• 修身・道徳・倫理とは


    「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
    ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
    旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
     ↓↓↓
    新ドメイン:http://nezu3344.com



    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    民度の低い国では、日本社会では極道の世界にしかないような現実が、普通の家庭の現実になります。
    もっとも近年では、日本人も民度が下がり、まるで八つ墓村のような奇怪で残酷な事件が起こるようになりました。
    これは国を挙げて、民度の底上げを図らなければならない事態です。


    20190530 修身教科書
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    修身は、「身を修(おさ)める」と書きます。
    「修」という字は、もともと髪を洗う姿の象形で、そこから「洗い清める→正しく整える」といった意味を持つようになり、立派な人になるために身を修めることを「修身」というようになりました。

    戦前戦中までは、修身の授業が必須課目となっていました。
    いまでは、小学校の次は中学、高校と一直線しかありませんが、戦前戦中までは小学校を卒業すると、生徒それぞれの適性に応じて、普通の中学、専門技術学校、師範学校、陸海軍予科など、様々な進路が用意されていました。

    その子の気質というのは、小学校くらいでもう出てしまうものです。
    たとえば、皆さんのお住まいの地域に幕府をつくるとします。
    みなさんは、そのとき何をして幕府つくりに貢献されるでしょうか。
    真っ先に思い浮かぶものです。

    それは、ひとによっては、町の街区つくりであったり、将軍のお住まいをどのように建設しようか、将軍の料理をどうしようか、将軍や武士たちの服装をどうしようか、みんなの食事をどうしようか、どのような鎧や兜をつくろうか、掃除はどのようにしようか、決まりや規則をどのようにつくろうか、食品や建設用資材をどのように運搬しようか等々、幕府作りには様々な職種があり、そのなかで、自分はこれをしよう、あるいはこれなら出来る、といったものが自然に浮かぶことと思います。

    大人になれば、自分の適性にあっていようがあっていまいが、それを行うことができます。
    けれど、自分の気質や適性にあっていないことは、やると疲れるものです。
    たとえば、外で飛び回ったり、人と接するのが好きな営業肌の人に、経理の帳面付けを延々とやらせたら、たぶん、疲れます。
    その逆も同じです。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 海戦史を塗り替えた男 吉川潔艦長


    「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
    ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
    旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
     ↓↓↓
    新ドメイン:http://nezu3344.com

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    私達を護るために立派に戦ってくださった方々をしっかり語り継ぐのも、私達日本人の役割だと思います。
    それは戦争を礼賛しているとか軍国主義者だからとか、そういう低次元な話ではなく、もっとも大切な日本人の魂の血脈を受け継ぐことだからです。


    吉川潔艦長
    吉川潔艦長


    水雷艇は、またの名を魚雷艇といいます。
    1870年代に開発されたもので、魚雷を積んで敵の大型戦艦の間を縫って走りまわり、近づいて巨大な破壊力を持つ魚雷を放ちます。
    水雷艇は小さいので、敵戦艦の巨大な主砲もなかなか当たりません。

    これは戦艦戦隊にとって脅威です。
    小型高速艇が巨大戦艦を打ち破る。まさに日本らしい戦法といえますが、こうした戦果を受けて、どうにかして水雷艇をやっつけなければならないという研究が、世界中でなされます。
    そして、ちょこまかと走り回る水雷艇を捕捉し退治するためには、やはりちょこまかと走り回れる水雷艇が良いと考えられ、それまでの水雷艇から、砲力と走行性能を一段と強化した水雷艇が考案されました。
    それが「駆逐艦」です。
    駆逐艦は、英語名をデストロイヤー(Destroyer)といいます。

    駆逐艦に生涯を捧げたのが吉川潔(きっかわきよし)艦長です。
    明治33(1900)年1月の生まれ、広島県広島市の段原町出身です。

    吉川艦長は、「不滅の駆逐艦長」と呼ばれた人で、連合軍が恐れた五人の提督の中のひとりです。
    五人の提督といいますが、吉川艦長だけ、階級が中佐です。
    (戦死され二階級特進で少将の栄誉に輝いています)

    吉川艦長の父は漢学者ですが、もともと吉川家は、戦国時代の猛将・吉川元春の係累なのだそうです。
    吉川艦長は、旧制広陵中学(現広陵高等学校)出身で、広陵といえば、広島商業と並んで、甲子園で有名な学校です。
    いまもプロ野球選手を多数輩出しています。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    20190317 MARTH



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 水雷艇気質と武士の戦場 佐藤康夫中将伝


    「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
    ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
    旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
     ↓↓↓
    新ドメイン:http://nezu3344.com


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    難局に
    男冥加と突入す
    なるもならぬも
    神に任せて


    駆逐艦「朝潮」
    駆逐艦朝潮


    以前働いていた会社の専務は、もともと貨物船の乗組員だった人でした。
    その専務が船員だった昭和40年代の頃のお話です。
    当時、南米に行くと、とにもかくにも日本人というだけで、大モテにモテたそうです。

    ある港にすごい美人がいて、一晩中、遊んでもらったのだけれど、お礼にとお金を渡そうとすると、どうしてもいらないという。
    仕方がないから、せめてものお礼にと、着ていたTシャツを1枚をあげてきたのだけど、どうしてだったと思う?というわけです。

    その娘さんは、大好きなおばあちゃんがいて、そのおばあちゃんが昔、若かったころ、日本人の船員さんに何度も助けられたのだそうです。
    それは明治の中ごろのことです。

    当時の東南アジアや南米の港町は、白人天国でした。
    絶対的支配階層である白人に対し、現地の人々は人間としてすら認識されなかった、そういう時代でした。
    黒人や東洋人は、魚や虫と同じで、
    「痛覚がないのだ」
    と本気で信じられていた時代です。
    ですから有色人種の男性は、ただの労働力としての家畜と同じ扱いだったし、女性もただの道具とみなされていました。

    とりわけ港町は、気の荒い白人たちが集まるところで、白クマのような毛むくじゃらの白人の大男が、大酒を飲んでは暴れまわる。
    そういうところに、海軍の軍服を小ざっぱりと着こなした、現地の人たちと同じ有色人種の日本人が、訓練航海のために港に上陸するわけです。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    20190317 MARTH





    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 第38回 百人一首塾 開催のお知らせ


    「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
    ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
    旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
     ↓↓↓
    新ドメイン:http://nezu3344.com


    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    20190608 百人一首塾


    百人一首塾は、百人一首を通じて、藤原定家が遺そうとした日本文化の根幹を学ぼうという取り組みです。
    単に和歌を鑑賞しようというだけでなく、感動を通じて、現代日本が取り戻さなければならない根幹を探ります。
    毎回、必ず皆様の人生のお役に立つ内容です。

    どなたでもお気軽に参加いただくことができます。

    今回は百人一首の26番〜30番までの5首を取り扱います。

     二十六番 貞信公
    小倉山峰の紅葉葉心あらば いまひとたびのみゆき待たなむ
     二十七番 中納言兼輔
    みかの原わきて流るるいづみ川 いつ見きとてか恋しかるらむ
     二十八番歌 源宗于朝臣
    山里は冬ぞ寂しさまさりける 人目も草もかれぬと思へば
     二十九番 凡河内躬恒
    心あてに折らばや折らむ初霜の 置きまどはせる白菊の花
     三十番 壬生忠岑
    有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり憂きものはなし

    古事記も百人一首も、日本の核心を学ぶために書かれた古典です。
    この一点を忘れて、ただ古文や和歌をもてあそぶだけなら、それは学問の名に値しないただの虚学です。
    私は倭塾や百人一首塾を、
    「誰もが豊かに安心して安全に暮らせる日本を築く」ための本質や根幹を学ぶために行っています。


    1 日時 令和元年6月8日(土)18:30~20:30

    2 場所 タワーホール船堀 402会議室
      〒134-0091 東京都江戸川区船堀4丁目1−1
      都営新宿線「船堀駅」駅前

    3 講義 百人一首(25番〜30番)

    4 講師 小名木善行

    5 タイムスケジュール
      開場 18:00
      開始 18:30
      終了 20:30

    6 参加費 お一人様2000円
      ご夫婦でお越しの場合はお二人で2000円
      未成年者無料です。

    7 参加方法
      会場に直接お越しください。
      お飲み物などをご用意してお待ちします。
      Facebookご利用の方は、できるだけ↓ページから参加ボタンをクリックください。
      https://www.facebook.com/events/364671087419265/

    8 懇親会はありません。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • アヘン戦争の真実


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    このところスケジュールがいっぱいに詰まっているため、過去記事のリニューアルが多くなっています。
    けれど「大切なことは何度でも」です。
    人生を拓く鍵は、これまでとは異なる考え方の上にのみ存在するといいます。
    国の形を変える鍵もまた同じです。
    とりわけ戦後は何かと歴史を歪めて教えられています。
    このアヘン戦争のお話も、これまでの認識とまったく異なることに驚かれることと思いますが、真実を知ることは時代を拓く鍵になると思っています。


    20190315 阿片戦争
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    阿片戦争(あへんせんそう)といえば、多くの人々の一般的認識は
    「日本の幕末の頃、
     大英帝国がChinaに
     阿片を無理矢理
     売り付けようとして起こした
     侵略戦争」
    といったイメージであろうかと思います。

    実際はどうだったのでしょうか。
    なるほど当時の英国が、七つの海を征する植民地国家であったことは事実です。
    けれど本当に英国は、Chineseを麻薬漬けにするために阿片を大量にChinaに持ち込んでいたのでしょうか。

    「阿片窟(あへんくつ)」という言葉もあります。
    阿片の吸引所です。
    そこには阿片中毒になった男女が、もうもうと立ちこめる阿片の煙の中で、性的モラルを失って薬物とセックスに浸り込んでいるといったイメージで語られるところです。
    では実際にそのような場所があったのでしょうか。

    歴史は、現在の価値観で図ろうとすると、大きな間違いを犯します。
    ここは、当時の時代の価値観や実勢を振り返って、再考したいところです。
    そういう視点でこの時代を見ると、実はこの時代、阿片を含めて、いま言われるいわゆる「麻薬類」の販売、所持、吸引などが、まったく規制外であったことがわかります。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    20190317 MARTH




    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 山本権兵衛 妻への愛と敬意


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    これまで発刊した本のなかで、自分でいちばん好きだと思う本は『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人 第二巻』かもしれません。
    清少納言や静御前のことのみならず、それぞれの人物伝が、どれも映画化してもおかしくない日本人的な愛の素晴らしさを描いた物語になっています。
    そこで今回、その中から山本権兵衛(やまもとごんべい)の物語をご紹介します。
    政治的にはいろいろとご意見もあるでしょうが、人間としてみたとき、この山本権兵衛は本当に素晴らしいと思います。
    東郷平八郎を抜擢したとき、山本権兵衛が「東郷は運の強い男です」と明治大帝に奏上したのは有名な話ですが、もしこれが今なら、野党が大問題にしそうな発言です。
    けれども、そうしたことを可能にした人物であったからこそ、日本は日露の戦いに勝利することができました。
    そのことをあらためて私達は考える必要があるのではないかと思います。


    山本権兵衛
    20190515 山本権兵衛
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    *********
    山本権兵衛〜妻への愛と敬意
    『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人 第二巻』より

    ▼武家の厳しい教育と実戦の体験

    戦前に第16代内閣総理大臣、第22代内閣総理大臣と、二度も総理を務めた人がいます。
    海軍大将の山本権兵衛です。
    薩摩藩士を経て海軍軍人となり、第二次山縣内閣で入閣、海軍大臣を八年間務め、日露戦争においては大臣として海軍を支え、日本海海戦を勝利に導いています。

    大国ロシアの南下政策によって日本に危機が迫る中、山本権兵衛は「ロシア海軍に必ず勝つ」という一点を目標に、海軍の大改革を行いました。
    その中で大抜擢されたのが、日本海海戦における司令長官東郷平八郎であり、参謀秋山真之であり、戦死して軍神となった広瀬武夫中佐でした。
    海軍といえば、昨今では海軍カレーが有名ですが、その海軍カレーを正式に採用したのも、実は、山本権兵衛です。

    山本権兵衛の父は、薩摩藩の槍術師範を務めていました。
    武家、しかも師範の家ですから、躾はとても厳しいものでした。
    彼が子供の頃の逸話があります。

    ある雪の降った朝のこと、権兵衛は庭で槍の稽古をしていました。
    雪の朝ですから、当然気温も低く寒いわけです。
    寒いですから、手がかじかみます。
    手がかじかんだら、稽古になりません。

    そこで権兵衛少年が、手にホウホウと息をかけていたのです。
    そこに槍術師範の父が家の中から現れました。
    父は、権兵衛の様子を見るや否や、裸足で庭に飛び下り権兵衛を怒鳴りつけました。
    「武士がそんなことで役に立つかっ!」
    戦いの場にあっては、寒いの熱いのと言っていられません。
    そして父は権兵衛の頭をつかむと、その頭を雪にねじこみました。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    20190317 MARTH





    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 今日は尼港事件があった日


    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    今日は、尼港事件(にこうじけん)があった日です。
    大正9(1920)年の事件ですから、いまから99年前の出来事です。
    古い話と思われるかもしれませんが、歴史はずっと続いています。
    そして歴史から学ぶことは、現在のドアを開く鍵を得ることです。


    20190523 バラ

    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    尼港市(にこうし)というのは、いまはロシア領になっているニコラエフスク市のことです。
    黒竜江(アムール川)の河口に位置する街です。
    そこに4300人の共産パルチザンがやってきました。
    そして大規模な住民の虐殺事件を起こしました。
    これが尼港事件です。

    このお話は、拙ブログで何度もお伝えしています。
    けれど「何度でも」繰り返します。
    なぜなら、下の写真があるからです。
    尼港事件


    この写真は事件直後に尼港にある獄舎で発見されたものです。
    獄舎の壁に鉛筆で書かれていました。
    この日、ようやく日本の援軍が到着するとなった日、最後に生き残った日本人たちが、虐殺されました。
    この字は、おそらく殺される直前に書かれたものと思われます。
    そこには、
    「大正9年5月24日午後12時を忘れるな」
    と書かれています。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    20190317 MARTH





    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク