• 三遊亭円朝と日本語表記


    「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
    ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
    旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
     ↓↓↓
    新ドメイン:http://nezu3344.com



    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    どんな苦境に陥ったとしても、そこを新たな出発点として創意工夫を凝らしてまた立ち上がる。
    それが積み重ねられてきた日本人の知恵であり行動です。


    20190728 三遊亭円朝
    画像出所=https://www.sekizenkan.co.jp/blog/16
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    梅雨が明けたと思ったら、いきなり台風、いきなり猛暑。
    夏といえば定番なのが、ひとむかしまえは怪談でした。
    中学高校の合宿などでは、先輩が恐怖の怪談などを後輩たちに語って聞かせ、その後で近くの墓地や、校舎の◯階のトイレまで往復する肝試しなどが行われたりもしたものです。

    そういえば高一のときの夏の合宿でこれがあり、同じ学年のいちばんいかつい顔をした友人が恐怖のあまり柱にしがみついて肝試しに行くのに抵抗し、みんなが大爆笑した記憶があります。
    このときは、ただトイレに行って帰ってくるというだけの肝試しもどきでしたが、そういえばそのトイレまで行って、ついでだからと小用をしながら窓の外を見ると、何やら巨大な白い光が空中を西の方へと飛んでいくのが見えました。
    火球といって幸運のシンボルなのだそうですが、その合宿のあとの練習試合で簡単に一本負けしましたので、あまりあてにはならないのかもしれません。

    さて、昨日はろくろ首をご紹介しましたが、今日はもうひとつ別なお話を。
    けっこう有名なお話なのですが、題名は最後に明らかにします。

    江戸時代の中頃、湯島天神のあたりに荻原新助(おぎわらしんすけ)という男が住んでおりました。
    ちょいと男前のいいオトコなのですが、内気で読書好き。あまり外に出かけません。

    七月も半ばを過ぎた、ある暑い日のこと、しんと静まりかえった真夜中に、新助が行燈(あんどん)の灯(あか)りを頼りに読書にふけっておりますと、遠くから、下駄の音がカランコロンと聞こえてきました。
    「誰か来たのだろか」と思って表の路地の方を見ますと、二十歳くらいの美しい女性が、十歳あまりの娘に、小さな灯篭(とうろう)を持たせて向こうから歩いてくる。

    灯籠持ちがいるとはいえ、女二人です。
    新助は天女でも舞い降りたかと、ついつい女に声をかけました。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク