• 通州事件の惨劇「Sさんの体験談」


    7月28日(土)18時半から予定していました百人一首塾ですが、
    急なことで申し訳ないのですが、当日台風直撃のため、日程を
    8月2日(木)18時半からにずらします。
    ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。
          小名木善行 拝


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    通州事件を学ぶということは、二度と私達が同じ悲劇を招かないということだけでなく、そもそも日本人とは何かを学ぶことです。
    もちろん下手人は許せませんが、下手人だけを捕まえても、それはただの下っ端にすぎないのです。
    もう一歩考察を深めて行動に結びつけたとき、はじめて犠牲になられた方々への追悼になるのだと思います。


    ブーゲンビリア
    20180726 ブーゲンビリア
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    【お知らせ】
    <東京・倭塾、百人一首塾他>
    8月2日(木)18:00 百人一首塾 第28回
    8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
    8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
    9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
    9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
    <関西・倭塾>
    8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
    9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
    10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
    11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
    12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
    <国内研修>
    12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
    11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


    今日、29日は、通州事件(1937年(昭和12年))があった日です。
    今年も「Sさんの体験談」を掲載します。

    通州事件は、その残虐性、計画性から、まさに世界史に残る大虐殺事件として記録されるべきものです。
    それだけでなく、大切なことは通州事件の惨劇は、もしかするとそのまま続けて上海において、同じことが当時上海にいた3万名を越える日本人に向けて行われた可能性が大であったという事実です。

    歴史にIFは禁物だ、などというのは、歴史調査の段階での話です。
    IFを考えることは、洞察力を養うことです。
    それは未来への備えです。

    通州事件の後に起きた第二次上海事変において、海軍陸戦隊の活躍がなければ、日本人への虐殺は確実に行われています。
    それは、そのままチベットにおける中共人民解放軍による蛮行として実現されています。
    チベットに流れ込んだ人民解放軍は、人口600万のチベットにおいて、150万人を虐殺しています。
    それが歴史の事実です。

    最近、古事記に書かれた天照大御神と須佐之男命の逸話を、あちこちでお話しています。
    八百万の神々を目覚めさせるために、須佐之男命はあえて泥をかぶって田んぼの畦を壊したり、水路を埋めたりするのですが、それでも神々が目覚めない。
    そこで裸に剥いた天馬を織部の女官たちがいる神殿の屋根から投げ込んだところ、織女が機織りに使う木器の梭(ひ)で陰部を衝(つ)いて死んだという記述が古事記にあります。
    このことは、天が何かに目覚めさせようとしていながら、人々が目覚めないとき、そのしわ寄せが必ず女子供など弱い者に来るということの、ひとつのたとえです。

    当時の日本は、国内においては政治家が自分の選挙区に鉄道や道路を敷設して票を集めることに躍起になり、また国会は政友会と民政党の二大政党がぶつかり合っていて、そのために国内では派出所が政友会系と民政党系の二つが同じ街にあったり、あるいはどちらかへの政権交代のたびに、駅の看板が右から書く、左から書くと書き換えられたりしていました。
    当時の議員たちからすれば、票にならない外地のことなど、いかに邦人が酷い目に合わされようが他人事でしかなかったし、政争ばかりやっていて、まったく国際情勢や、民衆の平和と安定など省みられない状況が続いていました。

    その様子は、大雨や土砂災害、地震等が相次いで起こりながら、すでに老朽化して耐用年数さえも過ぎている建物や橋梁、トンネルなどの補強工事や再生工事といった国家の大事をまったく省みることなく、森友だの加計だのと、はっきりいってくだらない議論に終始しているいまの国会の状況によく似ています。

    戦前は、こうして通州事件が起こり、結果として日本はChina事変、そして大東亜戦争へと突入していきました。
    それはまるで天照大御神が岩屋戸にお隠れになり、天地が闇に覆われたかのような事態でした。
    そして日本は敗戦し、いまではすっかり、ありとあらゆる難事が、あたかも古事記に書かれた「狭蝿なす満ち」といった状況に至っています。

    古事記では、そこでようやく目覚めた八百万の神々が、会議を開いて天の岩屋戸を開き、以後、責任をもって政治にあたるようになるのですが、いまの日本はどうでしょう。
    ミニ・通州事件は毎日のように国の内外で起きています。
    そして当時と同じように電車が停まり、日本社会の安全性や安定性、時間の正確性は、すでに大きく損なわれつつあります。
    それでもまだ日本は目覚めないのでしょうか。
    目の前で、もっと大きな通州事件の再来でもなければ、日本人は目覚めることができないのでしょうか。

    Chinaの動きは早いです。
    かつて事件のあった通州城は、いまではすっかり様変わりし、歴史はすっかりかき消されて近代都市に生まれ変わっています。
    上海の街も、いまでは原発による夜間のライトアップによって、夜の上海は、まるで超近代的な未来都市のようです。
    Chineseからみると、日本の都会はすでに前近代的な田舎町です。
    物価もChinaより日本が安く、Chineseたちからみたら、日本はすでに発展途上国です。

    そしてそのChinaは、巨大な客家集団によってすでに世界的なネットワークを構築し、世界の主だった諸国の大統領府や与野党に介入し、映画の世界にも客家資本が入り込んでいます。
    日本が内輪もめをしている間に、日本は世界の潮流から、経済的にも文化的にも政治的にも置いていかれてしまっているのです。

    通州事件は、事件が起きる2年も前から周到に計画され、準備し、実行に移された事件です。
    そしてその背後にあったものは、実はChina共産党でも国民党でもなく、アヘン利権を日本軍によって潰されたChinaマフィアによる工作です。
    彼らは、政党・国家・敵味方に関わらず、どこにでも入り込み、長い年月をかけて仕込みをして世界に向けて大きな影響力を確保しました。
    そしてそれは、いまも続く工作活動です。
    孫子の兵法の「戦わずして勝つ」は、要するにそうした謀略のことを言います。

    通州事件の惨劇を読んで、ただChineseへの怒りを駆り立てるだけでは、はっきりいって歴史を学んだことにはなりません。
    日本のみならず、世界の民衆にとって、ごく一握りのひとがカネと贅沢三昧な暮らしを得、そのために多くの人々の生命財産を蹂躙して平気でいる人たちというのは、いるのです。
    それは人類の癌細胞のようなものですが、癌細胞は意外と強いものです。
    癌に負けるのか、それとも健康を取り戻すのか。
    日本はいま、それを試されています。

    さて、ここから先の<続きを読む>以降は、いよいよ佐々木テンさんの体験談です。
    まだ読まれたことのない方は、長文ですが、ぜひ一度お読みになって下さい。
    ※18禁です。

    なお、トップにはブーゲンビリアの画像を貼らせていただきました。
    ブーゲンビリアは7月の花で、花言葉は情熱・魅力です。
    犠牲となられた方々が、今度は生まれ変わって、情熱と魅力の人生を送れますように。
    そんな願いを込めさせていただきました。

    ねずさんの新刊

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク