• 今年一年お世話になりました。どうぞ良いお年をお迎えください。


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    20171228 除夜の鐘
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    今年一年、本当にお世話になりました。
    どうぞ良いお年をお迎えください。

    先日あるところで、「このままでは日本はなくなってしまうのではないか、滅びてしまうのではないか」というご心配というか、ご質問をいただきました。
    「絶対にそのようなことはありません。
     むしろ日本は新たな人類社会を切り拓く
     大きな使命を果たそうと立ち上がりつつあります」
    とお答えしました。

    なるほどいまの日本は、大事な土地や水源地、立派なビルや、歴史ある企業などを外国人に買い占められ、奪われつつあります。
    その外国人というのは、ほとんど東洋系の反日国の人たちです。

    その彼らの国は、戦前の日本に対する「対抗国家」です。
    日本に対抗することが建国の正義ですから、日本を貶めたり、日本人の事実無根の悪口を触れ回ったり、日本人に暴力をふるったり、日本人女性を虐待することなど、およそ世界の常識・人類の常識としてあきらかに不正義なことも、彼らの国、彼らのコミュニティでは、すべて「正義」となります。
    彼らにとって、愛国とは、日本に対抗すること・・・つまり反日のことを言うのですから、これは当然そのようになってしまうわけです。

    一方、日本はというと、戦後の日本は「お詫び国家」です。
    謝罪することが正義です。
    ですから上は政治家から下は友人関係に至るまで、とにかく謝ることが正義です。
    ところがこれまた世界の常識で、謝れば、金品を要求される。
    だから、それでずっと日本で蓄積された富を、外国に渡し続けてきたのが、戦後の日本です。
    おかげで、反日対抗国家は、急成長して軍事を含めて世界の大国となり、一方の日本は貧困の度が増しつつあります。
    メディアは、その中で富を得ている外国勢力に媚を売り、いまや日本人の敵にさえなっているといわれています。

    では、これを正常化するために、何が必要なのでしょうか。
    外国のことはひとまず置きます。
    日本国内においても、日本国籍を持ち、日本語を話し、日本人のような顔をした日本人でない人たちが、政財界やメディアを牛耳り、彼らの社会では、まるで妲己と紂王のような酒池肉林が日本国内で繰り返されている有様です。
    そうした現状をみれば、なるほど日本は壊れてしまうのではないかと心配するお気持ちは十分に理解できるし、なかには、すでに日本からの脱出を現実に計画されている日本人のお金持ちの方もおいでになります。

    しかし、こうした一連の動きは、実は「天の石屋戸」ではないかと私は思っています。
    天の石屋戸が閉められたとき、この世はまるで狭いところにハエが飛び回るように騒々しくなり、ありとあらゆる妖しい出来事が起こったと、これは古事記に書かれていることです。
    ところが、そうした出来事があってはじめて、八百万の神々が立ち上がるのです。
    そして、見事、陽光を取り戻しています。
    夜明け前が一番暗いと言いますが、極限に近い悪しき出来事は、これを乗り越えたときに、必ず素晴らしい未来が拓けるのです。

    あまりの政治やメディアや企業の惨状に、いま陸続と日本人が目覚めつつあります。
    では、目覚めたらどうするのでしょうか。
    ロシア革命や、文化大革命さながらに、日本にいる東洋系の在日外国人等を、皆殺しにするのでしょうか。
    彼らは、日本におよそ400万人いるといわれています。
    さらにその影響下に入って尻尾を振っている日本人を含めれば、おそらく彼らの勢力は1500万人ほどにも達しようかと思います。
    では、その1500万人を全員殺すのでしょうか。

    多くの日本人は、たとえどれだけ自分が苦しい状況に追い込まれたとしても、そのような選択には誰も賛同しないと思います。
    日本人は、大量虐殺を行ってきたどこぞの国とは違うのです。

    では、どうしたら良いのでしょうか。
    その答えが、日本人の覚醒です。
    日本人自身が、世界に向けて堂々と、日本を語り、日本文化を語り、日本人自身が日本人としての誇りと自信を取り戻すことです。

    ところがその取り戻すべき日本についても、いま、まったく曲解した解説や解釈がまかり通っています。
    およそ民族のアイデンティティの根幹となるものは神話であるというのは、英国の歴史学者アーノルド・トィンビー博士の言葉ですが、その肝心の神話が、オオクニヌシがウサギさんとお話したのだとか、ヤマタノオロチという怪獣に酒を一杯飲ませたのだといった、子供向けの物語の部分しか伝えられていない。
    これは、たとえば茶道を語るに際して、離乳がはじまったばかりの赤ちゃんがお茶を飲むのが、茶道であると述べるようなもので、残念ながら、まったく低レベルの話にしかなっていないわけです。

    さらにいえば、天皇の存在のありがたさについても、天皇という国家最高権威が権力よりも上位にあり、その天皇が国民を「おほみたから」としてくださっているから、我々日本人は古来、権力からの自由を得ていたのだという、知らす国という認識さえも、いまではまったく死語になっています。

    こうした日本文化の根底を、あらためて解き明かし、私たち日本人が、世界に向けて堂々と、「日本とはこういう国であり、このようなルールで社会が営まれているのだ」といったことを、日本人が常識化していく。
    そのために日々コツコツと書き溜めているのが、「ねずブロ」です。

    エピデミックカーブ(流行曲線)というものがありますが、新しい事態は、はじめ静かに浸透し、一定の時がくると、まさにバンデミック状態になって世間に広がり常識化します。
    いまの日本では、まだまだ知らす国を語れる人は少ないかもしれませんが、10年を経ずしてそれは日本人の常識となり、日本を変え、世界を変える原動力となっていきます。
    これは、必ずそうなることです。

    来年もまた、「大和心を語るねずさんのひとりごと」をよろしくご愛顧くださいますよう。
    みなさま、どうぞ良いお年を!

    お読みいただき、ありがとうございました。

    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 今月の良書紹介


    平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
    クリック・クリック

    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    月末になりましたので、今月の良書紹介です。
    今回ご紹介するのは、以下の8冊です。

    1 「正定事件」の検証
    2 日本人に隠しておけないアメリカの崩壊
    3 日本人だけが知らない世界の真実
    4 愛しているから
    5 遺言 私が見た原子力と放射能の真実
    6 復興の日本人論 誰も書かなかった福島
    7 パヨクニュース2018 チバレイによるパヨクなニュース50選!


    20171228 パヨクニュース2018


    【お知らせ】
    1月6日(土)13:30 第47回 倭塾 公開講座
    1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
    2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
    2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
    3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
    https://www.facebook.com/events/173204450082211/
    3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
    https://www.facebook.com/events/2239063132986930/
     *****

    ───────────
    1 「正定事件」の検証
      峯崎恭輔著、藤岡信勝解題
      並木書房
    ───────────

    正定事件(せいていじけん)というのは、昭和12年10月に、Chinaの河北省正定というところで、9人のオランダ人のキリスト教・カトリックの司教が誘拐・殺害された事件です。
    近年、Chinaがこれを南京事件に次ぐ日本軍による蛮行として、国際的に拡散しているのですが、その内容というのがふるっていて、
    「200人のChina人の婦女子を日本軍が慰安婦として連行しようとして、これを拒絶した司教らが身代わりになって殉教した事件」だとされているわけです。

    要するに日本人は、残酷でキリスト教の敵だから、日本製品ではなく自国の製品を使ってくださいな、ということと、あらためて日本軍による蛮行を主張することで、またぞろ『お詫び国家」である戦後日本の政府から、法外な金品をまきあげようとしているわけです。

    では、実際に起きた事件は、どのようなものであったのか。
    このことを当時のフランス政府の公式記録まで取り寄せ、当時の各種資料を突合して、詳細に検証した初の本が、この本です。

    結論からすれば、この事件は、当時のChinaで起きた、数々の共産主義パルチザン等による、キリスト教司教に対する残酷な蛮行にほかなりません。
    むしろ日本軍は、彼らパルチザン等から、Chinaの市民を護っていたというのが真実です。

    我が国が、妙なプロパガンタに負けないためにも、是非、皆様にはご購買を検討していただけれたらと思います。







    ◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

    ◆youtubeの動画サイトをはじめました。
    ↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
    20170513 バナー _th
    ↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
    新しい動画がアップされました!


    『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
    古事記3の一部



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 新しい時代の息吹


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    情報化社会になって、何が正しく、何が間違っているのか、ネット上の情報によって、社会のあらゆる階層の人が、その事実を知ることができるようになってきました。
    2045年には、AIが人間の知能をはるかに凌駕する時代がやってきますが、AIが人類に示す世界の新しい形も、すでにかたまっています。
    AIは、知能でしかなく、責任を持ちません。
    責任を取れるのは、人間だけです。
    そして権力に責任を問うことができるのは、権力の上に権威という存在があるときだけです。
    つまりAIによる、世界の平和と人類の幸福実現社会の実現のための選択は、必ず「知らす国」に行き当たります。


    20171227 モンゴル兵
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    いまはレンタルDVDでも観れる映画に、『X-MEN: アポカリプス』という映画があります。
    ご覧になられた方も多いかと思います。
    おもしろいな、と思ったシーンがありました。
    それは、蘇った最強最悪のミュータントが、なんと全世界のすべての核ミサイルを発射して、宇宙空間にミサイルを廃棄してしまったことです。

    映画では、全世界の各国のミサイルをすべて打ち上げて廃棄してしまうことは、そのミュータントが権力を得るためという描写だったのですが、これは実に考えさせる展開だと思いました。

    現実世界には、そのようなミュータントはいないわけです(もしかしたらいるかもしれませんが)。
    ただ、ひとつの仮定として、実際に全世界のすべの核保有国が、すべての核ミサイルを宇宙空間に打ち上げてしまったら、世界はどうなるのでしょうか。

    おそらくすぐに戦争が始まるのではないでしょうか。
    なぜなら、核による報復の心配がないからです。

    左系の平和運動家の方々が口にするのは、いつも「核のない世界」です。
    しかし、現実に核の脅威がなくなったら、逆に暴力や戦争がはびこるのが、実は世界の真実といえます。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本銀行券と政府発行硬貨のお話


    平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
    クリック・クリック

    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    日本国内で通用している貨幣(お金・通貨)には、
    「日本銀行が発行するお札(銀行券)」と、
    「日本国政府が発行するコイン(硬貨)」の二種類があります。
    なぜでしょうか。


    20161226 神功皇后


    【お知らせ】
    1月6日(土)13:30 第47回 倭塾 公開講座
    1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
    2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
    2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
    3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
    https://www.facebook.com/events/173204450082211/
    3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
    https://www.facebook.com/events/2239063132986930/
     *****

    昨年12月にこのブログに書いたことですが、我が国に一万円札や千円札のような「お札(紙幣)」と、10円玉や100円玉のような「コイン(硬貨)」の二種類があることは、みなさま御存知の通りです。
    そのお札をよく見ると、そこには、
    「日本銀行券」
    と書いてあります。

    一方、コイン(硬貨)には
    「日本国」
    と刻印してあります。

    つまり日本国内で通用している貨幣(お金・通貨)には、
    「日本銀行が発行するお札(銀行券)」と、
    「日本国政府が発行するコイン(硬貨)」の二種類があるのです。

    ではどうしてその両方のお金を政府が発行しないのでしょうか。

    実は明治のはじめには、実は明治政府がお札を発行していたのです。
    それが冒頭の写真です。
    中央に一円紙幣に「大日本帝国政府紙幣」と大きく書かれています。
    発行者の名前も、画面左側に「大蔵卿」と赤く書かれています。

    ところがこうした政府発行紙幣は実は信用がないのです。
    これは世界中どこでもそうです。
    なぜなら、政治は色物で、色はコロコロと変わるからです。

    政治の都合で、紙幣をガンガン印刷されても困ります。
    なにせただの紙ですから、原価はしれています。
    A5版にも満たない小さな紙切れ一枚で、何万円もの価値を創造できてしまうのです。
    ある意味、危険極まりないわけです。

    ですから徳川幕府は、そうした貨幣の信用のなさを、金(gold)で裏付けていました。
    金(Gold)を使った大判小判を用いることで、幕府の信用だけでなく、金(Gold)の持つ信用をそこに重ねることで、安定した通貨の供給をしていたのです。





    ◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


    ◆youtubeの動画サイトをはじめました。
    ↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
    20170513 バナー _th
    ↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
    新しい動画がアップされました!


    『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
    古事記3の一部



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 当用漢字は日本文化破壊工作の一環としてつくられたというお話


    平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
    クリック・クリック

    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    皆様学校で、何の疑問も持たずに「当用漢字」を習ったことと思います。
    実はその「当用漢字」は戦後に誕生し、GHQによる日本破壊工作の一環として生まれたものであると申し上げたら、どのように感じられるでしょうか。
    以下は今週の月曜日に発行した「ねずさんの有料メルマガ」に書いたものの一部です。


    20171226 当用漢字
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    【お知らせ】
    1月6日(土)13:30 第47回 倭塾 公開講座
    1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
    2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
    2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
    3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
    https://www.facebook.com/events/173204450082211/
    3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
    https://www.facebook.com/events/2239063132986930/
     *****

    「当用漢字」は、GHQの指導に基づき、昭和21年11月5日に国語審議会が答申し、同年11月16日に内閣が告示しました。
    要するに戦後の占領政策の一環として誕生しました。
    もともとは、日本占領時に、日本精神弱化のために日本の公用語を英語にしてしまおうという動きもあったのですが、日本には1億からの人がいるし、日本人が英語が堪能になって逆に文化侵略をしてくるのも恐ろしい(笑)ということから、日本語そのものに手を加えようとして実行されました。

    はじめに日本語の文章で使用頻度の高い1850字が「当用漢字表」に、「さしあたって用いる文字」として選ばれました。
    そして実は、これによって日本人は國語文化の大切な部分を失いました。

    たとえばいくつか例をあげますと、わかりやすいのが礼儀作法の「礼」という字です。
    「礼」は、もともとは「禮」と書きました。
    字を見たらわかりますが、「禮」は「示(しめす)へん」に「豊(ゆた)か」です。
    つまり、おじぎをしたり、お礼を言ったりする礼というのは、相手にわかるように、はっきりと豊かにそれを体の動きで示す、だから「禮」だったわけです。
    ところが、それが「礼」という字になると、いったいなんのことだかわからなくなる。

    学校の「学」に至っては、ものすごく重要な文化が失われました。





    ◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


    ◆youtubeの動画サイトをはじめました。
    ↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
    20170513 バナー _th
    ↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
    新しい動画がアップされました!


    『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
    古事記3の一部



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 大和魂をひとことでいえば


    平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
    クリック・クリック

    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    「大和魂」とは、いかなるものなのでしょうか。

    20171225 大和魂
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    【お知らせ】
    1月6日(土)13:30 第47回 倭塾 公開講座
    1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
    2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
    2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
    3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
    https://www.facebook.com/events/173204450082211/
    3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
    https://www.facebook.com/events/2239063132986930/
     *****

    日本人にとって、いちばんたいせつなものは「大和魂(やまとだましい)」だとよく言われます。
    では、その大和魂というのは、いったいいかなるものなのでしょうか。

    戦争で勇敢に戦うことでしょうか。
    それとも、武道などの試合に勝つことでしょうか。
    あるいは正論を述べ、政治的に対立し、いがみあいをすることでしょうか。
    いずれも違います。

    我が国は、天皇が民を「おほみたから」とする「知らす国」です。
    その「知らす国」を護り育くむご先祖伝来の魂の働きのことを大和魂というのです。

    どこの国においても、国家最高の存在は、王、皇帝、大統領、書記長など、名称がどうあれ、それらはすべて、ありとあらゆる権限を持つ国家最高の権力者です。
    「権限」を持つ力が「権力」です。





    ◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


    ◆youtubeの動画サイトをはじめました。
    ↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
    20170513 バナー _th
    ↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
    新しい動画がアップされました!


    『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
    古事記3の一部



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 聖武天皇と光明皇后


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    聖武天皇と光明皇后の天平時代は、仏教が国営仏教から民間信仰へと発展し、またキリスト教も普及し、当時の文化は、いまなお「天平文化」として歴史に光彩を放つものとなっています。
    そこでこの時代を、百人一首の27番の中納言兼輔の歌に併せてご紹介したいと思います。


    20171223 聖武天皇と光明皇后
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    百人一首の27番に中納言兼輔の歌があります。

     みかの原わきて流るるいづみ川
     いつ見きとてか恋しかるらむ
    (みかのはら わきてなかるる いつみかは
     いつみきとてか こひしかるらむ)

    この歌は、中納言兼輔の恋しい相手が、一度も逢ったことがない女性なのか、会ったことはあるけれど逢えなくて恋しいのかわからないということから、古来、解釈がむつかいしい歌とされてきた歌です。

    そこで歌を分解してみますと、
    「みかの原」は、漢字で書くと「瓶原(みかのはら)」で、いまの京都府木津川市のあたりのことです。
    奈良時代の聖武天皇の御代に、ここに恭仁京(くにきょう)が置かれていました。
    この恭仁京というのは、たった3年間だけ都だったところです。

    「わきて流るる」は、水流が分かれるという意味と、水が湧いて流れ出るという、二つの意味に掛かっています。

    「いつみ川」は、かつて恭仁京のあったあたりを流れる木津川そのものを指すとともに、「いつか見た川」を掛けています。

    「いつ見きとてか」の「か」は、疑問をあらわす係助詞で、「何時私が見たというのか。見たことなどないのに」という打ち消しになっています。

    「恋しかるらむ」の「らむ」は推量の助動詞ですから、ここは「恋しいのだろうか」となります。

    ですので単純に現代語訳しますと、
    「奈良の木津川に水が湧き出して、そこから別れたいつみ川を、私はいつ見たというのだろうか。見たことなどないのに、どうしてこんなに恋しいのだろうか」となります。

    なるほど歌には「恋しい」と書いてあります。
    一見、恋心の歌にも見えるかもしれません。
    けれど、もしこの歌が「恋の歌」だとすると、「いつ見きとてか」の意味が通じなくなるのです。
    だから、冒頭の解釈のように「むつかしい」となってしまいます。

    毎度申し上げることですが、和歌は、上の句と下の句という方向磁石を使って、作者がいちばん言いたいことを指し示すものです。
    言いたいことを直接言うのではなくて、上の句と下の句が、まるで正三角形の底辺の両端で、この2点から、一番言いたい高みである正三角形の頂点を読み手に伝えようとします。
    そういう視点でこの歌を見ると、不思議なことがあります。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク