• ビッグデータが暴く自称リベラルの正体


    一昨日お願いしました東大阪市の野田しょう子さん、皆様のお陰様を持ちまして、当選なさいました。皆様の応援、ありがとうございました。   小名木善行 拝

    ◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    論考を通じて、保守系の人には周囲を気遣う傾向が見受けられ、リベラルの人には相手を欺罔してでも自己の意見を通そうとする傲慢さがあるという事実が客観的に明らかにされています。
    おもしろいのは、映画のレビューの分析で、保守系の人は人間ドラマを好み、リベラル派は好色的内容や猟奇的内容の映画を好むのだそうです。


    20190927 自称リベラルの正体
    画像出所=https://www.epochtimes.jp/p/2019/09/47553.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    大紀元にたいへん興味深い論考があったのでご紹介します。

    ******
    ビッグデータが暴く自称リベラルの正体
    https://www.epochtimes.jp/p/2019/09/47553.html

    第1回のコラム<なぜ人は共産主義に騙され続けるのか>で、左翼活動家はリベラリスト(自由主義者)とは最も遠い存在であるにもかかわらず、リベラルを自称し、その称号を社会的に広く認めさせると述べた。
    これまでは、それを事例ベースで裏付けてきたが、今回はビッグデータに基づいて、より客観的なエビデンスを提示したいと思う。なお、本稿では便宜上、上述の自称リベラルをリベラルと記すことにする。

    昨年、米国のイェール大学から大変興味深い研究成果が報告された。
    Cydney DupreeとSusan T. Fiskeは、過去25年間、計74回にのぼる米国大統領選挙の演説を調査し、民主党の候補の演説において、聴衆に黒人が多い場合と白人が多い場合とでは言葉遣いが異なるという分析結果を得た。
    民主党の候補は、聴衆に黒人が多い場合のみ、わざと平易で温かみのある言葉を選び共感を呼び起こすという戦略が用いられていることが見出されたのである。

    さらに同研究では、一般の白人被験者に対して、白人らしい名前(Emilyなど)の人物宛と黒人らしい名前(Lakishaなど)の人物宛のメールについて、文面に使う単語を選ばせる実験も行われた。
    その結果、リベラル派を自認する被験者については、黒人宛の場合、文面に平易な言葉を有意に多用する傾向があることが分かった。
    具体的には、白人宛の場合は”euphonic, melancholy,”のような知性を感じさせる単語を多く用いるのに対し、黒人宛の場合は”happy, sad”のような易しい単語をより多く用いるといった使い分けがされていた。
    一方、保守派を自認する被験者については、相手によって使用する言葉に違いはなかった。
    この結果は、普段差別反対を主張しているリベラル派の言葉遣いの中に、むしろ黒人をバカにするような差別意識が見出されることを示している。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 三重県津市での講演のお知らせ



    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    20190926 津市講演
    画像出所=http://www.jimin-mie.jp/201910121316/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    この講演は、台風の影響により延期となり、
    10月26日(土)の開催となりました。


    00020191009 津講演1


    第四回『三重政治大学院』で講義を行います。
    メールでお申し込みです。
    お席に限りがあります。
    すでに既存枠が埋まっていて、
    先着順で残席10名様まで受けていただけるそうです。


    1 日時 2019年10月12日(土)15:00~
    2 場所 自民党三重県連 二階大会議室
      〒514-0003 三重県津市桜橋2丁目118番地
    3 講義 神話から読み取れる日本の型
    4 講師 小名木善行
    5 一般参加費/3000円(事前申込みが必要です)

    6 参加方法
      (1) ご参加を希望される方は↓のページから、
        所定のメールアドレスに、
        所定事項を記入してお申し込みください。
         ↓↓↓↓↓↓↓↓
        http://www.jimin-mie.jp/daigakuin/contact/
      (2) メールでお申し込みいただくと、
        折返しお振込先等の案内メールが来ます。

    7 募集人員 先着10名様限り
      お席に限りがあります。
      すでに既存枠が埋まっていて、
      先着順で残席10名様まで受けていただけるそうです。

    ホームページ/http://www.jimin-mie.jp/daigakuin/
    三重政治大学院/http://www.jimin-mie.jp/daigakuin/

    お読みいただき、ありがとうございました。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 私達は日本人


    【緊急のお願い】
    明日9月29日(日)は東大阪市議選です。
    私たちは、野田しょう子さんを応援しています。
    東大阪にお知り合いがおいでの方は是非!


    ◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    日本の様々な古代からの知恵が、これからの21世紀の世界を築く、手がかりに、必ずなっていきます。私達は、その日本人です。


    20190925 紅葉
    画像出所=https://www.jalan.net/news/article/273105/2/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    情報化が促進されるようになると、民衆は自分たちが働けど働けど、その富が自分たちに蓄積されるのではなくて、どこかに吸い取られていっていることに気づくようになります。
    なにせ国富(年間に生まれる付加価値)の半分を、所得上位1%が丸取りしてしまうのです。
    もっとも人口の多い低所得者層は、常に貧困にあえぐことになります。

    社会の仕組みが、それしかないということであれば、人々は所得上位1%の一員になろうと努力することになるでしょう。
    あるいは積極的に、その上位所得者に近づいて、その富の分前にあずかろうとするかもしれません。
    しかしどんなに苦労したとしても、このシステムによって人々のすべてが安心して暮らせる世の中は決して来ないということが、いずれ明らかになります。

    このことは日本に限らず欧米でもチャイナでもコリアでも同じです。
    一部の人たちの贅沢三昧な暮らしのために、他の多くの人の生活が犠牲になる。
    そのことは、これまでの世界のように、情報が一部のメディアから垂れ流されるだけの社会では通用しましたが、情報が広く人々に拡散され、情報の相互交流が活発になるこれからの世界では、おそらく通用しなくなるであろうといわれています。

    つまり世界は、新たな情報化社会下における富の配分を、従来の仕組みから再構築していかなければならない状況に至っているといえます。
    このことは、王権による支配が、民衆の世紀へと変化した18世紀以来の、最大の世界の構造変化を予期させるものです。

    ひるがえってわが国をみると、たいへんに面白いことに気付かされます。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 実は現代より進んでいた日本の古代の政治の仕組み


    ◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    日本は3万年前の磨製石器の時代から神語りを語り継ぎ、1万4千年の縄文文化を築き、3千年の弥生時代を築き、およそ二千年の古代以降の政治体制を保持してきた国です。それだけの長期間生き延びた体制というのは、それなりに尊重され、学び直されても良いものであるように思います。民主主義や共産主義などは、世界に広がったとはいえ、まだたった300年にも満たないものです。


    20180913 律令体制


    議論は左右の対決によって深まるとされています。
    ですから国会には与野党があるし、米国などはそのために二大政党制を敷いています。
    また日本の議会には衆参両院があり、米国には上院下院があります。
    要するに多様な意見を、最終的に賛成と反対、実行するしないなどのように2つの意見に集約し、これを取りまとめて最後に採決をして、意思決定するというのが議会制民主主義のあり方です。

    こうした現在の様子から、過去の日本を連想し、日本の社会のすべてをChina譲りの陰陽の二択社会だと定義されている先生方もおいでになります。
    この影響は戦前の古事記の解釈などにも及んでいて、古事記には最初の創生の神々として、
    ・天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
    ・高御産巣日神(たかみむすひのかみ)
    ・神産巣日神 (かみむすひのかみ)
    という三柱の神様が登場するのですが、「もともとはChinaの陰陽道が元になって高御産巣日神と神産巣日神の二神だったものを、あとからChinaの道鏡の影響から天之御中主神が挿入されて造化三神(ぞうけさんしん)とされたのだ」という解釈を述べている本もあります。

    しかしその解釈は間違っていると思います。
    日本は古来、二者の対立闘争ではなく、じゃんけんぽんと同じ三者関係で対立や闘争がないような社会を営んできたし、そのような関係を大切にしてきたのです。
    つまり三者関係です。

    なんでもかんでも文明文化はChinaから渡ってきたものだという文明渡来説のようなものにかぶれると、物事が二者対立しかないように思えてしまうのかもしれません。
    しかしどんな関係式でも、どのような人間関係でも、どのようや組織などの社会システムでも、必ずどこかに至らないところがあるものです。

    じゃんけんと同じです。
    グーとパーだけなら、勝った負けたの議論にしかならないのです。
    しかしそこにチョキが加わることで、補完関係が生まれます。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 韓国の不買運動と察することの大切さ


    ◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    「察する文化」では、察した側、つまり人の上に立つ側に責任の全部が生じます。「結果で評価する文化」では、下の者が全責任を負います。果たして、民衆にとって、あるいは人類にとってと言っても良いのですが、果たしてどちらが幸せといえるのでしょうか。


    20190924 韓国不買運動
    画像出所=https://www.msn.com/ja-jp/news/money/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%A7%E4%B8%8D%E8%B2%B7%E9%81%8B%E5%8B%95%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E3%81%AE%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%80%816%E5%B9%B4%E9%80%A3%E7%B6%9A%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A21%E4%BD%8D/ar-AAEGgLJ
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    笑いを通り越して、ただ呆れ果ててしまうのが、最近の韓国の日本製品不買運動への韓国大手新聞の反応です。
    日本製品ボイコットは、結果として韓国国民の生活を圧迫すると、各紙が書き始めました。
    日本側にはほとんど影響がなく、むしろただでさえ雇用情勢が悪化している韓国に悪影響が出る。
    そもそも日本からの輸入は、95%が部品等であり、完成品の不買運動は、日本にとっては、韓国への総輸出総額の0.5%の減少にしかならない。
    一方韓国経済に与える影響は、計り知れないダメージとなる。。。というわけです。

    しかしそんなことは不買運動を始める前から、少し考えれば誰にでもわかる簡単な理屈であり計算です。
    いまさら、馬鹿としか言いようがない。そう思います。

    だからといって日本も、韓国の現状を笑えないのです。
    昨今の日本人も、先を読んで行動するということが、まったくできなくなっているといわれているからです。
    洞察力、想像力が欠落してきているのです。
    1手先を読むだけで、まったく違ってきます。
    3手、4手先を読むと、相当な危機に至っても最後には勝利を掴むことができるようになります。

    囲碁や将棋では、数十手先まで読むのが普通ですが、現実生活では、詰将棋でいうなら、3手詰め程度に先を読む力を発揮するだけで、人生がまるで変わってくるし、国家間の関係も大いに変わってきます。

    そして実は、そうした「察する力」を、とことん追求してきたのが、飛鳥奈良平安にいたるわが国の政治であったし、聖徳太子の十七条憲法です。
    十七条憲法の第11条でうたわれているのが、「明察功過」です。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • いみじくも大義を明らかにし人心を正せば、皇道なんぞ興起せざる


    ◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    私たち日本人は、いまあらためて、ご皇室のありがたさへの感謝の心を呼び覚ますべきだと思います。それは戦いのためとか、右傾化とか、そのようなものとはまったく異なります。人々が私有物や私有民とされない国、そういう国を、私たちの祖先は、守り、育み、育て、私たち後生の人に遺してくださっている。私たちは、そのたいせつな日本の姿を、やはり後生に遺す使命を担っていると思います。


    20190922 水戸光圀
    画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%85%89%E5%9C%80
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    水戸黄門様は、本名が徳川光圀(みつくに)で、徳川御三家のひとつである水戸藩の第二代藩主です。
    水戸光圀で有名なのが「大日本史」の編纂の開始です。
    水戸藩では、この事業が藩の事業となり、藩の思想を形成し、これがために水戸藩は幕末動乱の先駆けになりました。
    なぜ、「大日本史」が幕末動乱の先駆けとなったかといえば、「大日本史」を形成する根本思想が「尊王思想」に基づいていたからです。

    水戸光圀といえば、天下の副将軍さえも勤めた人であり、徳川幕府の開祖であり東照宮として神としてまで祀られている徳川家康の孫です。
    まさに徳川家直系、将軍直下の人物です。
    天下の副将軍であり、徳川御三家の一角をなす水戸徳川家の藩主でもあります。
    そして彼が生きた時代は、まさに徳川全盛の世を築こうという時代です。

    そのような時代に生きながら、なぜ光圀は、将軍ではなく、天皇の歴史を中核とした「大日本史」を編纂したのか。
    さらには、どうして水戸に藩を持ったのか。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本初のコンタクトレンズ 水谷豊博士


    ◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    知恵も知識も神々からの授かりものです。
    授かるためには、この瞬間にどこまでも誠実であろうとする姿勢こそが求められる・・というのが古事記の教えです。
    ここは水谷博士の誠実とともに、私達がいまを生きるうえにおいても大切な事柄だと思います。
    そこから外れると天罰を受けます。


    20190921 水谷豊博士
    画像出所=http://mazba.com/5014/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    コンタクトレンズをお使いの方は多いと思いますが、実はコンタクトの歴史はけっこう古くて、記録にあるのは1801年、日本では江戸の中期で、ちょうど高田屋嘉兵衛が択捉島(えとろふとう)の開拓をした頃、英国の物理学者トマス・ヤングがコンタクトレンズの実験を行っています。

    トマス・ヤングといえば、弾性体力学の基本定数ヤング率を発見したり、エネルギー (energy) という物理用語を最初に用いてその概念を導入、あるいはピアノの調律法のヤング音律を考案したり、エジプトの象形文字の解読なども手がけたりたりした、ひとことでいえば、まさに天才と呼べる人です。

    名称のコンタクトの方は、少し遅れて、ドイツの生理学者のフィックの甥が名付けた「Kontaktbrille」からきています。
    そしてそのフィックが、明治20(1887)年に、ガラス製のコンタクトレンズを作成しています。

    もっともこのころのコンタクトは、まだ度はありません。
    度がつけられるようになったのは、昭和11(1937)年ですから、ほんの最近のことです。

    日本では、昭和24(1949)年に、名古屋大学病院の水谷豊博士が、日本初の臨床実験を行っています。
    水谷豊博士というのは、愛知県名古屋市出身の方で、生まれは大正2(1913)年です。
    もともと眼科医の家庭に生まれ育ったのですが、三男の末っ子だったため、後に水谷家の養子となりました。

    幼いころからとても勉強好きな子で、40度の熱があっても、教科書を話さなかったといいます。
    そして地元の旧制第八高等学校を経て、名古屋医科大学(現名古屋大学医学部)を卒業し、大学の付属病院の眼科医になりました。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク