• なぜ私達の祖先は漢字を用いたのか〜額田王の歌を題材に〜


    【最新動画】大人のための修身入門 第十二回 「進取の気象とは何か?」



    締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
    ↑↑↑クリック↑↑↑

    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    亀甲文字や鹿骨文字を組み合わせて新たな意味を持たせると、それが会意文字(漢字)になります。
    会意というのは「意味を合わせた」というもので、いわば漢字の熟語のようなものです。
    単漢字よりも熟語の方が、はるかに多くの意味を込めることができるように、単音の神代文字よりも漢字のほうが、一字に複数の意味をもたせながら、さらに複雑な意味をもたせることができるようになります。
    私達の祖先は、漢字を輸入したのではなく、活用したのだ、ということが、私は正解であろうと思っています。


    上村松篁 春丘
    20181130 上村松篁 春丘
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    なぜ私達の祖先は漢字を用いたのかを、『万葉集』にある額田王の歌を題材に考えてみたいと思います。
    『万葉集』は759年に成立した我が国最古の歌集です。
    『万葉集』で有名な和歌といえば、たとえば額田王(ぬかたのおほきみ)の

     あかねさす紫草野行き標野行き
     野守は見ずや君が袖振る

    があります。
    この歌の歌意は一般に「茜色に輝く紫草の禁野で、あなたが私に袖を振る様子を野守が見てしまうのではありませんか」といったものであるとされています。

    ところが実は、このような「漢字仮名交じり文」で一般に知られているこの歌は、実は『万葉集』では漢字ばかりで次のように書かれています。

    【題詞】天皇遊猟蒲生野時額田王作歌
    茜草指  武良前野逝  標野行  野守者不見哉  君之袖布流

    題にある「天皇遊猟蒲生野時」というのは、668年5月に行われた天智天皇ご主催の蒲生野での遊猟会を指します。
    旧暦の5月5日は、いまの暦ですと6月中旬になります。
    ちょうど梅雨の始まる前くらいの季節です。

    歌の冒頭にある「茜草」は、2字で「アカネ」読みますが、アカネの開花時期は8〜9月です。
    従って、ここでは「アカネ」の花を詠んでいるのではなく、単に草としてのアカネのことを言っているとわかります。
    アカネは、「アカネ色」という言葉があるように、古来その根が、染料として用いられます。
    つまり「茜草指」と書くことで、「染料として用いられるアカネ草で染めるように、指し示す」という意味がここに込められていると考えられます。
    同時に空がアカネ色に染まる時間帯、夜明け、夕方の時間帯の意味にもかかります。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
    https://www.mag2.com/m/0001335031.html



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク