• 政治権力の世から祈りの世へ・・伊勢


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    天皇は国民の安寧を日々祈られる祈りの御存在です。
    そして知らす統治は、その祈りのもとに、すべての民衆が「おほみたから」とされる国の形です。
    こうすることで我が国の民衆は、なんと千年以上もの昔に、世界初となる究極の民主主義国家を手に入れていたのです。
    伊勢の和歌は、そのひとつの象徴といえる歌です。


    20190330 東京書籍・図説国語_伊勢
    東京書籍・図説国語より
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    女流歌人の伊勢のお話をしてみたいと思います。
    伊勢の和歌といえば、百人一首の19番にある次の和歌が有名です。

    難波潟短き蘆のふしの間も
    逢はでこの世を過ぐしてよとや

    (なにはかたみしかきあしのふしのまも
     あはてこのよをすくしてよとや)

    現代語に訳すと、次のようになります。
    「大阪湾の干潟にある蘆(あし)の茎の節と節の間くらいの短い時間さえ、逢わないでこの世を過ごすことなんてできないとおっしゃったのは、あなたですよ」

    なにやらちょっと攻撃的ですが、一般にこの歌の解釈は、主語が転倒していて、
    「難波潟に生える蘆の節と節の間のように短い時間でさえも、あなたにお逢いできずにこの世を過ごせというのでしょうか」(東京書籍・図説国語、冒頭の図)と訳されて紹介されています。

    これですと、まるで女性である伊勢の側がもっとあなたとすごしていたいと詠んでいるようで、このことから伊勢のこの歌は、「女性が上目遣いで男性に媚びているいやらしい歌である」などとまことしやかに書いているものもあります。

    ところがこの歌の背景をよくよく調べていくと、全然そうではないことがわかります。
    そもそも伊勢は平安前期の女流歌人で、その後の平安中期を代表する和泉式部や紫式部、清少納言などの女流歌人たちにたいへん大きな影響を与えた女性です。
    伊勢がいたからその後の平安女流歌人たちの興隆があったといってもよいくらいなのです。
    その意味で、平安中期の「女性が輝く時代」をもたらした、強い女性の典型でもあるのです。




    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    20190317 MARTH


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 新元号のもたらす意味を考える


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    新元号が発表されれば、その新しい元号の時代の日本がどのような国になるのか。
    過去の元号を見ると、不思議なことに元号はその時代を象徴する元号になっています。
    ということは、新元号もまた、ある程度未来予測が可能なものなのかもしれません。


    20190326 新元号予測
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    もうすぐ新元号が発表されますが、その前に元号について、少し述べてみたいと思います。

    元号を持っている国というのは、そうそう数があるわけではありません。
    なぜなら世界の多くの国々は「宗主国」を持っていた国だからです。
    支配された側の国は、支配する側の国の暦を強制されます。
    ですから独自の元号は育ちません。

    西洋では、国と国が何度もぶつかり、栄枯盛衰を繰り返しましたから、それぞれの国独自の元号というものは育っていません。
    ですから宗教上生まれた西暦が用いられています。

    西暦というのはキリスト暦のことで、キリストが生まれたとされる年の翌年を紀元1年とします。
    紀元のことを「A.D.」といいますが、これは「Anno Domini」の略です。
    直訳すると「主の年に」になります。
    では仏教国やイスラム国は、そのままキリスト歴を用いるのでしょうか。

    合理主義の観点から、比較的短期間に変わる元号より、西暦を用いたほうが良いという意見もあるようです。
    なるほど仄聞したところ、少しは説得力のある意見のように聞こえます。
    しかしそもそも合理主義とは一体なんのためにあるものなのでしょうか。
    我が国は、イザナキ・イザナミ以来「豈国(あにくに)」・・・すなわち「よろこびあふれる楽しい国」を目指してきた国です。
    つまり目的は「豈国」にあるのであって、合理主義は、それを実現するための手段でしかありません。
    その目的を失って、ただ手段だけに陥ることが、国として、あるいは個人として、本当に幸せなことなのでしょうか。

    我が国でも、古くはChina皇帝に朝貢をしていた時期があり、その頃はChinaの元号による暦をそのまま用いました。
    けれども、西暦645年、中大兄皇子の建白によって、皇極天皇の名のもとに我が国は独自の元号を用いるようになりました。

    これは我が国が、上下と支配、支配と収奪を国是とする中華文明から決別し、なによりも「おほみたから」である民衆の幸せを第一とする国家を形成することを目的としたものです。
    こうして最初の元号である「大化(たいか)」が生まれました。

    「化」という漢字は、変化することを意味する漢字です。
    日本は、このとき世界に向けても、また国民に向けても、「日本はこれから変わるよ」と宣言したのです。
    だから「大化」という元号が着いたのです。

    以来1374年、日本はずっと民衆こそ「おほみたから」という国柄を希求し続けてきました。
    考えてみて下さい。
    たとえば全国にある江戸時代やそれよりももっと古い時代から続く伝統工芸品、たとえば焼き物や筆、切子、織物、塗り物、南部鉄器、人形、絵画など、すべて民芸品です。
    西洋や大陸にある伝統文化と称するもののほぼ全てが王侯貴族のために造られ献上され発展してきたことと、我が国の文化は、その根幹がおおいに異なっています。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    20190317 MARTH

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 名人に香車を引いた男・升田幸三


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    常に相手があり、相手の動きの先を読んで、戦いを制する。
    現代日本人は、うわべだけの数値や出来事を単に「評価」することに馴れ、出来ごとの裏側にある深い「洞察」や「思考」といったものを、忘れているような気がします。


    20190326 名人に香車を引いた男
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    相手の出方をしっかりと読んで、陣を構築したり、敵将を追い詰めたり、運を天にまかせるギャンブルとも違う、人と人との駆け引きや勝負を行うのが将棋です。
    将棋は、思考力や洞察力を養うといわれてます。

    将棋といえば、大好きなプロ棋士に、升田幸三(ますだこうぞう)がいます。
    大山名人とともにひとつの時代を築いた人で、将棋界では知らない人はいない実力制第四代名人です。
    破天荒な人柄と独創的な指し手で、三冠独占を果たした天才棋士で、「魅せる将棋」、「新手一生」などの名言を残しています。

    升田幸三は、大正7(1918)年の生まれ、広島県三次市の出身です。
    この升田幸三が戦後間もない頃、GHQに呼ばれたときの対話が、本人の回顧録に残されています。

    以下、引用します。

    ~~~~~~~~~~~~
    『名人に香車を引いた男
     ―升田幸三自伝 』(中公文庫)
    ■缶ビール片手に放談

    おなじ年の夏、私はGHQに呼び出され、大演説をブッておるんです。
    対局とか、木見先生の代理で関西本部の仕事とか、東京へ出る機会がわりと多かった。
    現在の朝日新聞顧問、当時は業務局長だった永井大三さんと意気投合して、上京すると朝日の本社に転がりこみ、永井さんの部屋をねぐらにしとったんだが、ある日、業務局次長の窪川さんが、
    「GHQでお前にこいといっている。
     いろいろ将棋の話が聞きたいそうだ」という。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    20190317 MARTH


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • わび・さびとシラス国


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    「わび・さび」はうつろいゆくものに見出す価値観で、日本文化の精華であり、日本が失ってはならない高度な文化です。
    けれどこのことは、我が国が「天皇のシラス国」という変わらぬ一点の不動の価値を持つからこそ、生々流転、うつろいゆく政治、うつろいゆく権力、うつりゆく自然や草木などに「わび・さび」を感じるという独特の文化となったのです。
    この一点を失えば、「わび・さび」の文化も消滅します。


    20190326 わびさび
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    日本文化を語る言葉として、
    「侘(わ)び」
    「然(さ)び」
    などと言った言葉が使われることがあります。
    では「わび、さび、幽玄」とは何か、どのようなものなのか、あるいは「わび」と「さび」の違いはなにかなどと言われると、つい答えに窮してしまうことも多いのではないかと思います。

    日本大百科全書によれば、わび、さびは
    ◇わび【侘び】
    日本人の美意識の一つで、貧粗・不足のなかに心の充足をみいだそうとする意識。
    ◇さび【然び】
    美的理念。閑寂ななかに、奥深いものや豊かなものがおのずと感じられる美しさをいう。
    とあります。

    しかしこの説明では、多くの人はいまいち意味や違いがわからないのではないでしょうか。
    すくなくとも、私にはわかりかねます。

    そこでもうすこし噛み砕いてみます。
    「わび」はもともと「わびしさ」から、
    「さび」は「さみしさ」から来た言葉です。

    ただ、「わびしさ」や「さみしさ」が、人のその時点における感情を意味する言葉であるのに対して、「わび、さび」は、もうすこし動的な意味合いを持ちます。
    すなわち、人や自然、あるいは道具類などが、経年変化し、移ろい行くさまの中にある、一定のわびしさやさみしさが「わび、さび」になるのです。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    20190317 MARTH


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 忠犬ハチ公と日本型循環経済モデル


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    ザギトワさんもプーチンさんも、ともにロシアの人であり親日家として知られる人です。
    彼らが日本を慕ってくれるのは、日本が軍事的に強いからでも経済力があるからでもありません。
    循環経済モデルによって、国民みんなが幸せに生きるための知恵が日本に備わっているからです。
    肝心の日本人が、そのことをすっかり忘れています。
    それはとっても残念なことです。


    20190326 ザギトワさんと秋田犬
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    東京・渋谷駅の待ち合わせ場所としても有名なハチ公前広場。
    そこに置かれているのが、忠犬ハチ公像です。
    秋田犬のハチは、飼い主が死亡した後も、駅前で飼い主の帰りを待ち続けた「忠犬」として知られ、最近ではその物語がハリウッドでリチャード・ギア主演で「HACHI」という映画にまでなりました。
    近年では、その影響からかフィギュア・スケートのアリーナ・ザギトワ選手が愛犬として飼い始めたことでも一躍有名となり、またプーチン大統領の愛犬もまた秋田犬です。

    さて、忠犬ハチ公の物語ですが、これは実際にあった出来事で、渋谷に住んでいた東大農学部教授の上野英三郎(うえのひでさぶろう)博士と、その愛犬ハチの物語です。

    上野博士は、三重県津市のご出身で、生まれが明治28(1895)年。
    東大農学部を卒業後、東大大学院に進学し、そのまま東大教授にまで栄達した逸材です。
    その上野博士が専門としたのが「農業土木」で、各個人がそれぞれ所有する農地を合算して広大な農地とすることで、農業生産を担う集団的経営体の育成を図りながら高生産性農業の展開に必要となる生産基盤を整備し、食料自給率の向上に資するというものでした。

    現代でもそうなのですが、世界の一般的経済モデルは「労働によって得た財を、労働者を所有する者が蓄える」というものです。
    少し考えたらわかることですが、この経済モデルは、一方通行的に富が集められ集積されますから、常に新たな富を生産し続ける必要があります。
    生産だけで間に合わなければ、さらに収奪が必要で、このことがかつては植民地支配につながっていたし、現代においても先進諸国の富のために、多くの資源国は途上国と呼ばれ、貧困が支配しています。

    これに対して日本型経済モデルは「労働によって得られた財を、みんなで合算してみんなのために遣うことで経済を回す」という経済モデルです。
    この場合、収奪の必要がないばかりか、循環によって生産性や人々の生活の安全性が向上し、居住者全員が利益の分配にあずかることができることになります。
    一億総中流などといったものも、こうした循環モデルが基礎になります。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    20190317 MARTH


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 野中兼山に学ぶ日本人の生き方


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    善であれ悪であれ、いつの時代であっても現状を変えようとする者は必ず叩かれます。
    なぜなら現状には必ず既得権益層があるからです。
    とりわけ我が国における善は、民衆をこそ「おほみたから」とするものです。
    自分だけが利益を得ようとする人たちからすれば、その動きは社会の敵、彼らの敵となることを意味します。
    それでも誠実に戦う。
    先人たちは、それを実践してきました。
    それが勁(つよ)い日本を取り戻すことだからです。


    野中兼山像 (長岡郡本山町「帰全山公園」)
    野中兼山
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    昭和9(1934)年9月21日に午前5時頃、高知県室戸岬付近に上陸した室戸台風は、西日本を中心に大きな被害を及ぼした台風として知られています。
    この台風が室戸岬に上陸したときの中心気圧は911ヘクトパスカルです。
    これは日本本土に上陸した台風のなかで、観測史上最も上陸時の中心気圧が低かった台風で、その記録はいまだに破られていません。

    最大瞬間風速、毎秒60メートルと記録されているのですが、実は大阪管区気象台所属の室戸岬測候所が、風速60メートルを記録したところで観測機が風圧で壊れてしまったのです。
    ですから実際には、もっとすごい強風であったわけです。

    室戸台風は、四国・高知県の室戸岬に上陸した後、大阪と神戸の間に再上陸しました。
    阪神地区への上陸は、満潮時と重なったため、4メートルを超える高潮が発生し、大阪港は、わずか30分で2メートルもの海水が流入し、浸水は大阪城付近にまで及んでいます。

    暴風が最大規模に達した午前8時には、小学校などの木造校舎が一瞬にして粉砕崩壊し、中にいた児童や職員、心配して迎えに来た保護者に多数の犠牲者が出ています。
    このときの被災者の慰霊のために、大阪城公園に慰霊塔(教育塔)が建てられています。
    こうして室戸台風は、死者2702人、行方不明334人、負傷者14994人という大惨事をもたらしました。

    ところがこの室戸台風が先に上陸した高知県の室戸では、室戸台風が最大勢力の時点で上陸しているにもかかわらず、高潮や暴風による被害がまったく出ていません。
    室戸岬のすぐ近くにある手結内(ていない)港、津呂(つろ)港などは、室戸台風が最大勢力で上陸している・・・つまり阪神地区を襲ったときよりも、もっと勢いが強い状態で上陸しているのですが、港も各戸も、まるで被害が出ていません。

    それはなぜでしょうか。
    その理由が、室戸台風がやってきたときよりも250年も昔の土佐藩家老、野中兼山(のなかけんざん)にあります。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    20190317 MARTH


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 江戸の昌平黌最後の塾頭、佐藤一斎が説いた道


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    佐藤一斎の行書「寧静」
    20190319 佐藤一斎の行書
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    昌平黌(しょうへいこう)といえば、江戸時代の東大の前身校です。
    その昌平黌で幕末頃に塾長を勤めたのが佐藤一斎(さとういっさい)です。
    この佐藤一斎が、後半生の四十余年にわたり記した随想録に『言志四録(げんししろく)』という書があります。

    幕末頃に指導者のための指針書とされた本で、西郷隆盛の終生の愛読書にもなった書であり、また二〇〇一年(平成十三年)五月に小泉純一郎総理(当時)が、衆議院「教育関連法案」審議中に『言志四録』からの言葉を引用したことでも有名になりました。

    このとき引用された言葉が次のものです。
      
     少くして學べば、則ち壮にして為すことあり
     壮にして學べば、則ち老いて衰えず
     老いて學べば、則ち死して朽ちず

    そのまま現代語に訳すと、

     青少年が學べば、壮年になって為すことが見えてくる
     壮年が學べば、老年になって気力が衰えなくなる
     老年が學べば、死んでもその魂が生きる。

    と、このようになるのですが、ここにある「學ぶ」は、現代人の語感と、当時の語感が異なります。
    「學」という字は、当用漢字では「学」と書きますが、実は「學」と「学」では、まなぶ主体が逆転してしまうのです。
    旧字の「學」は、複数の大人たちがひとりの子供を一人前にするために引き上げることを意味する象形文字です。
    つまり教える側の大人たちが主体です。
    別な言い方をするなら、大人たちが能動的に働きかける側で、子供はそれを受ける側です。

    ところが戦後教育では「学」と教えます。
    「學」が「学」になると、子供がまなぶところという意味になります。
    教わる子供が主体です。

    別な言い方なら、子供が能動的に学ぶのであって、大人たちはその子供達の意向を受け入れる受動体になります。
    つまり「學」と「学」では主客転倒してしまうのです。
    ですから「学」なら、いくら大人たちが子供に勉強させたくても、子供にその気がなければ、その時点で学校教育は成り立ちません。
    このことはそのまま現代敎育が抱える問題点となっています。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    20190317 MARTH

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク