• 知行地(ちぎょうち)とはシラスを行う地


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    日本の歴史は、天皇のもと、すべての階層がひとつになって、自然災害から人々を守り、誰もが安全に安心して暮らせるようにしていくことができる国つくりを求めてきた歴史を持ちます。
    これを、共産主義的階級闘争史観に無理やり当てはめようとしても、まともな解釈などできるはずもありません。
    そして私達が日本の歴史を学ぶことは、とりもなおさず万古不易の日本の価値観を学び、将来に活かすことになるのです。この一点を抜きにして、歴史を語ることは、まさに画竜点睛を欠くのです。


    20190228 知行地

    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    江戸時代の武士は、領地のことを「知行地(ちぎょうち)」と呼びました。
    幕府や諸藩に所属する武士たちの俸禄(ほうろく、お給料のこと)は、大きく分けると、
    藩主から知行地を与えられる「給足(きゅうそく)」と、
    お米や金銭などを現物支給される「無足(むそく)」
    とに分かれていました。

    「給足」というのは、上と下を結び合わせて増やすという熟語で、要するにお上(かみ)としての武士と、領地に住む農民等の人々が互いに協力しあって財産や子孫を増やすことを意味します。
    これを具体的に行う場所が「知行地」です。

    「知行地」は、一般に音読みして「チギョウチ」と読みますが、訓読みすれば「知(し)らすを行う地」です。
    「知」という字は、古事記の時代から、これを「しらす」と読みます。
    古事記を学ぶとわかりますが、「知(し)らす」というのは、神々とつながり万民を「おほみたから」とするという意味を持つ言葉です。

    具体的には、神々の直系のお血筋にあられる天皇が、国家の最高権威として万民を「おほみたから」とする。
    そうすることで、人々は、権力者の私的な所有物(隷民)ではなく、権力者も、その下にある被権力者も、等しく天皇の「おほみたから」となります。
    権力者が権力をふるう相手は、自分に権力を与えてくれている天皇の「たから」です。
    そうであれば権力者の使命は、どこまでも民衆を慈(いつく)しみ、大切に育み、誰もが豊かに安全に安心して暮らせるようにしていくとになります。
    これが「知らす」であり、武士や貴族がその「知らす」を行うことに責任を持つ土地が「知行地」です。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 新元号奉祝特別イベント開催のご案内


    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    20190225 新元号奉祝特別イベント


    4月に新元号が発表されます。
    そこで第36回百人一首塾を、単に講義とせず、お食事付きの特別イベントにします。
    30分程度の講義のあと、同じ会場で引き続き直会(なおらい)兼新元号奉祝の軽食とお酒でゆっくりと時間をすごすお楽しみ会を開催します。

    会場は池袋東口から徒歩3分のところです。
    厨房設備付きの会場で、室内で講演だけでなく、食事や飲食も可能です。
    地元の名産や美味しいお酒などがあれば、是非ご持参ください。

    1 日時 2019/4/13(土)13:30〜17:30
      開場 13:00
      開始 13:30
      終了 17:00 〜17:30後片付け

    2 場所
      カフェ風スタジオ「カジュアライス」
      〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目39−20 慶太ビル4F

    3 タイムスケジュール
      13:30 ねずさん講演
      14:30〜17:00 パーティ
      17:00〜17:30 後片付け

    4 募集人員 先着順35名
      お席に限りがあります。
      お早めに↓Facebookのページ↓でお申込みください)
      https://www.facebook.com/events/343778816441855/

    5 参加費 お一人様 4,000円(講義料+食事代+飲み物代含む)
      当日払いです。


    お読みいただき、ありがとうございました。

    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑


    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 国家戦略を持てる国になろう


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    GHQというのは、「General Headquarters」の略です。
    直訳すると、「すべての総本部」です。
    個人的な意見ですが、私は、あらためて日本人の手で(←日本人であることが肝要です)、「New General Headquarters」を作り、これを天皇直下の国家最高権力の府として作るべきだと思っています。


    GHQの本部があった第一生命ビル
    20190223 GHQの本部があった第一生命ビル

    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    「いまの日本外交には国家としての戦略がない」と、よく言われます。
    「いま」どころか戦前戦中においても、日本外交に「国家的な戦略があった」とは言い難い。
    これは実は、重大問題です。

    戦前戦中のことでいうならば、これは先日行われた日本史検定講座で江崎道朗先生も指摘しておられましたが、
    「戦時中あるいは戦前の日本には、大東亜戦争に勝利した後日本がその後の対米政策をどのようにしていくのか、東亜諸国への政策をどのようにしていくのか、あるいはChinaをどのようにしていくのか等々について、まったく戦略を持っていなかった。ところがChinaは、国民党も共産党も、支那事変の最中には、すでに戦後処理をどのようにするのかについて、具体的な対策案を築いていたし、米国も対日戦争勝利後に、日本をどのように統治していくのかについて、具体的な対策を検討する機関を作っていた。京都が空爆されなかったことも、そうした国家的外交戦略という基盤が基礎にあったからであった」
    という指摘をなさっておいででした。

    いま多くの日本人は、South Koreaに怒り心頭ですし、私も「即時経済封鎖せよ」という考えですが、では、経済封鎖後の東亜政策をどのようにしていくのか、またKoreaをどのように運営していくのかといったことについて、日本中で、誰も何も考えを持っていない。

    これではダメです。
    戦略がない。
    日韓断交は希望であり、そうした方が良いことではあるけれど、実施するなら、その後をどのようにするのかをしっかり考えて・・つまり戦略を立てておくのでなければ、いきあたりばったりでは政治にさえならないということです。

    実際の話し、断行したらその後の半島情勢はどのようになっていくのか。
    仮にSouth Koreaが、北に吸収されれば、共産圏との境は、いまの38度線ではなく、朝鮮海峡になります。
    北は何十年も前からドンパチではなく調略によってSouth Koreaを滅ぼし、吸収するという政策を採り、そのためにSouthKoreaの司法を奪い、教育を奪い、左派の政治家やメディアにカネを渡して、SouthKorea人たちが、日米を敵とし、北に親しむ感情を持つような工作活動を続けてきました。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 二二六事件と阿南惟幾陸軍幼年学校校長の訓話


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    日本人である以上、そこにどんなに対立があったとしても、
    どこまでも私たちは大御心を悩ませるようなことがあってはならない。
    それが日本人としての根幹だと思います。
    なぜなら日本は天皇のシラス国だからです。


    20190221 二二六事件
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    83年前(昭和11(1936)年)の明日(2月26日)に起きた事件が、二二六事件(ににろくじけん)です。
    昔は、いまより平均気温がかなり低くて、その日の東京は雪がふりきしきる寒い日でした。
    午前0時の気温がマイナス2度だったそうです。
    ちなみに今年は、6〜7度です。
    気温の温暖差が10度近くもあるのですね。ずいぶんと暖かくなったものです。

    この日、反乱軍の鎮圧のために、東京日比谷の帝国ホテル裏に鎮圧軍の陣営が張られました。
    鎮圧隊は、近くの帝国ホテルに、食事の炊き出しを依頼しました。
    帝国ホテルのシェフは、
    「寒いから、すぐに食べれて体が暖まるものが良いだろう」ということで、カレーライスを作ってくれました。
    凍えるような寒い雪の中、明日は仲間と戦わなければならないかと緊張している鎮圧部隊の兵たちに、この熱いカレーライスは、忘れられない味となりました。

    カレーライスが日本に伝わったのは幕末の頃です。
    明治の初めには陸軍幼年学校の昼食メニューに加えられたり、海軍の軍用食で採用されたりして、すでにある程度は知られた食事でした。
    けれど、実はカレーライスが全国的に普及したのは、この二二六事件があってから後のことです。

    さて、その二二六事件については、さまざまな論評があります。
    多くが、乱を起こした青年将校たちへの同情的なものです。

    この頃、東北地方が凶作に見舞われ、子供たちは学校にお弁当を持っていくことさえままならず、幼い娘さんを遊郭に売りに出すといったことまで、さかんに行われたりしていました。
    一方、国政はとみれば、そうした国内の窮状をよそに、すでにある程度近代化が実現した半島に、まるで湯水のように資金を注ぎ込んでいました。
    半島の人たちは、口々に難しい漢文体の用語を用いて日本万歳を唱え、日本を礼賛しさえすれば、働かなくても日本から大金がもらえるのです。
    しかも大陸と陸続きで、その大陸に行けば、Chineseたちのまえで「俺は日本人だ」と大きな顔ができ、強姦やら強盗やら詐欺やら、悪さのし放題をしても、日本の施設に逃げ込めば、日本人はChina語がわからないから、自分こそ被害者だと訴えれば庇護してもらえる。

    そういう悪事が散々行われていて、そのくせ日本国内でまでテロを働くという無法を行うものたちに、なぜか当時の日本政府は湯水のようにお金を注ぎ込み、現実に困っている東北の人たちには目も向けようとしない。
    これでは民衆が怒るのはあたりまえで、そうした民意を我が事として受け止めた陸軍の青年将校たちが、「もはや決起して政権転覆を図る他なし!」という気持ちに至ったことも、これまた、ある意味当然のことであったであろうと思います。

    ただ歴史は、同情や好き嫌いや批判するためのものではなく、「そこから何を学ぶか」が大事です。
    この二二六事件について、当時陸軍幼年学校校長だった阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大将が学校で全校生徒を集めて行った訓話があります。
    「帝都不祥事件に関する訓話」
    といいます。
    事件の3週間後昭和11年3月12日に、幼年学校の第一講堂で語られたものです。
    「帝都不祥事件」というのは、二二六事件のことです。

    原文は、文語体です。
    読みやすくするため、先に現代語訳して掲載します。
    原文はその下に示します。

    この訓話で、阿南大将は、日本人として、とても大切なことを述べておいでになります。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 阿南惟幾陸軍大臣の割腹


    20190224 伊勢修養団研修バナー


    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    阿南惟幾陸軍大将は、昭和の軍人であり、人格識見ともに世界的に尊敬される名将です。
    そして終戦時には陸軍大臣を努め、あくまで戦争継続を主張し、最期は切腹をして果てられた方です。
    この阿南陸軍大将の割腹の衝撃が、日本陸軍をして昭和天皇の玉音放送ととに戦闘活動を停止に至らせた最大の理由であるともいわれています。


    阿南惟幾大将の遺書
    20190221 阿南惟幾遺書
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    これからご紹介するのは、平成12年8月13日に、国際派日本人養成講座で伊勢雅臣さんが書かれた文章です。
    昭和20年8月11日のChina派遣軍総司令官岡村寧次大将の電文から始まるこの一文は、阿南惟幾陸軍大将のことを書いた文章です。

    阿南惟幾陸軍大将は、昭和の軍人であり、人格識見ともに世界的に尊敬される名将です。
    そして終戦時には陸軍大臣を努め、あくまで戦争継続を主張し、最期は切腹をして果てられた方です。
    この阿南陸軍大将の割腹の衝撃が、日本陸軍をして昭和天皇の玉音放送とともに戦闘活動を停止に至らせた最大の理由であるともいわれています。

    当時の情勢として、日本軍は米国より先に原爆の開発を終え、この原爆投下によって米太平洋艦隊を壊滅させ、さらに米本土への核攻撃によって終戦の活路を見出す作戦を立てていましたが、陛下の御聖断によって、原爆の制作と使用は厳禁となりました。
    結果として日本は沖縄を米軍に奪われ、制海権制空権とも失い、日本本土はB29による空爆の餌食となる状況に至りましたが、日本側は新たに新型ジェット戦闘機の開発を終え(B29はその後の朝鮮戦争でも使用されましたがジェット戦闘機のミグの登場によって、ただ空に浮かぶのろまな的(まと)になり、現役を完全引退しています。日本がジェット戦闘機を昭和20年の8月下旬から用いていれば、戦況は大いに変わった可能性があります)、さらに9月には、海軍による米本土への空襲が計画されており、仮にもしこれが実施されていれば、米国内の厭戦気分が一気に高まり、和平への別な道が開けたかもしれません。

    要するに何が言いたいのかというと、昭和20年8月15日の時点で、日本は万策尽き果てていたわけではなくて、最悪の状況を最善の状況に転換する策が、ちゃんと用意してあったということです。
    また陸軍は、Chinaから満洲を押さえていましたが、8月9日にはソ連がだまし討のように参戦してきていました。
    戦闘を放棄すれば、Chinaや満洲にいる邦人たちにどれだけの被害が及ぶやもしれず、この時点での戦いの停止は、きわめて大きな危険を伴うもの(実際にそうなりました)でもありました。
    日本は、この時点で断固戦うべき状況にあったともいえるわけです。

    このようなことを申し上げると、「歴史にIFは禁物だ」とおっしゃる方がおいでになりますが、史実を検証する際には、なるほど「IFは禁物」です。
    けれど歴史を学ぶときには、自分ならどのように決断するか、どうしたらこの段階で活路を開けたのか、なぜそうなったのか等を、思い込みではなく反復可能な再現性を持って考えることが大事です。
    これは企業研修のケーススタディと同じです。
    そして再現性というのは、科学的な思考で、もっとも大事にされるところです。

    話が脱線しましたが、我が国には歴史上、あまたの英雄豪傑偉人がいますが、私が「この人から学びたい(教えを請いたい)」と思う歴史上の人物は、明治以降の人物では、その第一位が阿南惟幾陸軍大将です。
    トップに貼った画像は、その阿南陸軍大将が割腹自殺されたときに遺された血の飛び散った遺書です。
    そこには次のように書かれています。

    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 終戦内閣・鈴木貫太郎に学ぶ


    締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
    ↑↑↑クリック↑↑↑


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    鈴木貫太郎は幼少のころから、何度も死にかけています。
    そして海軍軍人となってからは、たえず死と隣り合わせの第一線に身を置きながら、生き延び武勲を立てています。
    二・二六事件では銃弾を受け、実際に心停止までしています。それでも彼は息を吹き返し、八十歳近くになって大東亜戦争に幕を引くという、胆力と集中力を必要とする仕事を、見事にやってのけています。
    真実は「神のみぞ知る」です。
    しかしもしかすると貫太郎は、日本の終戦処理という重大使命を帯びて、この世に生を受けた人だったのかもしれません。
    そう考えてみると、人はどんな人でも見えない大きな力によって「生かされている」存在で
    あるのかもしれないと思えてきます。
    孟子は「天が誰かに大任を委ねようとするときには、必ず「これでもか」というほどの艱難辛苦を与える」と書いています。
    艱難辛苦に見事打ち勝った者だけが、天命を得る。
    鈴木貫太郎の生涯を見ていくと、それは確かであるような気がしてきます。


    20190219 鈴木貫太郎
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    ▼目に見えない大きな力に守られて

    私の家から車ですこし走ったところに、鈴木貫太郎記念館があります。
    最近は、訪問者も減ってしまったそうですが、かつては小中高生の定番の社会科見学コースでした。

    鈴木貫太郎は慶応三(1868)年に生まれ、昭和二十三(1948)年に亡くなりました。
    第四十二代内閣総理大臣として、大東亜戦争を終結に導いたことは有名です。海軍大将、従一位、勲一等旭日桐花大綬章、功三級金鵄勲章を授章されています。
    戦に立てば獅子奮迅(ししふんじん)、平時にあっても鬼貫(おにかん)と呼ばれ、老いては昭和天皇からたいへんな信頼を受けた方です。
    遺体を焼いたとき、お骨から二・二六事件のときの弾丸が出てきています。
    とにかくたいへんな人生です。
    そして奥様が、またすごい方なのです。

    その半生は、江戸から明治・大正・昭和の日本の歴史そのものといっていいでしょう。
    鈴木貫太郎の人生を学んでいくと、人には使命があり、人は生きているのではなく、生かされている存在なのだということを強く感じずにはいられません。

    若き日の鈴木貫太郎の生きざまは、まさに痛快であり、爽快であり、男の人生そのものです。
    和泉国大鳥郡伏尾新田(現、大阪府堺市中区伏尾)の生まれですが、父親は関宿藩(千葉県野田市)の家老職であった鈴木由哲です。
    鈴木家というのは、もともとは三河の渥美郡の出で、代々徳川直参旗本の家柄です。

    貫太郎は子供の頃からやんちゃで、三歳のとき、暴走してきた馬の前に飛び出して転んでしまいます。
    そして、その上を馬が駆け抜けていきました。
    あっという間の出来事で、このとき近くで見ていた者全員が、貫太郎の死を覚悟したそうです。
    しかし、たいへん不思議なことに、馬がとっさに膝を折り曲げたのです。
    あり得ないことと言っていいかもしれません。
    おかげで貫太郎は、幸いなことに無傷でした。




    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
    https://www.mag2.com/m/0001335031.html

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 西郷隆盛の遺訓に学ぶ


    締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
    ↑↑↑クリック↑↑↑


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    西郷隆盛を、お殿様の島津斉彬公は次のように評しています。
    「身分は低く、
     才智は私の方が遥かに上である。
     しかし天性の大仁者である」
    今回は西郷隆盛の「遺訓」を学びます。


    20190217 西郷隆盛
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    西郷隆盛の「遺訓」をご紹介しようと思います。
    通称「南洲翁遺訓」とも呼ばれています。
    これを読むといまの政治の歪みがわかります。

    全部で41項目ありますので、全文ではなく抜粋でご紹介します。
    全文は下のURLから青空文庫で読むことができます。
       ↓
    https://www.aozora.gr.jp/cards/001320/files/47885_31033.html

    原文を表示し、なぜこの一文が大事なのか、簡単な解説をつけてみたいと思います。
    原文の左の番号は、本文の番号と一致させています。
    41項目のうち12項目をご紹介しますので、番号が一部飛んでいます。

     ***

    『南洲翁遺訓』

    一 廟堂に立ちて大政を爲すは天道を行ふものなれば、些とも私を挾みては濟まぬもの也。

    国政県政市政、行政、裁判を問わず、およそ三権を行う者は「天道を行うこと」です。
    そこにいささかも私情を交えてはなりません。
    しかるにいまの政治は、一部利権者の私的利益のために行われています。
    これではそもそも政治になりません。ただの利権の奪い合いです。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
    https://www.mag2.com/m/0001335031.html


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク