• 徳のある人とは


    【最新動画】大人のための修身入門 第十二回 「進取の気象とは何か?」



    締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
    ↑↑↑クリック↑↑↑

    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    日本的な意味での「徳のある人」というのは、ただ学問ができるだけの青白きインテリではダメで、武芸に通じ、文武両道に秀で、真っ直ぐな心で人として圧倒的な迫力と勢いを持つ人を意味します。
    China式儒教に言う尊大ぶっただけのものは、我が国では徳のある人とは言いません。


    林羅山
    20181201 林羅山
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    「仁」は、五常における最高の徳目で、人と人との間に通う親しみやいつくしみ、あるいは思いやりの心です。
    そして訓読みが「ひとし」です。つまり人と人が対等な関係にあることが、日本的儒教における仁です。

    「義」は、羊に我と書きます。
    古代において羊は神への捧げ物で、羊の代わりに我が身を捧げることが義です。
    訓読みは「ことわり」です。
    誰かのために身を犠牲にして働くことこそが、人に課せられた「ことわり=条理」であるということが、日本的儒教の特徴です。

    「礼」は、旧字が「禮」で、相手を尊重する心を相手にはっきりとわかるように豊かに示す態度です。
    訓読みは「ゐや=うや」で、相手を敬うことを意味します。
    その相手を敬う態度を、相手にわかるようにはっきりと豊かに態度で示すのが礼です。

    「智」は、「知」が神々に降りていただく神棚で、その下に「日」があります。つまり神々の知恵を意味します。
    訓読みは「さとり」で、神々の知恵を我がものにして人々の生活に役立てることが智です。

    「信」は、「言」という字が口に刃が当てられている象形で、嘘を言ったら刑罰を受けることを意味します。それに人偏が付いていますから、嘘を言わないことです。
    訓読みは「まこと」で、嘘を言わないことが、まことです。

    この5つの徳目を総称して、徳、または「五常(ごじょう)の徳」と言いました。
    「徳」というのは旧字が「彳+悳」で、真っ直ぐな心で進むことを意味します。

    日本書紀は、この「徳」の字を「いきほひ」と読んでいます。
    つまり仁義礼智信の五常を備える者にこそ、「いきほひ(=勢い)」があると捉えています。
    原文では、たとえば海幸山幸のところに次のように出てきます。

    (原文)於是、兄知弟有神德、遂以伏事其弟

    (読み下し文)
    ここにおいて、兄、弟(おとのみこ)の
    神の徳(いきほひ)有(います)ことを知りて、
    遂(つい)にその弟(おとのみこ)に
    伏事(したが)ふ。

    (現代語訳)
    ここにおいて兄の海幸彦は、弟の山幸彦が神の徳(いきおい)を持つことを知り、
    ついに弟に従うことにしました。

    実際に行われたことは、「徳」という字に「いきおい」という訓読みを与えたのではなくて、あらかじめ大和言葉に「いきほひ」という言葉があり、その言葉の意味するものに最も近い漢字として「徳」の字を選んで用いているわけです。
    ここは非常に面白いところです。

    Chinaでは儒者の士大夫は、常に口元に薄笑みを浮かべて、動作も鷹揚で物腰は尊大です。
    要するに人の上に立つものは、鷹揚で尊大であることが徳のある士大夫の在り方であるとされてきました。
    ところが日本では、勢いがあることに「徳」を見出しているのです。

    日本でも、Chinaの儒教をただありがたがる人の中には、Chinaの士大夫のような尊大さをもって「徳」とする人もあったようですが、家康に見出され、徳川家の学問を総預かりした林羅山は、そのようなChina的儒者ではなく、むしろ五常を備えることによって、人しての勢いが生まれるとしました。
    それこそが林羅山の説く「神儒合一論」であり、だからこそまだ弱冠23歳の林羅山に、わざわざ老齢の家康は面会し、その羅山をして幕府の正式顧問として、旗本たちの教育の一切を委ね、また、その学問が江戸時代の日本の学問(儒学)の主流にもなったのです。

    日本的な意味での「徳のある人」というのは、ただ学問ができるだけの青白きインテリではダメで、武芸に通じ、文武両道に秀で、真っ直ぐな心で人として圧倒的な迫力と勢いを持つ人を意味します。
    China式儒教に言う尊大ぶっただけのものは、我が国では徳のある人とは言いません。

    普通に常識で考えても、二心(ふたごころ)なく前に突き進む人というのは、それだけで人間的な迫力を持つものです。
    その迫力というのは、どこかのアマチュアボクシング界の終身会長さんのような、尊大で威張っている態度とはまったく異なります。

    むしろ、話せば腰も低いし、親しみやすいけれど、それだけでなくて、学問も出来、武芸にも秀(ひい)で、仕事も出来て、なおかつ全身から黄金色(こがねいろ)のオーラを発散しているような神々しさと行動力をあわせ持つ人。
    それが日本的「徳のある人」です。

    お読みいただき、ありがとうございました。

    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
    メールでお申し出ください。

    nezu3344@gmail.com

    【お知らせ】
    <東京・倭塾、百人一首塾他>
    会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
    11月17日(土)18:30 高崎講演「日本人に伝えたいこと」
    11月25日(日)18:00 第56回 倭塾公開講座
    12月6日(木)18:00 第32回 百人一首塾 301会議室
    12月24日(月)13:30 第57回 倭塾公開講座
    1月14日(月・祭日)13:30 第58回 倭塾公開講座
    1月26日(土)18:30 第33回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
    2月2日(土)13:30 第59回 倭塾公開講座
    2月23日(土)18:30 第34回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
    3月9日(土)18:30 第60回 倭塾公開講座
    3月16日(土)18:30 第35回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
    4月13日(土)18:30 第36回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ(407会議室)
    4月27日(土)13:30 第60回 倭塾(研修室)
    <関西・倭塾>
    11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
    12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
    <国内研修>
    12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会


    【最新動画】大人のための修身入門 第十二回 「進取の気象とは何か?」




    動画【CGS ねずさん 古事記のセカイ】
    はじめに
    01-01 私達はなぜ神話を学ぶのか
    01-02 古事記と日本書紀の違いとは
    第一章
    02-01 隠身と別天神
    02-02 創生の神々と十七条憲法のただならぬ関係とは

    動画《大人のための修身入門》
    01 修身教育とは
    02 誠実
    03 孝行
    04 礼儀
    05 博愛
    06 公益
    07 よい日本人
    08 自立自営
    09 我が郷土
    10 人の名誉を重んじる
    11 勇気 






    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
    https://www.mag2.com/m/0001335031.html



    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク