ということです。
    よく時代劇などで、若侍たちが侃侃諤々の議論をしているところにご家老が入ってくると、全員がかしこまって、正座して礼をしますけれど、まさにあのスタイルです。

    ただし、Chinaや半島のような下卑た慎み方は必要ありません。
    一寸の虫にも五分の魂です。
    堂々と、そして規律正しく、礼をとります。それが日本式です。



    ◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

    ◆youtubeの動画サイトをはじめました。
    ↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
    20170513 バナー _th
    ↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
    新しい動画がアップされました!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 日本を学ぶこと


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    20170626 推古天皇
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    『ねずさんと語る古事記・弐』6月15日発売です。
    ↓画像をクリックすると購入ページに飛びます↓
    20170526 古事記弐


    【お知らせ】
     7月 2日(日)13:30 黎明教育者連盟講演
     7月15日(土)18:30 第42回 倭塾 公開講座
     7月17日(祝・月)18:30 CGS【ねずさんとふたりごと】公開収録
     7月14日(金)08:00 ABCフォーラム朝食会(テーマ:百人一首)
     7月23日(日)14:00 第 1回 名古屋倭塾 公開講座(テーマ:古事記)
     7月27日(木)18:30 第17回 百人一首塾 公開講座
     8月15日(火)靖国神社昇殿参拝
     9月 2日(土)18:30 第18回 百人一首塾 公開講座
     9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座
    10月 1日(日)日心会『ねずさんと古事記』出版記念イベント
     *****

    戦後左翼や在日外国人による日本破壊工作、その典型に沖縄の反日独立工作や、アイヌ分離工作があります。
    ウソでも捏造でも、とにかく日本を破壊したいというのが彼らの考え方です。
    そのためにはどんな卑劣な手段を使っても無罪だ、許されるのだと考えます。
    これは明らかな甘えで、しかも絵に書いたような卑怯卑劣です。
    普通の日本人の常識では考えられない非常識です。

    だから、誰もが「ここは日本なのにおかしいな」と思っていたら、なんのことはない、黒幕も運動員も日本人になりすました外国人だったということが近年はネットを通じて暴露され、運動員は世間の嘲笑を買うようになりました。
    森友学園、加計学園にレイプ報道等、意味不明の議論が続くと思ったら、なんのことはない「組織的犯罪処罰法改正法」略称「テロ等準備罪法」の成立を妨げたかっただけ。

    この法律はテロを未然に防いで市民の平穏な生活を守ろうという法律なのに、なぜかその名前まであたかも「共謀罪法」であるかのように偽装され、宣伝される。
    国会で「テロを未然に防ぐことに反対します」とはいえないから、別件で騒いだだけであるということは、いまどき、ほとんどの国民が知っています。
    もうバレバレなのです。

    そして自分で勝手に火をつけておいて、火事だ火事だと大騒ぎしているのも、結局は日本人になりすました外国人たちであるということも、すでに世間はしっています。
    日本人は馬鹿ではないのです。




    ◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

    ◆youtubeの動画サイトをはじめました。
    ↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
    20170513 バナー _th
    ↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
    新しい動画がアップされました!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • わかりやすい金融と国債の仕組み


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    20170625 利付国債
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    『ねずさんと語る古事記・弐』6月15日発売です。
    ↓画像をクリックすると購入ページに飛びます↓
    20170526 古事記弐


    【お知らせ】
     7月 2日(日)13:30 黎明教育者連盟講演
     7月15日(土)18:30 第42回 倭塾 公開講座
     7月17日(祝・月)18:30 CGS【ねずさんとふたりごと】公開収録
     7月14日(金)08:00 ABCフォーラム朝食会(テーマ:百人一首)
     7月23日(日)14:00 第 1回 名古屋倭塾 公開講座(テーマ:古事記)
     7月27日(木)18:30 第17回 百人一首塾 公開講座
     8月15日(火)靖国神社昇殿参拝
     9月 2日(土)18:30 第18回 百人一首塾 公開講座
     9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座
    10月 1日(日)日心会『ねずさんと古事記』出版記念イベント
     *****

    「国債=国の借金はウソ」ということを、最初にねずブロに書いたのは2008年のことでした。
    当時はgooブログを使っていて、翌年、いまのFC2に引っ越しました。
    その後、「国債=国の借金」ということが、どうやらウソであるということは、様々な保守系論壇さんの手で、だいぶ広がっては来ましたが、いまだにそのように信じている人もいるようです。
    そこで、ねず式で、このカラクリを金融の仕組みと組み合わせて、ものすごく簡単に解いてみたいと思います。

    まず、金融業(銀行業)についてお話したいと思います。
    金融業というのは、ひらたく言ったから金貸しのことで、これは「金貸しと売春は人類最古の職業」と呼ばれるくら、古い歴史のある商売です。

    金貸しは、もともとは自分のお金を貸していたのですが、そのうちに、貸すためのお金を預かるようになりました。
    これが「預金」です。
    自分のお金が10万円しかなくても、預金を90万円集めれば、100万円分を人に貸すことができます。

    すると、貸出金利が年6%であったとすると、
    元手が自分のお金の10万円だけのときの利益は6千円なのですが、預金を集めてお金を貸せば、元手が増えた分、利益も増えて、粗利は6万円になります。
    そこから預金者に利息を払います。預金の利率が3%なら、90万円×3%=2万7千円です。
    ですから金貸しさんの利益は、6万円ー2万7千円=3万3千円になります。

    少し考えたらわかっていただけると思うのですが、この金貸しさんのもともとの自己資金は10万円です。
    その10万円が1年後には133千円になっています。
    世の中に、年33%もの利益を得られる商売なんて、そうそうありはしません。
    これはボロい商売です。



    ◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

    ◆youtubeの動画サイトをはじめました。
    ↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
    20170513 バナー _th
    ↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
    新しい動画がアップされました!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 今月の書籍紹介


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    20170621 日本の死活問題
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    『ねずさんと語る古事記・弐』6月15日発売です。
    ↓画像をクリックすると購入ページに飛びます↓
    20170526 古事記弐


    【お知らせ】
     7月 2日(日)13:30 黎明教育者連盟講演
     7月15日(土)18:30 第42回 倭塾 公開講座
     7月17日(祝・月)18:30 CGS【ねずさんとふたりごと】公開収録
     7月14日(金)08:00 ABCフォーラム朝食会(テーマ:百人一首)
     7月23日(日)14:00 第 1回 名古屋倭塾 公開講座(テーマ:古事記)
     7月27日(木)18:30 第17回 百人一首塾 公開講座
     8月15日(火)靖国神社昇殿参拝
     9月 2日(土)18:30 第18回 百人一首塾 公開講座
     9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座
    10月 1日(日)日心会『ねずさんと古事記』出版記念イベント
     *****

    月末になりましたので、今月読んだ本の中から、これは!という本をご紹介したいと思います。

    1 日本の死活問題 国際法・国連・軍隊の真実
     (グッドブックス)色摩力夫著



    著者の色摩力夫(しかまりきお)さんは、元外交官で、昭和3年の生まれの方です。
    仙台陸軍幼年学校卒業され、陸軍予科士官学校に入学し、その年に終戦を迎えられています。
    戦後は東大の仏文科を卒業され、昭和29年に外務省に入省。外務畑を歴任された方です。
    この色摩さんのご著書に『国際連合という神話』(PHP新書)という本がありますが、私の知る限りでは、国連のいかがわしさを最初に提言されたのは、この色摩さんであったように思います。

    今回出版された『日本の死活問題 国際法・国連・軍隊の真実』は、戦後の国際社会と戦時国際法を、平易な言葉でわかりやすく語って下さった本で、非常にわかりやすい。
    しかも切り口が斬新で、戦後左翼の欺瞞を一刀両断し、また特亜三国の主張が国際法からみて、どのように解せられるのかを、まさに胸のすくような爽快感をもって書かれています。

    とかく外務省といえば、弱腰外交ばかりが指摘されますが、色摩さんのような腰の強い方もおいでになったのです。
    だから日本の繁栄があったのです。
    こうした方々が現職でいらした当時は、すくなくとも日本は、まさに安全かつ正道を貫く世界の大国であったわけです。

    戦時国際法は、倉山満先生も「学ぶべき」と日頃からおっしゃっておいでです。
    さりとて、戦時国際法をまとめた良書もなかなか少なく、この本は、まさに貴重な一冊ということができます。




    ◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

    ◆youtubeの動画サイトをはじめました。
    ↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
    20170513 バナー _th
    ↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
    新しい動画がアップされました!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 想像で語るか、きちんと読むか


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    20170620 ファンタジー
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    『ねずさんと語る古事記・弐』6月15日発売です。
    ↓画像をクリックすると購入ページに飛びます↓
    20170526 古事記弐


    【お知らせ】
     6月24日(土)18:30 第41回倭塾
     7月 2日(日)13:30 黎明教育者連盟講演
     7月15日(土)18:30 第42回倭塾
     7月17日(祝・月)18:30 CGS【ねずさんとふたりごと】公開収録
     7月14日(金)08:00 ABCフォーラム朝食会(テーマ:百人一首)
     7月23日(日)14:00 第 1回名古屋倭塾(テーマ:古事記)
     7月27日(木)18:30 第17回百人一首塾
     *****

    古事記の解説本は、本当にたくさん出ています。
    その多くは、基本は、
    1 昔から知られた神話の紹介
    2 その神話のおもしろさ、楽しさや感動、あるいは仰天説の解釈
    などとなっています。
    古事記執筆中は、とにかく「古事記」と書いてある本は、手に入れれる限りの本を買ったり借りたりして、たいていの本は読ませていただきました。

    ただひとつ自分でどうしても納得できず、疑問に思った点がありました。
    神話のあらましはそれで良いのですが、問題は「解釈」の方です。
    たとえば「ヤマタノオロチとは◯◯である」という説は、実に様々なものがあるのですが、いずれも「文意から、私はこう考える」という想像であって、「なぜそう言い切れるのか」という具体的説明がないのです。

    あるいは、須佐之男命(すさのをのみこと)の高天原の大暴れについて、その大暴れが意図して書かれたことの理由について、ちゃんと納得の出来る説明がなされていない。
    あるいは神倭伊波礼毘古命(かむやまといはれひこのみこと=神武天皇)の物語に、いわゆる久米歌(くめうた)と呼ばれる歌があるのですが、古女房には旨いものを食わせるな!などという、ちょっと考えるとひどい解釈がなされているという点などなど、たとえをあげればきりがないのですが、要するに、どうしてそうなるのか、という説明がない。

    それではまずいのではないかと思うのです。
    わからない、理解できない点について鴨長明(かものちょうめい)は「古事記はいわば神の書なのだから、わからないところは、わからないのだから、そのままにしておけ」と述べ、本居宣長は、鴨長明と接することで、この言葉がおおいに救いになって、『古事記伝』を著(あらわ)すのですが、それが学問する態度ではないかと思うのです。

    たとえば数学の図形の問題を解くときに、補助線を引くことがありますが、それはあくまでも問題の解を得るためです。
    それで解けなければ、まだ実力が足らないのですから、もう少し簡単な問題から先に手を付けて、実力を養って再チャレンジするのが、正しい問題の解き方です。
    あたりまえのことですが、わからないからといって、問題文や、問の図形を変形したら、それはいけないことです。


    ◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

    ◆youtubeの動画サイトをはじめました。
    ↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
    20170513 バナー _th
    ↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
    新しい動画がアップされました!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク