• 天皇陛下新年の御製


    平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
    クリック・クリック

    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    もったいないことですが、今年もまた元日御発表の天皇陛下の新年の御製の解説をしたいと思います。
    本来であれば識者の方々がメディアを通じて臣民にしっかりと御製の示す意味を解説すべきことです。
    残念ながら、そうしたものがまったくありません。
    不肖私ごときが行うようなことではないのですが、ご不敬を承知で、解説させていただこうと思います。


    20180102 今上陛下
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    【お知らせ】
    1月6日(土)13:30 第47回 倭塾 公開講座
    1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
    2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
    2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
    3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
    https://www.facebook.com/events/173204450082211/
    3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
    https://www.facebook.com/events/2239063132986930/
     *****

    ちなみに和歌は、五七五七七の31文字で表された言葉から、詠み人の心を察する文化です。
    近年、メディアに登場して和歌を教えるような人などの中に、テニヲハや表現方法ばかりを声高に叫ぶ人がいるようですが、それは全然違います。
    歌の巧拙ではなく、その歌に読み込まれた心を察する。
    だから和歌は、あらゆる日本文化の原点とさえ言われます。

    天皇の歌のことだけを、御製(ぎょせい)と言います。
    皇后・皇太后・皇太子などの詠まれた和歌は御歌(おうた)です。
    それ以外の人の詠んだ歌は、単に歌と言います。

    天皇の新年の御製は、昨年中に陛下が詠まれたたくさんの御製のなかから、新年にあたり五首を選歌して宮内庁を通じて毎年発表されるものです。
    有名なものとしては、昭和天皇が終戦の翌年に詠まれた、
     降り積もる 深雪に耐えて 色変えぬ
     松そ雄々しき 人もかくあれ
    があります。
    焦土と化した都市、人々の敗戦の重圧、そこに新たに登場したGHQがいるなかにあって、陛下が臣民に向けて発せられたこの御製は、政治という枠組みを超えて、皇国臣民に力と勇気を与えました。

    昨今では、法や政治が世の中を変えると思っている人が多いのですが、実はそうではなく、本来法は慣習の上に成り立っているものですし、政治も世間の上に成り立っているものです。
    つまり民度が向上しなければ、何をやってもうまくいかないし、戦後の復興など、夢のまた夢であったのです。
    だからこそ、先帝陛下は「松そ雄々しき 人もかくあれ」と臣民を励まされたのです。
    そしてこの歌は、人々に力を与え、国土の復興の槌音が鳴り響き、法が歪められ、政治が反日左傾化していくなかにあって、皇国臣民はわずかな期間に国土を復活させ、わずか19年後には東洋で開催される最初のオリンピックが東京で開かれるまでになったのです。

    <天皇陛下御製五首(平成30年一月一日>

    第六十八回全国植樹祭
     無花粉(むかふん)のたてやますぎを植ゑにけり
     患ふ人のなきを願ひて


    第七十二回国民体育大会開会式
     会場の緑の芝生色映えて
     えひめ国体の選手入り来る


    第三十七回全国豊かな海づくり大会
     くろあはびあさりの稚貝(ちがひ)手渡しぬ
     漁(すなど)る人の上思ひつつ


    ベトナム国訪問
     戦(いくさ)の日々人らはいかに過ごせしか
     思ひつつ訪(と)ふベトナムの国


    タイ国前国王弔問
     亡き君のみたまの前に座りつつ
     睦(むつ)びし日々を思ひ出でけり






    ◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

    ◆youtubeの動画サイトをはじめました。
    ↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
    20170513 バナー _th
    ↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
    新しい動画がアップされました!


    『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
    古事記3の一部


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク