• 北海道を守った占守島(しゅむしゅとう)の戦い


    「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
    ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
    旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
     ↓↓↓
    新ドメイン:http://nezu3344.com



    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人第三巻』は、戦争をテーマにしています。
    その三巻から、「北海道を守った占守島の戦い」をご紹介します。
    毎年この時期に掲載しているものです。
    こうした旧軍人さんの果敢な戦いがあって、いま北海道は日本の領土です。
    さもなくば北海道は戦後「北方領土」と呼ばれてロシアの占有下に置かれていたことでしょう。
    歴史を知ることは、私達が守らなければならないものは何かを学ぶことです。


    20190819 占守島
    画像出所=https://twitter.com/hashtag/%E5%8D%A0%E5%AE%88%E5%B3%B6%E9%98%B2%E8%A1%9B%E6%88%A6
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    ──────────
    士魂部隊、池田聯隊長
    ──────────

     作家の司馬遼太郎は、昭和の軍人に対しては批判的な小説家として知られています。
    特に自身が戦車隊員だったときの衝撃的な体験により、戦車隊のことは必ずしもよくは書いていません。
    その司馬遼太郎が、戦車学校校長だった池田末男少将に対してだけは、たいへんに尊敬する人物として著書の中で紹介しています。

     池田少将は愛知県豊橋市出身の方です。日本の戦車戦の理論(機動戦理論)を構築し「戦車隊の神様」と呼ばれていました。
    戦車学校教官当時には「戦車隊教練規定」という教程を編纂し、同校校長に就任しています。

    昭和20(1945)年1月、戦車学校校長から戦車第十一聯隊長に転任しました。
    漢字で縦に「十一」と書くと「士」の字に見えることから、いつしかその戦車隊は「士魂部隊」と呼ばれるようになっていました。
    士魂部隊は精鋭の集まりでした。

    そして終戦のとき、士魂部隊は北海道の沖合に浮かぶ千島列島の最北端「占守島」にいました。
    池田隊長は豪放磊落かつ温和な性格です。
    部下の誰もが池田隊長のことを心から信頼していました。

    こんなエピソードがあります。
    占守島は、夏場でも気温が十五度を上回ることがありません。
    日中は濃霧に覆われ、冬場は気温が零下30度に下がります。雪は電信柱が埋まるほど積もり、風速30メートルもの猛吹雪が吹き荒れることもあります。

    その身を切るような寒さの占守島で、池田隊長は絶対に自分の下着を部下に洗わせなかったそうです。
    全部自分で冷たい水に手を入れて洗濯していました。
    本来なら洗濯は、当番兵の仕事です。
    申し訳なさそうにしている当番兵に、池田隊長はこう言ったそうです。
    「お前はオレに仕えているのか?
     国に仕えているんだろう?」



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 嘘つきは舌を切るぞ!・・・大宰府に込められたメッセージ


    「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
    ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
    旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
     ↓↓↓
    新ドメイン:http://nezu3344.com



    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    私達は、大宰府という名を冠した役所が筑前に置かれたこと、その名称が「嘘を言ったら舌を切り取るぞ」という意味の名称であったことを、厳粛に受け止める必要があります。
    騙す人と騙される人がいたら、我が国は誰もが「騙すほうが悪い」と考えますが、そうでない国や人々も世の中にはあるからです。


    20190818 大宰府ジオラマ
    画像出所=https://blogs.yahoo.co.jp/kashii_ucchan/69049368.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    九州の大宰府といえば、防人たちが活躍した、古代から中世にかけての我が国の国防の最前線として有名です。
    この大宰府、いまではすっかり「だざいふ」と読むのが一般化していますが、もともとは訓読みして「おほ みこともち の つかさ」と呼ばれていました。今風に意訳すれば「大君の詔(みこと)をもって設置された府(つかさ)」という意味になります。「だざいふ」と言われても、なんのことだかピンときませんが、そのように訓読みで言われると、「なるほど」とわかりやすくなるのではないでしょうか。

    問題は、その「おほ みこともち の つかさ」に「大宰府」という漢字が当てられたことです。「つかさ」は「君命をつかさどるところ」という意味ですから、お役所を意味する「府」でおかしくはありません。国府(くにのつかさ)といえば、中央から派遣された国司がいるところです。ちなみに国府も国司も、訓読みはどちらも「くにのつかさ」です。言い換えれば国司=国府であったわけです。

    大宰府の置かれた筑前国には、ちゃんと大宰府の他に国府がありました。
    たとえば万葉の時代なら、筑前の国司は山上憶良です。そして大宰府の帥(そち、長官のこと)は大伴旅人でした。大伴旅人は令和の歌で有名です。
    つまり通常の国府としての行政をこなす国司の他に、筑前だけは、別途、大宰府が置かれていたわけです。

    しかもその名の「大宰(おほ みこともち)」は、天皇の命令によって特別に設置された」とわざわざ宣言しているわけです。
    では、漢字の「大宰」とは、どのような意味があるのでしょうか。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 今日は生麦事件があった日〜生麦事件と薩英戦争


    「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
    ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
    旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
     ↓↓↓
    新ドメイン:http://nezu3344.com



    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    猿を野放しにして、人間も猿になるか。
    それとも人間社会を護るために、猿を射殺すか。
    私は後者を選ぶべきだと思っています。


    20190817 生麦事件
    画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E9%BA%A6%E4%BA%8B%E4%BB%B6
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    文久2年(1862)の今日起きた事件が「生麦事件」です。(新暦ですと9月14日になります。)

    この事件は、江戸から京都に向かう薩摩藩の行列に、前方を横浜在住の英国人4人が乗馬のまま横切り、薩摩藩士がこれを静止したけれど、4人の英国人は馬上のままどんどん行列の中に侵入。やむなく警護役の薩摩藩士がこの4人を無礼討ちにし、1人が死亡、2人を負傷させたという事件です。

    この時代、王族や貴族のこうした隊列を荒らす行為は、一種のテロ行為に等しく、犯人はその場で全員現行犯で殺害されても仕方がないというのが世界の常識です。
    ですから薩摩藩の行為には国際社会において完全に正当性があり、本来ならこれを咎めることは誰にもできません。

    ところがこの事件後英国は、幕府に対して謝罪と賠償金10万ポンドの要求、薩摩藩に対しても犯人の処罰と賠償金2万5千ポンドを要求しました。
    幕府は屈服し、薩摩は屈服を拒否したために薩英戦争が起き、薩摩は敗北した・・・というのが戦後的歴史認識です。
    事実はぜんぜん違います。
    詳しく見てみます。

    まず薩英戦争です。
    支払いを拒否したことを理由に、英国は、翌年7月2日の未明、旗艦ユーライアラスを先頭に、7隻の艦隊で薩摩湾に侵入。薩摩藩の汽船3隻を拿捕しました。
    これは薩摩湾への無許可侵入であり、薩摩藩の汽船の不法拿捕という明らかな国際法違反です。つまり、無法行為です。

    さらに英国艦隊は艦上から、21門のアームストロング砲を含む合計100門の砲で、薩摩の陸上砲台を砲撃しました。
    これに対し薩摩藩は、正午、湾内各所に設置した陸上砲台80門で、英国艦隊に向けて反撃のための砲撃を行いました。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 8月20日 真岡郵便局事件


    「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
    ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
    旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
     ↓↓↓
    新ドメイン:http://nezu3344.com



    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    このお話も、毎年この時期に必ず掲載させていただいているものです。73年前の今日あった現実です。昭和20(1945)年の出来事です。
    ただし、だからといってソ連やソ連人を恨むのは、履き違えです。
    日本はそのような恨みの国ではありませんし、真岡の乙女たちも決してそのようなことは望んでいないと思います。
    そうではなく、過去をしっかりと踏まえて国をたいせつにし、そしてソ連人を含めて、この地上の誰もがよろこびあふれる楽しい人生を、豊かに安全に安心して生きていくことができるようにしていく。
    そのために努力を怠らない。
    それこそが日本人に課せられた使命だし、命題だと思います。


    20170819 セイシェル
    画像出所=http://honeymoon-collection.jp/area/indian_ocean/seychelles.php
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    事件が起きた真岡町は、かつて樺太にあった町です。
    樺太は魚のようなカタチをしていますが、その南半分は日本の領土です。
    「いまなお日本の領土」であって、「ロシアの不法占領」が続いているところです。
    北方領土を、国境の外側にある「外国」と思っていると、歴史を読み間違えます。
    そこはいまも昔も日本だからです。
    真岡町は、樺太の南側、つまり魚の尾ヒレのようになっているところの、付け根のあたりにあります。

    8月9日、いまはもう無くなった国であるソ連は、いきなり日ソ中立条約を破って満州、樺太、千島列島に攻め込みました。
    ソ連が動員した兵力は、戦車5千輌、兵力157万人という、気の遠くなるような戦力です。

    ちなみに日本は、真珠湾攻撃が対米宣戦布告の30分前に行われたことで「だまし討ちだ」米国に言われ、そのことを多くの日本人はいまだに申し訳なく思っているようです。
    しかし戦争は、宣戦布告などまったくなしに、突然開始されるものの方が、はるかに多いのです。
    アメリカにしても、建国以来200回にのぼる戦争を行っていますが、そのなかできちんと宣戦布告をして開戦したのは、たったの4回しかありません。
    むしろ世界では、宣戦布告がある方が、異例です。
    毎回キチンと宣戦布告をしながら戦いを行ってきたのは、近現代史の中では日本くらいなものです。

    ですからソ連が攻めてきたとき、はじめのうちは日本側は、攻めてきた相手が、どこの国かさえわかりませんでした。
    このため避難勧告も遅れ、樺太に「緊急疎開」の指示が出されたのは、ソ連侵攻から4日目、8月13日になってからです。

    そして二日後の8月15日の正午には玉音放送が流れています。
    日本は世界に向けて戦闘行動の終了を宣言しました。
    ところがソ連は、おかまいなしに侵攻してきました。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 沈みゆく戦艦大和、1​7歳のあの日


    「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
    ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
    旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
     ↓↓↓
    新ドメイン:http://nezu3344.com



    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    この記事もまた2012年の初掲載以降、毎年この時期に掲載させていただいている記事です。八杉さんのお言葉から、何かを感じ取っていたけたら幸いに思います。


    20180815 戦艦大和
    画像出所=http://jap-empire1947.blog.jp/archives/1016764661.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    本文とともに、最後に八杉さんの本件に関する動画をご紹介しますので、是非、そちらもご覧ください。

    =====
    【沈みゆく戦艦大和、1​7歳のあの日】
    http://1minute.raindrop.jp/?p=8807

    八杉康夫さん(戦艦大和語り部)
    致知2006年7月号特集「人学ばざれば道を知らず」より

    ****
    大和の後部が
    白煙を上げているのが
    私にも分かりました。

    なおも攻撃が続けられ、
    魚雷が的中した時は
    震度5にも
    感じられるほど
    激しく揺れました。
    次第に船は
    傾いていきます。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 言い訳にいちいち反論してはいけない


    「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
    ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
    旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
     ↓↓↓
    新ドメイン:http://nezu3344.com



    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    彼らの悪事が露見したとき、彼らが行う言い訳に、いちいち反論することは、かえって問題をややこしくするだけにしかなりません。堂々と、粛々と、関係を打ち切っていく。それはとっても残酷なことですが、それだけの残酷さが、実は、彼らには必要です。


    20190813 ひまわり
    画像出所=http://www.japan-tour.jp/ja/16024
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    立場が悪くなったり、悪事が露見したりすると、ありとあらゆる言い訳を並べ立てて、自己正当化を図り、必死になって「論点ずらし」をするのは、どこぞの民族の特徴です。
    そしてその並べ立てた「ずらした論点」の、どれかひとつでも周囲が「それはそうだね」と言おうものなら、その一点を声高に主張して、いつのまにか自分を「被害者」に仕立て上げる。
    懲りもしないし、飽きもしないで、毎度まったく同じパターンですが、それが彼らの手口です。

    それを、いちいち相手の言い分のひとつひとつに丁寧に反論すれば、その反論の中の言葉のどこかの揚げ足をとって、また声高に「被害者」をアピールする。
    そしていつの間にか、本来の「はじめにあった悪事」の問題が、まったく別な問題にすり替えられる。
    そして、すり替えた事柄で、自分たちが被害を受けた、相手は加害者であって許せないと、これを毎日毎日、何ヶ月も何年も、何十年もどころか千年経っても繰り返す。

    これが、大昔から繰り返されてきた彼らの民族的気質です。

    ですから、彼らの悪事が露見したとき、彼らが行う言い訳に、いちいち反論することは、かえって問題をややこしくするだけにしかなりません。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 小町園の悲劇(18歳未満および女性の方閲覧禁止)


    「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
    ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
    旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
     ↓↓↓
    新ドメイン:http://nezu3344.com



    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    「小町園の悲劇」は、この時期に毎年掲載しています。今回が10度目の掲載になります。これからも毎年掲載します。
    このお話は「18歳未満および女性の方閲覧禁止」です。


    20190811 特殊慰安施設協会
    画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E6%AE%8A%E6%85%B0%E5%AE%89%E6%96%BD%E8%A8%AD%E5%8D%94%E4%BC%9A
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    この物語は、安田武、福島鋳郎著『ドキュメント 昭和二十年八月十五日―占領下の日本人』に収蔵された実話です。
    原文は文語体です。
    読みやすいように、ねず式で現代語訳しています。
    原文には書いた人の記名がありますが、ここでは割愛しています。
    あまりにかわいそうだからです。

    「戦争反対、世界を平和に」、おおいに結構だと思います。
    けれど、それゆえに勇敢に戦い散って行かれた先人たち、国を守るためにその時点で真剣に悩み考え行動した先輩や父祖たちを、あとになって、ただ「負けたから」と貶め、冷静に日本を見つめなおそうとする人たちに「右翼」とか「差別主義者」とかレッテル貼りし、声高に非難し貶める行為は違うと思います。
    なぜならそのようないたずらに対立を煽る行為そのものが、争いを招き、ひいては戦乱を招くものであるからです。

    戦後生まれの私たちは昭和20年8月15日を終戦記念日と呼びます。
    終戦とは「戦いの終わり」を意味します。
    この日は日本が戦闘行為を自主的に停止した日です。
    間違えてはならないのは、「終戦=戦争の終結」ではないことです。
    現にその後の日本は占領されています。
    占領というのは戦争行為の一部です。
    つまり日本は戦闘行為を自主的に終わらせたのであって、戦争そのものはその後も続いたのです。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク